Meeting‎ > ‎

Kick-off Meeting (8/26)

日 時:2019年8月26日 (月) 午前10時〜午後6時
場 所:国立天文台三鷹キャンパス すばる棟大セミナー室 (Subaru Building, "W" in MAP)
懇親会:8月26日 (月) 午後6時半〜 コスモス会館
言 語:日本語 (英語も可、スライドは英語)

Aims:
  この度、JAXA宇宙科学研究所により「JASMINE(小型JASMINE)」(日本語; English)が公募型小型計画宇宙科学ミッション3号機(2024年度頃打ち上げ予定)に選定されました。JASMINEは、世界で初めて近赤外線(Hw-band)での位置天文測定を宇宙で行う衛星で、銀河中心核バルジ領域(R<~200 pc)の様々な年齢の星の分布と運動を詳細に測定することにより、銀河系全体の進化形成史を理解する上での核となる銀河中心領域の進化の歴史を読み解くことを主な科学目標(キープロジェクト)としています。目標精度は、Hw<12.5 mag の天体で、25 μasの年周視差精度、Hw<15 mag の天体で、125 μas/yr の固有運動精度です。最近の Gaia 衛星の成果に代表されるように、位置天文データは、新たな次元のデータを提供するものであり、主な目標以外にもデータを多くのサイエンスにも応用できるはずで、さらに系外惑星など銀河中心領域方向以外の興味深い天体をターゲットにすることも可能です。

 このように国内の多くのサイエンスコミュニティーにとって有益なデータを提供できるJASMINEをよりよいミッションにするため、「JASMINE Consortium (JC) 詳細が結成されました

 本研究会では、JASMINE の現状の報告と今後のSJCの方向性を議論する場を提供すると同時に、SJC メンバーに限らずJASMINEが切り開く可能性のあるサイエンスの発表をしていただき、国内のサイエンスコミュニティーからの声を広く集める機会にしたいと願っております。

(Abbreviated English version) 
"JASMINE (Small-JASMINE)" (detailshas been selected by ISAS/JAXA recently. JASMINE is the first NIR (Hw-band) astrometry space mission. The main science objective is Galactic centre archaeology, through the accurate position and velocity measurements of the stars with different ages in the  Galactic centre region of R<~200 pc. The target accuracy of JASMINE is 25 μas for parallax for objects brighter than Hw<12.5 mag, and 125 μas/yr for proper motion for objects brighter than Hw<15 mag. As recent Gaia DR2 demonstrated, astrometry data provide unique dimension of information, and in addition to the main science objective the data should be valuable for many science applications, including exoplanet, stellar physics, variable stars, high energy astrophysics and star forming region. When the Galacic centre is not visible, JASMINE can observe the other targets, and there is ongoing discussion about the target selection.

We are building the "JASMINE Consortium (JC)" to make JASMINE successful mission, providing valuable data for the various scientific applications. This meeting is a kick-off meeting for the JASMINE consortium. We will cover the science topics of JASMINE and also discuss the future direction and roadmap of the JASMINE consortium. 

Topics & Program
  • JASMINE計画:狙い、仕様、現状と今後のスケジュール(参考
  • JASMINE Consortium (JC) 結成の趣旨説明(→ 参考
  • 各ワーキング・グループ(→ 参考)の活動計画・スケジュールなどの議論
  • JASMINEで期待されるサイエンスの一般講演
JASMINE Consortium (JC) Kick-off Meeting 
2019/8/26 (Mon) Mitaka, Subaru Large Seminor Room
DatetalkQ&ASpeakerAllificationTitle
10:000:150:10Daisuke KawataMSSL, UCLJASMINE Consortium
10:250:200:10Naoteru GoudaNAOJJASMINE計画 (JASMINE Project)
10:550:200:10Yoshiyuki YamadaKyoto U.JASMINEデータ解析 (JASMINE data analysis)
11:250:200:10Hajime KawaharaU. of TokyoExo JASMINE 
11:551:200:00lunch
13:150:150:10Noriyuki MatsunagaU. of Tokyo銀河系中心部(バルジ+中心核バルジ)のミラ型変光星
(Mira variables in the Galactic center region)
13:400:150:10Shogi NishiyamaMiyagi U. of Education銀河系中心核バルジの隠れた星団の探索
(Exploration of hidden star clusters in the Galactic nucleus bulge)
14:050:150:10Ryoichi NishiNiigata U.小型JASMINEによる吸収の強い領域での若い星の観測
(Small-JASMINE observation of highly obscured star forming regions)
14:300:150:10Tetsuya ZenkoKyoto U.距離データのある偏光データを利用した銀河系磁場構造解析 (Galactic magnetic field from the polarised sources with the distance information)
14:550:150:10Kenshi YanagisawaNAOJ銀河中心方向に探る銀河系円盤の構造 他
(Structures of the Galactic disk toward the GC etc)
15:200:20coffee break
15:400:150:10Hideyuki IzumiuraNAOJ銀河系中心1pc内のSiOメーザー源について
(SiO maser sources in the Galactic central 1 pc region)
16:050:150:10Nobuyuki KawaiTokyo Tech銀河系中心周辺のX線新星
(X-ray novae around the Galactic center)
16:300:150:10Norita KawanakaKyoto U.位置天文によるブラックホール連星系の検出について
(Detecting black hole binaries using astrometric data)
16:550:100:05Elizabeth TaskerISAS/JAXAPublic Outreach and JASMINE 
17:101:000:00Daisuke KawataMSS, UCLDiscussion about the JASMINE consortium
18:10End
18:30Banquet (Mitaka Campus, Cosmos Lodge)




SOC/LOC:  
Daisuke Kawata (MSSL/UCL, chair)
Junichi Baba (NAOJ)
Yoshiyuki Yamada (Kyoto U.)
Naoteru Gouda (NAOJ)
JASMINE Project, NAOJ

Contact:  milkyway.bulge.ws -at- gmail.com (DK, JB)

本研究会は、基盤研究(B)「大革命をもたらす高精度位置天文観測データを用いた天の川銀河の研究」(代表 郷田直輝)の支援のもと開催します。


《注意事項》 入館カードについて:
2017年12月より台内施設への立ち入りには「入館カード」が必要となりました。事前参加登録をしてくださった皆様には、来台の際に、正門入り口の守衛所で身分証明書をご提示の上「入館カード」の貸与を受けてから会場までお越しくださいますようお願いいたします。なお、事前参加登録をされていない場合には、守衛所で身分証明書の提示に加え、「訪問者受付票」(日時、会社名・団体名、氏名、訪問先、用件など)への記入をしていただく必要もあります。

Access Card:
Visitors who need an Access Card must fill out necessary information (date, name of company/organization, name of visitor, place of visit, reasons for visit) on the “Visitor Register Form” at the guard house. After personal verification is completed, the visitor will receive an Access Card in a card holder with a neck strap. Visitors are requested to wear the neck strap during their visit, and to return it upon leaving the campus. 


Deadline for Travel Support, Abstract Submission, Banquet: August 4, 2019
旅費・講演・懇親会申し込み締切り 8/4 (日)


サブページ (1): Participant List