レイトレ合宿2!!
Rendering a beautiful image within 30 minutes!!


リザルト
リンク先がオリジナルサイズです。
1st  hole "akari2" 73pt (code,slide)


2nd(同率2位) nikq "rlr" 66pt (code&slide)


3rd(同率2位)  お餅 "omochi-renderer66pt (code,slide,post)


4th(同率2位)  shocker "CLeaR66pt (code,slide)


5th perim "lightmetrica" 65pt (code,slide)


6th Pentan "ray&bow-" 64pt (code&slide,post)


7th Pocol  "Salty" 63pt (code,slide,post)


8th q  "chinattsu hikari" 62pt (code&slide)


9th shuichih "Rayzer" 57pt (code,slide)


10th 5mingame2 "FirstRaytrace" 56pt (code&slide,post)


11th tomohiro "batchRIshader" 52pt (code&slide)

https://sites.google.com/site/raytracingcamp2/home/tomohiro.png

12th kagussan "kgPhotonMapping" 50pt (code,slide)


13th uimac "burger2" 46pt (code&slide)



14th YarmUI "ernula" 39pt (code,slide)


15th Carotene "render_crtn" 32pt (code&slide)


未提出

セミナー

フォトンマッピング GPU実装最新手法 @kgussan (slide)

昨年度は、様々なレイトレのわかりやすい資料がまとめられたと思います。ここでは次に話題になりそうなGPU実装について一つご紹介したいと思います。大域照明のフォトンマッピングの場合、フォトンのトレーシング計算に加えて、フォトン収集パスが必要になります。フォトン収集には大量のフォトンをサンプリングする必要があります。レイトレーシングのGPU実装の話題は多々ありますが、フォトンマッピングのフォトン収集パスとそのGPU実装について述べている論文を紹介したいと思います。

MCRTアルゴリズムふりか"え"り~パストレーシングからMultiplexed MLTまで~(仮) @Shocker (slide)

下記の手法それぞれについての超概要を紹介する予定です。
Path Tracing/BPT (MIS)/MLT/PSSMLT/Photon Mapping/PPM/SPPM/PPPM/AMCMCPPM/VCM/UPS/Regularization/UPBP/MMLT

MCMCベースレンダリング入門 @perim (slide)

マルコフ連鎖モンテカルロ法 (MCMC法) を用いてレンダリングを行う方法を,理論をまじえて基礎から最新手法まで解説します.


概要

"レイトレ合宿2!!"は、オフラインレンダリングのオフライン集会です。

内容: 完全自作のレイトレーサーを走らせて画像の美しさを競います。
日時: 9月6日(土)~9月7日(日)

過去のイメージはこちら

ルール

レンダラーの登録
  • 開催前日までに、指定されたアップローダーにレンダラー一式をzipにまとめてアップロードしてください。

レンダラーの仕様

  • まっさらなWindows7上で動作するようにしてください。
  • 実行ファイルを叩いたら自動で始まるようにしてください。キーボード、マウスの操作を要求する作りにしないでください。
  • おおよそ一分毎に、レンダリングの途中経過をbmpかpngで連番(000.png, 001.png, ...) で出力してください。
  • ネットワーク越しに何かをやるような動作をさせないでください。
  • 30分以内に自動で終了してください。
投票について
  • 投票前に、各レンダラー作者が利用した技術、売りをアピールする時間を一人3分設けます。(現地参加者のみ)
  • 各レンダラーに対して、1から5の点数を各参加者でつけます。(現地参加者のみ)
  • 合計点の高い順に順位をつけます。
終了後にやってほしいこと
  • 知識の共有のために、githubかbitbucketでソースコードとアセット一式を公開してください。

