Profile

平岡聡史 、博士(科学) / Satoshi Hiraoka, Ph.D.

海洋研究開発機構(JAMSTEC) 海洋機能利用部門 生命理工学センター 深海バイオリソース研究グループ 特任研究員

/ Deep-Sea Bioresource Research Group , Research Center for Bioscience and Nanoscience (CeBN), Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC) Project Scientist

facebook / Google Scholar / Publons / researchmap

Motivations

細菌(バクテリア)や古細菌(アーキア)といった原核微生物は、土壌や海洋、腸内、大気、地殻、さらには南極の氷や高温の温泉、深海の熱水噴出孔といった極限環境に至るまで、地球表層のありとあらゆる環境に生息しています。このような微生物は、炭素や窒素などの物質循環の根幹を担っており、地球全体の生態系を土台から支えている重要な存在です。一方で微生物の中には、人類の産業や医療に役立つものも多く知られており、例えば味噌や醤油といった発酵食品に微生物が利用されている他、衣料用洗剤に含まれる脂肪・タンパク質を分解する酵素や医薬品と原料となる抗生物質などを生産する微生物などがいます。そのため、新規な有用物質の発見や、産業応用可能な未知の微生物種の探索といった観点からも、環境微生物は有望な研究対象となっています。

しかしながら、このような環境微生物の大部分については、現在の技術でも実験室での培養が難しい現状があります。そのため、環境微生物の生理生態はもとより、どのような環境にどのような種類の微生物がいるのか、そしてどれほど多様な微生物種が地球上に存在しているのか、といった基礎的なことですら、十分には分かっていません。微生物がどのようにして各所の地球環境に適応し、分子生物学的な挙動を示し、安定的な生態系を営んでいるのか、といった疑問を明らかにすることは、微生物を包括的に理解する上で、重要になります。微生物の持つ「ゲノム」や「遺伝子」の配列情報は、このような疑問を解き明かす上で、非常に強力な手がかりを与えてくれます。このような現状のもと、微生物のゲノム情報を手がかりに環境微生物生態を理解するために、バイオインフォマティクス(生命情報科学)を基盤とした研究に、私は取り組んでいます。

研究に関する質問や問い合わせ等ありましたら、メールでお気軽にお問い合わせください。

Contact

E-mail: hiraokas @ jamstec.go.jp

Tel: 046-867-9397 / Tel: +81-46-867-9397

Address

〒237-0061 神奈川県横須賀市夏島町2-15 海洋研究開発機構 横須賀本部 本館4F

/ 2-15 Natsushima-cho, Yokosuka 237-0061, Kanagawa, Japan

JAMSTECの場所・アクセス方法

最寄り駅前(京急追浜駅)からは、バスで15分230円くらい、タクシーで10分1000円くらいです

Research topics

  • Bioinformatics

  • Metagenomics

  • Metaepigenomics

  • Environmental microbiology

  • おもしろメタゲノム

  • ゆるふわゲノミクス

Activity

  • 生命情報科学若手の会 運営スタッフ

    • 代表(2019)

Education / Career

  • 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 生命理工学センター 深海バイオリソース研究グループ 特任研究員 (2019/4-) (組織再編に伴う異動)

  • 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 海洋生命理工学研究開発センター 深海バイオ・オープンイノベーションプラットフォーム 特任研究員 (2018/4-2019/3)

  • 日本学術振興会特別研究員 (DC1) (2015/4-2018/3)

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻博士課程 (2015/4-2018/3)

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科情報生命科学専攻修士課程 (2013/4-2015/3)

  • 東京大学理学部生物情報科学科 (2011/4-2013/3)

  • 東京大学前期教養学部理科一類 (2009/4-2011/3)

  • 大阪星光学院中学校・高等学校

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • Deep-Sea Bioscience Research Group, Research Center for Bioscience and Nanoscience (CeBN), Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC) (2019 Apr-)

  • Deep-sea Bio Open Innovation Platform (OIP), Research and Development Center for Marine Biosciences, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC) (2018 Apr-2019 Mar)

  • Research Fellowship for Young Scientists (DC1), Japan Society for the Promotion of Science. (2015 Apr-2018 Mar)

  • PhD: Department of Computational Biology and Medical Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo (2015 Apr-2018 Mar)

  • Master of Science: Department of Computational Biology, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo (2013 Apr-2015 Mar)

  • Bachelor of Science: Department of Bioinformatics and System Biology, the University of Tokyo (2011 Apr -2013 Mar)

Qualifications

  • 情報処理技術者試験 応用情報技術者

/ Applied Information Technology Engineer Examination (AP), Information-technology Promotion Agency (IPA), Japan

  • 情報処理技術者試験 基本情報技術者

/ Fundamental Information Technology Engineer Examination (FE), Information-technology Promotion Agency (IPA), Japan

  • 情報処理技術者試験 ITパスポート

/ Information Technology Passport Examination (IP), Information-technology Promotion Agency (IPA), Japan

寄付

JAMSTECでは、研究に関わる活動に対してのご支援のお願いをしています。寄付は寄付金控除の対象となり、税制上の優遇措置を受けることができます。「使途特定寄附金」フォーム内で「寄附金等に係る条件 」を指定してもらえれば、特定の研究者にダイレクトに寄付がいくはずです。詳細は下記ページを御覧ください。

https://www.jamstec.go.jp/j/about/support/

Link

海洋研究開発機構(JAMSTEC) / Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

生命理工学センター / Research Center for Bioscience and Nanoscience (CeBN)

東京大学 / The University of Tokyo

東京大学理学部生物情報科学科

東京大学新領域創成科学研究科 / Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻 / Department of Computational Biology and Medical Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

Iwasaki lab HP

生命情報科学若手の会

日本生態学会関東地区会

関東地区生態学関係修士論文発表会

日本微生物生態学会

日本ゲノム微生物学会

澤辺明音