お知らせ(更新:2022.9.25)

イベントのお知らせ

第63回 大気環境学会年会室内環境分科会(2022.9.14に 開催しました。)

 第63回 大気環境学会年会(2022年9月14日(水)~16日(金))で、室内環境分科会集会は、対面とオンライン配信のハイブリッドで開催しました。

テーマ:TVOCってどうなったんだろう? ~現状と今後のあり方~

 TVOC(総揮発性有機化合物)は、厚生労働省により室内の暫定目標値として400 μg/立方メートルが定められ、室内空気質の状態の目安として利用されることが期待されてきました。しかし、有害性評価に基づく指針値ではないにも関わらず、指針値として運用されることもあり、また室内空気中の化学物質の種類の変化もあることから、その意義を再確認することが必要となってきております。最近は、新型コロナウイルス対策のため、室内の換気が励行されていることもあり、TVOCの室内濃度も低くなっていることも想定されます。室内におけるTVOC類の現状を知るとともに、TVOCの測定法や取扱等について参加者とともに議論し、今後のあり方と活用方法を探りました。

 多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。 

日時:2022年9月14日(水) 16:00~18:10

場所:A5棟 2階206講義室 (H会場) (大会会場:大阪公立大学 中百舌鳥キャンパス 大阪府堺市中区学園町1-1)

講演(1演題 30分)

  1. 「室内空気中総揮発性有機化合物(TVOC)に関する最新の動向」 香川(田中) 聡子(横浜薬科大学)、酒井 信夫(国立医薬品食品衛生研究所)、神野 透人(名城大学薬学部)

  2. 「TVOCの現状について」 石坂 閣啓 (一般社団法人 全国健康・省エネ住宅普及振興機構)

  3. 「車室内のTVOCの現状と活用について」 達 晃一(いすゞ自動車株式会社、静岡県立大学)

総合討論(40分)

座長:篠原 直秀(国立研究開発法人産業技術総合研究所)

室内環境分科会世話人:青柳 玲児(株式会社ガステック)、池田 四郎(株式会社ガステック)、石坂 閣啓(一般社団法人 全国健康・省エネ住宅普及振興機構)、光崎 純(花王株式会社)、篠原 直秀(国立研究開発法人産業技術総合研究所)、中井 里史(横浜国立大学)、野口 美由貴(成蹊大学)、水越 厚史(近畿大学)

参考:第62回 大気環境学会年会室内環境分科会(2021.9.17 Web開催)の内容

芳香と生活環境

日時:2021年9月17日(金) 16:00~18:00

開催形式:Web会議

座長:青柳 玲児(株式会社ガステック)

室内環境分科会世話人:青柳 玲児(株式会社ガステック)、池田 四郎(株式会社ガステック)、石坂 閣啓(愛媛大学)、光崎 純(独立行政法人製品評価技術基盤機構)、篠原 直秀(国立研究開発法人産業技術総合研究所)、中井 里史(横浜国立大学)、野口 美由貴(成蹊大学)、水越 厚史(近畿大学)

本分科会活動に対するご意見、ご提案等ございましたら本アドレスにお寄せください。

大気環境学会室内環境分科会事務局 jsae.indoor(at)gmail.com ※注意: (at)を@に変更してください。

今後も様々な視点から室内外の環境問題・環境改善に関する研究の話題提供等を行っていきたいと考えております。