研究内容

成蹊大学環境化学工学研究室(山崎研)の紹介です。

研究室はどんなところ?

当研究室には研究の分野に応じた専門のスタッフがいます。主にその分野担当のスタッフと意見を交換しながら、指導を受けます。一方、ゼミでは全ての分野のスタッフ/学生が一堂に会し、深く議論をすることで、より幅広く多角的な見方を養いながら日々研究を進めております。

時間の管理は、基本的に各自に任せられています(コアタイムなどはありません)。縛られることなく、好きな時に好きなだけ実験できます。その反面、実験への熱意、または結果が求められ、一人の大人として扱われます。

研究では誰も知らないことに挑戦しています。どれも独自性があり、全国/世界的に珍しいテーマがあります。結果が分かっている学生実験とは違います。研究に関するご質問、研究室見学等は12号館2Fまでお気軽にお越し下さい。お待ちしております。

研究室紹介2015


次のような研究をしています!

われわれを取り巻く環境は、大気、水、土壌、生態系、そして人間といったさまざまな要素が複雑に絡まり合った巨大なシステムです。 研究室では、環境をシステムとして捉え、化学工学を道具にしてよりよい環境を創造するための技術の研究を行っています。

具体的な対象として、地球温暖化対策としての温室効果排出削減技術、廃コンクリートやプラスチックなどのリサイクル技術を中心に、 地球環境から地域環境まで幅広い範囲の環境問題を科学技術の力で解決することを目標としています。

研究テーマの例

鉱物塩炭酸化による二酸化炭素の固定に関する研究

コンクリートスラッジを用いた重金属の回収

天然物質御用いたホウ素回収のための吸着材の回収

・ハイドレートによる混合ガス分離

空気中アセトアルデヒドの吸着材の開発

光触媒の可視光利用および高効率化に関する研究

銀ナノ粒子および有効利用に関する研究

・バイオエタノール混合ガソリンからのエタノールとガソリンの分離

製品に含まれる化学物資鬱の毒性評価


現在取り組んでいる課題