近況お知らせ



2018年

7月22日、防衛大学校同窓会「小原台クラブ」で講演します。

4月21日、拓殖国際フォーラムで講師を務めます。渡辺利夫・学事顧問ほか皆さまと御一緒です。

3月27日、日刊労働通信社主催のセミナーで講師を務めます。連合前会長らと御一緒です。

3月20日、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」に生出演します。宮崎哲弥さんと御一緒です。

2月22日2300から、テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」で米軍「鼻血作戦」についてコメントします。

2月22日、アゴラにF35戦闘機について寄稿しました。

2月21日、テレビ朝日「グッド!モーニング」で米軍F16事故についてコメントしています。

2月17日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

2月17日、日本文化チャンネル桜放送の討論番組に出演します。陸海空自衛隊の将官OBらと御一緒です。

2月14日、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」に生出演します。神保謙さん(慶應大准教授)と御一緒です。

2月6日、全国生放送のTBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)で陸自ヘリ事故についてコメントします。

2月6日、FM東京「クロノス」(MC中西哲生さん)で陸自ヘリ事故についてコメントします。

2月5日、陸上自衛隊幹部学校「幹部高級課程」学生に論文指導します。

2月2日1250〜1400、ラジオ日本「マット安川のずばり勝負」に生出演します。

新R25にインタビュー記事の前編が掲載されました。

月刊「正論」3月号に「平昌五輪 偽りの『平和の祭典』」が掲載されました。

月刊「WiLL」3月号で、作家の門田隆将さんと対談しました。

1月24日1600〜1730、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」に生出演します。

1月13日、坦々塾(西尾幹二塾長)で講演します。

1月13日付「夕刊フジ」記事「米軍B2爆撃機急派」でコメントしました。

1月7日付「産経新聞」朝刊で冨澤暉著『軍事のリアル』を書評しました。

元旦付「産経新聞」朝刊総合面記事「BPO 中立性に疑義」でコメントしました。

2017年

12月29日2000から、日本文化チャンネル桜「桜国防戦略会議・年末特別版」に出演します。陸海空元将官に加え、産経新聞の古森義久、野口裕之両記者とご一緒です。

「WiLL」別冊「朝日新聞と言論犯罪」に屋山太郎先生との対談が再録されました。

12月26日0800から、DHCテレビ「虎ノ門ニュース」に生出演します。作家の百田尚樹さんと御一緒です。

公益財団法人「日本国防協会」(中谷元会長)の機関紙「日本の国防」H30年1月号に「東アジア情勢と日本の安全保障」が掲載されました。

警察職員のための総合教養情報誌「BAN」2018年1月号の巻頭特集「注目の平成30年」に寄稿しました。

月刊「正論」2月号の特集と書評欄(業田良家著『男の操』)に寄稿しました。

12月20日朝、全国生放送のテレビ朝日「グッド!モーニング」でUFOについてコメントします。

12月17日朝、全国生放送のテレビ朝日「サンデーLIVE」(MC東山紀之さん)でコメントしました。

公益財団法人「隊友会」(自衛隊OBの全国組織)の機関誌「隊友」(12月15日号)で『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)が紹介されました。

12月14日、全国生放送のTBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)でドローン攻撃についてコメントします。

12月12日発売の週刊「SPA!」(扶桑社)と週刊「アサヒ芸能」(徳間書店)の巻頭記事でコメントしました。

12月5日、全国生放送のTBS「あさチャン」で北朝鮮情勢についてコメントしました。

月刊「正論」2018年1月号に「ホスピス落ちた」が掲載されました。

11月30日、テレビ東京「ゆうがたサテライト」(MC塩田真弓さん)で「火星15」についてコメントします。

11月30日朝、全国生放送のTBS「あさチャン」で「火星15」についてコメントしました。

11月29日夜放送のテレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(MC大江麻理子さん)で北朝鮮ICBM「火星15」についてコメントしました。

11月29日発売の「夕刊フジ」一面記事「全米射程」でコメントしました。

11月29日、テレビ東京「ゆうがたサテライト」(MC塩田真弓さん)に生出演します。

11月29日、FM東京「ブルーオーシャン」(MC住吉美紀さん)に電話で生出演します。

11月29日早朝の北ICBM発射を受け、テレビ東京「モーニングサテライト」に電話で生出演しました。

11月22日1600から、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」に生出演します。

11月21日放送のテレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(MC大江麻理子さん)で北朝鮮「テロ支援国家」再指定についてコメントしました。

11月22日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

日本会議の機関誌「日本の息吹」12月号の巻頭に「衆院選が問うたもの」が掲載されました。

11月18日1830から、立川(東京都)のアイムホールで講演します(日本会議立川支部主催)。

11月14日発売の「サンデー毎日」、「週刊SPA!」、「アサヒ芸能」でそれぞれコメントしました

11月13日全国生放送のTBS「あさチャン」とCBC「ゴゴスマ」で米空母3隻による演習についてコメントしました。

11月12日付「夕刊フジ」2面記事「最大圧力」でコメントしました。

11月11日CS日本文化チャンネル桜放送の討論番組「トランプ、アジア歴訪後の世界」に出演します。

月刊「Voice」12月号(PHP研究所)に「『自衛隊』の明記を後退させるな」が掲載されました。

11月10日付「夕刊フジ」一面記事「中国決断」でコメントしました。

月刊「正論」12月号(産経新聞社)に「愛と信仰なき希望は失望に終わる」が掲載されました。

10月31日1600〜1730、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」に生出演します。宮崎哲弥さんとご一緒です。

10月26日から大阪で開催される日刊労働通信社主催のセミナーで講師を務めます。石破茂さん(元防衛大臣)、古賀伸明さん(前連合会長)他とご一緒です。

10月26日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で新「チャイナ7」を受けた北朝鮮情勢について電話コメントします。

10月19日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で北京大学国際学院長の論説についてコメントします。

10月18日、テレビ朝日系列で全国生放送される「グッドモーニング」で空自救難ヘリの墜落事故についてコメントします。

10月17日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)と、CBC「ゴゴスマ」で日米韓ミサイル追跡演習についてコメントします。

10月14日2200からTBS系列で全国放送される「新情報7daysニュースキャスター」(MCビートたけし、安住紳一郎)で「停電爆弾」についてコメントします。

10月14日、日台関係研究会で講演します。

10月11日、岸信介が初代会長を務めた「新しい憲法をつくる国民会議」で講演します(@参議院議員会館)。

10月10日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で韓国軍の「停電爆弾」についてコメントします。

10月2日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で北朝鮮情勢についてコメントします。

月刊「WILL」11月号でコメントしました。

週刊「SPA!」10月3日号の巻頭記事「自衛官の本音」でコメントしました。

9月26日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で米軍NEO作戦計画についてコメントします。

9月26日0800から、FM東京「中西哲生のクロノス」で解散に伴う「政治空白」についてコメントします。

9月23日0900から生放送のBSジャパン「日経プラス10サタデー」(MC住吉美紀さん)に出演します。

9月22日放送のテレビ東京「ゆうがたサテライト」(MC狩野恵里アナ)で北朝鮮「太平洋上で水爆実験」についてコメントしました。

9月23日2000から、CS日本文化チャンネル桜の討論番組に参加します。自民党の山田宏参議院議員、長尾たかし衆議院議員、産経新聞の古森義久記者らと御一緒です。

言論プラットフォーム「アゴラ」に「船舶検査;総選挙で問われるべき深刻な課題」が掲載されました。

9月15日の北朝鮮弾道ミサイル発射について、テレビ東京の報道特別番組でコメント、「ゆうがたサテライト」に出演しました。

9月15日朝の弾道ミサイルいついて、0900過ぎから、FM東京「ブルーオーシャン」(MC住吉美紀さん)でコメントしました。

「夕刊フジ」9月13日号の一面記事「核の黒幕暴く」でコメントしました。

「サンデー毎日」9月24日号の記事「北朝鮮有事 日本経済を大予測!」でコメントしました。

「週刊ポスト」9月22日号の記事「年間1・5兆円で日本も核武装 さあ、どうする」でコメントしました。

9月8日、言論テレビ「花田編集長の右向け右!」に出演します。

9月8日、ラジオ日本「マット安川のずばり勝負」に生出演します。

9月7日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で米軍5030作戦計画についてコメントします。

9月5日、テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)}(MC大江麻理子アナ)で国連安保理制裁決議案についてコメントします。

9月5日0800〜、DHCテレビ「深層深入り!虎ノ門ニュース」に生出演します。作家の百田尚樹さんとご一緒です。

9月4日2200からBSジャパン「日経プラス10」(MC小谷真生子さん)に出演します。

9月2日0900〜1030、BSジャパンで全国生放送される「日経プラス10サタデー ニュースの疑問」(MC住吉美紀さん)に出演します。

9月1日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で米軍B1B戦略爆撃機についてコメントしました。

9月1日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

8月31日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)と「ゴゴスマ」」で「火星12」等についてコメントしました。

「週刊新潮」5月7日号の記事「撃ち落とせない北朝鮮弾道ミサイル」でコメントしました。

8月30日1940頃から、フジテレビ「ホウドウキョク FLAG7」(MC古市憲寿さん)でコメントしました。
8月30日1600から、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」に生出演します。

8月29日の北朝鮮弾道ミサイル発射について、テレビ東京の報道特別番組、「ゆうがたサテライト」、「WBS(ワールドビジネスサテライト)」でコメントします。

8月29日の北朝鮮弾道ミサイル発射について、同日発売の「夕刊フジ」でコメントしました。

8月28日、9月4日、9月11日の各2020頃から、ニッポン放送「私の正論」に出演します。

8月26日朝に北朝鮮から発射された飛翔体について同日発売の「夕刊フジ」でコメントしました。

オピニオン誌「伝統と革新」27号に憲法9条について寄稿しました。

8月28日号の週刊「SPA!」(扶桑社)の巻頭グラビア「今週の顔」に登場しました。

8月19日1300〜、ニッポン放送「辛坊治郎のズーム そこまで言うか」でコメントします。

8月19日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

8月17日午後、全国生放送されたCBC「ゴゴスマ」(MC石井亮次アナ・TBS系)でコメントが放送されました。

8月17日、TBS系列「あさチャン」(MC夏目三久さん)で北朝鮮ミサイル飛翔「17分45秒」についてコメントします。

8月16日、テレビ東京系「ゆうがたサテライト」(MC狩野恵里アナ)でグアム島へのミサイル発射計画についてコメントします。

8月17日付「夕刊フジ」記事「北ICBMウクライナの関与? 専門家2人が考察」でコメントしました。小泉悠さんとご一緒です。

8月15日1920頃から、フジテレビ「ホウドウキョク FLAG7」(MC佐々木俊尚さん)でコメントします。
https://www.houdoukyoku.jp/reporters/93

8月15日付「夕刊フジ」一面記事「米軍秘密工作開始」でコメントしました。

百田尚樹著『戦争と平和』(新潮新書)の「謝辞」で名前を挙げていただきました。

8月11日深夜、テレビ朝日系列で全国生放送される「朝まで生テレビ」に出演します。

閉会中審査に関する8月11日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

8月10日、TBS系列で全国生放送された「朝チャン!」(MC夏目三久さん)で電話コメントしました。

8月9日付「夕刊フジ」の内閣支持率に関する記事でコメントしました。

8月7日と14日の0540〜0600、文化放送「おはよう寺ちゃん」で『誰も知らない憲法9条』についてお話します。

8月5日、アゴラ夏合宿の特別セミナー「いま戦争と憲法を考える」に参加します。田原総一朗さん、前原誠司代議士(民進党)、片山杜秀教授(慶大)、池田信夫所長(アゴラ研究所)とご一緒です。

