研究業績

論文(査読あり)
  1. 須藤 翼・柿崎洸佑・青山怜史・三上 修 (印刷中)緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメ Passer montanus の営巣密度に与える影響.  日本鳥学会誌.
  2. 青山怜史・須藤 翼・柿崎洸佑・三上 修 (印刷中)オニグルミの種子の重さによる割れやすさ:ハシボソガラスは,どんな重さのクルミを投下すべきか.  日本鳥学会誌.
  3. Matsui S, Kasahara S, Kato T, Izumi H, Morimoto G, Ueda K and Mikami O. K. (2016) Badge Size of Male Eurasian Tree Sparrows Passer montanus Correlates with Hematocrit During the Breeding Season. Ornithological Science 16: 87-91.
  4. 平田 祐介・三上 修 (2016) カラス類はどんな出し方のごみを荒らすのか:函館市における事例. Bird Research. 12: A19-A29.
  5. 三上修 (2015). 身近な鳥の生活図鑑. 筑摩書房. 東京.
  6. Matsui S, Kasahara S, Morimoto G, Mikami OK, Watanabe M, Ueda K. (2015). Radioactive contamination of nest materials of the Eurasian Tree Sparrow Passer montanus due to the Fukushima nuclear accident: The significance in the first year. Environmental Pollution. 206: 159-162.
  7. Osamu K. Mikami, Nozomu J. Sato, Keisuke Ueda & Keita D. Tanaka (2015). Egg removal by cuckoos forces hosts to accept parasite eggs. Journal of Avian Biology. 46: 275–282.
  8. 三上かつら,三上 修 (2015). 冬期におけるスズメの住宅地利用と営巣場所への執着. 日本鳥学会誌. 64: 227-236.
  9. Kasahara, S., Yamaguchi, Y., Mikami, O. K., &  Ueda, K.(2014) Conspecific egg removal behaviour in Eurasian Tree Sparrow Passer montanus. Ardea. 102: 47-52.
  10. Osamu K. Mikami & Katsura Mikami (2014). Structure of the Japanese avian community from city centers to natural
  11. habitats exhibits a globally observed pattern. Landscape and Ecological Engineering. 10: 355-360. [PDF]
  12. 三上修,菅原卓也,松井晋,加藤貴大,森本元,笠原里恵,上田恵介 (2014). スズメによる電柱への営巣:地域および環境間の比較. 日本鳥学会誌. 63: 3-13.
  13. Osamu K. Mikami & Hisashi Nagata (2013). No evidence of interspecific competition regulating the urban avian communities of the Kanto region in Japan. Ornithological Science. 12: 43-50.
  14. 三上 修,三上かつら,松井晋,森本 元,上田恵介 (2013) 日本におけるスズメ個体数の減少要因の解明:近年建てられた住宅地におけるスズメの巣の密度の低さ. Bird Research. 9: A13-A22. (Abstract)
  15. 三上修,高橋雅雄 (2013).  湿性草原の環境変化に対する鳥類の応答:仏沼干拓地における1998年と2010年の比較. 山階鳥類学雑誌. 44:87-78.
  16. 三上かつら,三上修 (受理済み). 都市の鳥類群集におけるハシボソガラスの影響事例. Strix.
  17. 笠原里恵,森本元,山口恭弘,三上修,上田恵介 (2013). 水稲田における水稲の成熟段階および住宅からの距離がスズメ Passer montanusの採食場所選択に与える影響. 日本鳥学会誌. 62: 24-30.
  18. 加藤貴大,松井晋,笠原里恵,森本元,三上修,上田恵介 (2013). 都市部と農村部におけるスズメの営巣環境,繁殖時期および巣の空間配置の比較. 日本鳥学会誌. 62: 16-23.
  19. 三上修 (2012). 仏沼干拓地における草原性鳥類5種の繁殖期における環境選択の比較. 山階鳥類学雑誌. 43, 169-175.
  20. 三上修 (2012). 仏沼干拓地におけるオオセッカの繁殖期環境選択. 山階鳥類学雑誌43, 153-167.
  21. 松井晋,笠原里恵,森本元,三上修,上田恵介 (2012). スズメPasser montanus の巣内雛の成長様式. 日本鳥類標識協会誌23, 1-11.
  22. 三上修,植田睦之,森本元,笠原里恵,松井晋,上田恵介 (2011). 都市環境に見られる巣立ち後のヒナ数の少なさ~一般参加型調査 子雀ウォッチの解析より~. Bird Research 7: A1-A12.[PDF]
  23. 三上修,森本元 (2011). 標識データに見られるスズメの減少. 山階鳥類学雑誌. 43, 23-31.
