鷹野優のホームページへようこそ!

広島市立大学 大学院情報科学研究科 医用情報科学専攻
バイオ情報学研究室 教授
専門
計算生命科学、計算化学、生物物理学
研究内容
分子レベルでの金属と生体分子の相互作用の理論的解明

News
2017年8月30日

2017年7月1日

2017年3月4日
新学術領域「3D活性サイト科学」第5回成果報告会で、「分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明」の演題で口頭講演を行いました。

2017年3月3日

2016年12月2日

2016年11月25日
第54回日本生物物理学会年会のシンポジウム「時空間精密構造解析による生体分子活性サイトの機能解明」で、「Elucidation of structure-function relationship of biological active sites by molecular simulation」の演題で招待講演を行いました。

2016年11月22日
神戸大学計算科学教育センターの遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎III」で、「QM/MM法によるタンパク質機能解析」の演題で講義を行いました。

2016年11月5日-6日
大阪大学蛋白質研究所、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)、立命館大学生命科学部と共同でサイエンスアゴラに「Aa-003 生命をささえるタンパク質の「かたち」」の出展を行いました。

2016年11月3日

2016年9月14日
日本物理学会2016年秋季大会で、「計算科学による金属タンパク質の活性中心の電子構造制御に関する研究」の演題で招待講演を行いました。

2016年9月10日
新学術領域「3D活性サイト科学」第4回成果報告会で、「分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明」の演題で口頭講演および「ヘムの構造歪みの統計解析」の演題でポスター発表を行いました。

2016年9月8日

2016年7月28日
著書"機能構造科学入門 -3D活性サイトと物質デザイン-"が丸善出版から出版されました。鷹野は「5 第一原理電子状態計算法と分子動力学法」と「8 有機デバイス・バイオ材料」を分担執筆しています。

2016年7月26日

2016年6月21日

2016年6月8日
第16回日本蛋白質科学会年会で、「Molecular Tailoring Approachによるαヘリックスに働く相互作用の量子化学的解析」の演題でポスター発表を行いました。

2016年5月12日、13日
大阪大学蛋白研セミナー「膜タンパク質の構造ダイナミクス」が大阪大学蛋白質研究所で開催されました。鷹野は世話人の一人として開催のお手伝いしました。

2016年5月10日

2016年4月9日

2016年4月1日
専攻の名称変更に伴い、所属が広島市立大学大学院情報科学研究科医用情報科学専攻バイオ情報学研究室になりました。

2016年3月11日

2016年3月8日
新学術領域「3D活性サイト科学」第3回成果報告会で、「分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明」の演題で口頭講演を行いました。

2016年3月1日
大阪大学蛋白研セミナー「構造を基盤とする蛋白質科学における未解決問題」を東京大学先端科学技術研究センターENEOSホールで開催し、「タンパク質の二次構造に働く相互作用の理論解析」の演題で講演を行いました。

2016年2月16日

2015年12月21日
第2回臨床情報医工学プログラムFD・SD研修会、成果発表会にて「コンピュータシミュレーションによるタンパク質機能の理解と応用」の演題で研究内容を紹介しました。

2015年12月9日
神戸大学計算科学教育センターの遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎II」で、「QM/MMシミュレーションによるタンパク質機能解析」の演題で講義を行いました。

2015年10月14日
6th JCS International Symposium on Theoretical Chemistryで、「Theoretical Analysis of the Electronic Asymmetry of the Special Pair Cation Radical in the Photosynthetic Reaction Center」の演題で招待講演を行いました。

2015年9月18日
第9回分子科学討論会2015東京で、「Molecular Tailoring Approachによる二次構造に働く相互作用の量子化学的解析」の演題でポスター発表を行いました。

2015年9月13日
第53回日本生物物理学会年会のシンポジウム「生体分子活性サイトの新しい3D構造決定法と機能解析」で、「Theoretical study of the relationship between heme distortion and redox potential」の演題で招待講演を行いました。

2015年9月10日
広島市立大学産学連携研究発表会2015〜医工連携と情報科学〜で、「コンピュータシミュレーションでタンパク質のはたらきを理解する」の演題で口頭発表を行いました。

