Cochrane Reviews ドゥーラ(出産付添い)の効果

*Please scroll down for English.

 出産時における継続的サポート、特に、ドゥーラのような出産に関する訓練を受けている人によるサポートには、いろいろな効果があります。個人的なお薦め英語話者ドゥーラ情報はこちらでご紹介しています。

 以下、Cochrane Reviews*(コクラン・レビュー、2011年版) が示す出産時の継続的サポートの効果(要約翻訳)を記します。下線部分がドゥーラ効果と考えて頂いて大丈夫だと思います。


 「出産時の継続的なサポートは、自発的な経膣分娩の可能性を高くし、悪影響も及ぼさず、女性たちの満足度を向上させました


 歴史的に見ると、女性は出産時に付添いのサポートを享受してきました。しかし、多くの国で、より多くの女性が、家ではなく、病院で出産をするようになり、出産時の継続的サポートは当たり前のものではなくなり、むしろ例外となってきました。

このことが非人間化された出産経験につながっている可能性があります。現代の産科ケアでは、女性はしばしばルーチン化された医療介入にさらされ、これが出産の進行に悪影響を及ぼすことがあります。

出産時のサポート・ケアには、精神的/身体的サポートや情報提供、権利の擁護が含まれます。このようなケアによって、生理的な出産の進行が増し、女性が出産に対して感じる自制や能力の感覚も高まり、ゆえに産科介入の必要性が低くなることがあります。

今回の研究調査結果は、15カ国から様々な状況や環境における女性15,000人以上を対象とした21の研究調査を含んでいます。

継続的サポートを行ったのは、病院スタッフ(看護師や助産師)、病院スタッフではなく産婦と個人的な関係がない女性(ドゥーラ[出産付添人]や、ある程度指導を受けた女性)、産婦の社会的ネットークから産婦自身が選んだ人(夫、パートナー、母親、友人など)です。

継続的なサポートを受けた女性は、自然出産(帝王切開や鉗子/吸引分娩などを伴わない出産)をする確率が高くなりました。

さらに、鎮痛剤の使用率が低くなり、満足度が高まり、分娩時間が少し短縮されました。新生児のアプガー・スコアも低くなることが少なくなり、悪影響も見られませんでした

結論としては、全ての女性が出産時の継続的なサポートを受けるべきです

出産サポートを行うためだけにいる、産婦の社会的ネットワークの一員ではない、出産サポート経験がある、一定の訓練を受けた人からの継続的サポートが最も効果的と見られます。産婦が選んだ家族や友人からのサポートは、出産経験に対する満足度が高まると見られます。

PLAIN LANGUAGE SUMMARY

Continuous support for women during childbirth


"Continuous support in labour increased the chance of a spontaneous vaginal birth, had no harm, and women were more satisfied.


Historically women have been attended and supported by other women during labour and birth. However in many countries, as more women are giving birth in hospital rather than at home, continuous support during labour has become the exception rather than the norm. This may contribute to the dehumanization of women’s childbirth experiences. Modern obstetric care frequently subjects women to institutional routines, which may have adverse effects on the progress of labour. Supportive care during labour may involve emotional support, comfort measures, information and advocacy. These may enhance physiologic labour processes as well as women’s feelings of control and competence, and thus reduce the need for obstetric intervention. The review of studies included 21 trials, from 15 countries, involving more than 15,000 women in a wide range of settings and circumstances. The continuous support was provided either by hospital staff (such as nurses or midwives), women who were not hospital employees and had no personal relationship to the labouring woman (such as doulas or women who were provided with a modest amount of guidance), or by companions of the woman’s choice from her social network (such as her husband, partner, mother, or friend). Women who received continuous labour support were more likely to give birth ’spontaneously’, i.e. give birth with neither caesarean nor vacuum nor forceps. In addition, women were less likely to use pain medications, were more likely to be satisfied, and had slightly shorter labours. Their babies were less likely to have low 5-minute Apgar Scores. No adverse effects were identified. We conclude that all women should have continuous support during labour. Continuous support from a person who is present solely to provide support, is not a member of the woman’s social network, is experienced in providing labour support, and has at least a modest amount of training, appears to be most beneficial. Support from a chosen family member or friend appears to increase women’s satisfaction with their childbearing experience."

出産時の継続的サポートに関するコクラン・レビューの詳細(英語)は、こちらからご覧になれます。

http://childbirthconnection.org/pdfs/CochraneDatabaseSystRev.pdf

*Cochrane Reviewsは、医療や健康政策の分野における主要な研究調査の系統的なレビューで、医療介入の影響を調査しています。

http://www.cochrane.org/ (トップページ(英語))

その他、様々なレビュー(英語)があります。こちらからどうぞ。アルファベット順です。妊娠/出産に限らず、インフォームド・デシジョン(informed decision: 十分な情報を得た上での意志決定)に役立てられると思います。ぜひご参考にされてください。

http://www2.cochrane.org/reviews/en/index_list_all_reviews.html

Comments