レイトレ合宿4!?
Rendering a beautiful image within 5 minutes.


リザルト

※画像クリックで、レンダリング時のオリジナル解像度になります。

1st SLR by Shocker 86pt (code,slide) 1920x1080

2nd VermeerRender by Pheema 85pt (code,slide) 1280x720

3rd Lightmetrica by perim 74pt (code,slide,site) 3840x2160

4th spica by tatsy 72pt (code,slide,post) 1920x1080

5th Lost Child Render by ushiostarfish 67pt (code,slide,post) 1200x1200

6th Nanairo by Zin 66pt (code,slide) 1920x1080

7th RrT by Pentan 64pt (code&slide,post) 1280x720

8th(同着) レイマーチングCPU風味 by 5mingame2 53pt (code&slide) 1270x720

8th(同着)  GranularMaterial by Ozawa 53pt (code,slide) 1280x720

10th  tsukihi by gam0022 51pt (code,slide) 1280x960

11th Akari by hole 47pt (code,slide) 1920x1080

12th Alhazen by q 46pt (code,slide) 1280x960

13th Salty by Pocol 45pt (code,slide) 1280x720

エキシビジョン枠

Lumilly
 by あわあわ (code,slide) 960x540

cabbage render by uimac (code,slide) 1920x1280

概要

レイトレ合宿4!?は、オフラインレンダリングのオフライン集会です。

内容: 完全自作のレイトレーサーを走らせて画像の美しさを競います。
日時: 2016年 8月27日(土)~8月28日(日) (CEDECのある週の週末)
参加費: 18,000
場所: Resort Seapiross(八丈島) 
※ 招待制です。募集はしていません。

観光ガイドと予定はこちら
これまでのレイトレ合宿については次のリンクを参照してください。
当日の写真は以下から。
  • hagatさん提供(URL)
  • nikqさん提供(URL)
  • shockerさん提供(URL)
  • うしおさん提供(URL)

ルール

レンダラーの登録

  • 開催前日までに、指定されたアップローダーにレンダラー一式をzipにまとめてアップロードしてください。

レンダラーの仕様

  • 何もインストールしていないまっさらなマシン上で動作するようにしてください。
  • 実行ファイルを叩いたら自動で始まるようにしてください。キーボード、マウスの操作を要求する作りにしないでください。
  • おおよそ30秒毎に、レンダリングの途中経過をbmpかpngで連番(000.png, 001.png, ...) で出力してください。
  • ネットワーク越しに何かをやるような動作をさせないでください。
  • 5分以内に自動で終了してください。

投票について

  • 投票前に、各レンダラー作者が利用した技術、売りをアピールする時間を設けます。(一人5分まで。現地参加者のみ)
  • 各レンダラーに対して、1から5の点数を各参加者でつけます。(現地参加者のみ)
  • 合計点の高い順に順位をつけます。

終了後にやっていただきたいこと

  • 知識と技術の共有のため、githubもしくはbitbucketにソースコードとアセット一式を公開してください(任意)。

マシンスペック

AWSを使います。
  • インスタンスタイプ: c4.8xlarge
  • Microsoft Windows Server 2012 R2

セミナー

  • Open Problems in My Little Raytracer(ラウンドテーブル): (slide)
  • BSSRDF 理論と実装 by Shocker (slide)
  • 中級グラフィックス入門~シャドウマッピング総まとめ~ by Pocol (slide)

参加者

現地

  1. shocker
  2. ほーるちゃん
  3. q
  4. tomohiro 
  5. Pocol
  6. perim
  7. nikq 
  8. uimac
  9. 西山 信行
  10. ハガ
  11. Pheema
  12. Zin
  13. Pentan
  14. tatsy
  15. 大河原昭
  16. 小澤禎裕
  17. うしお
  18. 林秀一

レンダラーのみ

  1. ototoi
  2. carotene
  3. お餅
  4. あわあわ

収入
参加費: 14名 x 18(現地参加) + 4名 x 2(前日キャンセル) = 260千円
計: 260千円

支出
宿泊代: 225千円
景品代: 21千円
AWS: 5千円
その他(公民館、クルマ、花火...etc): 34千円
計: 285千円

収支
前回余剰金: -33
総計: 
260千円 - 285千円 + (-33) = -58千円

Link

教育

edupt
学習用のパストレです。
初めてレイトレを行う人はまずはこれを改造するところから始めるといいかもしれません。

smallpt
C言語で書かれた小さなパストレです。

memoRANDOM
レイトレの知識が日本語でまとまっています。

The Monte Carlo Project
シンプルなパストレです。

ompf2.com
レイトレ専用BBSです。

大学の講義、コンペ

Image Synthesis Techniques (CS 348B)
スタンフォード大学のレイトレの授業とコンペです。

CS6630: Realistic Image Synthesis
コーネル大学のレイトレの授業とコンペです。

186.101 Rendering
LuxRender開発者のKároly Zsolnai氏も講師にいるTU Wienの講義。


レイトレーシングによるコンピュータグラフィクス入門
筑波大学のレイトレの授業です。

書籍

Ray Tracing in One Weekend/Ray Tracing: the Next Week/Ray Tracing: The Rest Of Your Life 
Peter Shirley氏によるレイトレによる簡単な紹介書籍です。
タイトルにあるようにそれぞれ週末に読み切れる文量となっており、入門に最適です。
コードも公開されています(1,2,3)。

Ray Tracing from the Ground Up
 レイトレ入門書籍です。
pbr本よりも平易でわかりやすい印象です。 

Computer Graphics Gems JP 2015
hole氏によるパストレ解説記事があります。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス
Henrik Wann Jense氏のRealistic Image Synthesis Using Photon Mappingの訳書です。
出版が2002年とだいぶ古くはなっていますが、
日本語で書かれた数少ないレイトレーシングの書籍です。

Physically Based Rendering
物理ベースレンダラーの全ソースコードを解説した書籍です。
網羅的に解説されていますが、難解です。
ver3が近々リリースされるようです。通称
pbr本
入門には全くおススメしません。

ツール・ライブラリ

very sleepy
Indigo Rendererを作ったNick Chapman氏が作ったプロファイラsleepyの改良版です。

GFlags
MS謹製のメモリリーク、メモリ破壊チェッカーです。

Dr.Memory
高機能なメモリリーク、メモリ破壊チェッカーです。

nothings/stb
1ファイルヘッダオンリーのライブラリ集です。stb_image_write.hがPNGとBMPの書き出しに対応しています。

Luminance HDR
hdrファイルのビューワーです。

hi2p-perim/nanohdrviewer
hdr,exrファイルのプレビューを自動リロードで行うことができます。

読み物・その他

GIガール

Staff

企画: q   監修:ほーるちゃん