高安敦

東京大学 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻 助教

数理情報第1研究室所属

dblp, google scholar citations, ORCID, researchmap

〒113-8656 東京都文京区本郷 7-3-1 本郷キャンパス工学部6号館301号室 数理情報第1研究室

e-mail: takayasu[at]mist.i.u-tokyo.ac.jp

tel: 03-5841-6914

  • 東京大学 工学部 計数工学科 数理情報工学コース 卒業, 2012年3月.
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 修士課程修了, 2014年3月. (指導教員, 國廣昇)
  • 日本学術振興会特別研究員 (DC1), 2014年4月 - 2017年3月.
  • 産業技術総合研究所 技術研修生, 2014年8月 - 2015年3月.
  • 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 高機能暗号研究グループ 協力研究員, 2015年4月 - 現在.
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程修了, 2017年3月. (指導教員, 國廣昇)
  • 東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻 助教, 2017年4月 - 現在.

査読付き国際論文誌

  1. A. Takayasu, Y. Lu, and L. Peng. Small CRT-exponent RSA Revisited. Journal of Cryptology, 2019. [Springer]
  2. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on RSA: Achieving the Boneh-Durfee Bound. Theoretical Computer Science, Vol. 761, pp. 51-77, 2019. [Elsevier]
  3. A. Takayasu and N. Kunihiro. General Bounds for Small Inverse Problems and Its Applications to Multi-Prime RSA. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E100-A, No. 1, pp. 50-61, 2017. [IEICE]
  4. A. Takayasu and N. Kunihiro. Better Lattice Constructions for Solving Multivariate Linear Equations Modulo Unknown Divisors. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E97-A, No. 6, pp. 1259-1272, 2014. [IEICE]

査読付き国際会議予稿集

  1. S. Katsumata, T. Matsuda, and A. Takayasu. Lattice-based Revocable (Hierarchical) IBE with Decryption Key Exposure Resistance. PKC 2019. [ePrint]
  2. T. Mizuide, A. Takayasu, and T. Takagi. Tight Reductions for Diffie-Hellman Variants in the Algebraic Group Model. CT-RSA 2019. [ePrint]
  3. H. Okada, A. Takayasu, K. Fukushima, S. Kiyomoto, and T. Takagi. On the complexity of the LWR-Solving BKW Algorithm. ICISC 2018. [Springer] (第一著者が発表)
  4. W. Wang, Y. Wang, A. Takayasu, and T. Takagi. Estimated Cost for Solving Generalized Learning with Errors Problem via Embedding Techniques. Proc. IWSEC 2018, Springer, 2018. [Springer] (第一著者が発表,第一著者がBest Student Paper Award受賞)
  5. A. Takayasu and Y. Watanabe. Lattice-based Revocable Identity-based Encryption with Bounded Decryption Key Exposure Resistance. Proc. ACISP 2017, LNCS 10342, pp. 184-204, Springer, 2017. [Springer], [ePrint]
  6. A. Takayasu, Y. Lu, and L. Peng. Small CRT-exponent RSA Revisited. Proc. Eurocrypt 2017, LNCS 10211, pp. 130-159, Springer, 2017. (辻井重男セキュリティ論文特別賞)[Springer], [ePrint], [slide], [youtube]
  7. A. Takayasu and N. Kunihiro. A Tool Kit for Partial Key Exposure Attacks on RSA. Proc. CT-RSA 2017, LNCS 10159, pp. 58-73, Springer, 2017. [Springer], [ePrint], [slide]
  8. A. Takayasu and N. Kunihiro. Small Secret Exponent Attacks on RSA with Unbalanced Prime Factors. Proc. ISITA 2016, pp. 236-240, IEEE, 2016. [IEEE]
  9. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on CRT-RSA: General Improvement for the Exposed Least Significant Bits. Proc. ISC 2016, LNCS 9866, pp. 35-47, Springer, 2016.[Springer]
  10. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on RSA with Multiple Exponent Pairs. Proc. ACISP 2016, LNCS 9723, pp. 243-257, Springer, 2016. (Best Student Paper Award)[Springer]
  11. A. Takayasu and N. Kunihiro. How to Generalize RSA Cryptanalyses. Proc. PKC 2016, LNCS 9615, pp. 67-97, Springer 2016. (辻井重男セキュリティ論文優秀賞) [Springer], [ePrint], [slide]
  12. K. Takashima and A. Takayasu. Tighter Security for Efficient Lattice Cryptography via the Renyi Divergence of Optimized Orders. Proc. ProvSec 2015, LNCS 9451, pp. 412-431, Springer, 2015. [Springer], [ePrint], [slide]
  13. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on CRT-RSA: Better Cryptanalysis to Full Size Encryption Exponents. Proc. ACNS 2015, LNCS 9092, pp. 518-537, Springer, 2015.[Springer]
  14. A. Takayasu and N. Kunihiro. General Bounds for Small Inverse Problems and Its Applications to Multi-Prime RSA. Proc. ICISC 2014, LNCS 8949, pp. 3-17, Springer, 2014.[Springer], [ePrint]
  15. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on RSA: Achieving the Boneh-Durfee Bound. Proc. SAC 2014, LNCS 8781, pp. 345-362, Springer, 2014. [Springer], [ePrint]
  16. A. Takayasu and N. Kunihiro. Cryptanalysis of RSA with Multiple Small Secret Exponents. Proc. ACISP 2014, LNCS 8544, pp. 176-191, Springer 2014. [Springer]
  17. A. Takayasu and N. Kunihiro. Better Lattice Constructions for Solving Multivariate Linear Equations Modulo Unknown Divisors. Proc. ACISP 2013, LNCS 7959, pp. 118-135, Springer, 2013.[Springer]

