宮野公樹HP

2018/09/13 全分野結集型シンポジウム第二弾「学会を問う」にて
phot: K. Hazumi

本サイトについて
個人活動の質向上と広がりを目標とし自身の活動をWebという手段で記録し、興味ある方に紹介することを目的としています。
最終更新:
●5月23日 朝日新聞デジタル「
次世代の変革、どう起こすか
」に寄稿
 [new]
●5月3日 週間「読書人」にロングインタビュー記事掲載(その内容のWEB

●4月27日 京都新聞朝刊に記事掲載「研究と社会還元を区別」
●3月26日 シンポジウム招待講演「
研究者のためのターゲティング・ストラテジー 
4人の専門家と「価値」を伝える情報発信を考える

       主催:
筑波大学 URA研究戦略推進室、ロフトワーク
●3月23日 単独講演会「
分野や業種を超える共創のカタチ 〜学問から見た場合〜」@Impact HUB KYOTO 
●3月6日 現代ビジネスWEB記事「
日本の大学はなぜ変われないのか…「研究力」という言葉への違和感
●3月1日 小学館より「学問からの手紙」発刊しました! 発刊にあたっての想いはコチラ Amazonはこちら 



プロフィール概要
京都大学学際融合教育研究推進センター准教授、兼任:国際高等研究所 客員研究員 96年立命館大学理工学部機械工学科卒業後,01年同大学大学院博士後期課程を修了.大学院在籍中の00年カナダMcMaster大学にて訪問研究生として滞在.のち,立命館大学理工学部研究員,九州大学応用力学研究所助手、2005年京都大学ナノメディシン融合教育ユニット特任講師、2010年京都大学産官学連携本部特定研究員、2011年より現職.その間、2011年4月〜2014年9月まで総長学事補佐、加えて、2010年10月〜2014年9月まで文部科学省研究振興局基礎基盤研究課参事官付(ナノテクノロジー・材料担当)学術調査官を兼任。博士(工学).趣味:カメラ 受賞歴:1997年南部陽一郎研究奨励賞,2000年 カナダ金属物理学会ベストポスター賞, 2001年 日本金属学会論文賞,2008年日本金属学会若手論文賞,他.専門分野:大学にまつわる政策を軸とした学問論、大学論。異分野融合の理論と実践。(かつての専門:金属組織学、ナノテクノロジー、医工学) 著書:学生・研究者のための使える!パワポスライドデザイン 伝わるプレゼン1つの原理と3つの技術(化学同人)学生・研究者のための伝わる! 学会ポスターのデザイン術 (化学同人)研究発表のためのスライドデザイン (講談社ブルーバックス) 研究を深める5つの問い (講談社ブルーバックス) 異分野融合、実践と思想のあいだ。(ユニオンエー)
      FM京都 α-Station Kyoto University Academic Talk異分野融合の機動的かつ柔軟な推進をめざして」2015.3月収録 前半後半
  朝日聞 土曜版Beフロントランナー 記事掲載「学問のたこつぼ化に抗してリンク
  WIRED 
インタビュー記事いまのアカデミアには「常識」が足りない:京大の異分野融合請負人・宮野公樹

連絡
miyano.naoki.2n★kyoto-u.ac.jp
Twitter @ikiikilab
facebook naoki miyanoで検索してメッセージを送信


大学における研究者総覧での情報はこちら


サブページ (1): 学術分野の比較大調査