8月3日1945頃から、フジテレビ「ホウドウキョク FLAG7」(MC三浦瑠麗さん)で防衛大臣人事についてコメントします。
https://www.houdoukyoku.jp/reporters/93

8月1日1910頃から、FM東京「タイムライン」(MC速水健朗さん)で新防衛大臣の課題について電話コメントします。

月刊「正論」9月号で、自民党の高村正彦副総裁と対談しました。

7月29日付「産経新聞」朝刊社会面で稲田大臣辞任についてコメントしました。

7月29日付「夕刊フジ」一面記事で稲田大臣辞任についてコメントしました。

稲田大臣辞任についてIRONNNAに寄稿しました。

7月31日、アゴラで池田信夫さんと対談します。

7月29日放送のCS日本文化チャンネル桜の討論番組に出演します。

月刊「WiLL」9月号で屋山太郎さんと対談しました。

7月19日1940頃から、フジテレビ「ホウドウキョク FLAG7」で防衛大臣「日報」問題についてコメントします。
https://www.houdoukyoku.jp/reporters/93

稲田大臣「隠蔽了承」報道を巡り、7月20日発売号の「夕刊フジ」でコメントしました。

2017年7月14日、『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)が発売されました
新潮社サイトの「作家自作を語る」がアップされました。
http://www.shinchosha.co.jp/book/610725/#b_section01

航空自衛隊のOB組織「つばさ会」公式サイトで紹介されました。
7月17日、都内の文京シビックセンターで記念講演します。
18日付朝日、22日付読売、25日付毎日、30日付日経の各紙に広告が掲載されます。
「夕刊フジ」4月25日号、月刊「WiLL」9月号、月刊「正論」9月号、アゴラ、「日刊ゲンダイ」、9月10日付「毎日新聞」朝刊で紹介されました。


日本会議の機関誌「日本の息吹」8月号に憲法9条と教科書について寄稿しました。

「夕刊フジ」(7月15日発売・16日号)で防衛大臣人事についてコメントしました。

言論プラットフォーム「アゴラ」に「9条改正の正面突破へ」が掲載されました。

北ICBMについて産経新聞の総合オピニオンサイトIRONNNAに寄稿しました。

7月6日、TBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)で北朝鮮ICBMについてコメントします。

7月4日、テレビ東京系「ゆうがたサテライト」(MC狩野恵里アナ)で弾道ミサイル発射についてコメントします。

7月4日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演します。宮崎哲弥さんとご一緒です。

新しい歴史教科書をつくる会の会報「史」7月号に「ダチョウの平和でいいのか」が掲載されました。

6月29日、フジテレビ「ホウドウキョク×FLAG7」(MC三浦瑠麗さん)で防衛大臣発言についてコメントします。

6月29日朝、テレビ朝日系列で全国生放送される「グッドモーニング」で防衛大臣発言についてコメントします。

6月29日、7月6日公開の「シコウヒンTV」に出演します。

川瀬弘至著『立憲君主 昭和天皇』(産経新聞出版)の「あとがき」に「協力していただいた」と記載されました。

6月24日、言論プラットフォーム「アゴラ」に「当面、朝鮮半島情勢は悪化の一途を辿る」がアップされました。

6月22日、TBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)で北朝鮮情勢についてコメントします。

6月21日付「夕刊フジ」一面記事(北朝鮮による米大学生殺害)でコメントしました。

6月20日、ユアサ商事株式会社主催の総会で講演しました。

6月17日、文京シビックセンターで新刊の出版記念講演会が開かれます。

6月16日付「産経新聞」朝刊の「IRONNNA発」に下記拙稿が抄録されました。
6月10日、産経IRONNNAに、百田尚樹講演会中止問題について寄稿しました。

6月14日付「産経新聞」朝刊「正論」欄で西岡力教授が、憲法「自衛隊」明記案は「潮匡人氏に触発されたもの」と明かしました。

6月14日、公益財団法人「国防問題研究会」で講演します。

6月8日の北朝鮮による地対艦ミサイル発射について9日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

6月7日、21日公開の「エレルギークロストーク」に出演します。

6月6日1900〜、FM東京「TIME LINE」で憲法「自衛隊」明記論についてコメントします。

「WiLL」7月号増刊「追悼『知の巨人』渡部昇一 まるごと一冊 永久保存版」の巻頭座談会に参加しました。誌上にて安倍総理や百田尚樹さんら多数の著名人とご一緒しました。

6月1日、日本会議国会議員連盟憲法改正PT(@衆議院第一議員会館)で「憲法改正と自衛隊」について講演します。

6月1日、TBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)でEMP(電磁パルス)攻撃の脅威についてコメントします。

月刊「テーミス」6月号の憲法「自衛隊」明記に関する記事でコメントしました。

5月29日放送のテレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(MC大江麻理子さん)でコメントしました。

言論プラットフォーム「アゴラ」に「カエルとダチョウの楽園でいいのか」を寄稿しました。(Yahooニュースに転載されました)

5月23日付「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

5月16日、日刊労働通信社のセミナーで講師を務めます。古賀前連合会長ほかとご一緒です。


2017年5月19日、『安全保障は感情で動く』(文春新書)が発売されました。
空自OB組織「つばさ会」の公式サイトで紹介いただきました。


5月12日号の「夕刊フジ」一面記事でコメントしました。

5月11日2000〜2130、文化放送「田原総一朗 オフレコ!」に出演します。

月刊「Voice」6月号(PHP研究所)の総力特集「韓国漂流」に寄稿しました。

「SAPIO」6月号(小学館)の特集記事「斬首作戦決行の日」でコメントしました。

5月4日、TBS「あさチャン」(MC夏目三久さん)で朝鮮半島情勢についてコメントします。

月刊「正論」6月号誌上で、柳澤協二さん(元内閣官房副長官補)と対談しました。柳澤さんは、私が旧防衛庁長官官房(現防衛省大臣官房)で勤務していた当時の直属上司(広報課長)です。

4月29日放送の、日本文化チャンネル桜の討論番組に出演します。

4月26日、フジテレビ「ホウドウキョク×FLAG7」で北朝鮮情勢についてコメントします(MC三浦瑠麗さん)。

4月26日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演します。

「週刊SPA!」(5月2日・9日合併号)のグラビラ記事「今週の顔」でコメントしました。

アゴラに「朝鮮半島には『Xデー』も『レッドライン』もない」がアップされました。

4月20日朝、全国生放送の「あさチャン」(MC夏目三久さん・TBS系列)で拉致被害者保護についてコメントしました。

「夕刊フジ」4月21日号の一面記事でコメントしました。

「週刊文春」4月27日号に、エッセイ談話「胸襟を開く場所」が掲載されました。

4月20日1925頃から、フジテレビ「ホウドウキョク×FLAG7」で南スーダン自衛隊部隊帰国についてコメントします(MC三浦瑠麗さん)。

警察専用の総合教養誌「BAN」5月号の憲法特集に「安全保障と憲法」を寄稿しました。

4月18日付「産経新聞」朝刊文化面の記事でコメントしました。

「週刊SPA!」4月25日号の記事でコメントしました。

「アサヒ芸能」4月27日号の記事でコメントしました。

「夕刊フジ」4月18日号の一面記事「トランプ 習を脅迫」でコメントしました。

4月15日0900から全国生放送のBSジャパン「日経プラス10サタデー ニュースの疑問」にスタジオ出演します。小原凡司さん(元在中防衛駐在官)他とご一緒です。

「夕刊フジ」4月14日号と翌15日号の一面記事で続けてコメントしました。

「週刊新潮」4月20日号の記事「トランプが中国に突きつけた最後通告」でコメントしました。

4月13日放送のTBS「あさチャン!」(MC夏目三久さん)で朝鮮半島情勢についてコメントします。

週刊「FLASH」(光文社・4月25日号)の記事「米朝戦争シミュレーション」でコメントしました。

4月10日夕方生放送のテレビ東京「ゆうがたサテライト」で朝鮮半島情勢についてコメントしました。

「週刊文春」(4月16日号)にエッセイ談話「努力して休む」が掲載されました。

「週刊新潮」(4月13日号)の記事「斬首作戦で日本経済も打撃」でコメントしました。

「夕刊フジ」4月6日号の記事「北、弾道ミサイル発射で宣戦」でコメントしました。

4月6日、島田市民総合施設で講演します。

産経新聞のオピニオンサイトiRONNNAに、森友劇場はもう飽きた、が掲載されました。

4月3日発売の「夕刊フジ」(4日号)の一面記事「トランプ 習に最後通告」でコメントしました。

「週刊ポスト」4月14日号の記事「韓国で新大統領誕生直後に軍事クーデター」でコメントしました。

3月23日朝、TBS「あさチャン!」(MC夏目三久さん)で北朝鮮の弾道ミサイルについてコメントします。

3月23日発売の「別冊正論 一冊まるごと櫻井よしこさん」(29号)に座談会が掲載されました。

3月19日夜、BS朝日「いま世界は」(MC木佐彩子さん)に生出演します(テーマは南スーダンPKO撤退)。

「夕刊フジ」3月16日号の一面記事「対北最終判断」で火箱芳文・元陸幕長と並んでコメントしました。

3月13日2010頃から、フジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」で南スーダン自衛隊撤退ついてコメントします。

月刊「Voice」4月号(PHP研究所)に「トランプ報道の『嘘八百』」が掲載されました。

3月9日、TBS「あさチャン!」(MC夏目三久さん)で米軍「斬首作戦」についてコメントします。

「夕刊フジ」(3月9日号)の一面記事「月内開戦可能性」でコメントしました。

3月2日、神道政治連盟静岡県本部で講演します。

3月1日発売の月刊「正論」4月号(産経新聞社)で、つるの剛士さん(タレント)と対談しました。

2017年2月16日、『なぜ日本の政治報道は「嘘八百」なのか』(PHP新書)が発売されました。
月刊「正論」4月号、月刊「Voice」4月号、月刊「Hanada」5月号、「夕刊フジ」3月15日号、「週刊新潮」GW特別号でそれぞれ書評が掲載されました。

日本の政治報道はなぜ「嘘八百」なのか

2月23日2010頃から、フジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」で南スーダン「日報」問題ついてコメントします。MCは三浦瑠麗さんです。

「週刊新潮」3月2日号の防衛大臣に関する記事でコメントしました。

2月10日と17日の日本文化チャンネル桜「渡部昇一の大道無門」に出演します。

2月7日発売の「サンデー毎日」2月19日号の記事「スノーデンが暴露した米国の対日破壊工作」でコメントしました。

2月6日1940頃から、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でマチス国防長官来日についてコメントします。

2月6日、陸上自衛隊幹部学校「幹部高級課程」学生に対する論文指導を務めます。

2月6日放送のTBS「あさチャン」でトランプ新政権についてコメントしました。

1月24日発売の「週刊アサヒ芸能」2月2日号でトランプ政権の安保政策についてコメントします。

1月23日発売の「週刊ポスト」2月3日号でコメントします。

1月19日2010頃から、フジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」でトランプ新大統領についてコメントします。MCは三浦瑠麗さんです。

1月14日、日台関係研究会で講演します。

1月17日、DHCシアター「虎ノ門ニュース」に生出演します。作家の百田尚樹さんと御一緒です。

月刊「Voice」2月号の特集「韓国リスク」に寄稿しました。

1月4日1925頃から、フジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」でポピュリズムについてコメントします。MCは古市憲寿さんです。

1月3日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演します。ジャーナリストの有本香さんとご一緒です。


