Home

Michihito Ando (安藤道人)

Associate professor

Department of Economics, Rikkyo University

(立教大学経済学部 准教授)

Contact Information:

3-34-1 Nishi-Ikebukuro,Toshima-ku, Tokyo Japan 171-8501

(171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1)

Email: michihito.ando<at>rikkyo.ac.jp, andomichihito<at>gmail.com

I am an associate professor in Economics at Rikkyo University.

My research interests are public economics, social welfare policies, local public finance, and applied microeconometrics.

立教大学経済学部の安藤道人です。社会保障政策と地方財政制度の実証研究を専門としています。

とりわけ、医療・介護・子育て支援・困窮者支援などの社会保障制度や、地方交付税や国庫補助金などの政府間補助金制度が、制度・政策の対象者にどのような影響を与えるのかを研究しています。

News (お知らせ)

2020.7.25 「認可保育所入所と就労・抑うつ・家事育児分担: 入所・保留世帯に対するアンケート調査結果 (下) 」, 2019(前田正子との共著)[ResearchGate] が『社会保障研究』に「動向・資料」として採択されました。

2020.5.14 ワーキングペーパー「財政調整制度導入以前の戦前期地方財政:1883~1917年の道府県・市・町村財政の検証」(古市将人、宮崎雅人との共著、『立教経済学研究』掲載予定)をアップデートしました。[ResearchGate]

2020.4 「生活保護による精神科長期入院:1956年『在院精神障害者実態調査』原票の分析」(後藤基行との共著)が日本精神神経学会の和文機関誌『精神神経学雑誌』に掲載されました。[Link]

2020.1.23 「生活保護による精神科長期入院:1956年『在院精神障害者実態調査』原票の分析」(後藤基行との共著)が日本精神神経学会の和文機関誌『精神神経学雑誌』にアクセプトされました。

2019.12.27 「保育料無償化に関するアンケート調査結果: 2020年度の認可保育所の入所申請世帯調査」を公開しました。

2019.11.21 新しいワーキングペーパーを公開しました:「認可保育所入所と就労・抑うつ・家事育児分担: 入所・保留世帯に対するアンケート調査結果 (下) 」, 2019(前田正子との共著)[ResearchGate]

2019.11.21 新しいワーキングペーパーを公開しました:「どのような世帯が認可保育所に入所できたのか: 入所・保留世帯に対するアンケート調査結果 (上) 」, 2019(前田正子との共著)[ResearchGate]

2019.9.25 New publication: Mass Evacuation and Increases in Long-term Care Benefits: Lessons from the Fukushima Nuclear Disaster, PLOS ONE, 14(9): e0218835, 2019 (with Tomohiro Morita and Yui Ohtsu) [Paper]

News Archives

Recent Publication (Details)

  • Mass Evacuation and Increases in Long-term Care Benefits: Lessons from the Fukushima Nuclear Disaster, PLOS ONE, 14(9): e0218835, 2019 (with Tomohiro Morita and Yui Ohtsu)

  • How Much Should We Trust Regression-Kink-Design Estimates?, Empirical Economics, Volume 53, Issue 3, 1287–1322, 2017

  • The Risks of Nuclear Disaster and Its Impact on Housing Prices, Economics Letters, Volume 154, 13–16, 2017 (with Matz Dahlberg and Gustav Engström)

  • Affordable False Teeth: The Effects of Patient Cost-sharing on Denture Utilization and Subjective Chewing Ability , The B.E. Journal of Economic Analysis & Policy (Contributions), Volume 16, Issue 3, 1387–1438, 2016. (with Reo Takaku)

  • Dreams of Urbanization: Quantitative Case Studies on the Local Impacts of Nuclear Power Facilities using the Synthetic Control Method, Journal of Urban Economics, Volume 85, 68-85, 2015.

Recent Working Papers (Details)

  • Does Universal Long-term Care Insurance Boost Female Labor Force Participation? Macro-level Evidence (with Masato Furuichi and Yoshihiro Kaneko)

  • Does Assigning More Women to Managerial Positions Enhance Firm Productivity? Evidence from Sweden (with Yoshihiro Sato) , EIJS Working Paper 242, 2017.

  • Identifying Tax Mimicking in Municipal Public Health Insurance: Evidence from A Boundary Reform (with Reo Takaku), IPSS Working Paper Series (E) 27, 2016.

  • Heterogeneous Effects of Fiscal Equalization Grants on Local Expenditures: Evidence from Two Formula-based Variations, IPSS Working Paper Series (E) 25, 2015.

最近の日本語論文 (詳細)

  • 「生活保護による精神科長期入院:1956年『在院精神障害者実態調査』原票の分析」 『精神神経学雑誌』, forthcoming(後藤基行との共著)

  • 「社会保障と教育における 自己負担改革 「必要原則に基づく総合合算制度」案の検討」,『弱者を生まない社会へ -ベーシック・サービスの実現をめざして』,公益財団法人 連合総合生活開発研究所, 第3章, pp.53-75, 2019

  • 「配偶者との死別が高齢女性の生活状況と健康水準に与える影響:予備的分析」『人口問題研究』 Vol.73 No.2, 117-137, 2017

  • 「自治体の財政力が地方単独事業費、子どもの医療費助成、就学援助に与える影響:Double-LASSO回帰による分析」 『社会保障研究』 Vol.1 No.4, 813-833, 2017

最近のエッセイ (詳細)

  • 「中間層と福祉国家:税・社会保険料・社会保障の再分配効果の諸研究の検討」(古市将人との共著),『月刊DIO 連合総研レポート』 No.348, 2019年6月号

  • 「中年女性の労働参加は介護保険で増えたのか」,『週刊東洋経済』,2019年3月16日号

  • 「福祉国家と社会保障の実証分析——日本についての研究を中心に」, 『経済セミナー』, 2018年4・5月号, 通巻 701号