新しい事例検討法「PCAGIP法」を体験する

※本研修会は終了しました。多数の方にご参加いただき、誠にありがとうございました。


 「PCAGIP(ピカジップ)法」は当初、学校現場での活用を目的に開発された、新しい事例検討法です。事例検討と聞くと、発表資料の作成に時間がかかる、批判されてしまうなどと、気が重くなってしまう方もいるでしょう。PCAGIP 法では安全な雰囲気の中で、簡単な資料をもとにメンバー全員の知恵と力を活かしながら理解を深め、発表者が元気になるような場を目指します。

 この研修会では、不登校やいじめなど、学校現場ならではの事例について検討する PCAGIP 法を体験します。学校現場で困っていることについて相談してみたい先生や、事例検討の方法を学んでみたい教育相談係の先生、その他関心を持たれた方など、ふるってご参加ください。

日時
 2013年8月2日(金)13:30-17:30

場所
 山口大学教育学部41番教室

講師
 押江隆(山口大学教育学部・臨床心理士)

対象

 小学校・中学校・高校などの学校教員

参加費
 500円(お茶菓子代)

定員
 12〜13名程度(先着順)

申込方法
 電子メールにて受付致します。以下の必要事項を明記の上、chiikirinsho(アットマーク)gmail.com までお送りください。

申込必要事項
お名前(ふりがな)
ご所属
ご連絡先(e-mail)

主催
 地域臨床研究会(代表:山口大学教育学部講師 押江隆)

後援
 山口大学教育学部教育心理学コース
 山口大学教育学研究科附属臨床心理センター

Ċ
地域臨床研究会,
2013/06/23 22:47