  24. 松井晋,笠原里恵,三上かつら,森本元,三上修 (2011). 秋田県大潟村でみつかったスズメの9卵巣. Strix. 27, 83-87.
  25. 三上修, 三上かつら (2010). スズメの盗蜜によるサクラへの害を定量化する方法. Bird Research. 6, T11-T21.[PDF]
  26. Nozomu Sato, Osamu K. Mikami & Keisuke Ueda (2010). Egg dilution effect hypothesis: a condition under which parasitic nestling ejection behaviour will evolve. Ornithological Science. 9, 115-121.
  27. Nozomu Sato, Kihoko Tokue, Richard Noske, Osamu K. Mikami & Keisuke Ueda (2010). Evicting cuckoo nestling from the nest: a new anti-parasitism behaviour. Biology Letters. 6, 67-69.[News]
  28. Osamu K. Mikami, Yoko Katsuno, Daisuke M. Yamashita, Richard Noske & Kazuhiro Eguchi (2010). Bowers of the Great Bowerbird (Chlamydera nuchalis) remained unburned after fire: is this an adaptation to fire? Journal of Ethology. 28(1), 15-10. [PDF] [News]
  29. 三上修 (2009). スズメはなぜ減少しているのか?:都市部における幼鳥個体数の少なさからの考察. Bird Research. 5, A1-A8. [PDF][News][News][News]
  30. 三上修 (2009). スズメを日本版レッドリストに掲載すべきか否か. 生物科学. 61(2), 108-116.
  31. 三上修 (2009). 日本におけるスズメの個体数減少の実態. 日本鳥学会誌. 58(2), 161-170. [PDF]
  32. 三上修 (2008). 日本にスズメは何羽いるのか? Bird Research. 4, A19-A29. [PDF] [News] [News]
  33. Osamu K. Mikami (2006). A new approach to understanding the evolutionary conditions leading to colonial breeding: a comparison of colonial breeding with solitary territorial breeding and solitary non-territorial breeding. Journal of Avian Biology. 37(2), 125-130.[PDF]
  34. Osamu K. Mikami, Masanori Kohda & Masakado Kawata (2004). A new hypothesis for species coexistence: male-male repulsion promotes coexistence of competing species. Population Ecology. 46(2), 213-217. [PDF]
  35. Osamu K. Mikami & Masakado Kawata (2004). Does interspecific territoriality reflect the intensity of ecological interactions?: A theoretical model for interspecific territoriality. Evolutionary Ecology Research. 6(5), 765-775. [PDF]
  36. Osamu K. Mikami & Masakado Kawata (2002). The effects of individual interactions and habitat preferences on spatial structure in a grassland community.Ecography. 25, 200-214. [PDF]
  37. Yasuyuki Ishibashi, Osamu Mikami & Syuuiti Abe (2000). Isolation and characterization of microsatellite loci in the Japanese marsh warbler Locustella pryeri. Molecular Ecology. 9(4), 373-375. [PDF]

論文(査読なし)

  1. 三上修,三枝聖,松政正俊 (2012) 細胞周期の各フェーズにかかる時間を細胞数から推定する際にどのような前提があるのか. 岩手医科大学共通教育研究年報 第47,23-30.
  2. 高川晋一・植田睦之・天野 達也・岡久雄二・上沖正欣・高木憲太郎・高橋雅雄・葉山政治・平野敏明・葉山政治・三上修・森さやか・森本元・山浦悠一 (2011) 日本に生息する鳥類の生活史・生態・形態的特性に関するデータベース「JAVIAN Database」.Bird Research 7, R9-R12.
  3. 松政正俊・三上修・ 牧陽之助・松木佐和子・東淳樹・竹原明秀・島田卓哉・柴田銃江・中村克典・杉田久志・吉田信代・本城正憲・鈴木まほろ・小山田智彰・山内貴義・前田琢・煙 山彰・由井 正敏・平塚明・島田直明・金子与止男・占部城太朗 (2011) 地域連携による生態学教育プログラム「人と自然と生態学」2.プロ・ナトゥーラ・ファンド第20期助成成果報告書
  4. 三上修 (2010) スズメの減少とそれにより失われるもの. 青淵, 739号, 16-18.
