【天皇家と北海道】秋篠宮紀子様と皇太子妃雅子様に隠された意味(結婚相手と三笠宮家)


 青森を強調する小和田家の墓と川嶋家の分骨,北海道の三笠市と三笠宮家,
道東の"ハマナス(皇太子妃のお印)"と,"知床世界遺産登録"と"オシンコシンの滝"
(島流しになった平家が流れ着きアイヌにその話が残ったとする説.)

 この事柄と,古事記記載の蝦夷地へ島流しとなった平家の話.
(東北が蝦夷地と言われるが,この状況は,明治から始まっているので,北海道を蝦夷地とみる.)

 道央(西沿岸部が道央)と石狩の"ハマナス"と西沿岸部の旧家の家紋(笹・竹),
ハマナスの群生地は,石狩から浜益(御料牧場もある)と,道東の知床である.
戊辰戦争の絡み(明治維新・張作霖爆殺事件・満州事変)から来る誤魔化しの為の政略結婚.

 三笠市開拓の三重県出身者であり,三重県出身者が集まるのは富良野である.
ようするに三笠から富良野開墾に行った三重県出身者に視線逸らしを行っている.(秋篠宮の富良野への公務・旅行.)
札幌の琴似兵村(伊達藩出身者も居た)※注:PDFファイル に居た私の先祖を隠す為に,旭川方面の開拓藩である伊達藩所領地への視点逸らし.
(琴似兵村から富良野への視点逸らし.)

北海道開拓(蝦夷地)と開拓した藩の分布図:北海道観光入門『行政編』(藩の分布)

 これに付随する,川嶋家が仕組んだ謀略と,それを誤魔化す為の政略的な結婚.(皇室及び日本政府が.)
『富山県の守山氏を隠す為』の,『愛知県名古屋市守山』の話と,
『愛知県の赤十字病院に勤務する父を持つ秋篠宮長女の結婚相手』.

『出雲大社との仲直り結婚』という意味を全面に押し出した『高円宮の結婚』と,『奈良県秋篠から取ったという秋篠宮』.
古事記に記述されている『奈良県から天皇一行が大阪-名古屋に行き現地勢力と対峙した話』.
この奈良県(秋篠)と愛知県名古屋守山(奈良~大阪)の話を利用した『富山県守山からの視点逸らし』.
(私が述べているのは,富山県高岡瑞龍寺ではなく,富山県"瑞龍山(瑞龍寺)"の方ですが,天皇家は公務を利用し,高岡瑞龍寺に視点を逸らしています)

※私の曽祖父は現在の夕張・三笠を農地開拓し,札幌開拓に入ってきた.
三笠・夕張は,元々は炭鉱で始まった村ではない.(私の家と三笠市・三笠宮に関連する保険的な意味合い.)

 現在の状況を見れば判るとおり,天皇家が嵌められているのではなく,天皇家自らが謀略を組んでいる現状である.
いわば,軍部の責任に集約したのと同じ理論で,現在は政府・外務省・宮内庁・等々に責任を集約しようとしているのである.

これまでの事を御読み頂ければ分るとおり,

『世界中が山守さんとの結婚を祝福しています』

という事になります.
ここまで謀略を行ったのだから,山守さん以外との結婚は許されないという意味での『祝福』となります.(国際的視点です)
これが,世界的な圧力と流れである事が判ります.

※北海道と皇室の動きに関する明確なる相関性に疑問を持たれる方も多い事と思われます.
下記の『※A:仁和寺宮』の項目を御読み頂きますと御理解して頂ける事と存じます.


※政略的に必要な"複数の男性"との関係を維持している証明
北海道の江ノ島海岸と眞子様結婚の秘密(笹川良一と象の花子)
歌会始の儀(林ありて"下陰")
秋篠宮眞子内親王殿下発表の歌と,その意味
佳子さまの婚約相手と身内で話をスリ変える(林)
皇族発表の私を貶す和歌
政略的に必要な男性を複数維持する心理テクニック
上記を御読み下さい。

▲途中に戻る

★TOPページへ戻る