2015年6月25日
第15回日本蛋白質科学会年会で、「Molecular Tailoring Approachによるタンパク質の二次構造に働く相互作用の量子化学的解析」の演題でポスター発表を行いました。

2015年5月15日

2015年4月27日
Element Specific Structure Determination in Materials on Nanometer and Sub-Nanometer Scales using modern X-Ray and Neutron Techniquesで、「Computational Study of the Relationship between Heme Distortion and Redox Potential」の演題でポスター発表を行いました。

2015年4月1日
広島市立大学大学院情報科学研究科創造科学専攻に異動しました。

2015年3月15日
新学術領域「3D活性サイト科学」第1回成果報告会で、「分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明」の演題で口頭講演を行いました。

2015年3月12日

2015年2月21日
計算科学勉強会で、「生体活性サイトの構造・機能相関の解明とデザインに向けた分子技術の開発」の演題で招待講演を行いました。

2015年2月19日

2015年2月6日
横浜市立大学第52回量子物理化学セミナーで、「タンパク質の二次構造に働く相互作用の理論解析」の演題で招待講演を行いました。

2015年1月29日
スーパーコンピュータワークショップ2015「様々な対象に応用される計算分子科学」で、「ヘムの歪みによる酸化還元電位への影響に関する計算科学的研究」の演題でポスター発表を行いました。

2014年12月15日

2014年12月1日
International Symposium on Computicsで、「Computational analysis of .the molecular interactions in secondary structures of proteins 」の演題でポスター発表を行いました。

2014年11月21日
新学術領域研究・SPRUC研究会主催 第一回「3D活性サイト科学」公開ワークショップで、「ヘムタンパク質中のヘムの分子構造ー電子構造ー機能相関」の演題でポスター発表を行いました。

2014年11月10日
International Symposium on Extended Molecular Dynamics and Enhanced Sampling: Nosé Dynamics 30 Years (NOSE30)で、「Theoretical study of the molecular interactions in secondary structures of proteins」の演題でポスター発表を行いました。

2014年10月10日
著書"錯体化学会選書10 金属錯体の量子・計算化学"が三共出版から出版されました。鷹野は5章3節の「コバルト錯体の構造と反応性」を執筆しています。

2014年9月27日
第52回日本生物物理学会年会で、「蛋白質の二次構造形成に関わる相互作用に関する理論的研究」の演題でポスター発表を行いました。

2014年9月26日
(独)科学技術振興機構(JST)から戦略的創造研究推進事業CRESTの新規採択課題が発表され、研究領域:「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」において「新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明」(代表者:中川敦史・大阪大学蛋白質研究所教授)が採択されました。鷹野は主たる共同研究者として参画します。

2014年9月22日
第8回分子科学討論会2014東広島で、「蛋白質の二次構造に関わる相互作用の理論解析」の演題でポスター発表を行いました。

2014年9月20日

2014年9月1日
新学術領域「3D活性サイト科学」のホームページが公開されました。

2014年8月9日
新学術領域「3D活性サイト科学」のキックオフミーティングに参加しました。

2014年7月8日
大阪大学総長奨励賞を受賞しました。

2014年6月27日
新学術領域「3D活性サイト科学」(代表者:大門寛・奈良先端科学技術大学院大学教授)が採択されました。計画研究の研究代表者として参画します。

2014年6月26日
第14回蛋白質科学会年会若手奨励賞シンポジウムで、「蛋白質の二次構造形成に関わる相互作用に関する理論的研究」の演題で招待講演を行いました。

2014年6月9日
近畿化学協会コンピュータ化学部会公開講演会&見学会「量子論と古典論が綴るシミュレーションの世界」で、「蛋白質中における金属補因子の電子構造制御ーQM法、QM/MM法による解析ー」の演題で招待講演を行いました。

2014年6月5日

2014年5月23日

2014年5月18日
The 4th Asia Pacific Protein Association Conferenceに参加し、"Density functional study of molecular interactions in secondary structure of proteins"の演題でポスター発表を行いました。

2014年4月3日
著書"見てわかる構造生命科学"が化学同人から出版されました。鷹野はStructure-2の「鉄ー硫黄タンパク質」とStructure-16の「光化学系II」を執筆しています。