著書
  1. 「スズメ―つかず・はなれず・二千年」 岩波書店.2013年10月4日
  2. スズメの謎:身近な野鳥が減っている!? 誠文堂新光社 2012年12月20日
  3. 分担執筆「大自然のふしぎ 増補改訂 鳥の生態図鑑 p.136-137 スズメは本当にへっているか」, 2011年,学研
  4. 分担執筆「大学初年次の生物学実習」岩手医科大学生物学科編
 一般解説・報告・書評・新聞記事
  1. 新聞記事「くらし(スズメについて)」2012年8月毎週金曜日連載しんぶん赤旗(計5回)
  2. 研究紹介「減っていたスズメ」2012年7月山階鳥研NEWS242.4
  3. 撮影協力「ダーウィンが来た! 27号 アフリカゾウ/スズメ」朝日新聞出版
  4. 新聞記事「万葉集に姿なく、一茶が詠んだ スズメ何羽いる?」,2010年5月11日しんぶん赤旗.
  5. 一般解説「スズメは減っている?」, 2010年,野鳥743号.
  6. 一般解説「スズメが減っているって本当?」, 2010年,私たちの自然 No.553.
  7. 書評「日本の希少鳥類を守る」,2010年,生物科学,61(3).
  8. 自由集会報告「カッコウ研究の最前線」 2009年,鳥学通信,No.26.
  9. 研究紹介記事 「日本にスズメは何羽いるのか?」,2008年,Bird Research News, 6(2),79,Bird Research.
  10. 報告 「第9回日本進化学会大会印象記」,2007年,日本進化学会ニュース,8(2),42-44, 日本進化学会.
  11. 書評 「遺伝子の窓から見た動物たち—フィールドと実験室をつないで—」,2008年,生物科学,59(2)128,農文協.
  12. 書評 「地球環境と生態系—陸域生態系の科学—」,2007年,生物科学,58(3), 189,農文協.
  13. 書評 「サケ・マスの生態と進化」,2006年,生物科学 58(1),60,農文協.
  14. 書評 「生態系へのまなざし」,2006年,生物科学,58(1),59,農文協.
  15. 一般解説 「ヨシ原に生息する鳥類のなわばり形成とそこで見られる種内・種間の関係」,1998年,Birder,143号,34-39,文一総合出版.

国際学会

  1. Shin Matsui, Satoe Kasahara, Gen Morimoto, Osamu K. Mikami, Mamoru Watanabe & Keisuke Ueda. Radioactive contamination of nest material due to the Fukushima nuclear accident in passerine birds. J-RAPID Symposium, Sendai, Japan, 2013.
  2. Satoe Kasahara, Shin Matsui, Nozomu Sato, Nobuyuki Azuma, Yasuyuki Yamaguchi, Osamu K. Mikami & Keisuke Ueda. Analysis of the diet of Eurasian Tree Sparrow nestlings in urban and rural environments by stable isotope analysis. International Congress of Ecology, London, UK, 2013.
  3. Osamu K. Mikami, Nozomu J. Sato, Keita D. Tanaka & Keisuke Ueda. Why does avian brood parasite remove a host egg? The 14th International Behavioral Ecology Congress, Lund, Sweden, 2012.
  4. Nozomu J. Sato, Keita D. Tanaka, Osamu K. Mikami, Jörn Theuerkauf & Keisuke Ueda. Learning to recognize nestlings is adaptive for bronze-cuckoo Chalcites spp. Hosts. The 14th International Behavioral Ecology Congress, Lund, Sweden, 2012.
  5. Nozomu J. Sato, Osamu K. Mikami, Keita D. Tanaka, Jörn Theuerkauf & Keisuke Ueda. Small clutch size by hosts favours the evolution of chick rejection over egg rejection. The 14th International Behavioral Ecology Congress, Lund, Sweden, 2012.
  6. Keisuke Ueda, Nozomu Sato & Osamu. K. Mikami. Why does the host eject cuckoo nestlings instead of the eggs? The 13th International Behavioral Ecology Congress. Perth, Australis. 2010.
  7. K. Ueda, Osamu. K. Mikami & N. J. Sato. Why does the host eject cuckoo nestlings instead of the eggs? The 25th International Ornithological Congress. São Paulo, Brazil. August 2010.
  8. Osamu K. Mikami, Yoko Katsuno, Daisuke M. Yamashita, Richard Noske & Kazuhiro Eguchi. Bowers of the Great Bowerbird (Chlamydera nuchalis) remained unburned after fire: is this an adaptation to fire? 31st International Ethological Conference. Rennes, France. Aug. 2009.
  9. Nozomu Sato, Kihoko Tokue, Osamu K. Mikami, Richard Noske, & Keisuke Ueda. Why have two Australian warblers evolved parasitic nestling ejection hehaviour? 31st International Ethological Conference. Rennes, France. Aug. 2009.
