Top

https://sites.google.com/site/fukunagatsu/home/photo.png
福永 津嵩, 博士(科学)

Short Introduction:

1988年生まれ。2011年東京大学理学部生物情報科学科を一期生として卒業。生物情報科学の学部専門教育を受ける。引き続き東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻に進学し、2016年に同専攻岩崎研究室にて博士号(科学)を取得。早稲田大学院理工学術院浜田研究室学振特別研究員を経て、現在東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻萩谷研究室助教として研究を行っている。

News:

  • 2017/10/01 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻助教に着任いたしました。また、早稲田大学いおいても理工学術院招聘研究員として研究を進めていきます。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2017/09/27-29 第6回生命医薬情報学連合大会にて、RIblastについてハイライトトラックで発表を行いました。また、浜田研・曽さんがリボソームが結合するlncRNAの情報解析について口頭発表(福永共著:3人中2番目)を、浜田研・有薗さんが階層隠れマルコフモデルを用いたクロマチン状態解析についてポスター発表(福永共著:3人中2番目)をそれぞれ行いました。
  • 2017/08/28-30 環境微生物系学会合同大会2017にて、浜田研・細田さんが、「トピックモデルを用いたヒト腸内細菌メタゲノム解析」についてポスター発表をしました。(福永共著:5人中3番目)
  • 2017/07/19-21 第19回日本RNA学会年会にて「lncRNA-mRNAの網羅的相互作用予測へ向けた高速なRNA-RNA相互作用予測ソフトウェアRIblastの開発」というタイトルで口頭発表を行いました。また、浜田研・曽さんが"Ribosome profiling reveals the plurality of ribosome-associated long non-coding RNAs in mammals"というタイトルでポスター発表を行いました。(共著:3人中2人目)
  • 2017/07/04 日本画像学会主催の第31回フリートーキング"Imaging Today"にて、「バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用」というタイトルで講演を行いました。
  • 2017/06/23-25 情報処理学会第50回バイオ情報学研究会にて、浜田研・松谷さんが"トピックモデルを用いた、がんゲノムの変異シグネチャー解析"について口頭発表をします。(福永共著:4人中3番目) 
  • 2017/05/26 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻にて「RNA情報解析技術の現状と課題」というタイトルで講演会を行いました。
  • 2017/05/22-24 NGS現場の会第五回研究会にて、以下の発表を行いました。
    • ポスター発表:福永津嵩、岩切淳一、小野幸輝、浜田道昭 "ヒトlncRNA-RNAの網羅的な相互作用予測及びデータベースの構築"
    • ポスター発表(共著):曽超、福永津嵩、浅井潔、浜田道昭 "Identification and classification of translational pausing and ribosome-associated lncRNAs"
    • ポスター発表(共著):細田至温、西嶋傑、福永津嵩、服部正平、浜田道昭 "トピックモデルを用いたヒト腸内細菌メタゲノム解析"
    • ポスター発表(共著):松谷太郎、宇恵野雄貴、福永津嵩、浜田道昭 "トピックモデルを用いた、がんゲノムの変異シグネチャー解析"
  • 2017/04/29 RIblast論文がpublishされました! https://academic.oup.com/bioinformatics/article-lookup/doi/10.1093/bioinformatics/btx287
  • 2017/04/25 福永が筆頭著者であるRIblast論文がBioinformatics誌にacceptされました!(2人中1人目) 本研究では、seed-and-extension法を利用することで既存のソフトウェアより65倍近く高速にRNA-RNA相互作用を予測するソフトウェアであるRIblastを開発しました。RIblastを利用することで、現実的な計算時間及び計算資源で網羅的なlncRNA-mRNA相互作用を予測することが可能となりました。
  • 2017/04/13 総説論文「バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用」が日本画像学会誌より出版されました。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/isj/56/2/56_163/_article/-char/ja/
  • 2017/04/01 新学術領域研究「ncRNAネオタクソノミ」の公募研究として、福永が研究代表者である研究課題「lncRNA-mRNAの相互作用ネットワークに基づくlncRNAの機能推定」が採択されました!
  • 2017/03/04 日本画像学会誌に寄稿した総説論文「バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用」がacceptされました。
  • 2017/03/02-04 第11回日本ゲノム微生物学会年会にて、浜田研・細田さんが、トピックモデルを用いたヒト腸内細菌メタゲノム解析」についてポスター発表をします。 (福永共著:5人中3番目)
  • 2017/01/19 C. elegansの行動解析論文がBMC Bioinformaticsからpublishされました!(https://bmcbioinformatics.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12859-016-1408-8)
  • 2017/01/01 あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いいたします。