Nagoya Psychopathology Research

名古屋精神病理研究グループ

名古屋精神病理研究グループについて

方法論にはこだわらないで、様々なアプローチで精神病理学的研究を進めています。

日々の臨床を重要視し、症例検討を出発点としています。

(なお、症例検討に際しては個人を特定できないよう十分な匿名化を行っています)

自然科学的精神医学とは乖離しないよう意識しながら、一方では自然科学的精神医学の方法論では届かないような学問領域を扱っていきます。

周辺領域を含めた、精神医学が関わるすべての領域を研究対象とします。

今後のミーティング予定

  • 7月12日 摂食障害系統勉強会(5/全6)『BNと回復期ANBPへの生活指導』田中 聡 (名古屋大学精神科)
  • 7月26日 『行動学、脳科学レベルでのロボットと人間の関わりを探求する研究の紹介』ルックスビー麻紀先生(グラスゴー大学心理学部社会性ロボット研究室)
  • 8月予定 摂食障害系統勉強会(6/全6)『重症遷延例SEEDへの対応』田中 聡 (名古屋大学精神科)
  • 9月7日14時〜8日12時 夏合宿「インターネットに含まれる精神病理、精神病理に含まれるインターネット」 特別講演『ソーシャルメディアと社会の分断(仮)』笹原和俊(名古屋大学情報学研究科)

Facebookサイトはこちら→