2019年度道北の地域振興を考える研究会セミナーを開催しました!

2019年10月20日(日)14時から稚内市ノシャップの「きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!」にて開催し、会員・市民など17名が参加しました。翌21日には音威子府バイパス工事現場見学会も開催しました。関係する皆様に感謝申し上げます。




【セミナー】
 日時:2019年10月20日(日)14時から17時まで
 場所:「きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!」

 テーマ:「北海道北部地域における移住の今と未来」
  ①浅川晃広 会員(稚内市、きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!代表、名古屋大学大学院国際開発研究科・講師)
「人の国際移動から見た国内移住」
  ②菅原英人 氏(天塩町、元天塩町地域おこし協力隊)
「代替不能な地域固有資源に起因する移住事例」
  ③中島まなみ(まなみん)氏(豊富町、沖ヨガインストラクター)
「豊富温泉が与えてくれた第2の人生〜地域に役立つ隙間を見つける柔軟な発想〜」

 「キックスタート!」見学
 ディスカッション

【現地見学会】
 音威子府バイパス工事現場見学
 日時:2019年10月21日(月)13時〜15時

主催:道北の地域振興を考える研究会(会長:清水池義治)
共催:名寄市立大学コミュニティケア教育研究センター(センター長:結城佳子)
現地見学会協力:国土交通省北海道開発局旭川開発建設部

※本事業は、道北の地域振興を考える研究会と名寄市立大学コミュニティケア教育研究センターによる連携事業の一環として実施されました。また、本事業は(一社)北海道開発技術センター、(一財)北海道河川財団、(一財)石狩川振興財団による事業費支援を受けています。
本セミナーの内容は2020年3月発行予定の『北海道北部の地域振興』20に掲載する予定です。


2018年度道北の地域振興を考える研究会セミナーを開催しました!

 2019年3月23日(土)9時から名寄市立大学図書館にて開催し、会員・市民など20名が参加しました。




テーマ「北海道北部地域の観光戦略を考える」
   今野聖士 会員(名寄市立大学)
    「北海道における観光の現状と地域農業との関係性」
   杉川 毅 氏(宗谷シーニックバイウェイ事務局、稚内印刷(株)代表取締役社長)
    「宗谷地域における観光の現状と広域連携に向けた課題」
   日置 友幸 会員(中川町観光協会)
    「上川北部地域における観光の広域連携に向けた取り組み」
   池田 俊一 氏(名寄市教育委員会教育部スポーツ・合宿推進課 主幹)
    「冬季スポーツ拠点化事業と交流人口の拡大について」

主催:道北の地域振興を考える研究会(会長:清水池 義治)
共催:名寄市立大学コミュニティケア教育研究センター(センター長:結城 佳子) 

※本事業は、道北の地域振興を考える研究会と名寄市立大学コミュニティケア教育研究センターによる連携事業の一環として実施されました。また、本事業は(一社)北海道開発技術センター、(一財)北海道河川財団、(一財)石狩川振興財団による事業費支援を受けました。
※本セミナーの内容は2020年3月発行予定の『北海道北部の地域振興』20に掲載する予定です。


第22回道北の地域振興を考える講演会を開催しました!

 2018年3月19日(月)14時より、名寄市立大学図書館大講義室にて開催され、会員・市民など約40名が参加しました。



第1講演  蓑島 栄紀 氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター・准教授)
     演題:道北の古代交流が現代に語りかけるもの―アイヌ史研究の新潮流
第2講演  鈴木 邦輝 氏(名寄市北国博物館・嘱託学芸員) 
     演題:天塩川に生かされたアイヌ~近世文献を中心に~ 
調査報告  氏江 敏文 氏(日本考古学協会員)
     演題:チャシから見えてくる道北アイヌの生活〜中川町でのチャシ発掘調査より〜


主催:道北の地域振興を考える研究会(会長:清水池 義治)
共催:名寄市立大学コミュニティケア教育研究センター(センター長:結城 佳子) 
後援:テッシ・オ・ペッ賑わい創出協議会(会長:加藤 剛士(名寄市長))

※本事業は、道北の地域振興を考える研究会と名寄市立大学コミュニティケア教育研究センターによる連携事業の一環として実施されました。また、本事業は(一社)北海道開発技術センター、(一財)北海道河川財団、(一財)石狩川振興財団による事業費支援を受けました。
※本講演会の内容は2019年3月発行の『北海道北部の地域振興』19に掲載されました。


『北海道北部の地域振興』19を発行しました!

道北の地域振興を考える研究会の会誌『北海道北部の地域振興』の最新号が2019年3月末に発行されました。

※詳細はこちら


最終更新日:2019年11月2日