2016年
『そして誰もマスコミを信じなくなった 共産党化する日本のメディア』(飛鳥新社)が発売されました。
10月5日付「産経新聞」朝刊に広告が掲載されました。12月20日付朝刊にも掲載されました。
10月22日付「産経新聞」朝刊、月刊「正論」12月号と月刊「Voice」12月号に書評が掲載されました。
おかげさまで重版が決まりました。


12月30日1900~2056放送のBSジャパン「ニッポン激論収め2016 是か非か モメごとニュース一刀両断」に出演します。森本敏(元防衛大臣)、小川和久(静岡県立大学特任教授)ほかの皆さんと御一緒です。

月刊「正論」2月号に「北方領土のミサイルが北海道を狙う」が掲載されました。加えて日下公人先生の最新刊本を書評させていただきました。

警察の広報誌「BAN番」1月号の特集「平成29年の幕開け」に寄稿しました。

12月16日付「産経新聞」朝刊総合面に仙台「正論」懇話会での講演内容が掲載されました。

12月15日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でオスプレイ事故ついてコメントしました。

2016年12月15日、仙台「正論」懇話会(産経新聞社)で講演します。

12月7日〜9日にかけて「日刊ゲンダイ」で連載される「一服一話」に登場します。インタビュワーは二木啓孝さんです。

12月6日付「産経新聞」朝刊社会面に安倍総理の真珠湾訪問に関するコメントが掲載されました。

週刊誌「AERA」(朝日新聞出版・12月12日号)の特集「どうなる日本の国防」でコメントしました。

12月3日、アジア問題懇話会@日本プレスセンターでl講演します。

月刊「正論」1月号の特集「トランプに敗れたリベラル」と「『生前退位』でいいのか」に寄稿しました。

11月28日、東京ジャパン建材会新潟・長岡支部会で講演します。

「月刊Hanada」新年特大号に、《「土人」に群がるマスコミと文化人》が掲載されました。

11月25日1800〜、東京の星陵会館で開催される「憂国忌」(第46回、三島由紀夫追悼の夕べ)のシンポジウムに登壇します。(潮は発起人。これまで川端康成や小林秀雄、福田恆存らが務めた役職です)

11月25日1230-1500生放送の「マット安川のすばり勝負」(ラジオ日本)に出演します。

11月19日2000-2300放送のCS日本文化チャンネル桜の討論番組「アメリカ大統領選と世界の行方」に出演します。

11月18日発売「夕刊フジ」の1面記事「トランプあす安倍会談」でコメントしました。

11月17日、特別研究セミナー「転機に立つ日本」で講演します。石破茂、森本敏、島田晴雄他各氏とご一緒です。

「サンデー毎日」11月27日号の総力大特集「不安だらけのトランプ大統領 米外交が厭悪から損得へ転換 在日米軍縮小で自衛隊大増強か」でコメントしました。

11月10日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で、トランプ新大統領ついてコメントします。

11月8日発売「夕刊フジ」の記事「トランプ大統領なら日本の安全保障に重大影響」でコメントしました。

11月2日1600ー1730、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演します。

「日経ビジネスオンライン」に掲載された拙稿が『「シン・ゴジラ」、私はこう読む』(日経BP社)として電子書籍化(Kindle版)されました。期せずして石破茂、枝野幸男、山根一眞、加藤典洋、片山杜秀ほか各界の著名人とご一緒です。

10月25日0800ー1000、DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」に生出演します。作家の百田尚樹さんとご一緒です。

10月24日0800、テレビ朝日系生放送の「羽鳥慎一のモーニングショー」で、宇都宮で起きた爆弾事件についてコメントします。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」の特集「そして誰もNHKを信じなくなった」に寄稿しました。
http://ironna.jp/article/4238

10月22日2000ー2300、CS日本文化チャンネル桜の討論番組「GHQ焚書図書とは何だったのか」に出演します。西尾幹二先生ほかとご一緒です。

10月18日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で、北朝鮮ムスダン発射ついてコメントします。

10月16日夜、BS朝日「いま世界は」に生出演します。テーマは駆けつけ警護。司会の木佐彩子さん、パックン、伊勢崎賢治教授(東京外大)らとご一緒です。

10月13日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で、自衛隊PKO新任務付与先送り問題についてコメントします。

10月12日1600ー1730、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演します。

10月6日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で、比大統領「暴言」問題ついてコメントします。

月刊「正論」11月号に「それでも蓮舫代表を選んだ民進党の行く道は…」が掲載されました。

9月28日、NTT役員OB有志の会「二十日会」で講話します。

月刊「Hanada」11月号に《一刻も早く「日本版海兵隊」を》が掲載されました。

Voice10月号の拙稿がWebにアップされました。
http://shuchi.php.co.jp/voice/detail/3268

「週刊新潮」9月22日号の記事「最大の脅威に成長した「北朝鮮」核弾頭小型化」でコメントしました。

9月17日2000~、CS日本文化チャンネル桜の討論番組「朝鮮半島の危ない現在」に出演します。

9月12日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で、北朝鮮の核弾頭実験ついてコメントします。

月刊「Voice」10月号(PHP研究所)に「第二次朝鮮戦争の前触れ」が掲載されました。

9月6日、日経ビジネスオンラインに、ゴジラ退治に、自衛隊は「防衛出動」できるか、が掲載されました。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/083000015/083100001/?rt=nocnt

「週刊新潮」(9月1日号)の記事「興行収入100億円が見えてきた『シン・ゴジラ』トリビア」でコメントしました。

8月19日2200〜、言論テレビ放送の「花田編集長の右向け右!」に出演します(テーマは尖閣)。

8月18日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でオバマ「核先制不使用」ついてコメントします。

8月17日2200〜、BSーTBS放送の「外国人記者は見た!日本 in ザ・ワールド」で憲法改正についてコメントします。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」の終戦記念日特集「お国のために死ねますか?」に寄稿しました。

8月9日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で「尖閣周辺に過去最多の中国公船」ついてコメントします。

8月8日、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか!」に出演します。

8月5日金曜深夜(5日午前)生放送の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系列)に出演します。

月刊「正論」9月号に「織田論文否定は官邸の大失態」が掲載されました。

7月29日、徳間書店主催の研究会「路の会」で講師を務めます。

月刊「WiLL」9月号で佐藤守・元空将と対談しました。

7月23日放送の「新・週刊フジテレビ批評」(フジテレビ)でテレビの参院選報道についてコメントしました。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に《海上で平和憲法など通用しない!日本版「海兵隊」創設こそ世界基準だ》が掲載されました。

7月23日2000〜、CS日本文化チャンネル桜放送の討論番組「自覚なき日本」に出演します。

7月14日、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」に出演します。

週刊「プレイボーイ」7月25日号(集英社)の記事『空自OBの決死の訴えを日本政府はなぜ無視するのか」でコメントしました。

月刊「Voice」8月号(PHP研究所)に《ついに領空侵犯した「灰色の船」 日本は「言うだけ番長」でいいのか》が掲載されました。

月刊「SAPIO」8月号(小学館)の記事「国防軍ーその姿とコストを考えてみた」でコメントしました。

7月1日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で織田論文ついてコメントします。

月刊「正論」8月号(産経新聞社)の巻頭座談会で櫻井よしこ、百地章、八木秀次の各氏とご一緒しました。加えて「緊急シミュレーション 日中・尖閣激突」を寄稿しました。

月刊「WiLL」8月号(ワック)に「シロアリ共産党に喰われる民進党」が掲載されました。

6月22日、島根県法人会連合会定時総会で中国情勢について講演します。

6月16日夜、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で中国情報収集艦による領海侵入についてコメントします。

若者向けのフリーペーパー「東京ヘッドライン」6月13日号で中山泰秀前外務副大臣と対談しました。

6月10日金曜1930頃から、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で中国軍フリゲート接続海域入域についてコメントします。

産経新聞の総合オピニオンサイトiRONNAに「聞けば聞くほど分からない!アベノミクス参院選で本当によかったのか」が掲載されました。

月刊「正論」7月号に《「第四権力の転落 そして誰もマスコミを信じなくなった》が掲載されました。

6月13日発行の新感覚ニュースペーパー「TOKYO HEADLINE」で中山泰秀・前外務副大臣と対談しました。

6月7日、茨城県毒物劇物保安協会で講演します。

6月2日、神田神社(神田明神)で講演します。

5月27日、鹿島東京事業協同組合通常総会で講演します。

5月21日放送の「週刊フジテレビ批評」(フジテレビ)で放送法についてコメントしました。

「時事評論」5月20日号に「北朝鮮 今そこにある危機 地政学だけではわからぬ最新情報」が掲載されました。

「週刊新潮」5月19日号の記事「トランプ有言実行の吉凶検証」でコメントしました。

5月17日(東京)と23日(大阪)、日刊労働通信社主催のセミナーで講師を務めます。

5月14日、日本文化チャンネル桜の討論会「サミットを巡る国内・国際情勢」に出演します。

5月13日、(旧民社党関係の)民社人権会議で講演します。

5月11日、(朝日新聞社関係の)マリオン会で講演します。

5月11日、「めざましテレビ」(フジテレビ系列)でオバマ大統領の広島訪問についてコメントします。

5月9日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で日米同盟に関するトランプ発言についてコメントします。

月刊「Voice」6月号に「放送法論争、国民は怒っている――テレビ局には自由に番組を編成制作させるべきだ!」が掲載されました。

5月3日付「産経新聞」朝刊の記事「核論議 タブー視なら抑止力損なう」でコメントしました。

月刊「正論」6月号。①トランプ旋風について三浦瑠麗さんと対談しました。②平和安トランプ全法制の施行に関する各局報道を批判しました。③メディア裏通信簿でイジられました。

4月25日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で熊本地震とリーダー論についてコメントしました。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に熊本地震でのオスプレイ投入を批判した朝日記事に関する拙稿が掲載されました。
http://ironna.jp/article/3182

4月23日2000〜2300、日本文化チャンネル桜で放送される討論番組「主権回復と憲法改正」に出演します。

平成27年度「新日本学」(拓殖大学日本文化研究所)所収の「新日本学研究会」でコメントしました。

4月18日発売の「正論SP」の巻頭「政治家と知識人 憲法マップ」に名前が出ています。安倍晋三ほか錚々たる方々とご一緒です。

4月15日付「産経新聞」朝刊社会面の田母神元空幕長逮捕に関する記事でコメントしました。

4月8日2200から「言論テレビ」で放送される「花田編集長の右向け、右!」に出演します。

4月6日、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(櫻井よしこ共同代表)の平成28年度総会(@衆議院第一議員会館)で登壇します。

月刊「SAPIO(サピオ)」5月号(小学館)の記事《『日本復興』で描かれた「21世紀の超大国・日本」の可能性と課題を探る》でコメントしました。

月刊「正論」5月号(産経新聞社)に《「専守防衛」という甘えと言葉遊び》が掲載されました。

3月28日1900~の生放送番組「タイムライン」(FM東京)に電話出演します(テーマは同日施行の平和安全法制)。

花田紀凱編集長最終号となる月刊「WiLL」5月号の総力大特集「日本共産党の正体」に寄稿しました。

「サンデー毎日」4月3日号にインタビュー記事「元自衛官の保守論客・潮匡人氏 高市総務相に告ぐ」が掲載されました。

3月4日付「産経新聞」朝刊オピニオン面「iRONNA発」に「あのワクワク感をもう一度」が掲載されました。

月刊「正論」1月号掲載論文が産経iRONNAにアップされました。
http://ironna.jp/article/2902

月刊「正論」4月号(産経新聞社)の「論客58人に聞く 初の憲法改正へ これが焦点だ」に寄稿しました。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に「あのワクワク感をもう一度」が掲載されました。
http://ironna.jp/article/2879

