新着情報! 詳しくは、「
知らせ」または、参照頁をご覧
下さい
。 
  残土で谷戸を埋め立てる建設計画は、現在進行中です!!

・8月20日 川町の環境を守る会ニュース28号を発行しました。

6月17日 午後2時~ 「この残土事業の問題点」講演予定     
     講師: 環境地盤研究所 地盤解析室室長 徳竹 真人
5月22日 特定非営利活動法人 東京スポーツビジョン21 小泉修 理事長が逝去されました。
     謹んで哀悼の意を表します
     東京スポーツビジョン21は、八王子スポーツパーク(仮称)の事業主です。
     理事長が逝去されても建設計画は中止する事無く、現在も進行中です。
・2016年10月23日 スポーツパーク建設予定事業者より「住民説明会」が開催されました。
・2016年10月9日 「スポーツパーク建設問題経過説明会」を開催しました。
2016年7月7日 谷戸入口に「特別土地利用のお知らせ」標識が設置されました。

経過
・2015年4月19日(日) スポーツパーク建設予定事業者より住民説明会が開催。
    主催: NPO法人東京スポーツビジョン21、都南建設株式会社、新開工業株式会社
      (住民の意見も空しく、主催者側の都合で進めています。)
・2015年月10日(金) 八王子市川町に「高尾の森自然学校」が開校しました。 
    東京都とセブン・イレブン記念財団との協働による自然環境保全・環境体験学習事業
2013年12月16日(月)  八王子市議会 本会議【最終日】
    建設計画中止を求める請願」は否決、「建設促進を求める請願」は可決 となりました。


 横断幕が新しくなりました。
計画地近隣地区グリーンタウン高尾の3団体名が入っています。

スポーツ施設計画地は、土砂災害警戒区域です!!
  森林を伐採して、何年もかけて残土で埋めようとしている間に多量の雨が降り、崩壊し土石流となって大沢川下流域に大きな被害が出る事も予想されます。

残土事業で貴重な自然環境を埋めて造るスポーツ施設建設計画に反対しています!
    浅川に通じる大沢川源流域で計画されている「スポーツ施設の名を借りた残土事業」で貴重な自然が破壊されようとしています。
大沢川源流域の豊かな自然環境を守るべく、私たちはこの無謀なスポーツ施設建設計画に反対しています。
現在は、貴重な動植物の調査をしたくても谷戸内への立入禁止処置がされています。(右画像参照) め
建設計画予定地の谷戸入口、残土搬入時には伐採されてしまいます。
埋め立てられるのはもっと奥ですが立入禁止になってます。
 
地権者(建設予定企業)による谷戸への立入禁止フェンス
この辺りは残土で埋められてしまいます。