あざみ野心理オフィス  力動的臨床勉強会


                   ―参加者募集のお知らせ―     

この会は定員になりましたので、お申し込み受付を終了しました。


 当オフィスでは今年度、力動的な理解による心理臨床実践の勉強会を開催します。精神力動的アプローチpsychodynamic approachとは、人のこころの現象を相互作用的な因果関係の結果として捉え、体系的に解明しようとする方法論です。ここでは、多様化する現場において、臨床実践を捉える枠組みとなる理論を紹介し、実際のケースを通して理解を深めます。また、近年注目を浴びている臨床的なテーマを取り上げ、複雑化するこころの問題に、どのように対応・介入するか、新しい視点の知見についても討議します。

 臨床心理士・公認心理師の方が対象です。グループの議論に積極的に参加してくださる方をお待ちしています。

 

  内容:力動的な理解による心理臨床実践の勉強会(下記をご参照ください。)


  期間:2023年5月~2024年3月 (全6回)


  形式:ZOOMによるオンライン開催 (講義40分+事例提示および討論80分)


  日時:年間6回、第2金曜日19時30分~21時30分 (1回2時間)

(5月12日、7月14日、9月8日、11月10日、1月12日、3月8日)


  募集人数:15名まで


  参加費:年間18,000円 (入金方法は参加確定後にお知らせします。)



連絡先・申し込み方法


 参加を希望される方は、お手数ですがこちら のフォームより「力動的臨床勉強会」の申し込み方法をお問い合わせください。

(その他ご質問やお問い合わせも、このフォームで受けつけています。)


企画運営:岩倉 拓、松井浩子 (あざみ野心理オフィス共同主宰)