地区大会2017


第35回マイクロマウス北陸信越地区大会


開催日:2017年9月18日(月・祝)
主催:マイクロマウス委員会北陸信越支部
共催:公益財団法人ニューテクノロジー振興財団
  :NCC 新潟コンピュータ専門学校
会場:新潟コンピュータ専門学校
新潟駅西口から徒歩約5分 (アクセスマップ:学校のサイト)
競技
   マイクロマウス クラシック競技
   マイクロマウス(ハーフ)競技
   ロボトレース競技

見学自由。どなたでもご覧いただけます。

 前日の午後に試走会を開催予定です。




参加申込み 準備中
Web申込です。  [申込ページ]

 今年から、1つのIDで、全ての地区大会と全国大会に申し込みできるようになりました。
 既に他の地区大会に出場しID取得済みの方はそのIDで、今年初めての参加の場合は新規IDを取得して申し込んでください。

 3競技の申込状況を公開していますので、下記リンクから申込内容に間違いがないか確認してください。
  [申込状況確認]

 申込内容に間違いがあったときは、締切までに申込ページにてご自身で修正してください。

 ※エントリーはニューテクノロジー振興財団のシステムを利用しています。


懇親会について

 参加者同士の親睦を図るため、懇親会を開きます。
 新潟の美味しいものをお楽しみください。
 会場が決まりましたらお知らせします。

 競技参加と同じエントリーシステムで申し込みを受け付けます。[申込ページ]
 人数確定の都合がありますので、早めに申し込みをしてください。



マイクロマウスとは


 マイクロマウス競技は、16×16区画で構成された迷路を走行する、1977年にIEEE(米国)により提唱された自立知能ロボットの競技会で、 ロボット(マイクロマウス)がゴールに到達するまでのタイムを競い合います。マイクロマウスはスタートとゴールの位置以外は事前には知らない状態で走り始 め、自律的に(自分の力だけで)迷路を探索し、ゴールまで走ります。5回の走行チャンスがありますので、1回めはスピードを落として迷路がどう組まれてい るかを調べながら走り、2回め以降は最短となるコースを猛スピードでゴールを目指して走ります。
 トレースロボット競技は、黒い床面に貼られた白色のコースを追従して走るロボット競技です。3回の走行機会があり、マイクロマウスと同様に始めはゆっく りとしたスピードでコースの直線、カーブ箇所を記憶し、2回め以降は記憶した内容をもとに加減速して猛スピードでゴールを目指して走ります。

 日本でのマイクロマウス競技会は、1980年より全国規模の大会が続くロボット競技会の草分け的存在です。コンピュータを利用してセンサやモータ を駆動する、メカトロニクス技術を修得するツールとして、日本国内でも多くの教育機関が注目しています。30年以上基本ルールは変わっていませんが、いま でも新たな参加者が現れ、技術も進化を続けています。




第35回マイクロマウス北陸信越地区大会
実施要項

 1 主  催

   マイクロマウス委員会北陸信越支部

 2 共  催

   公益財団法人ニューテクノロジー振興財団 http://www.ntf.or.jp
   NCC 新潟コンピュータ専門学校 http://www.ncc-net.ac.jp/

 3 期  日

    2017年9月18日(月・祝)

 4 会  場

    新潟コンピュータ専門学校
     新潟駅西口から徒歩約5分 (アクセスマップ:公式)



   車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。1日1000円前後です。

 5 日  程 (予定)

    9/17(日)
     午後 設営・試走会
     夜  懇親会

    9/18(月・祝)
      9:30頃~      開会式
                  ロボトレース競技
                  マイクロマウス(ハーフサイズ)競技
                  マイクロマウスクラシック競技
              途中 昼食休憩あり(60分程度)
          ~15:00頃
                  デモンストレーション・表彰式準備
     15:30頃より     表彰・閉会式

 6 競技内容

    マイクロマウスクラシック競技
    マイクロマウス(ハーフサイズ)競技
    ロボトレース競技

 7 競技規定

 各競技は、(公財)ニューテクノロジー振興財団マイクロマウス委員会制定の競技規定に準ずる。
 ・ クラシック ハーフ トレース
 ただし、参加台数により持時間変更もあり得ます。

 8 競技コース 当日発表

マイクロマウス競技は16×16区画の迷路で走行。

マイクロマウス(ハーフ)終点領域入り口の座標は下記のURLに公開されています。
http://www.ntf.or.jp/mouse/micromouse2017/local_meeting.html
 <ハーフサイズルール>
 ・迷路のサイズ 16区画×16区画
 ・ゴール領域入口座標(X5,Y6)-(X6,Y7)
 ※ゴール領域は2×2とし中心の柱は置かない
 ・持ち時間   7分(走行は5回)

2017年地区大会ゴール[拡大]

マイクロマウスクラシック競技のゴールは 中央の(7,7)、(7,8)、(8,7)、(8,8) <従来どおり>。
 ・持ち時間   7分(走行は5回)

トレロボ競技はスタート・ゴールエリア内で停止すること<従来どおり>。
 ・持ち時間   3分(走行は3回)

 ※参加台数により持時間変更もあり得る。

 9 参 加 料

 無料

10 参加申込

 Webにて申し込む。

11 表 彰

タイムレース
 マイクロマウス、ロボトレース競技の1位から3位までに賞状等を与える。

特別賞
 マイクロマウス、ロボトレース競技で新技術やアイディアを積極的に採用したロボットに賞状等を与える。

※1人で複数台エントリーできますが、その場合、順位での表彰対象は最短タイムのロボットのみとします (それぞれの走行記録は大会公式記録として残り、認定証を発行します)。

12 ポイントランキングに関して

マイクロマウス2017シーズン 全日本ポイントランキング制度が始まりました。
従来のシード制度が廃止され2017年度より地区大会ポイントランキング制による決勝出場権付与が開始されます。 詳細はこちら
マイクロマウス(ハーフサイズ)競技エキスパートクラス、マイクロマウスクラシック競技エキスパートクラスが対象です。
対象種目で上位になると出走台数に応じたポイントを取得できます(完走すれば必ず1ポイント取得できます)。
ポイントは、マシンに付加されるのではなく操作者に付加されます。
1つの大会に複数台エントリーした場合は、その大会で最もポイントが高いものを加算対象にします。
ポイントの加算は、3地区大会までです。4地区大会以上で完走した場合は、ポイントの高い3地区大会のポイントを加算対象にします。

現在のランキング表

ポイント付与表
マイクロマウス(ハーフサイズ)競技
順位 出走台数
1~4 5~14 15~29 30~
1 4 6 10 15
2 3 4 6 10
3 2 3 4 6
4 1 2 3 4
5
1 2 3
6
1 1 2
7
1 1 1
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
リタイア 0 0 0 0

マイクロマウス クラシック競技
順位 出走台数
1~9 10~24 25~49 50~
1 4 6 10 15
2 3 4 6 10
3 2 3 4 6
4 1 2 3 4
5 1 1 2 3
6 1 1 1 2
7 1 1 1 1
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
リタイア 0 0 0 0
完走すれば1ポイント取得できます。

13 大会事務

   マイクロマウス委員会北陸信越支部 担当:谷内田、小川

   お問合せはメールでお願いします。
   :mouse_hokushin-etsu@ntf.or.jp