よくある質問

Q. ラスタライザを使っていいの?
A. 構いません。自由です。

Q. ライブラリに制限はないの?OptiXとかも使っていいの?
A. 制限はありません。自由に使ってください。ただし依存するdllなどは不足なく全て同梱させてください。

Q. どこかのOSSのレンダラーをフォークして使ってもいいですか?
A. レンダラー自体は著作権を主張できるものにしてください。

Q. 解像度に指定はないの?
A. 解像度に指定はありません。

Q. こういうことをしようとしているのだけど、ルール違反にならないか心配なんだけど。
A. 事前に連絡を頂ければ、協議します。

Q. アセットなどのサイズ制限はないの?
A. 良識の範囲内で対応します。

Q. 開発中のリポジトリを公開しなくていいの?
A. 開発中は公開する必要はありませんが、開催終了後はgithubかbitbucketで
ソースコードとアセット一式を公開してください。

Q. レンダリングにつかうPCのスペック晒してよ
A. しばしお待ちください。普通のミドルレンジのPCを用意する予定です。

Q. 版権ものをレンダリングしていいの?
A. 控えてください。

Q. レンダリング済み画像のビューワー作るわw
A. いいですが、得点が入るかは...

参加者リスト

現地参加
  1. uimac(twitter,site,github)
  2. 5mingame2(twitter,site,github)
  3. nikq(twitter,github)
  4. ほーる(twitter,site,github)
  5. shuichih(twitter,github)
  6. tomohiro(twitter,github,site)
  7. q(twitter,site,bitbucket)
  8. お餅(twitter,github,github)
  9. Shocker(twitter,site,github)
  10. Pocol(twitter,site,github)
  11. Pentan(twitter,site,github)
  12. YarmUI(twitter,github)
  13. Carotene(twitter)
  14. perim(twitter,site,github)
  15. ototoi(twitter,github)
  16. kgussan(twitter,site)
現地不参加 & 未提出
  1. 古谷一馬(twitter
  2. けの(twitter,github)
  3. dgtanaka(twitter,github)
  4. ハガ(twitter)
  5. elgraiv_take(twitter,site,github,hhRenderer)
  6. d-kami(twitter,site,github)

レイトレ合宿2アドベントカレンダー

  1. 6月15日 q  「レイとの交差判定
  2. 6月22日 uimac 「CG系ライブラリ特集
  3. 6月29日 Shocker 「光源の出力と放射輝度の関係
  4. 7月6日   Pentan 「ノイズの話
  5. 7月13日 お餅 「Bounding Volume Hierarchy (BVH) の実装 - 交差判定編
  6. 7月20日 Pocol 「Progressive Photon Mappingについて。
  7. 7月28日 5mingame2 「人生初のレイを飛ばす
  8. 8月3日   perim 「Multiple importance samplingの罠
  9. 8月10日  古谷一馬
  10. 8月17日 tomohiro 「~夏休み緊急特別企画~ 光線追跡法の欺瞞
  11. 8月25日 hole 「レイトレ本書評10連発
  12. 8月31日 アンビエントオクルージョンちゃん 「より進んだレイトレーシングのために

タイムテーブル

11:45: (電車組) 新宿駅アルプス広場集合
15:30: (電車組&河口湖駅合流組) 「河口湖駅 → 「河口湖カントリーコテージBan」行きバス発車
16:00: (電車組&河口湖駅合流組) 現地到着
1530~1700  自由時間
17:00~20:00: 夕飯
20:00~20:30: セミナー「フォトンマッピング GPU実装最新手法
2045~2125: セミナー「MCRTアルゴリズムふりか"え"り~パストレーシングからMultiplexed MLTまで~(仮)
21:30~2210: セミナー「MCMCベースレンダリング入門
2210~0730自由時間
0830~0930朝食&結果発表
0945解散

収支

+ 参加費   ¥12000 x 20名 
-  宿泊費   174744
-  買い出し 
32929
-  温泉代   
9600
-  景品代   
18405
-  繰越      
4322

Staff

企画: q  監修: hole

Link

昨年の様子
他のレンダリングコンペティションや、マテリアルのウェブページ
便利なツール・ライブラリ
  • very sleepyIndigo Rendererを作ったNick Chapmanさんが作ったプロファイラsleepyの改良版。
  • Dr.Memory: 高機能なメモリリーク、メモリ破壊チェッカーです。
  • nothings/stb: 1ファイルヘッダオンリーのライブラリ集です。stb_image_write.hがPNGとBMPの書き出しに対応しています。
  • Luminance HDR: hdrファイルのプレビューに。
  • hi2p-perim/nanohdrviewer: hdr,exrファイルのプレビューを自動リロードで行うことができます。
書籍紹介
読み物