月刊「WiLL」4月号に《「しんぶん赤旗」を一カ月熟読してみた》が掲載されました。

「週刊ポスト」2月26日号の記事「『北朝鮮ミサイル危機』にはもう飽きた」でコメントしました。

産経新聞の総合オピニオンサイトiRONNAに「正論」12月号原稿がアップされました。
http://ironna.jp/article/2803

「週刊新潮」2月18日号の記事「馬鹿にできない北朝鮮ミサイルの劇的変化」でコメントしました。

2016年2月12日、陸上自衛隊幹部学校(旧陸軍大学校)の幹部高級課程(AGS)学生に対する論文指導を担当します。

2月8日放送のテレビ東京「NEWSアンサー」で北「人工衛星」発射事案についてコメントします。

月刊「正論」3月号(産経新聞社)に「北核実験で確実に近づいた半島有事」が掲載されました。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に、甘利大臣辞任に関するインタビューが掲載されました。

1月27日1600〜1730、ニッポン放送「ザ・ボイス」に生出演します。

2016年1月16日、弘志会(東京)で講演します。

1月11日1935頃から、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で米軍B52爆撃機飛行の背景についてコメントします。

2016年1月7日木曜夕方放送のテレビ東京「NEWSアンサー」で北朝鮮「水爆実験成功」についてコメントします。

2016年1月6日夕方放送の朝日放送「キャスト」で北朝鮮「水爆実験成功」についてコメントします。

2016年1月9日土曜2000からCS日本文化チャンネル桜放送の討論番組に出演します。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に
「露大使館は昔も今もスパイの巣窟!」が掲載されました。

2015年12月25日発売の月刊「正論」(2016年2月号・産経新聞社)誌上で
小野寺五典・元防衛大臣、伊藤俊幸・元海将両氏と鼎談.しました(68〜80p)。
加えて「新年ワイド」に「悪者を殺さない映画やドラマはやっべえぞ!」を寄稿(207〜209p)。
さらに「ISテロ報道…気持ち悪い護憲派メディアの非常識と不見識」が掲載されました(144.〜149p)。

12月23日付「夕刊フジ」第2面に「回顧2015」が掲載されました。

警察職員のための総合教養情報誌「BAN」1月号(教育システム)の
特集「平成28年 輝け日本」に寄稿しました(「防衛・テロ対策編」)。


12月1日発売の月刊「正論」(2016年1月号・産経新聞社)で、
米軍「航行の自由」作戦を批判しました(国防も国益も頭になし 南シナ海「報道・発言」狂騒曲)。

「週刊新潮」(12月3日号)の記事
「最初にシリアに入るフランス外人傭兵部隊の実力」でコメントしました。

月刊「WiLL」新年特大号に「〝TBSの顔〟岸井成格とは何者か」が掲載されました。
(Yahooニュースにアップされました)


「週刊新潮」(11月26日雪待月増大号)の記事
「オランド大統領はIS掃討に陸上部隊を決断するか?」でコメントしました。

オピニオン誌「伝統と革新」21号(たちばな出版)に
「護憲派が犯した罪と罰」が掲載されました。

『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(PHP新書)が3刷になりました。
11月26には出来上がります。

11月16日、フジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」でパリ同時テロについてコメントします。

11月17日、日刊労働通信社主催の特別研究セミナーで講師を務めます。
伊吹文明元衆院議長や野田聖子代議士らとご一緒です。

11月16日発売の「週刊東洋経済」。創刊120年企画「リベラルとは何か?」の
記事「漂流するリベラル言語」で元朝日記者のインタビューを受けました(90ー91p)。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」に
《「平和憲法」こそ徴兵制の不安を煽る諸悪の根源だ》が掲載されました。
http://ironna.jp/article/2317

11月10日発売の月刊誌「Voice」12月号に
「護憲派の何が気持ち悪いのか」が掲載されました。
(Yahooと産経イロンナにアップされました)

11月6日、東京大学(教養学部「法と社会と人権」ゼミ)で平和安全法制について講義します。

月刊「正論」12月号(産経新聞社)に
「あんなに大騒ぎしたのに、こんなにショボい安保法制」が掲載されました。

10月29日放送のフジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」で
米軍「航行の自由作戦」についてコメントします。

月刊誌「WiLL」12月号の「編集部の今月この一冊」で
『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』が紹介されました。

日本会議が発行する月刊誌「日本の息吹」11月号に
「『普通の国」への道半ば」が掲載されました(18p)。

11月6日と13日の2100~2130、CS放送(日本文化チャンネル桜)の、
渡部昇一先生との対談番組「大道無門」に出演します。

10月21日付「日本経済新聞」朝刊で、
『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(PHP新書)が公告されます

10月9日、関西電力労働組合専従役員研修で講演しました。

「夕刊フジ」連載一回目が、同紙の公式サイトに掲載されました。
(2回目以降も順次アップされる予定です)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151006/dms1510061550003-n1.htm

10月6日放送のフジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で
中国当局による「日本人スパイ」拘束事案についてコメントします。

10月5日付紙面から5日間、「夕刊フジ」で「護憲派を斬る」を連載します。

10月3日夜放送の討論番組「安保法制成立と日本の未来」(日本文化チャンネル桜)に出演します。
川村純彦(元海将補)、佐瀬昌盛(防大名誉教授)長尾たかし(衆議院議員)、中丸啓(前衆議院議員)、
野口東秀(拓殖大学客員教授)、福冨健一(自民党首席専門員)とご一緒です。

「美しい日本の憲法をつくる国民の会」ホームページに
「『普通の国』へ道半ば」が掲載されました。
https://kenpou1000.org/news/post.html?nid=47

10月1日夕方放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で米空母についてコメントします。
(天候関連のニュースでキャンセルになりました)

10月1日夜放送のフジテレビ「ホウドウキョクあしたのコンパス」で「石破派」についてコメントします。

『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(PHP新書・下記)の重版が決まりました。

10月1日発売の月刊「正論」12月号に『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(PHP新書・下記)の書評が掲載されました。

9月25日深夜放送の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系列)に出演します。

9月22日付「日本経済新聞」朝刊にPHP新書最新刊(下記)の広告が掲載されます。

9月19日付「産経新聞」朝刊でコメントしました。
http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180084-n1.html

9月18日放送のフジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でコメントします。

最新刊『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(PHP新書)が9月16日、発売されます。
(9月18日時点でAmazonのPHP新書「ベストセラー1位」です)


9月16日放送のフジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でコメントしました。

9月16日発売の「週刊新潮」でlコメントしました。

9月16日付「夕刊フジ」に「護憲派こそ安保法案成立の立役者」が掲載されます。

9月16日1600〜1730放送のニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演します。


産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に、
月刊「正論」8月号拙稿(『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』PHP新書)が掲載されました。
http://ironna.jp/article/1985?p=1

9月3日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で中国「抗日戦勝利」軍事パレードについてコメントします。

週刊「アサヒ芸能」9月10日号の記事「第2次朝鮮戦争は特殊部隊壮絶ゲリラ戦だ」にコメントが掲載されました。

月刊「正論」10月号(産経新聞社)に「映画『日本のいちばん長い日』の悪質なる歴史改竄」が掲載されました。

8月20日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で安保法案の審議再開についてコメントします。

8月20日発売の『自衛隊兵器の真実』(三栄書房)に南シナ海問題について寄稿しました。

8月14日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で同日閣議決定される「安倍談話」についてコメントします。

8月5日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で武藤議員の「利己的」発言問題についてコメントします。

8月4日発売の週刊誌「サンデー毎日」(8月16日号・毎日新聞出版)の
記事「危ない空港」でコメントしました。

8月3日発売の週刊誌「AERA」(8月10日号・朝日新聞出版)の記事
《「朝生」論客にみる リベラル派はなぜ衰退したのか》に掲載されました。

8月1日発売の月刊「正論」の特集「私の「反知性主義」的考察」に
「「反戦平和」という偽善と不法」が掲載されました。

7月31日と8月8日の2200~2400、ニコニコ生放送の討論番組「世界から見た日韓関係」に出演します。
角谷浩一さん、松嶋初音さん、青木理さん、木村幹教授、津田大介さん、辺真一さん、平沢勝栄代議士らとご一緒です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv227559271

7月30日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で平和安全法制についてコメントします。

7月23日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で防衛白書についてコメントします。

7月15日、ニッポン放送の勉強会で平和安全法制について話します。

7月11日2000〜2300、CS日本文化チャンネル桜放送の平和安全法制に関する反対派との討論番組に出演します。

7月9日夜、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で領域警備法案についてコメントしました。

7月4日放送の「週刊フジテレビ批評」(フジテレビ)で
元少年.A『絶歌』出版についてコメントしました。

7月6日と13日と20日(すべて月曜)の午後8時から放送予定の
「私の正論」(ニッポン放送)に出演します(テーマは平和安全法制)。


月刊「正論」8月号(産経新聞社)に平和安全法制に関する論文が掲載されました。

6月24日、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で沖縄問題についてコメントします。

7月18日1430〜、藤沢商工会館ミナパーク(神奈川県)で講演します。
(日本会議神奈川湘南東支部主催)

7月4日1600〜、四柱神社(長野県松本市)で講演します。
(日本会議長野・中信支部主催)

7月1日1600〜1730放送のニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演します。

韓国の公共放送KBS(日本のNHK)で、6月22~23の二日間放送される特別番組、
「韓日国交正常化50周年特集ドキュメンタリー 修好半世紀 変わらない平行線」でコメントします。

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に「それさえあれば自衛隊は戦える」が掲載されました。
http://ironna.jp/article/1527

6月20日放送のCS日本文化チャンネル桜の討論番組に出演します。
片山さつき参議院議員、河内孝(元毎日新聞常務)、
藤岡信勝(元東大教授)、馬淵睦夫(元大使)ら各氏とご一緒です。

6月18日、「アゴラチャンネル」で池田信夫氏と対談します。
https://www.youtube.com/channel/UCJHLwoEJ55msgoxeiqJjOvA

「サンデー毎日」(6月28日号)の看板記事「フィリピンの自衛隊基地構想」にコメントが掲載されました。

6月4日夜、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」で南シナ海問題についてコメントします。

6月2日夜、フジテレビ「ホウドウキョク あしたのコンパス」でNPTについてコメントします。

月刊「正論」7月号に「戦後思潮を考える.・保守編 日本のための五冊 伝統、美、国家」
と『無人暗殺機ドローンの誕生』への書評が、それぞれ掲載されました。

●5月31日夜、BS朝日「いま世界は」で平和安全法制についてコメントします(生出演)。


●5月29日、「次世代の党」の勉強会で部外講師を務めます(テーマは平和安全法制)。

●5月28日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演しました。
(テーマは沖縄県知事訪米)

●5月27日、地上波キー局の報道関係者の勉強会で講師を務めました。
(テーマは平和安全法制)

●5月25日、外務副大臣他、自民党有志議員らの勉強会で講師を務めました。
(テーマは平和安全法制)

●5月21日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演します。
(テーマはAIP潜水艦)

●5月14日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演します。
(テーマは当日閣議決定される安保法制)

●5月12日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演します。
(テーマはオスプレイ)

●5月2日、チャンネル桜放送の討論番組「憲法改正論の現在」に出演します。
衆議院憲法審査会委員でもある自民党の山田賢司、武藤貴也両代議士のほか、
百地章(日本大学)、富岡幸一郎(関東学院大学)、八木秀次(麗澤大学)の3教授とご一緒です。
http://www.so-tv.jp