  10. Masanori Kohda, Osamu K. Mikami & Masakado Kawata. A coexistence mechanism of closely related cichlids though male mating competition: a mechanism facilitating coexistence after sympatric speciation. Cichlid Symposium 2003, Hayama, Japan. Sep. 2003.

国内学会

  1. 酒井秀嗣・藤原宏子・吉田保志子・早矢仕有子・東淳樹・三上修・水田拓・嶋田哲郎・牛山克巳・植田睦之・川上和人・企画委員会「日本鳥学会における男女共同参画」日本鳥学会2013年度大会(名城大学), 名古屋,2013年9月.
  2. 笠原里恵・山口恭弘・三上修・上田恵介「スズメで観察された同種間での卵捨て行動 」日本鳥学会2013年度大会(名城大学), 名古屋,2013年9月.
  3. 加藤貴大・松井晋・三上修・橋間清香・上田恵介「スズメの孵化率に影響をもたらす要因解明 」日本鳥学会2013年度大会(名城大学), 名古屋,2013年9月.
  4. 三上かつら・三上修「スズメはどうやって積雪期を乗り切るのか:スズメにおける冬季の住宅地利用」日本鳥学会2013年度大会(名城大学), 名古屋,2013年9月.
  5. 三上修・三上かつら「神か仏か:都市鳥類の生息環境としての神社と寺の異質性」日本鳥学会2013年度大会(名城大学)
  6. 松井 晋・笠原里恵・上田恵介・三上 修・渡辺守「巣箱を利用する鳥類における巣材の種類と放射線量の関係」日本生態学会第60回大会(静岡),2013年3月
  7. 加藤貴大・松井晋・三上修・上田恵介「スズメの営巣密度と孵化率のちがい」日本生態学会第60回大会(静岡),2013年3月
  8. 笠原里恵・松井晋・東信行・山口恭弘・三上修・上田恵介「農地環境と都市環境における スズメの巣内雛の食性の比較」日本鳥学会2012年度大会(東京大学)
  9. 松井晋・笠原里恵・加藤貴大・泉洋江・森本元・上田恵介・三上修「スズメの喉の黒色部の大きさはオスの質をしめすのか?」日本鳥学会2012年度大会(東京大学)
  10. 森本元・三上修・三上かつら・松井晋・笠原里恵・上田恵介「全国の自然環境調査データから個体数の増減を考える~スズメの減少を例として~」日本鳥学会2012年度大会(東京大学)
  11. 三上修・三上かつら・松井晋・森本元・上田恵介「スズメはどこで、なぜ減少しているのか~住宅の新旧による影響と、減少している地域の土地利用変化~」日本鳥学会2012年度大会(東京大学)
  12. 笠原里恵・今西貞夫・上田恵介「スズメで観察された同一巣一夫二妻の繁殖事例」日本鳥学会2011年度大会(大阪市立大学)
  13. 三上修・加藤貴大・三上かつら・松井晋・笠原里恵・森本元・上田恵介 「電柱、館(かん)あり」 日本鳥学会2011年度大会,大阪,2011年9月
  14. 松井晋・笠原里恵・加藤貴大・三上修・森本元・山口恭弘・上田恵介 「都市部と農地部におけるスズメの繁殖成績の比較」 日本鳥学会2011年度大会,大阪,2011年9月
  15. 森本元・三上修 「標識データに見られる全国を対象としたスズメの減少とその課題」 日本鳥学会2011年度大会,大阪,2011年9月
  16. 三上修・植田睦之・森本元・笠原里恵・松井晋・上田恵介 「スズメはなぜ減少しているのか~都市部におけるスズメの少子化~」 日本鳥学会2010年度大会,千葉,2010年9月.
  17. 加藤貴大・松井晋・笠原里恵・森本元・三上修・上田恵介 「都市部と農村部におけるスズメの営巣環境と繁殖時期の比較」 日本鳥学会2010年度大会,千葉,2010年9月.
  18. 松井 晋・加藤貴大・笠原里恵・三上修・森本 元・上田恵介 「スズメはどのくらい集まって営巣するのか?- 都市部と農村部における営巣様式の比較-」 日本鳥学会2010年度大会,千葉,2010年9月.
  19. 笠原里恵・山嵜大輔・松井晋・森本・三上修・上田恵介 「隣接する農耕地と住宅地でのスズメの個体数の季節変化―繁殖期から夏の終わりまで」 日本鳥学会2010年度大会,千葉,2010年9月.
  20. 三上修・勝野陽子・山下大輔・Richard Noske・江口和洋 「燃えないあずまや」 日本鳥学会2009年度大会,函館,2009年9月.
  21. 三上修 「自由集会:カッコウ研究の最先端」 日本鳥学会2009年度大会,函館,2009年9月.
