情報処理教室利用ガイド

このページでは、情報処理教室Windows PCの基本操作やその他機器の利用方法など、情報処理教室利用時に必要な情報を掲載しています

サインイン

ユーザー名 / パスワードを入力し、キーボードのEnterキーを押ます。

ユーザー名:学生番号(教職員の場合はアカウント名)

パスワード:学内統一パスワード


(参照)

サインアウト

スタート > ユーザー名 > サインアウトの順に操作してください。

<自動で起動するアプリケーション>

情報処理教室のWindows PCにサインインすると、以下の画面、アプリケーションが自動で起動します。

  1. コマンドプロンプト(cmd.exe)の黒い画面

タイトルバー右端の「×」をクリックして閉じても問題ありませんが、コマンドプロンプトはしばらくすると自動的に消えます。

コマンドプロンプト表示画面

2. パスワード有効期限通知画面

パスワード有効期限を確認し、タイトルバー右端の「-」をクリックして最小化するか、「×」または「終了」をクリックして閉じてください。

パスワード有効期限通知の表示画面

3. PaperCut ポイント残数表示画面

情報処理センター図書館のプリンターを利用し印刷したページ数をポイントに換算して表示しています。表示画面は閉じないでください。

papercutの残ポイントの表示画面

4. Google Chromeの起動

情報処理教室の公開ページが開きます。

ホーム・フォルダへのアクセス

ファイル、フォルダはエクスプローラーで開きます。

    • エクスプローラーは スタート > ドキュメントで起動します

    • ホーム・フォルダは Z: ドライブに割り当てられています

-------------------------------

Z:\Desktopは「デスクトップ」と表示されます

PC > デスクトップ Z:\Documentsは「ドキュメント」と表示されます

PC > ドキュメント Z:\Downloadsは「ダウンロード」と表示されます

PC > ダウンロード Z:\WWWはWeb公開されます

C: ドライブはシステム専用です

スタート > ドキュメントで
エクスプローラー起動

エクスプローラー画面

2.アプリケーションツールについて

ブラウザー

情報処理教室利用においての標準ブラウザーは、デスクトップにショートカットのあるGoogle Chromeです。(Firefoxも利用できます)
スタートページは各自で変更ができますが、デフォルトは情報処理センターが指定したページが設定されています。

Microsoft Office

スタートメニューより、Word, Excel, PowerPointのアイコンを選択し起動します。(Microsoft Officeツールからは開けません)
スタートメニュー右隣の「検索」を利用することもできます。

※情報処理教室のMicrosoft Officeは、教員のみライセンス認証が求められます。使用許諾の画面にて初回のみ同意する必要があります。
大学が契約しているMicrosoft 365も利用できます。

(参照)

テキスト・エディタ

プログラミングの授業ではテキスト・エディタでプログラムを入力します。
テキスト・エディタは複数あり、Windowsアクセサリにあるメモ帳、サクラエディタ、JEdit、Emacsなどを利用します。

ターミナル・ソフト

プログラミングの授業ではターミナル・ソフトを使ってプログラムのコンパイルや実行をします。標準ターミナル・ソフトは、コマンド・プロンプトと PowerShellです。

起動方法は以下手順です。

スタート > System Tools > コマンドプロンプト

スタート > Windows PowerShell > Windows PowerShell

その他のアプリケーション

情報処理教室では、Microsoft 365MATLABSPSSなどのその他のアプリケーションも利用できます。

CD-ROM、DVD

トレイはディスプレイ台座の右側面にあります。

(参照)[Q&A] ディスク容量・記憶媒体

USBメモリー、SDカード

差し込み口はディスプレイ左側面に1口ずつあります。(ディスプレイ前面に「USB」のシールが貼ってあります)
USBメモリーの差し込み口はディスプレイ背面にも4口あります。

USBメモリーのファイルにアクセスするには、
スタート > ドキュメントの手順でエクスプローラーを起動して利用します。

(参照)

ディスプレイ左側面

ディスプレイ背面

イヤホン、ヘッドセット

イヤホン差し込み口はディスプレイ左側面下部にあります。(USBメモリー差し込み口の手前です)
またサウンド設定はミュート(消音)になっています。音声を聴く場合はミュートを解除する必要があります。

<ミュート(消音)解除方法>

    1. Windows画面右下にあるスピーカーアイコンをクリック(画像.1参照)

    2. 表示された画面のスピーカーアイコンにミュート状態を示すバツ印(✖)がついている場合、音量調整バーをスライドし適当な音量に調整(画像.2参照)

※注意 YouTubeなど、利用するアプリケーションでミュートの設定になっている場合があります。その場合はアプリケーションの設定等でミュートを解除します。

画像.1 スピーカーアイコンをクリックして表示される画面

画像.2 ミュート状態の場合に表示される画面

内蔵カメラ

内蔵カメラはディスプレイ上部にあります。
使用時はカメラ部分を押して、ポップアップカメラを引き出してください。


参照[Dell OptiPlex 7460 All-in-One] ポップ アップ カメラ

内蔵カメラの場所

カメラ部分を押してポップアップカメラを起動

内蔵カメラを引き出した写真