●月刊「正論」6月号に、「ノーベル平和賞は9条ではなく自衛隊だ」が掲載されました。

●櫻井よしこ+民間憲法臨調『日本人のための憲法改正Q&A』(産経新聞出版)の
「執筆協力者」として名前が掲載されました。加えて拙著が参考文献に挙げられています。
民間憲法臨調代表委員としても名前が出ています。

●4月25日、日中安保対話に参加しました。

4月24日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演します。

●4月20日~24日、「夕刊フジ」で「安保法制を斬る」を連載します。

●4月17日、総理と沖縄県知事の会談について「夕刊フジ」でコメントしました。

4月16日、フジテレビ「ホウドウキョク」の報道番組「あしたのコンパス」に電話コメント出演します。
同番組ですでに何度もコメントが紹介されました。

●「週刊新潮」4月16日号の記事「チェニジアテロの被害『陸自3佐』の満額退職金に歯噛みする人」に
コメントが掲載されました。

●5月26日、渋川のホテル天坊で講演します(会員制)。

●5月19日、日刊労働通信社主催のセミナー「転機に立つ日本」で講演します(会員制)。
 他に、田中均元外務審議官らが講師を務めます。

●5月13日、マリオン会で講演します(会員制)。

●5月2日1400~1540、山形国際交流プラザで講演します(山形JC主催・自由参加)。

●4月28日、自衛隊幹部学校(旧陸軍大学校)幹部高級課程(AGS)学生に論文指導します。

●4月18日、東海大学校友会館で「国際政治におけるテロの影響」について講演します(会員制)。

●4月4日、アジア問題懇話会@日本プレスセンターで「安全保障法制の行方と課題」について講演します(会員制)。

●月刊「正論」5月号(産経新聞社)に「懲りずに安倍政権を中傷するメディア」が掲載されました。
(192-201p)

●日本会議の機関誌「日本の息吹」4月号に「自衛隊による邦人救出の前提条件」が掲載されました。

●3月18日発売予定の新刊『「正義」の嘘――戦後日本の真実はなぜ歪められたか』(櫻井よしこ×花田紀凱・産経セレクト)
の第4章「世論はこうしてつくられる」として、昨年出演した「言論テレビ」の対談が掲載されました(135-163p)。

●「明治23年徳富蘇峰創刊『國民新聞』」が3月25日号で休刊。
同紙一面の「復刊を希う常連執筆者の声」に、佐藤優氏らとともに寄稿しました。

●月刊「Voice」4月号(PHP研究所)に、中谷元・防衛大臣へのインタビュー記事
「自衛隊は邦人を救えるか」が掲載されました(78‐85p)。

●月刊「正論」(産経新聞社)4月号に「敵はISより安倍政権?!」が掲載されました(72‐81p)。

●2月20日、自衛隊幹部学校(旧陸軍大学校)幹部高級課程(AGS)学生に論文指導しました。

●2月17日午後に発生した陸自ヘリ事故について、同日夕方、
テレビ朝日系列で全国放送された「スーパーJチャンネル」でコメントしました。

●2月11日1440~1600、宇都宮二荒山会館で講演します(参加費無料)。

●2月7日(土曜)2000~2300、CS日本文化チャンネル桜の討論番組に出演します。
河内孝(元毎日新聞社常務取締役)、馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)、上島嘉郎(元「正論」編集長)らとご一緒です。

●2月1日発売の月刊「正論」3月号(産経新聞社)に
「パリの惨劇、対テロ国際連帯に遅れをとるな」が掲載されました(210‐217p)。
加えて、幸田洋二著『集団的自衛権入門』を書評させていただきました(338‐339p)。

●1月22日、文化同友会(田久保忠衛会長)で、テロ事案や安保法制について講演しました。

●「国民新聞」1・2月合併号一面に
「安保法制巡る最大の障害は与党間のズレ」が掲載されました。

●月刊「Voice」2月号(PHP研究所)に、
「切れ目のない安保法制を急げ」が掲載されました(110-119p)。

●12月31日2000~2300、日本文化チャンネル桜(スカパー!528)放送の討論番組に出演します。
インターネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp/)、YouTube、ニコニコ公式サイトでも放送。
出演者は以下の方々です。
片山さつき(参議院議員)
古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・国際教養大学客員教授)
田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
西岡 力(「救う会」全国協議会会長・東京基督教大学教授)
福島香織(ジャーナリスト)
三橋貴明(経世論研究所所長・中小企業診断士)

●産経新聞の総合オピニオン・サイト「iRONNA(いろんな)」に
「秘密保護法でバカ騒ぎ 左翼メディアと堕した進歩派マスコミ」が掲載されました。
http://ironna.jp/article/703

●特定秘密保護法施行に関する12月16日付「産経新聞」朝刊に
コメントが掲載されました。

●産経新聞の総合オピニオン・サイト「iRONNA(いろんな)」に
「左翼メディアよ、そんなに集団的自衛権が憎いのか」が掲載されました。
http://ironna.jp/article/229

●月刊「正論」1月号に「衆院選と安倍政権の使命」が掲載されました。(114-121p)

●12月23日(天皇誕生日)1430~1600、リーガロイヤルホテル京都で講演します。

●11月19日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演しました。

●月刊「正論」12月号に拙著『ウソが栄えりゃ、国が亡びる』(ベストセラーズ)に対する
書評が掲載されました(364-365p)。評者は田久保忠衛先生です。

●「國民新聞」11月25日号に寄稿しました。

●「漁火新聞」11月1日発行号の一面「警鐘」欄に寄稿しました。

●月刊「リバティ」12月号にインタビュー記事が掲載されました。

●DVD「陸上自衛隊 第2師団 第11旅団」に寄せたコメントが
ユニバーサル・ミュージック・ジャパンの公式サイトに掲載されました。

●中山恭子参議院議員と作曲家のすぎやまこういち先生がMCの
CS番組「日いづる国より」(ch桜)に出演します。(10月31日・11月7日2200~2230放送予定)

●10月21日に『ウソが栄えりゃ、国が亡びる』(KKベストセラーズ)が発売されました。

●10月20日発売の「正論」12月特別増刊号に、「慰安婦報道20年を総まくり 朝日新聞という病」が掲載されました。

●月刊「正論」11月号(産経新聞社)に
「崩れゆく《知のブランド》 それでも入試に朝日を使いますか?」が掲載されました。
(184-191p)

●9月27日発売の、森村誠一編著『迷子の日本国憲法』(徳間書店)に、
以前書いた『憲法九条は諸悪の根源』(PHP研究所・品切れ中)の一部が再録されました(43p)。
吉永小百合さんや黒柳徹子さんら護憲派に加え、安倍晋三総理や石破茂大臣も寄稿。
「各界著名人から大手新聞の論調まで、護憲派、改憲派、それぞれの意見を選択」したそうです。

●「週刊現代」(9月6日号・講談社)の記事
「識者30人『慰安婦報道、私はこう考える」でコメントしました。

●8月18日2315~2415放送の
「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に出演します。

●10月16日に機会振興会館で、22日にOMMビル(大阪)で、
それぞれ日刊労働通信社主催のセミナーで講演します。

●9月10日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演します。

●9月4日に日本会議山梨支部(甲府)で、8日に北信支部(長野)で講演します。
8日は、公益財団法人「富士社会教育センター」の時局研究会でも講演します。

●8月10日、日本の誇りセミナー(目黒区立東山住区センター)で講演しました。

●8月3日付「産経新聞」朝刊一面の
集団的自衛権に関する記事にコメントが掲載されました。

●J-CASTニュースにインタビュー記事
「日中偶発軍事衝突は起こるのか」が掲載されました。
http://www.j-cast.com/2014/08/03212104.html

●「漁火新聞」8月号一面の「警鐘」欄に
「先の『先の大戦』を振り返る」が掲載されました。

●月刊「正論」9月号(産経新聞社)に
「集団的自衛権は本当に容認されたのか」が掲載されました。

●京都府立鴨沂高校の「卒業生インタビュー」が下記サイトに掲載されました。
http://coboon.jp/memory.of.ouki/?p=3934

●月刊「WiLL」9月号(WAC)に「集団的自衛権、朝日の狂信的偏向報道」が掲載されました。

●週刊「FRIDAY」(8月8日号・講談社)の巻頭グラビア記事
「マレーシア機撃墜 これが発生直後の地獄絵図だ」にコメントが掲載されました。

●7月22日、拓殖大学「新日本学研究会」に参加しました。

●7月18日1652~生放送される、テレビ東京系「NEWSアンサー」でコメントします。

●週刊「世界と日本」(内外ニュース・7月21日号)に寄稿しました。

●7月11日2200-2300放送の言論テレビ「花田編集長の右向け右!」に出演します。

●月刊「Voice」8月号(PHP研究所)に「足踏み状態の離島防衛」が掲載されました。

●月刊「正論」8月号(産経新聞社)に「東シナ海で空中戦が始まる」が掲載されました。

●月刊「WiLL(ウイル)」(8月号)に「もううんざり!『集団的自衛権反対』狂騒曲」が掲載されました。

●6月16日発売の週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)の記事
「Gゼロ世界の紛争地図」でコメントしました。

●週刊「アサヒ芸能」(7月3日号・徳間書店)の自衛隊記事でコメントしました。

●6月11日、日本戦略研究フォーラムの中国事情研究会で講師を務めます。

●6月10日、陸上自衛隊幹部学校で第66期幹部高級課程学生の
戦略論文発表会におけるコメンテーターを務めます。

●「SAPIO」7月号のシミュレーション記事「日米軍VS中国軍」でコメントしました。

●「國民新聞(6月25日号)に「中国には、もうウンザリだ」が掲載されました。

●6月1日付「産経新聞」朝刊「読書」面で、
『日本人が知らない安全保障学』が紹介されました。

●月刊「正論」7月号に、「あやうい集団的自衛権容認の行方」が掲載されました。

●5月28月1600~1730、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」の
コメンテーターとして生出演します。

●5月27日発売の「文藝春秋SPECIAL」に、石破茂幹事長へのインタビュー
「集団的自衛権はナショナリズムではなくリアリズム」が掲載されました。
なお同誌第一弾として、BLOGS(下記サイト)にアップされました。
http://blogos.com/article/87162/

●5月27日2000~2100配信予定の「言論アリーナ」に出演します。
http://ch.nicovideo.jp/agora

●「週刊ポスト」(6月6日号)の記事にコメントが紹介されました。

●5月24日1500~1600配信予定の「ちょっと右よりですが」に出演します。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv180427930

●5月23日、「救う会」(北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国協議会)
主催の東京連続集会で登壇します。
http://www.sukuukai.jp/syuukai/item_4045.html

●「READ JAPAN」創刊号にインタビュー記事が掲載されました。

●5月17日0930-1100、関西エリア放送の
「正義のミカタ」(朝日放送)に出演します。
【訂正】番組内容が変更になりました。

●5月11日1145-1245放送の「スクール革命」(日本テレビ系列)で
『常識としての軍事学』(中公新書ラクレ)が紹介されます。

●公益財団法人「国家基本問題研究所」の公式サイト(「国基研ろんだん」)に
反日プロパガンダを粉砕する「矛」を持て、が掲載されました。

●5月3日2000-2300放送の日本文化チャンネル桜の討論番組
「オバマ来日は何だったのか」に出演しています。

●「週刊東洋経済」(5月3日ー10日号)の「新刊新書サミング・アップ」(114p)で
『日本人が知らない安全保障学』(中公新書ラクレ)が紹介されました。

●月刊「正論」6月号に「集団的自衛権で錯乱する朝日新聞」が掲載されました。
あわせて『日本人が知らない安全保障学』(中公新書ラクレ)の書評が掲載されました。
評者は島田洋一教授(福井県立大学)です。

