雨にぬれても(雨に濡れても)


雨にぬれても


原題: Raindrops Keep Fallin' On My Head
B.J.トーマスが1969年にリリースしたシングル
作詞はハル・デヴィッド(Hal David)
作曲はバート・バカラック(Burt Bacharach)

明日に向って撃て!

1969年のアメリカ映画。アメリカン・ニューシネマの傑作の一つ
日本での公開は1970年2月

19世紀末に鮮烈な軌跡を残した、実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの物語

2人のアウトローを、情感豊かに描き出したアメリカンニューシネマの代表作。
ラストシーンのストップモーションは映画史に残る屈指の名シーンとして有名である

監督は、『スティング』などの作品で有名な、ジョージ・ロイ・ヒル。

主役のブッチにはポール・ニューマン、サンダンスにはロバート・レッドフォード。
そして女教師エッタに名花キャサリン・ロスが扮している。

3人の若者の青春が、ときにはユーモラスに、ときにはリリカルに描かれている。
名曲「雨にぬれても」をはじめとするバート・バカラックの軽妙流麗なメロディが、全編を痛切に歌い上げる新感覚のウェスタン映画。





雨にぬれてもの歌詞と訳詞

 RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
 
Raindrops keep falling on my head
and just like the guy whose feet
are too big for his bed
nothing seems to fit, those
raindrops are falling on my head
they keep falling
So i just did me some talking to the sun
and i said i didn't like the way
he got things done
sleeping on the job, those
raindrops are falling on my head
they keep falling

But there's one thing i know
the blues they send to meet me
won't defeat me
i won't be long
till happiness step up
to greet me

Raindrops keep falling on my head
but doesn't mean my eyes will soon
be turning red
crying's not for me, 'cause
i'm never gonna stop the rain by complaining
because i'm free
nothing's worrying me

Instrumental

Raindrops keep falling on my head
but doesn't mean my eyes will soon
be turning red
crying's not for me, 'cause
i'm never gonna stop the rain by complaining
because i'm free
nothing's worrying me
nothing's worrying me.
 雨の滴が僕の頭に落ち続ける
ちょうど足が長過ぎて
ベッドに収まらない男みたいに
何もかもが上手くいかないように感じる

雨の滴が僕の頭に落ちてくる、落ち続ける...

だから、僕は太陽にちょっと一言いってやったんだ
"キミのそういうやり方は、僕は好きじゃないな。
仕事さぼって"

雨の滴が僕の頭に落ちてくる、落ち続ける...

けれど一つ分かっていることがあるんだ
どんな憂うつが僕に押し寄せてこようとも、
僕は負けたりなんてしない
幸せが僕を迎えにくるまで、もう少しだから

雨の滴が僕の頭に落ち続ける
だからって、僕の瞳が涙で赤くなるわけじゃない
泣き言は、僕は言わないよ
だって文句を言ったところで、
雨を止める事なんて出来ないし

僕は自由だから、何の心配もしてないさ...

 

(日本語訳:東エミ)