Top

福永 津嵩, 博士(科学)

Short Introduction:

1988年生まれ。2011年東京大学理学部生物情報科学科を一期生として卒業。バイオインフォマティクスの学部専門教育を受ける。引き続き東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻に進学し、バイオインフォマティクス研究に取り組む。2016年に岩崎研究室にて博士号(科学)を取得。現在、早稲田大学院理工学術院浜田研究室にて学振特別研究員(PD)として研究を行っている。「動物行動をはじめとする生物のマクロ表現型解析のためのバイオインフォマティクス技術の開発」及び「最先端の機械学習及びバイオインフォマティクスソフトウェアを利用した生物学的知見の発見」の2つのモチベーションに基づいて研究を行っている。

News:

  • 2017/03/04 日本画像学会誌に寄稿した総説論文「バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用」がacceptされました。
  • 2017/03/02-04 第11回日本ゲノム微生物学会年会にて、浜田研・細田さんが、トピックモデルを用いたヒト腸内細菌メタゲノム解析」についてポスター発表をします。 (福永共著:5人中3番目)
  • 2017/01/19 C. elegansの行動解析論文がBMC Bioinformaticsからpublishされました!(https://bmcbioinformatics.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12859-016-1408-8)
  • 2017/01/01 あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いいたします。