シングイン・メサイア トウキョウ

2022公演は、大好評で終了しました。

2023年もご参加をお待ちしております。

次回は2023年9月30日(土)の予定です。

【御礼とご報告】

昨年8月の演奏会当日までに皆様からお預かりした寄付金を、昨年11月に31,000円ずつ、以下の2団体に寄付させていただきましたこと、ご報告いたします。

エリザベスサンダースホーム http://www.elizabeth-sh.jp/index.html

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)https://www.jifh.org/

(使途指定寄付:ロシア・ウクライナ戦役被災者支援のため)

今回も、皆様の暖かいお気持ちをいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

出演者の交代のお知らせ(8月18日掲載)

バリトンソリストで出演を予定しておりました田中俊太郎氏は、体調不良により出演ができなくなりました。指揮者の新見準平氏がバリトンソロも歌います。

新見準平 バリトン

プロフィール:東京藝術大学卒業。同大学院修了。ウィーン、オランダ・ハーグにて学ぶ。現在、福島明也氏に師事。第19回日本モーツァルト音楽コンクール、ソレイユ新人音楽コンクールにて優勝。2012年音楽現代新人賞。Ljuba Welitsch国際声楽コンクール特別賞など国内外のコンクールの受賞も多い。オペラ、宗教音楽、リサイタルの活動に加え、2021年ソフトバンクホークス「鷹の祭典」いざゆけ若鷹軍団に出演(管弦楽:九州交響楽団)、国際的な演奏家と共演しながら経験を積んでいる。大分県立芸術文化短期大学非常勤講師。大分二期会理事。re:トライコアメンバー。

新型コロナ感染拡大に伴う公演の実施の方針について(8月4日掲載)

新型コロナの第七波感染拡大に伴う懸念が増えておりますが、事務局では新見先生とも協議し、今のところ、以下の場合とならない限り、感染対策をした上で公演を実施する方針でおります。
・ 行政から公演を禁止された場合
・ 会場が使えなくなった場合

なお、公演当日は、より厳重な感染対策を実施することになります。ご来場・ご参加の皆様は、ご協力をよろしくお願いいたします。

シングイン・メサイア トウキョウ 2022
2022年8月20日(土)開催


リードクワイアへの参加お申し込みの開始は、5月22日(日)からです。


***客席からも参加して歌える『メサイア』合唱***

「シングイン・メサイア トウキョウ」は、客席からも合唱に参加(Sing-in)できる形式のメサイア演奏会です。

ステージと客席が一体となってヘンデルの『メサイア』を歌う形式の演奏会は英米では多数行われておりますが、日本では、「シングイン・メサイア」として、 1975年に澤田久雄氏によって、聖公会の聖オルバン教会で開始され、その後、会場を聖路加国際病院礼拝堂などに移しながら25年続きました。
2000年からは、浅川玉樹氏とお母様によって、10年間「シングイン・メサイア東京」として続けられました。その精神を受け継ぎつつ、2010年(第36回)から、新たに新生「シングイン・メサイア トウキョウ」として、活動を開始したのが、この演奏会です。

ステージと客席が一体となって、ホール全体が『メサイア』の響きに包まれる。これは、本当に楽しくまた、すばらしい演奏会です。
『メサイア』を好きな皆様は、是非一度体験してみてください。過去の動画もご覧いただけます。

2019 Halleluiah (encore)

シングイン・メサイア トウキョウ 2019年公演より
「ハレルヤ」(アンコール)

2019 Worthy is the Lamb

シングイン・メサイア トウキョウ 2019年公演より
「屠られた子羊こそは」

「シングイン・メサイア」の創設者・澤田久雄氏は、戦後、混血孤児のために設立されたエ リザベス・サンダースホームの創設者・沢田美喜さん(岩崎弥太郎の孫)の次男にあたり、この縁で「シングイン・メサイア」では、エリザベス・サンダースホームへの献金を行ってきました。地震等の被災地へも寄付をしており、2019年はそれぞれに46,000円ずつをお送りしました。皆様のお気持ちに感謝いたします。

本年は上記に加え、コロナ期間での2年間での2回の公演中止(延期)を受けての財政の立て直しと、今後の継続的な活動のために使わせていただきます。そのため、本年も募金箱を設置いたしますので、ご参加の皆様、ご来場の皆様はご協力いただけましたら幸いです。

***公演概要***

2022820日(土) 14:00 開演 (13:30 開場) 予定

白井市文化会館大ホール

北総線白井駅から徒歩15分の綺麗な会場です。アクセスはこちらから

演奏曲:G.F.ヘンデル『メサイア』

指揮・合唱指導: 新見 準平

ソリスト:
○ソプラノ 小寺 彩音
○アルト  谷地畝 晶子
○テノール 藤井 雄介
○バリトン  新見 準平

演奏:JOTC(Just our two cents)
○コンサートミストレス 池田梨枝子
オルガン 堤 ゆり
○トランペット 壽山 忠身 中山京
○ティンパニ 鈴木 力

演奏楽曲

ヘンデル『メサイア』全曲

使用予定標準楽譜

ノヴェロ版 http://www.amazon.co.jp/Messiah-Vocal-George-Frideric-Handel/dp/0853602115

(客席参加の方は、楽譜は特に指定しません。また、リードクワイアも、楽譜の版の違いをメモすれば、他の版でもOKです。)
楽譜間の対照表・正誤表はコチラをご覧ください。

=====ご参加方法=====

リードクワイアについて ← 詳細は左「リードクワイアについて」をクリック
*今後のお問合せは、下記事務局メールアドレスまでお願いいたします。(2022.7.4)

舞台上でリードする合唱団が「リードクワイア」です。
客席をリードするため、きちんと指揮を見て歌える方を募集いたします。
なお、申し込みは先着順ではなく、パート別に抽選といたします。(ソプラノはI、IIに関係なく抽選します)

客席参加について 客席から合唱に参加する方、聴きに来てくださる方は左「客席参加について」をクリック

お問い合わせ: singinmessiah.mailあっとgmail.com
(迷惑メール防止のため「あっと」としてありますが、そこを半角の「@」にして送信してください)