5. ラップセンサー



コースに付属のビーコン(赤外線発信器)を設置。車体に赤外線センサーを取り付けロガーと接続するとラップタイムが計測できます。