<更新履歴 3月30日更新>
園地物件情報YouTube動画「ここでポンカン作ってみませんか」第2弾を公開しました

 東洋町は、高知県の最東端に位置し、東に太平洋を望むことからその名が付いたと言われています。世界的なサーフィンスポット「生見サーフィンビーチ」を有し、ポンカンや鮎が特産となっています。

 ここ東洋町で栽培されるポンカンは、全国生産量2位を誇る高知県の約4割を占める一大産地となっています。

 本サイトは、ポンカンの栽培方法から産地の歴史、ポンカン加工品や後継者継承のための園地情報など、東洋町のポンカンがすべてわかるとサイトとなっています。サイドメニューまたは下の各コンテンツをクリックし御覧ください(令和2年11月開設)。

東洋町ポンカン振興対策協議会とは...

 令和2年8月に発足した、東洋町のポンカン生産維持に向け、生産者代表(甲浦柑橘部部長、指導農業士ほか)、行政(東洋町、農地中間管理機構、農業振興センター)、JA(営農指導課、販売課、鳥獣被害対策専門員)からなる組織です。大きな3つの課題(「担い手不足」「低樹高化の推進」「鳥獣害対策」)の解決に向け一丸となって取り組んでいます。