PC: Surface3メモ



購入したモノ

  • Surface3 wi-fi版:本体.Officeつき.中古品を購入(63,396yen; 2016年2月購入).
    • 本体ストレージ: 128B (eMMC) 
    • メモリ: 4GB 
  • 純正タイプカバー:別売だけど,この機種の本領を発揮するには必須だろう.中古品を購入(10,586yen).
  • Surface Pen (Surface pro 4/Book 用):新しいペン.この機種は対応してないので,筆圧検知の階調は旧来のペンと同じ.ボタン配置が改善され,硬軟4種類あるペン先が魅力.これも中古品を購入(3,480yen).
  • SanDisk Ultra micro SDXC 128GB:けっして大きくはない本体ストレージの補助として購入.[Amazon]
  • Inateck Microsoft Surface 3用保護ケース:本体をぴったり収納できるケースを模索してこれにいきついた.ペンもいっしょに入れられる. [Amazon




充電問題


Surface3 を使い始めた当初,「電源ケーブルをつないでいるのに充電されていなかった」という問題があった.これは,次のような事情になっているらしい:

今回の検証を行ううえで、Surface 3の気になる充電時の挙動を見つけたので紹介したい。Surface 3を完全にシャットダウンした状態で電源ケーブルを接続すると、電源からの出力が0.44アンペアを上限にとどまってしまうというものだ。

とりあえず,充電するときにはシャットダウンせずにスリープ状態にしておくしかない.





スリープ復帰失敗問題

スリープ状態から復帰させようとしても,画面が黒いままでほとんど反応しなくなることがある.ふだん使用していて,現時点でいちばん困るトラブルがこれだ.

  • 先達ユーザーによる同じ症状の記述を探した:
ところがSurface3がスリープから復帰しないことが度々発生するようになった。どうやら充電の電源の根元のUSBプラグを抜いて再び刺したときに発生するらしい。タブレット側のマイクロUSBは前の苦い経験からなるべく外さないようにしている。これが悪さをしているらしいのだ。しっかり検証したわけではないのでなんともいえないが、Windowsマークをタッチすればぶるっと来るので反応はしているらしいのだが画面が戻ってこない。こうなると電源ボタンを30秒以上押してからもう一度電源ボタンを押して再起動をするしかない。これはバグなのだろう。
Surface3がスリープから復帰しない」ドクターPHのブログ,2016年01月28日


スリープボタンを押しても復帰しないことがある
文字通りなんだけど、電源が切れてるんだろうなと思ってスタートロゴにタッチしたらブルッと来るから、
あっ、電源は入ってるのか・・・って思いつつ2,3回連打するとスリープから復帰する不思議。
Surface3のちょっとした不満みたいなやつ」 とりっPの日常,2015年08月13日


Surface3を外で使うときは、タイプカバーを閉じてスリープ状態にして持ち出します。カフェなどに入店しからSurface3のタイプカバーを開き、左上のスリープボタンを押してスリープを解除しようとすると、Surface3の画面が点かないことがあります。画面は暗いままですが、液晶面にあるWindowsマークを押すと、ブルっと反応はします。内部的には動いてるはずですが、どうやっても画面が点きません。Miix2 8を使っているときも同じ症状に悩まされました。
1週間Surface3を使って感じた不満点しあわせなITせいかつ,2015年06月26日






使用感の箇条書き

1. ディスプレイ

2. 本体サイズ・重量

  • 10インチで,タイプカバーと合わせて 1kg を切っている重量.
  • 薄いおかげで鞄での収納・持ち運びがとても楽になった.また,じぶんの鞄ではタテにして入れることもできる.
  • タイプカバーとキックスタンドを使うため,机において使うときフットプリントを広くとる.
  • ひざに載せてタイピングするのは,とりたてて不便を感じない.たしかに奥行き方向にフットプリントをとるけれど,上体を背もたれにかけた姿勢でゆったり使える.

3. 内蔵ストレージ

  • 128GB搭載.素の状態では(たしか)100GBほど余裕があり,さまざまなアプリをインストールしていつもの使用環境を整えると残り70GBになった.用途をしぼって使うかぎりでは,128GB でじゅうぶんに足りそうだ.64GBだと苦しかっただろう.

4. Atom Z7 CPU

  • メインで使用している VAIO Duo13 の core i7 みたいなきびきびした動作と比べると少しもたつきを感じる場面はある.
  • とはいえ,仕事で使う分にはじゅうぶんに間に合う感じ.フルHDの動画再生はなめらかにこなす.

5. 電源・充電・バッテリー 
  • IT Media のレビュー記事によるとBBench 1.01 を使用したベンチマークで「バッテリー満充電の状態から残量5%で休止状態に移行するまで9時間27分」だったそうだ.
  • ぼくの使用ではそこまでもたないけれど,すくなくとも5時間は安心して使える.
  • シャットダウン状態で AC アダプタに接続すると 0.44A での超低速充電となる.
  • micro USB ポートで充電できるのはありがたい.かさばるACアダプタを持ち運ばなくてすむ.

6. タイプカバー

6.1 全体の印象

  • 快適に文章を打てる.打鍵の感覚そのものは,たとえば Xperia Z4 タブレットの純正キーボードの方が好ましく感じるものの,正確なタイピングのしやすさでは Surface3 のタイプカバーの方がすぐれていると感じる.
  • 傾斜角をつけて使っていると打鍵でキーボードがたわみ,やや大きな打鍵音がでる.全体を接地させて打鍵すると,音はそう大きくない.公共スペースでの利用では傾斜させずに接地させて使う方が無難だろう.

6.2 キー配列などこまかいところ

  • fnキーの特殊な仕様 デフォルトはメディアキー(?)で,fnをオンにしてファンクションキーが有効になる.
【Fnキーをオンにしている状態ではLEDが点灯する】
    • このため,あらかじめfnキーをオンにしておかないと日本語入力中にカタカナ (F7),ひらがな (F6),半角カタカナ (F8) の一発変換ができない.
    • 矢印キーとの組み合わせができない:fnキーと方向キーの同時押しで行頭や行末に飛ぶ home / end が使えない.
  • 左側 Alt キーは小さくやや押しにくい.
    • おそらく,かなり慣れるまで Alt + Tab でのウィンドウ切り替えは手許を見ながらでないとやりづらい.
  • マウスの右クリックに相当するメニューキーがない.
    • 対応:フリーソフトの「KeySwap」を使って「無変換」キーをメニューキーに変更した.
  • 矢印キー(方向キー)はタイプミスをしやすい.とくに上下キーが小さく幅がせまいため,かなり注意して押さないと誤入力・誤動作をおこしやすい.
  • バックライトはさりげなく点灯し,目障りにならず,暗所ではちゃんとキーの判別に役立ってくれる.メディアキー(ホットキー)で明暗の度合いを調節できる.

7. ペン(デジタイザスタイラス)
  • VAIO Duo11/13 でn-trig ペンの使い勝手がわかっていたので,すんなりと使えた.もしかすると使い勝手はこちらの方がいいかもしれない.ペンを使っている場合,ほぼマウスは必要としない.






資料・参考記事など


マニュアル

レビューなど


動画レビュー



Comments