●靖國神社の社報「靖國」(5月1日号)に
「総理参拝を日米同盟強化の好機に」が掲載されました。

●5月3日、「憲法シンポジウムin熊本」で講演します。(県民交流館にて)

●4月27日、日本会議広島主催の春季講演会で講演します。(ホテルセンチュリー21にて)

●4月22日、「河野談話」の早期撤廃を求める国民大集会で登壇しました。

●4月22日発売の別冊正論21「反撃する日本」(産経新聞社)に、
「シミュレーション日中激突 尖閣攻防戦」が掲載されました。

●4月19日、テレビ愛知放送の「激論!コロシアム」に出演します。

●4月16日「日本維新の会」安全保障調査会で講師を務めます。

『日本人が知らない安全保障学』(中公新書ラクレ)を上梓しました。
自民党の石破茂幹事長から推薦文を頂戴しました。

●4月5日1854~2054放送のBS朝日「いま日本は」にゲスト出演します。
MCは中村雅俊さん(俳優)と吉田照美さん。テーマは集団的自衛権です。

●3月24日、日刊労働通信社主催の特別研究セミナー
「転機に立つ日本」で連合会長らとともに講師を務めます。

●3月15日放送の「新・週刊フジテレビ批評」(フジテレビ)で
震災番組に関するコメントが紹介されました。

●3月4日、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」の
コメンテーターとして生出演します。

●2月28日、陸上自衛隊幹部学校幹部高級課程学生に論文指導します。

●警察職員のための総合教養誌「BAN]3月号に、
特定秘密保護法と日本史必修化について書きました。

●晋遊舎ムック『嫌韓流2014』に、インタビュー記事
「軍事プレゼンスを発揮するのは日韓どっち!?」が掲載されました。

●2月19日、「日本維新の会」国会議員団の安全保障調査会で
部外講師として集団的自衛権について話しました。

●2月15日放送の「新・週刊フジテレビ批評」(フジテレビ)で
都知事選に関するコメントが紹介されました。

●2月11日、千葉県神社総代会香取支部主催「建国記念の日奉祝大会」で講演しました。

●月刊「正論」3月号(産経新聞社)に
「憲法改正なくして安全保障なし 『集団的自衛権』の限界」が掲載されました。

●1月29日、内外情勢調査会(時事通信社)いわき支部(福島県)で講演します。

●1月28日発売の週刊「アサヒ芸能」(2月6日号・徳間書店)の普天間関連記事に
コメントが掲載されました。

●1月27日発売の「文藝春秋SPECIAL 認知症に勝つ(2014年春号)に、
レーガンとサッチャー 偉大なる指導者『人生の黄昏』」が掲載されました。

●月刊「WiLL(ウィル)」3月号の総力大特集に寄稿しました(96-104p)。

●1月26日、霊友会(第八支部羽曳野講堂)で講演します。

1月21日、公益財団法人「千葉市産業振興財団」主催の
千葉市内陸業連合会研修会で講演します。

1月15日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で、
海自輸送艦と釣り船が衝突した事件についてコメント出演します。

●「週刊ポスト」1月24日号に「日本史上最高の軍艦ランキング」で
第3位の伊400の推薦人としてインタビュー記事が載りました。

●週刊「世界と日本」(内外ニュース)2021号に国家安全保障戦略について
寄稿しました。

●1月14日1600~1730、ニッポン放送(AMラジオ1242)
「ザ・ボイスそこまで言うか!」のコメンテーターとして生出演します。

●「漁火新聞」(1月1日号)に「『国家安全保障戦略』が残した課題」が掲載されました。
あわせて、『日本を嵌める人々』(PHP研究所)も「新刊書籍紹介」されました。

●「正論」新春増大号(2014年2月号)に
「秘密保護法でバカ騒ぎ 左翼団体と堕した進歩派マスコミ」を
寄稿しました。

●12月19日付「産経新聞」朝刊の連載記事「再び、拉致を追う」最終回で、
12月14日の政府主催のシンポジウムにおける意見が紹介されました。

●「別冊正論」12月16日発売号「NKHよ、そんなに日本が憎いのか」に
「日本放送協会に『日本』なし」を寄稿しました。

●「國民新聞」12月25日号に
「中国版ADIZにどう対処するか」を寄稿しました。

12月14日1400~1630、都市センターホテルにて政府主催の
「拉致問題をいかに解決するか~専門家100人大討論会~」(仮題)に
参加します。

●「週刊文春」12月19日号の記事
「安倍首相は中韓どっちの首脳と会談すべきか?」にコメントが掲載されました。

●12月13日陸上自衛隊幹部学校幹部高級課程(AGS)の学生に論文指導します。

12月7日、アジア問題懇談会(日本プレスセンター)で講演します。

12月6日2000~2230、チャンネル桜「緊急討論、反日NHKを暴く!」
に出演します。
(上記内容が、電子言論マガジン「言志17号」に掲載されました。)

●12月3日発売の「アサヒ芸能」にコメントが掲載されました。

●11月29日ハフィントンポストに拙稿が掲載されました。
タイトルは「中国版ADIZ(防空識別圏)にどう対処すべきか」です。

●11月26日1600~1730、ニッポン放送(AMラジオ1242)
「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演します。

11月16日1600~、弘志会で講演します。

●11月13日発売の文藝春秋オピニオン 「2014年の論点100」に
「抜擢女性公務員連続インタビュー『女性の輝く時代』は来るのか」
を寄稿しました。

●11月9日1930~2054放送のテレビ愛知
「激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン~」に出演します。
テーマは核武装です。

●週刊文春11月7日号特集「中国『5つの大罪』」に
コメントが掲載されました。

●文藝春秋special季刊冬号
「自衛隊『幕僚勤務』をサラリーマン用語で解説する」
を寄稿しました。

●週刊ポスト11月1日号「慰安婦問題『朝日流スクープ』のなんとも嫌な感じ」
にコメントが掲載されました。

●10月19日1930~2054放送の
テレビ愛知「激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン~」に出演します。

●10月18日1030~1200、大阪マーチャンダイズ・マートビルで講演します。
日刊労働通信社主催で会員制です。

●FRASH 10月29日号「ニッポンの真の敵」国内編に
コメントが掲載されました。

●10月25日國民新聞に『日本を嵌める人々』の書評が掲載されました。

●10月3日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で、
日米防衛ガイドラインについてコメント出演します。

●週刊朝日10月11日号「スマホアプリで〝隊員総選挙〟海上自衛隊がいまおもしろい」
にコメントが掲載されました。

●月刊「正論」11 月号に、『はだしのゲン』許すまじ!
「歪んだ賛美キャーンペーンに朝日新聞の本性を見た!」を寄稿しました。

●10月5日930~1100、なら100年会館で公益社団法人日本青年会議所主催の
全国大会「国家フォーラム」にパネリストとして参加します。どなたでもご覧になれます。

●防衛法学会編『防衛法研究』第37号に
「いわゆる尖閣問題をめぐる法的課題」として学術論文が掲載されました。

●10月5日2000~2300、日本文化チャンネル桜(スカパー217ch)で放送の
「日本よ、今・・・闘論!倒論!討論!2013」に出演します(So-TVでも視聴可能)。
(メディアが語らない中国尖閣侵略の現実)

●10月2日2000~ニコニコ生放送の「霞が関政策総研」に出演します。
http://ch.nicovideo.jp/kasumigaseki-soken
同時放送で、アゴラ研究所のユーストリームでも見られます。
http://www.ustream.tv/user/agorachanneljapan1
You Tubeにも公開されます。
http://www.youtube.com/channel/UCJHLwoEJ55msgoxeigJiOvA?feature=watch

●「史」9月号通巻100号(新しい歴史教科書をつくる会)に、
「『史』100号おめでとう!」応援メッセージを寄せました。

●週刊プレイボーイ10月4日号(9月24日発売)
「中国「量産型無人機」の侵入ラッシュで日本は丸裸!?」に、
コメントが掲載されました。

●9月19日1815~東京都文京区民センターで
開かれる台湾研究フォーラムで講演します。

●9月12日に『日本を嵌める人々』(PHP研究所)が発売されました。
渡部昇一先生、八木秀次先生との共著です。

●9月11日1600~1730、ニッポン放送(AMラジオ1242)
「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演しました。

●9月3日滋賀県多賀大社にて講演しました。

●8月22日東京中央ロータリークラブで講演しました。
場所は帝国ホテル、13時からです。

●8月17日2000~2300、日本文化チャンネル桜の
討論番組「日本新富国強兵論」に出演しました。

●8月7日1600~1730、ニッポン放送(AMラジオ1242)
「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演しました。

8月3日、大阪市たかつガーデンで講演しました。

●週刊「世界と日本」(内外ニュース・2007号)に「防衛力整備に一歩前進の動きが・・・」
が掲載されました。

●「時事評論」(北潮社・7月20日号)に「参院選 憲法改正への序章」が掲載されました。

●7月9日、TOKYO FM(FM東京)の生放送番組「タイムライン」に出演。
最新版「防衛白書」についてコメントします。

●「週刊SPA!」(7月16日号)の記事「最悪の近未来サバイバル」に、
顔写真とコメントが掲載されました。

●7月3日、「ハフィントンポスト」のブログが更新されました。

●7月2日、21世紀ファーラム(ヒルズクラブ)で講演しました。

●月刊「正論」8月号(産経新聞社)に、『国民の憲法』の書評が掲載されました。

●「サンデー毎日」(7月7日号)の記事
「在日米軍将校 日本人秘書暴行事件の舞台裏」にコメントが掲載されました。

●歴史探訪シリーズ別冊『マスコミが絶対教えてくれない中国・韓国・北朝鮮』(普遊舎ムック)に
インタビュー記事「自衛隊VS人民解放軍 軍事力徹底検証」が掲載されました(34-39P)。

●石破茂著『真・政治力』と大川豊×佐藤正久著『日本のリーダーには武器を持つ覚悟はあるのか!?』を
それぞれ「編集協力」しました。

●6月18日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で
米国で実施中の日米共同統合訓練についてコメント出演します。

●「週刊SPA!」6月25日号(扶桑社)の今週の顔「日米合同軍事演習 尖閣奪還の本気度」に
コメントが掲載されました。

●警察職員のための総合教養雑誌「BAN」7月号に、
「憲法96条って何?」が掲載されました。

●6月12日、ハフィントンポストのブログが更新されました。

●「国民新聞」6月25日号の一面トップ記事にコメントが掲載されました。

●6月6日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で、
「八尾空港訓練受け入れ提案」についてコメント出演します。

●月刊「正論」7月号に、書評(八幡和郎著『本当は面白い「日本中世史」』)を寄稿しました。

●5月28日、星陵会館(永田町)で開催される
《緊急国民集会 橋下発言と「従軍慰安婦」問題の本質》
に登壇します(「つくる会」主催)。

●「週刊文春」(5月30日号)の記事「小野寺防衛相が中国潜水艦侵入の夜にキャバクラへ」で
コメントが掲載されました。

●5月23日、月刊「ウイル」花田編集長がコーディネートする「神楽坂倶楽部」で講演します。

●ピューリッツア賞を受賞したハフィントンポスト(朝日新聞社)のブロガーに
なりました。日本では安倍総理や石破幹事長も参加しています。
タイトルは「『国防軍』までの遠い道のり」です。

●5月17日、2154~放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系列)に、
飯島訪朝についてコメント出演します。

●5月14日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で、
「橋本徹代表の発言」についてコメント出演します。

