スプラング(Sprang)とは?

スプラングは3000年以上の歴史をもつ伝統的な染織技法です。かつてはヨーロッパ、中近東、インド、アフリカ、南米など世界各地に広く知られていました。一方、日本や極東地域に存在した痕跡はいまだ確認されていません。独特な魅力を持つスプラングですが、残念なことに遠からず消滅してしまうかもしれません。わたしたちの生活の真の豊かさを思うとき、大量に効率よくモノをつくるばかりではなく、じっくりと取り組む『手しごと』の楽しさをもっと見直してもいいのではないでしょうか。

        アフリカ、チュニジアのヴェール
  古代アンデス、ナスカ期のスプラング裂
  古代アンデス、ナスカ期
ネパール, ランプシェード
 

          トルコ、帯

シンプルな糸操作と道具仕掛けなのに、実は奥の深い、多くの可能性を秘めているスプラングです。3つの基本形
(下図参照) と豊富な変化形があり、さらに他技法とも組み合わせてさまざまに発想がひろがるでしょう。伸縮性や透け感のある独特なスプラングの布たち——レース状の繊細な文様から立体感のあるものまで、その表情も自在に変わります。 チャーミングでちょっと不思議な、古くて新しいテキスタイルの世界へようこそ

 
 

スプラングには、織物や編物とは異なる特徴が多々あります。布地は
タテ糸のみで構成され、ヨコ糸を必要としません。つまり、一本の糸を切らずに一筆書きのようにタテに並べて、その隣り合う糸と糸を絡めたり、交差させたり、綟り合わせて布をつくります。こうすると編目は上下両方の端から同時に仕上がって、最後は中央部で完成します。
シンプルでユニークなこの古代技法、スプラングを是非もう一度世界に広く伝えたいと願っています。

 
 


 
 

 

 

最新ニュース :
スプラングの動画マニュアル ”Sprang Lesson Series"をYoutubeで順次、配信予定。

1. タテ糸のセット Warping
2.  インターリンキング基本形 Interlinking
3.  スプラングのなぜ? S撚りとZ撚り Why?  S/Z Twist & Varied Tutorial of Manipulation 
4.  止め方・はぎ方  Finishing and Joining
5.  インターレイシング Interlacing
6.  インタートワイニング Intertwining