レイトレ合宿7
Rendering a beautiful image within 60 seconds.


概要
レイトレ合宿7は、オフラインレンダリングのオフライン集会です。

内容: 完全自作のレイトレーサーを走らせて画像の美しさを競います。
日時: 令和元年 9月7日(土)~9月8日(日)
参加費: 16k
場所: 猪苗代湖



これまでのレイトレ合宿については次のリンクを参照してください。

ルール

レンダラーの登録

  • 開催前日までに、指定されたアップローダーにレンダラーとアセットをアップロードしてください。
  • Windowsの場合はzip, Linuxの場合はtar.gz/tar.bz2/tar.xzのどれかで圧縮して下さい。

レンダラーの基本仕様

  • 実行ファイルを叩いたら自動で始まるようにしてください。
  • キーボードや、マウスの操作を要求する作りにしないでください。
  • インターネット接続をしないで下さい。

レンダリング部門の仕様

  • 60秒以内に自動で終了し、終了時にレンダリング画像をpngで出力してください。

レイトレ徒競走の仕様

  • レイトレーシングに関係するお題が提示され、
    それを最も高速に処理したプログラムが優勝です。
  • お題目は近日中に公開します。

投票について

  • 投票前に、各レンダラー作者が利用した技術、売りをアピールする時間を設けます。(一人5分まで。現地参加者のみ)
  • 各レンダラーに対して、1から10の点数を各参加者でつけます。(現地参加者のみ)
  • 合計点の高い順に順位をつけます。

終了後にやっていただきたいこと

  • 知識と技術の共有のため、githubもしくはbitbucketなどにソースコードとアセット一式を公開してください(任意)。

マシンスペック

AWSを使います。

参加者

  1. Shocker *
  2. q *
  3. hole * 
  4. ushiostarfish * 
  5. shinji *
  6. たぼちゃん * 
  7. ハガ *
  8. Pheema *
  9. Zin *
  10. HAJIME UCHIMURA *
  11. ishiyama * 
  12. Shuto *
  13. yumcyawiz *
  14. tatsy *
  15. gam0022 * 
  16. 西山信行 *
  17. Pentan *
  18. Pocol *
  19. yopio *
  20. YuichiSayama *
  21. perim(リモート)
  22. kyawakyawa(リモート)
  23. ototoi *
  24. Tomoya * 
全日本レイトレ選手権 交差判定部門
  1. Pheema
  2. Shocker
  3. ototoi
  4. q
  5. shinji
  6. YuichiSayama
  7. hole
  8. tomohiro
  9. Pocol
  10. HAJIME UCHIMURA

参加者の声
  • よろしくお願いします!
  • よろしくお願いいたします!!
  • 今年はもっときれいな絵を出したい!
  • 毎年の楽しみです!
  • 頑張れるだけ頑張ります!
  • 初参加です。よろしくお願いします。
  • 今年もどんな絵が出てくるか楽しみです。
  • 作品提出…できたらいいなぁ
  • 10年以上振りの猪苗代湖楽しみ!
  • レイトレ合宿10くらいでリアルタイム化しそうな勢いを感じる
  • この一年でのRustの最適化に期待…!(他力本願
  • 光を追い続ける戦士たちを追い続けるぜ!
  • レイトレがしたいです......
  • 時代はレイトレ。
  • GPUをやっていきたい
  • OpenCL ON!!!!
  • 今年もcpu
  • レイトレ徒競走…?
  • レイトレ元年
  • 初心者です

光線追跡技術大賞2019 (日本レイトレーシング協会)

ノミネート対象リスト

Link

教育

edupt
学習用のパストレです。

300行のC++で書かれた沢山の機能が入ったパストレです。

smallpt
C言語で書かれた小さなパストレです。

memoRANDOM
レイトレの知識が日本語でまとまっています。

The Monte Carlo Project
シンプルなパストレです。

ompf2.com
レイトレ専用BBSです。

大学の講義、コンペ

Image Synthesis Techniques (CS 348B)
スタンフォード大学のレイトレの授業とコンペです。

CS6630: Realistic Image Synthesis
コーネル大学のレイトレの授業とコンペです。

186.101 Rendering
LuxRender開発者のKároly Zsolnai氏も講師にいるTU Wienの講義。

CS-440
スイス連邦工科大学のレンダリングコンペです。

レイトレーシングによるコンピュータグラフィクス入門
筑波大学のレイトレの授業です。

書籍

Ray Tracing in One Weekend/Ray Tracing: the Next Week/Ray Tracing: The Rest Of Your Life 
Peter Shirley氏によるレイトレによる簡単な紹介書籍です。コードも公開されています(1,2,3)。

Ray Tracing from the Ground Up
レイトレ入門書籍です。

Computer Graphics Gems JP 2015
hole氏によるパストレ解説記事があります。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス
Henrik Wann Jense氏のRealistic Image Synthesis Using Photon Mappingの訳書です。

Physically Based Rendering
物理ベースレンダラーの全ソースコードを解説した書籍です。

ツール・ライブラリ

GFlags
MS謹製のメモリリーク、メモリ破壊チェッカーです。

Dr.Memory
高機能なメモリリーク、メモリ破壊チェッカーです。

nothings/stb
1ファイルヘッダオンリーのライブラリ集です。stb_image_write.hがPNGとBMPの書き出しに対応しています。

zdevito/vdb
1ファイルヘッダオンリーで使用可能な可視化ツールです。

Luminance HDR
hdrファイルのビューワーです。

hi2p-perim/nanohdrviewer
hdr,exrファイルのプレビューを自動リロードで行うことができます。

Herbie
浮動小数点のエラーが少ない演算への自動変換を行います。

Aether
確率密度関数を作るDSLです。

読み物・その他

Staff

企画: q   監修:ほーるちゃん 実行大臣(リモート): tmhr