●5月16日、内外情勢調査会(時事通信社)江戸川支部で講演します。

●「国民新聞」(5月25日号)に北朝鮮弾道ミサイルについて書きました。
●5月14日、日刊労働通信社主催のセミナーで講演します。
(他に前原誠司・前国家戦略大臣、島田晴雄・千葉商科大学長らが講演します)

●5月9日、内外情勢調査会(時事通信社)栃木県北支部で講演します。

●5月7日1652~1730放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で、
「北朝鮮ムスダン撤去」情報についてコメント出演します。

●「BOOKSCAN×著者インタビュー」(下記サイト)にインタビュー記事が掲載されました。

●月刊「正論」6月号に「維新・橋本徹の改憲姿勢は本物か」が掲載されました。

●「文藝春秋special」(季刊夏号)に
「健康ヲタクの体験記 健康寿命を延ばす理想の食卓を探して」が
掲載されました。

●「週刊新潮」(GW特大号)の記事「防衛省情報漏洩疑惑」にコメントが掲載されました。

●4月21日1800~1855放送の「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系列)で
ボストン爆破テロ事件についてコメント出演しました。

●5月3日1500から、富士商工会議所(富士市瓜島町82)で講演します。
主催は憲法改正を考える市民の会(FAX0545723142)。
後援は日本会議静岡・自由民主党富士支部です。

●4月24日と25日、内外情勢調査会(時事通信社)の苫小牧支部と室蘭支部で講演します。

●4月20日、総理主催の「桜を見る会」に夫婦でご招待いただきました。

●4月18日と30日に、陸上自衛隊幹部学校・幹部高級課程学生に論文指導します。

●4月17日付「産経新聞」朝刊にコメントが掲載されました。(ボストンのテロ関連)。

●4月16日2000~2130放送予定の「ニコSPA!政策論壇」に生出演します。
「週刊SPA!」が運営協力するニコニコ動画で北朝鮮がテーマです。

●「國民新聞」(4月25日号)に、『「反米論」は百害あって一利なし』(PHP研究所)の
書評が掲載されました。

●4月11日放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)でコメントしました。

●4月11日、FM東京放送の番組「タイムライン」に生出演しました。

●4月9日に続き、10日も「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で
北朝鮮の「ムスダン」ミサイルについてコメントする予定です。

●4月10日放送の「ひるおび!」(TBS系列)で
北朝鮮の「ムスダン」についてコメント出演する予定です。

●4月10日放送の「みのもんたの朝ズバ!」(TBS系列)で
北朝鮮の「ムスダン」についてコメント出演する予定です。

●4月9日放送の「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で
北朝鮮の「ムスダン」ミサイルについてコメントする予定です。

●「漁火新聞」(4月1日号)の「警鐘」欄に
「レーダー照射は『急迫不正の侵害』」が掲載されました。

●拓殖大学の学術雑誌「新日本学」で、島田洋一教授(福井県立大)が
拙著新刊『「反米論」は百害あって一利なし』を、書評くださいました。

●3月23日、BSフジ「コンパス」の最終回でコメントが紹介されました。

●4月3日(水)1600~1730、ニッポン放送(AMラジオ1242)
「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演します。

●「時事評論 石川」3月20日号(北潮社)の一面に
「相も変わらず誤解だらけの防衛論議」が掲載されました。

●3月21日2030~「現代ビジネス」(講談社)の「ゲキビズ田原チャンネル」http://ch.nicovideo.jp/gendai
に出演します。他に塩崎元官房長官(自民党)などが出演予定です。

●3月16日放送のBSフジ「コンパス」に生スカイプ出演します。
テーマは北朝鮮です。

●3月9日放送のBSフジ「コンパス」でコメントが紹介されました。

●3月6日0800~放送の「モーニングバード」(テレビ朝日)で
オスプレイ飛行訓練ルート変更についてコメントします。

●3月7日、「教育再生シンポジウム in 荒川」で挨拶します。
(下村文科相などが出席します)

●3月6日、内外情勢調査会(時事通信社)の会津支部で講演します。
(NHK大河ドラマの舞台にお邪魔します)

●3月2日、創誠天志塾で講演します。
塾長はベストセラー『約束の日 安倍晋三試論』の著者・小川榮太郎さんです。

●『朝のように 花のように 谷澤永一追悼集』(論創社)に、
以前書いた文庫解説が収録されました。

●月刊「正論」(産経新聞社)4月号に
「まずは亡国政治家の利敵行為を処罰せよ」が掲載されました。

●「週刊大衆」(3月11日号)の記事「米軍の北朝鮮先制攻撃」で
コメントが掲載されました。

●2月25日放送のCS日本文化チャンネル桜(So-TV)の番組
「緊急討論・どうなる日米関係」に出演します。

●2月23日放送のBSフジ「コンパス」でコメントが紹介されました。

●週刊「世界と日本」(内外ニュース)2月25日号と3月4日号の2週連続で、
邦人保護に関する論文が掲載されました。

●「週刊文春」2月28日号の記事「北朝鮮核ミサイル東京直撃で死者130万人の衝撃」
でコメントが掲載されました。

●2月16日、BSフジ「コンパス」でコメントが紹介されました。

●2月20日、内外情勢調査会(時事通信社)の下関支部で、
翌21日、北九州支部で、それぞれ講演します。

●「女性セブン」(小学館・2月20日号)の記事
「汚染大国・中国のモラル」にコメントが掲載されました(51p)。

●2月13日1652~1720放送予定の
「NEWSアンサー」(テレビ東京系列)で核実験についてコメントします。
(グアム事件の影響でキャンセルになりました)

●2月12日発売の「週刊SPA!」(2月19日号)の冒頭グラビア記事
「PEOPLE今週の顔」で、中国FCレーダー照射に関するコメントが紹介されました。

●2月9日、BSフジで生放送された「コンパス」でコメントが紹介されました。

●2月8日~11日に福島県で開催されるG1サミット(日本版ダボス会議)の
外交分科会でモデレーターを務めます。
パネラーは小野寺五典(防衛大臣)、長島昭久(前防衛副大臣)、
北岡伸一(国際大学学長)、國領二郎(慶応大学総合政策学部長)の各氏。
全体会には安倍晋三総理も出席予定です。

●2月6日1642~テレビ東京「ニュースアンサー」で中国艦についてコメントします。
(津波のニュースにより、報道されなくなりました)

●1月30日、陸上自衛隊幹部学校の
幹部高級課程(AGS)学生に対する論文指導を担当します。

●佐々淳行・初代内閣安全保障室長と並んだ
インタビュー記事が、「リバティ」3月号に掲載されました。

●2月6日1600~、ニッポン放送(AMラジオ1242)の生放送番組
「ザ・ボイス そこまで言うか!」のコメンテーターとして生出演します。

●1月26日、BSフジで生放送された「コンパス」でコメントが紹介されました。

●「週刊SPA」1月29日号(22日発売・扶桑社)の記事
「尖閣沖開戦のXデ―を読む」でコメントが掲載されました。

●「国民新聞」1月25日号に、「ようやく取り戻された日本」が掲載されました。

月刊「Voice」2月号掲載の座談会が下記サイトなどにアップされました。
http://shuchi.php.co.jp/article/1300

●1月19日付「福島民報」の記事「東アジア情勢と日本の展望探る」で、
内外情勢調査会郡山支部での講演内容が紹介されました。

●1月19日2000-2300放送のCS日本文化チャンネル桜「領土問題大討論」に出演します。

●別冊宝島「日本市場最強の戦後武将は誰だ?」(宝島社)の、
「戦後武将ツウ四天王インタビュー」に登場しました。

●1月12日、BSフジ「コンパス」でコメントが紹介されました。

●1月12日、三鷹市(社会教育会館)で、市民大学(総合コース)の講師を務めます。

●月刊「Voice」2月号に、孫崎亨、富阪聡、飯田泰之各氏との座談会が掲載されました。
加えて山田吉彦教授との共著『尖閣激突』(扶桑社)が「編集者の読書日記」で紹介されました。

●「漁火新聞」1月1日号に「新しい政治に期待する」が掲載されました。

●石平、ペマ・キャルボ、黄文雄各氏らとの共著『日本の国益』(幸福の科学出版)が出版されました。
序章と第1章を担当しました。

●1月5日2000-2300、日本文化チャンネル桜(スカパー217ch)で放送の
新春スペシャル討論番組に出演しています(SoTVでも視聴可能)。

●1月10日発売の『われわれ日本人が尖閣を守る』(高木書房)に
「中国に誤ったメッセージを送ってはならない」が掲載されています。

●「日本は安全か――わたし達の防衛講座」(日本郷友連盟東京都郷友会)
22~32ページに、防衛講座の講演内容が掲載されています。

●「月刊Will」2月号に「日本版海兵隊創設を」が掲載されました。

●12月19日1600~、ニッポン放送(AMラジオ1242)の生放送番組
「ザ・ボイス そこまで言うか!」のコメンテーターとして生出演します。

●12月16日テレビ朝日10:00~11:45「報道ステーションSUNDAY」に出演します。

●12月15日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●12月14日2300~2400、ニコ生×voiceに出演します。
「ガチンコ対決 新政権は領土を守れるか」。

●「週刊文春」12月20日号の記事
「国防軍VS中国・北朝鮮」の中でコメントが掲載されました。

●「国民新聞」12月25日号に「『反米論』は百害あって一利しなし」が掲載されました。

12月12日1652~1720にテレビ東京系列で放送される
「NEWSアンサー」で北朝鮮ミサイル基地についてコメントします。
10日、11日に続けての出演です。

●12月12日1259~1335、テレビ愛知で放送の
「トコトン! 1スタ」に生出演します。

●12月11日1652~1720にテレビ東京系列で放送される
「NEWSアンサー」で北朝鮮ミサイル基地についてコメントします。
10日に続けての出演です。

●12月10日1652~1720にテレビ東京系列で放送される
「NEWSアンサー」で北朝鮮弾道ミサイルについてコメント出演します。

●「Voice」(平成25年1月号)で『「反米論」は百害あって一利なし』が紹介されました。

●「Voice」(平成25年1月号)「メディアが報じないダライ・ラマ法王講演会」を
書いています。 

●「祖国と青年」(平成24年12月号)「自衛隊は尖閣諸島を守れるか」、
インタビュー記事が掲載されました。

●12月6日1600~、ニッポン放送(AMラジオ1242)の生放送番組
「ザ・ボイス そこまで言うか!」のコメンテーターとして生出演します。

●12月5日1845~東京都荒川区のムーブ町屋(町屋駅隣接)にて、
「頑張れ日本!全国行動委員会荒川支部」設立一周年記念特別講演会で登壇します。

●12月4日付「産経新聞」朝刊2面に『尖閣激突』の広告が掲載されました。

●月刊「正論」(2013年1月号)に「検証!民主党政権と朝日社説」が掲載されました。

●12月2日2000-2200、ニコニコ生放送公式チャンネルに出演します。
テーマは「日中軍事衝突シミュレーション もし中国が尖閣諸島を攻撃したら」。

●12月1日2000-2300日本文化チャンネル桜(スカパー217)・SoTV・Youchube・ニコ生オフィシャルサイトの
討論番組「民主党政権大審判」に出演します。

●11月26日発売の「週刊ポスト」(小学館)のグラビア記事
「中国『パクリ兵器』ショー」でコメントが紹介されました。

●12月9日(日曜)1800~1855、BS11の番組「報道プレミアム」に出演予定です。

●11月27日火曜1300~1355、BS朝日の生放送番組
「ごごいち!ニュースキャッチ 日米安保・尖閣問題」に出演します。

●『「反米論」は百害あって一利なし』(PHP研究所)が出版されます。

ご購読よろしくお願いします。

●山田吉彦教授との共著『尖閣激突――日本の領土は絶対に守る』(扶桑社)が出版されます。
首都圏では11月21日の午後に、11月24日には全国の大型書店に並びます。
http://www.fusosha.co.jp/book/2012/06721.php