  22. 佐藤望・三上修・徳江紀穂子・Richard Noske・上田恵介 「新説:ヒナ排除は適応的」 日本鳥学会2009年度大会,函館,2009年9月.
  23. 三上修 「全国における、スズメの個体数およびその減少の推定事例」 日本鳥学会2009年度大会,函館,2009年9月.
  24. 三上修 「雀:少ない(?)ふるとり 〜スズメは日本に何羽いるのか?〜」 日本鳥学会2008年度大会,東京,2008年9月.
  25. 三上修・勝野陽子・山下大輔・Richard Noske・江口和洋 「燃えない東屋:オオニワシドリにおける野火への適応」 第26回日本動物行動学会,京都,2007年10月.
  26. 三上修・河野かつら 「都会の鳥と田舎の鳥:個体数と種数の比較」 日本鳥学会2007年度大会,熊本,2007年9月.
  27. 佐藤望・森本元・山口典之・三上修・江口和洋・上田恵介. 「オーストラリアのミドリカッコウ類と宿主の共進化に関する研究 (3) 宿主のセンニョムシクイ類2種の巣の形態と営巣場所選択に関する野外実験」 日本鳥学会2007年度大会,熊本,2007年9月.
  28. 三上修・勝野陽子・山下大輔・Richard Noske・江口和洋 「燃えない東屋:オオニワシドリにおける野火への適応」 第9回日本進化学会,京都,2007年8月.
  29. 河野かつら・粕谷英一・三上修・大槻久 「メスはどんな場合に婚外交尾をすべきか?」 第24回日本動物行動学会大会,東京,2005年11月.
  30. 三上修 「都市鳥の法則~群集生態学的アプローチ~」 第53回日本生態学会,新潟,2005年3月.
  31. 三上修 「集団営巣の進化に,集合することによる利益は必要か?」 第23回日本動物行動学会,福岡,2004年12月.
  32. 三上修・河田雅圭 「最適な干渉型競争行動と,それによる種の共存」 第22回日本動物行動学会,札幌,2003年10月.
  33. 三上修・河田雅圭 「干渉行動は種の共存を促進するか?」 第50回日本生態学会,つくば,2003年3月.
  34. 三上修・河田雅圭 「メイトガードによる競争種共存機構」 第21回日本動物行動学会,東京,2002年11月.
  35. 三上修・河田雅圭 「局所的な種の侵入順序と草原性鳥類群集多様性」 第48回日本生態学会,熊本,2001年3月
  36. 三上修・河田雅圭 「個体の侵入と草原性鳥類群集の多様性」 第47回日本生態学会,広島,2000年3月.
  37. 三上修・河田雅圭 「草原性鳥類のなわばりの空間的な配置は,生息地選択と個体間相互作用の両方の影響を受けている話」 日本鳥学会1999年度大会,東京,1999年9月.
  38. 三上修・河田雅圭 「草原性鳥類群集におけるなわばりを介した個体間相互作用」 第46回日本生態学会,松本,1999年3月.
  39. 三上修・河田雅圭 「オオセッカの隣では誰がさえずっているのか」 第45回日本生態学会,京都,1998年3月.
外部資金の獲得
  1. 科学研究費補助金(海外科研基盤A):南半球における托卵性鳥類と宿主の軍拡競争の新展開:温帯ドグマからの脱却.分担(代表 立教大学 上田恵介教授) 期間2011.4 - 2015.3 合計額4000万円
  2. 自然保護助成基金プロ・ナトゥーラ・ファンド(民間助成):鳥の色から生物多様性の価値を提示する一般市民向けシンポの開催.代表 期間2011.10 - 2012.9 合計額58万円
  3. 科学研究費補助金(若手研究B):日本独自の都市景観が産む生物多様性維持機構:鳥類生息環境としての神社と寺の異質性.代表 期間2011.4 - 2015.3 合計額364万円
  4. 三井物産環境基金(民間助成):スズメ個体群の減少要因の解明と、そこから得られる身近な生物と人との関わりについての提言.分担(代表 立教大学 上田恵介教授) 期間2010.4 - 2013.3 合計額3462万円
  5. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B):群集の種組成を決定する要因の解明:世界各地の都市鳥群集の解析から.代表 期間2007.4 - 2009.3.ただし1と重複したため辞退
  6. 文部科学省科学研究費補助金(特別研究員奨励費):群集の種組成を決定する要因の解明:世界各地の都市鳥群集(シンク群集)の解析から.代表 期間2007.4 - 2010.3. 合計額300万円
Ċ
Mikami Osamu,
2012/10/12 17:48