拝啓、惜春の候、皆様方にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。  このたび、西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループが実施しました西洋史若手研究者問題アンケート調査の最終報告書がまとまりました。公開までながらくお待たせいたしましたこと、お詫び申し上げます。この最終報告書では、アンケートのデータを回答者のカテゴリ別に分析して西洋史系若手研究者をとりまく現状と課題を明らかにし、これに基づく提言を行っております。


西洋史若手研究者問題アンケート調査最終報告書ダウンロード


一部の機関ネットワーク経由では、ダウンロードが出来ないよう設定されている場合がある旨報告されております。不具合が発生した場合、別のアカウント・ドメイン等からのアクセスをお試しいただくか、 sohtani1980アットマークgmail.com までご連絡下さい(アットマークは半角@に変更してください)。


 当ワーキンググループの活動に対するご支援、心より御礼申し上げます。


日本歴史学協会の

「若手研究者問題」解決に向けた歴史学関係者の研究・生活・ジェンダーに関するウェブ・アンケート調査 ご協力のお願い。

上記リンクより、西洋史の枠組みを越えた歴史学界全体、全年齢を対象としたアンケート調査のページへ移動できます。どうぞご協力ください。

敬具

2015年9月25日


西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループ
崎山直樹、赤江雄一大谷哲菊池信彦金澤宏明、浅田進史、柳原伸洋藤田祐津田拓郎、青柳寛俊、松本涼 (順不同)


右欄から「西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループについて」「活動記録」「今後の予定」もご覧ください。なお、これまで公開してきた暫定報告書(2014年10月)、中間報告書(2013年3月)は下記から閲覧できます。