Atsushi Sato, Ph.D.

佐藤 德 富山大学人間発達科学部 教授

連絡先

  • 〒930-8555 富山市五福3190
  • 富山大学人間発達科学部
  • E-mail: a_sato at edu.u-toyama.ac.jp(atを@にご変更下さい)

専門分野

  • 実験心理学・社会認知神経科学・実験哲学
  • 意識・自己・行為と知覚・身体・他者理解・VR・間身体性

職歴

  • 1999年01月 -2000年03月 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
  • 2000年04月 -2001年03月 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2005年10月 -2007年03月 富山大学人間発達科学部 助教授
  • 2007年04月 -2010年12月 富山大学人間発達科学部 准教授
  • 2011年01月 -(現在に至る)富山大学人間発達科学部 教授
  • 2015年04月 - 2016年03月 京都大学大学院文学研究科 客員教授

受賞

  • 2001年 日本教育心理学会城戸奨励賞
  • 2015年 日本心理学会優秀論文賞

編集


著書・総説

  • 佐藤 德 (2019). 自己と感情 日本感情心理学会(企画) 内山伊知郎(監修) 感情心理学ハンドブック 北大路書房 60-75.
  • 佐藤 德 (2019). 畏怖,または喝 日本感情心理学会(企画) 内山伊知郎(監修) 感情心理学ハンドブック 北大路書房 312.
  • 佐藤 德 (2019). 共同行為――二人の身体と心をつなぐ行為の仕組み 日本児童研究所(監修) 藤田博康・斉藤こずゑ(編) 児童心理学の進歩2019年版 58巻 金子書房 27-51.
  • 佐藤 德 (2018). 統合失調症における自己の障害 堀 忠雄・尾崎久記(監修) 室橋春光・苧坂満里子(編) 生理心理学と精神生理学 第3巻 展開 北大路書房 207-218.
  • 佐藤 德 (2018). 自己と他者 日本発達心理学会(編)社会的認知の発達科学 新曜社 140-152.
  • 佐藤 德 (2016). 神経・生理. 子安増生(編)心理学 勁草書房 213-248.
  • 佐藤 德 (2016). 内と外を超える 多文化共生社会における自己 梶田 叡一・中間 玲子・佐藤 德(編)現代社会の中の自己・アイデンティティ 金子書房 144-169.
  • 佐藤 德 (2016). 自尊感情の進化―関係性モニターとしての自尊感情 中間 玲子(編) 自尊感情の心理学: 理解を深める「取扱説明書」 金子書房 172-191.
  • 佐藤 德 (2016). 心をつなぐ運動の同期 ――対人同期現象と自閉症スペクトラム障害 発達,148,59-64.
  • 佐藤 德 (2016). 幽体離脱は本当に起こるのでしょうか? Clinical Neuroscience,34,1060.
  • 佐藤 德 (2015). 「一人称視点」と「三人称視点」の統合 日本パーソナリティ心理学会20年史編纂委員会(編) 日本パーソナリティ心理学会20年史 福村出版 166-167.
  • 佐藤 德 (2015). 運動と身体. 日本発達心理学会(編)脳の発達科学 新曜社 146-155.
  • 佐藤 德 (2013). 潜在的・非意識的なプロセスとパーソナリティ. 日本パーソナリティ心理学会(企画)パーソナリティ心理学ハンドブック 福村出版 126-132.
  • 佐藤 德 (2012). 認知心理学における自己論の流れ ジェームズ マーカス ロジャーズ ヒギンズ ギャラガー フリス ブランケ ウェグナー 梶田叡一・溝上慎一(編)自己の心理学を学ぶ人のために 世界思想社 80-96.
  • 佐藤 德 (2011). 心理学ライフ 旬を遊ぶ 心理学ワールド 55, 45.
  • 佐藤 德 (2011). 私のような他者/私とは異なる他者―間主観性の認知神経科学. 子安増生・大平英樹(編) ミラーニューロンと<心の理論> 新曜社 59-102.
  • 佐藤 德 (2011). 心理学キャンパスデイズ 富山大学人間発達科学部発達教育学科教育心理コース 心理学ワールド 53, 40-41.
  • 佐藤 德 (2010). 身体化された自己から言語制作される自己へ. 中村靖子・大平英樹・畝部俊也・佐藤 德・吉武純夫・兼本浩祐・柴田正良・余語真夫・H・M・シュラルプ・飯高哲也・葉柳和則・今福龍太(共著) 交響するコスモス 松籟社 37-66.
  • 佐藤 德 (2010). 「私」の主はホントに「私」? 心理学ワールド 50, 5-8.
  • 佐藤 徳 (2010). 英語による論文執筆スキル 感情心理学研究 17, 199-203.
  • 佐藤 德・湯川進太郎 (2010). 特集号巻頭言 特集「感情の異常心理学―基礎と臨床の対話に向けて―」感情心理学研究 18, 1.
  • 佐藤 徳 (2009). 統合失調症におけるリアリティモニタリングの異常 現代のエスプリ 497, 152-163.
  • 佐藤 徳 (2008). 教師と生徒の関係. 渡辺弥生・杉村伸一郎・伊藤順子(編) 原著で学ぶ社会性の発達 ナカニシヤ出版 212-221.
  • 翻訳 S.C. ヘイズ・M.M. リネハン・V.M. フォレット (2005). マインドフルネス&アクセプタンス―認知行動療法の新次元 ブレーン出版 「第2章 弁証法的行動療法 (49-68)」
  • 翻訳 S.C. ヘイズ・M.M. リネハン・V.M. フォレット (2005). マインドフルネス&アクセプタンス―認知行動療法の新次元 ブレーン出版「第11章 摂食障害の治療におけるアクセプタンスと変化 (339-362)」
  • 佐藤 徳 (2004). サイコパスと顔:顔は殺すなと訴える. 竹原卓真・野村理朗(編) 「顔」研究の最前線 北大路書房 148-149.
  • 翻訳 S.J.レポーレ、J.M.スミス (2004). 筆記療法:トラウマやストレスの筆記による心身健康の増進 北大路書房 担当「第5章 抑圧型ならびにアレキシサイミアにおける筆記による感情開示の効果 (75-94)」
  • 佐藤 徳・熊野宏昭 (2002). 心的機能の画像化 Bio Clinica 17, 84-88.
  • 岡部康成・木島恒一・佐藤 徳・山下雅子・丹治哲雄 (2004). 紙筆版潜在連合テストの妥当性の検討―大学生の超能力信奉傾向を題材として― 人間科学研究 26, 145-151.
  • 佐藤 徳・安田朝子・吉村 聡 (1998). Marlowe-Crowne尺度日本語版の作成と尺度の意味について 早稲田心理学年報 30, 9-17.
  • 佐藤 徳 (1997). 物語記憶論の意義と問題点について 人間科学研究所紀要 13, 23-110.

学術論文