●「週刊新潮」11月22日号の記事「中国空母が日本の脅威となる日」の中で
コメントが掲載されました。

●11月21日(水)日刊労働通信社主催のセミナー(会員限定)で講演します。

●11月15日(木)13時~13時35分テレビ愛知に出演します。
番組名は「山浦ひさしの トコトン!1スタ」です。

●『文藝春秋オピニオン2013年の論点100』(文藝春秋)の「論点⑰」として
「オスプレイは本当に安全なのか」を書いています(64~65ページ)

●櫻井よしこ編『誇りを持てる国へ――国基研五年の歩み』(国家基本問題研究所)に、
国基研の役員当時に潮が書いた「今週の直言」が収録されています。

●「サピオ」12月号の特集記事にコメントが掲載されました。

●週刊「世界と日本」最新11月12日号の一面に書いています。
タイトルは「日本は二流への転落に甘んじるのか」です。

●月刊「Voice」(PHP研究所)12月号に、潮が取材構成した
石破茂幹事長(自民党)のインタビュー記事が掲載されました(100ページ)。

●11月3日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●「文藝春秋SPECIAL」季刊冬号に原稿が掲載されました。
タイトルは「自伝・評伝で読む 東西の偉人に学ぶ『お金』の哲学」です。

●「月刊ウイル」12月号に原稿「孫崎亨の正体」が掲載されました。

●12月5日(水)東京のムーブ町屋で田母神俊雄元航空幕僚長と
一緒に登壇する予定です。

●11月21日(水)東京で講演する予定です。(主催 日刊労働通信社)

●11月25日(日)防衛法学会で学会発表する予定です。

●週刊SPA!10月30日号5ページにコメントが掲載されました。

●日本会議発刊の「日本の息吹 11月号」に書いています。
タイトルは『日本の息吹』三百号に寄せて――「息吹」の名のままに、です。

●10月13日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●10月13日(土)スカパー217ch20~23時
「日本よ、今・・・闘論!倒論!討論!2012」に出演しました。

●10月4日発売の「週刊文春」26~27ページにコメントが掲載されました。

●10月2日(火)TBS「みのもんたの朝ズバッ」にコメント出演しました。

●10月2日(火)13時~13時35分テレビ愛知に生出演しました。
番組名は「山浦ひさしの トコトン!1スタ」です。

●9月29日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●「Will」11月号210 ページ~219ページに書いています。
タイトルは「在日韓国言論人の〝妄言〟を嗤う」です。

●10月7日増大号の「サンデー毎日」18ページにコメントが掲載されました。

●9月22日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●9月21日(金)16:52~テレビ東京「ニュース アンサー」にコメント出演しました。

●9月1日発行「日本の息吹 9月号」(日本会議)31ページに
日本会議岩手県本部での講演の一部が記載されています。

●9月21日(金)発売の「別冊正論」Extra.18、284~293ページに
書いています。タイトルは「尖閣を守る 日本を守る」です。

●9月20日(木)発売の週刊新潮163ページにコメントが掲載されました。

●9月15日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●国家基本問題研究所のニュースのページに潮が出ています。
こちらをご覧ください。http://jinf.jp/news/archives/8355
内容は、「韓国知日派と意見交換」です。

●9月21日(金)さくらじに出演する予定です。
インターネットで、どなたでもご視聴いただけます。

●9月25日号の「国民新聞」に、川村純彦著『尖閣を獲りに来る中国海軍の実力』
への書評が掲載されました。

●9月11日 長崎で講演しました。(主催 内外ニュース)http://naigai.cside6.com/
テーマは「国防の理想と現実」です。

●9月8日(土)、9日(日)にラジオ福島「ちょっとブレイク」に出演しました。

●9月1日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●「週刊ポスト」9月14日号にコメントが載っています。

●9月1日発売の月刊「正論」10月号、126~131ページ「亡国メディアの原発報道を嗤う」 に書いています。

●9月1日発売の月刊「正論」10月号、300~301ページに書評を書いています。

●週刊「世界と日本」第1973号(平成24年9月3日)2面に書いています。
タイトルは「オスプレイ/優れた機能、広がる運用幅」です。

●8月31日(金)25:25~「朝まで生テレビ」に出演しました。

●8月25日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。


8月25日(土)18:30~19:00、BS11チャンネルに出演しました。
番組名:「未来ビジョン 元気出せ!ニッポン!」

8月24日(金)日本文化チャンネル桜に出演しました。
21:00~21:30 CS放送スカパー!217チャンネル
           インタ―ネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp/)                           

●警察広報誌、月刊「BAN」9月号、16~22ページに書いています。
タイトルは「自衛隊の仕組み」です。

●「週刊ポスト」8月10日号、53ページにコメントが載っています。

●8月1日発売の漁火新聞229号1面警鐘欄に書いています。
タイトルは「安全保障と憲法の一体改革」です。

●8月1日発売の月刊「正論」9月号、201ページ「この人を総理に」 に書いています。

●本日発売の「文藝春秋スペシャル」季刊秋号132~137ページに書いています。
タイトルは「拝啓 父上様 パソコンをやりませんか」です。

●7月25日、TBS「みのもんたの朝ズバッ」にコメント出演しました。

●7月24日、TBS「みのもんたの朝ズバッ」に生出演しました。 

●7月23日16:52~テレビ東京「アンサー」に生出演しました。

●7月22日 岩手県盛岡市で講演しました。(主催 日本会議)
 演題は「誇りある日本の再建に向けて」です。
その模様が、産経新聞岩手版に掲載されました。http://sankei.jp.msn.com/region/news/120723/iwt12072302210002-n1.htm

●「時事評論」699号2ページに書いています。
タイトルは「『戦後最大の諜報案件』騒動の渦中から」です。

●月刊「正論」8月号、[総力ワイド]恥を忘れた「ニッポン人」 86~89ページに書いています。
タイトルは「拝啓、朝日新聞主筆殿・・・・・・そんなに日本がお嫌いですか」です。

●月刊「正論」8月号、クロスライン44~45ページに書いています。
タイトルは「最後の懺悔録」です。
連載はこれで打ち切りとなりました。

●7月1日 上田で講演しました。(主催 日本会議)
●6月30日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」番組中に
Q1「再生可能エネルギー買取制度」による発電で、私たちの生活にとってどう影響するでしょうか」
との問いに
A1「デメリットの方が大きい」として、回答が掲載されました。

●6月16日(土)21:00~BSフジ「The コンパス」にスカイプ中継で出演しました。
 オピニオンリーダーとしての回答は以下のアドレスの4番目に記載されています。

6月9日(土)日本文化チャンネル桜に出演しました。
番組名:「闘論!倒論!討論!2012 日本よ、今...」
テーマ:「尖閣諸島・日中もし戦わば」
先日、発表された陸海空自衛隊の尖閣奪還作戦等をきっかけに、尖閣防衛戦について
軍事戦略だけでなく、外交や海洋安全保障等の様々な視点から議論します。

●月曜日発売の「週刊ポスト」6月15日号、36ページにコメントが載っています。

●6月2日(土)BSフジThe コンパスに
オピニオンリーダーとしての回答が掲載されました。

●雑誌「紙の爆弾」(鹿砦社)6月号38~40ページに顔写真入りで潮のことが載っています。
「アメリカのメディアから何かしらの支援を受けている」と書かれていますが、
本人も驚きの偽事実です。

●月刊「正論」7月号、[総力特集]誰が殺した 自民党 234~236ページに書いています。
タイトルは「保守の星、安倍晋三は何をボヤボヤしているのか」です。

●月刊「正論」7月号、クロスライン44~45ページに書いています。
タイトルは「やっぱり野田内閣は能天気」です。

●「時事評論」697号2~3ページに書いています。
タイトルは「素人の防衛大臣は殺人者なり
北のミサイル対処―野田内閣の危機管理を検証する」です。

●週刊「世界と日本」第1962号1面に書いています。
タイトルは「尖閣防衛 高い〝実効性〟確立を」です。

●月刊「正論」6月号、[特集]日本の防衛 尖閣・石原発言を支持する!に書いています。
タイトルは「朝日社説の『無責任』を嗤う」です。60~64ページです。

●月刊「正論」6月号、クロスライン48~49ページに書いています。
タイトルは「最大の不安材料は日本政府」です。

●4月28日(土)チャンネル桜に出演しました。
「闘論!倒論!討論!2012 日本よ、今...」

テーマ:どうする日本国憲法!?連続大討論Part②
主権回復から60年を迎え、政党をはじめ、様々な改憲論議が出ている中、
日本国憲法を今後どうするべきか?

●内外情勢調査会会報誌「J2TOP」5月号(時事通信社)に書いています。
タイトルは「在日米軍再編を見直す アメリカ軍の戦略」です。

●国民集会で述べた内容が関連団体のブログに

掲載されました。http://ameblo.jp/nankinkokumin/entry-11222042379.html

●平成24年4月13日(金)11:13~テレビ東京「Mプラス」

                15:35~テレビ東京「Mプラス」、

                16:52~テレビ東京「ニュースアンサー」に

出演しました。

SAPIO」4月25日号、28~29ページに書いています。

(「テーブルの上で握手をしつつ下で足を蹴り合う 中国大攻勢に屈しないインドの強気戦略に学べ」)です。

●月刊「正論」5月号、クロスライン44~45ページに書いています。
タイトルは「もうひとつの『坂の上の雲』」です。

新しい歴史教科書をつくる会主催「河村発言」支持!緊急国民集会に登壇しました。
「敵は内に有り!南京虐殺の虚構」
こちらで見られます。http://www.youtube.com/watch?v=psMMMpCX7fA
平成24年3月6日 文京シビック小ホールにて行われました。

鳴海章著『テロルの地平』(光文社文庫)の解説を書いています。

『「核武装」が日本を救う」(チャンネル桜叢書)に潮が登場します。


平成23年8月12日、出版。

3年ぶりの書き下ろしの新刊です。

全国書店にて好評発売中!

雑誌「正論」11月号304~305ページ読書の時間に、この本の紹介が掲載されました。
評者は杏林大学名誉教授 田久保忠衛先生です。

9月25日国民新聞6面読書欄に、この本の紹介が掲載されました。

9月11日産経新聞12面読書欄に、この本の紹介が掲載されました。
 「保守思想は垂直軸を持つが、リベラル陣営は水平次元でしか生きられない」。
そう主張する保守派の論客が、その垂直軸を示す読書入門。エドマンド・バークの
『フランス革命についての省察』に始まって、トクヴィル、ハナ・アーレント、
カール・R・ポパー、F・A・ハイエク、ラインホールド・ニーバーの著書を
解説しながら、保守とは何か、を見つめる。
 単なる思想史の振り返りにとどまらない。チェスタトンを引いて著者は書く。
《いずれ、われわれはこう言わねばならぬ。日本人は日本が偉大だから
日本を愛したのではない。日本人が愛したから、(震災から)見事に
復興し、三度、日本は偉大な国となったのだ、と。》

8月16日朝日新聞朝刊2面にこの本の広告が掲載されました。

金美齢先生の著書『凛とした日本人』(PHP研究所)35ページに
潮の雑誌原稿『Will』平成23年6月号「自衛隊史上最大の救援作戦ーー
史上最低の文民統制」が紹介されております。(平成23年8月17日)


潮匡人の著書、雑誌掲載、テレビ・ラジオ出演、講演情報などをお知らせします。

Facebook、twitterのページも御覧ください。