避難所での消毒方法まとめ

トイレの処理や嘔吐下痢の吐瀉物などの消毒方法など

■避難所での消毒の徹底のお願い
避難所では不特定多数の人がいる関係で、感染症が伝染しやすい状態になりがちですので、手指の消毒やうがいなどの消毒を徹底してください。
・トイレの後や食事の前には手洗いと消毒用エタノールによる消毒
厚生労働省:避難所等のトイレの消毒方法、手洗いなどについて
トイレの消毒方法について
1 薬剤
3%クレゾール石鹸液
【50v/v%溶液を使う場合の希釈方法】
消毒薬のふた(約3ミリリットル)10杯をコップ5杯(約1リットル)の水に薄めます。
※逆性石鹸液を使用する場合は、0.1%~0.2%の濃度で使用してください。
2 方法
噴霧器で噴霧します。噴霧器がない場合、コップなどで散布します。
1トイレにつき180ミリリットル(コップ1杯)程度使用します。
3 頻度
1日1回を目安として消毒してください。トイレの使用程度により適宜追加してください。
4 注意事項
原液や高濃度の希釈液が皮膚につくと、炎症などの症状を起こすことがあるので、直接、皮膚につかないように注意してください。取り扱う際には、薬品の注意事項に従ってください。
・誤嚥性肺炎の予防に歯磨きとうがいを
阪神淡路大震災の際に長期の避難所生活で誤嚥性肺炎により200名の方が亡くなりました。(神戸保健所:PDF)
お年寄りの方は唾液が少ないこともあり、口内細菌が原因で誤嚥性肺炎が起きやすい事が考えられますので、歯磨きやうがいを気をつけてあげてください。
・ノロウィルスの対策
食品安全委員会:ノロウイルスの消毒方法 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する
手指の手洗い消毒の徹底
消毒対象ごとの処理や消毒
消毒対象
処理例
調理器具等
洗剤などで十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオル等で拭く(加熱できる物については熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効)
ドアノブ、カーテン、リネン類、日用品
次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200〜500ppm)で浸すようにペーパータオル等で拭く
トイレ・浴槽
次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度300ppm以上)で浸すようにペーパータオル等で拭く
おう吐物・ふん便による汚染場所
・おう吐物等は、ウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で静かに拭き取り、ビニール袋に密閉して廃棄する(この際、ビニール袋に廃棄物が十分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm)を入れることが望ましい)
・床等の汚染場所は次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオル等で覆うか、拭きとり、その後水拭きする
患者使用のリネン及び下着類
・85℃・1分間以上の熱水洗濯を行う。(しぶきを吸い込まない等、二次感染への注意が必要)
・熱水洗濯が行えない場合には、洗剤を入れた水の中でウイルスが飛び散らないように静かにもみ洗いし、有機物を取り除いた後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)の消毒が有効(十分すすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果が高まる。また、もみ洗いした石けん液には次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm以上)を加えて、10分間以上置いたのち、捨てること。)。
 ※可能であれば、ふん便・吐物が付着した衣類は、もみ洗いをせず、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm以上)に漬け置きする方が洗濯時の二次感染を防ぐ上で好ましい。
・布団などすぐに洗濯できない場合は、屋外で、日光に当ててよく乾燥させ、スチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的。
※作業時はガウン(エプロン)、マスクと手袋を使用し、換気を十分に行いましょう!
※使用後の手袋やペーパータオル等はビニール袋に入れて捨てましょう!
※高度な汚染がなければ次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm〜500ppm)で浸すように拭く程度でかまいませんが、次亜塩素酸ナトリウムの殺菌力は有機物による影響をうけるため、必要に応じて濃度を調節しましょう。
※次亜塩素酸ナトリウム消毒液(塩素濃度200ppm)の作り方
市販の漂白剤(塩素濃度約5%)を250倍希釈して作ることができます。
(例)5Lの水に漂白剤を20ml入れる。
Comments