国際会議発表(その他)

  1. K. Suzuki, A. Takayasu, and N. Kunihiro. Extended Partial Key Exposure Attack on RSA. Poster session in IWSEC 2018, 2018. (第一著者が発表)
  2. K. Matsuda, A. Takayasu, and T. Takagi. Explicit Relation between Low-dimensional LLL-reduced Bases and the Shortest Vectors. AAAC2018, 2018. (第一著者が発表)
  3. A. Takayasu. Parameter Selections for Approximate GCD Problems. SCIS/CSS Invited Session in IWSEC 2016, 2016.
  4. A. Takayasu and N. Kunihiro. Faster LLL Reduction to Break the Security of Fully Homomorphic Encryption and Multilinear Map over the Integers. Poster session in IWSEC 2015, 2015.
  5. A. Takayasu. Improved Algorithms for Partial Key Exposure Attacks on RSA. SCIS/CSS Invited Session in IWSEC 2014, 2014.
  6. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on RSA When Most Significant Bits of d Known. Poster session in ACM ASIACCS 2014, 2014.
  7. A. Takayasu and N. Kunihiro. Partial Key Exposure Attacks on RSA: Achieve Boneh-Durfee's Bound. Poster session in IWSEC 2013, 2013.

受賞歴

  1. 2018年度情報セキュリティ研究奨励賞,情報セキュリティ研究会,2019年1月.
  2. 2017年度情報セキュリティ研究奨励賞,情報セキュリティ研究会,2018年1月.
  3. CSS2017奨励賞,情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム,2017年10月.
  4. CSS2017奨励賞,情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム,2017年10月.
  5. 平成28年度辻井重男セキュリティ論文特別賞,日本セキュリティ・マネジメント学会,2017年4月.
  6. 2016年度情報セキュリティ研究奨励賞,情報セキュリティ研究会,2017年1月.
  7. Best Student Paper Award, ACISP 2016, July 2016.
  8. CSS2016学生論文賞,情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム,2016年10月.
  9. 平成27年度辻井重男セキュリティ論文優秀賞,日本セキュリティ・マネジメント学会,2016年3月.
  10. CSS2015優秀論文賞,情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム,2015年10月.
  11. CSS2015学生論文賞,情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム,2015年10月.
  12. SCIS論文賞,電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム,2015年1月.

国内研究会・シンポジウム

  1. 高安敦,渡邉洋平,江村恵太.より効率的で適応的に安全な鍵失効機能付きIDベース暗号の構成.2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2019),2A3-3,2019.
  2. 鈴木海地,高安敦,國廣昇.大きい復号鍵を持つRSA暗号に対する部分鍵導出攻撃の改良.2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2019),2B3-5,2019.(第一著者が発表)
  3. 井上晶登,王イントウ,高安敦,高木剛.少ないサンプル数のLWE問題に対するkannanの埋め込み法の挙動評価.2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2019),2B4-1,2019.(第一著者が発表)
  4. W. Wang, Y. Wang, A. Takayasu, and T. Takagi. A New Embedding Method for Generalized LWE. 信学技報, vol. 118, no. 151, ISEC2018-46, pp. 363-370, 2018年7月.(第一著者が発表)
  5. 鈴木海地,高安敦,國廣昇.RSA暗号の部分鍵導出攻撃の拡張.信学技報, vol. 118, no. 151, ISEC2018-29, pp. 155-162, 2018年7月.(第一著者が発表)
  6. 高安敦.適応的に安全な鍵失効機能付き階層型IDベース暗号の構成.信学技報, vol. 118, no. 151, ISEC2018-14, pp. 9-16, 2018年7月.(情報セキュリティ研究奨励賞
  7. 水出大河,高安敦,高木剛.代数的群モデルにおける双線型Diffie-Hellman問題の困難性証明.2018年電子情報通信学会総合大会A-7-7,2018.(第一著者が発表)
  8. 小野澤綜大,高安敦,國廣昇.楕円曲線Hidden Number ProblemのEdwards曲線への拡張.日本応用数理学会2018年研究部会連合発表会,数論アルゴリズムとその応用(1) 2,2018.(第一著者が発表)
  9. 松田康太郎,高安敦,高木剛.低次元におけるLLL簡約基底が最短ベクトルを含まない必要十分条件.日本応用数理学会2018年研究部会連合発表会,数論アルゴリズムとその応用(1) 3, 2018.(第一著者が発表)
  10. 小野澤綜大,高安敦,國廣昇.Edwards型楕円曲線におけるHidden Number Problem.2018年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2018),3B3-3,2018.(第一著者が発表)
  11. 小野澤綜大,高安敦,國廣昇.楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有に対する格子簡約攻撃.信学技報, vol. 117, no. 285, ISEC2017-69, pp. 115-122, 2017年11月.(第一著者が発表,小野澤綜大が情報セキュリティ研究奨励賞受賞)
  12. 高安敦,勝又秀一,松田隆宏.LWE仮定に基づく鍵失効機能付き階層型IDベース暗号.信学技報, vol. 117, no. 285, ISEC2017-71, pp. 129-136, 2017年11月.(情報セキュリティ研究奨励賞
  13. 岡田大樹,高安敦,福島和英,清本晋作,高木剛.LWR問題解読のためのサンプル増幅法を用いたBKWアルゴリズム.2017年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2017),1E4-2, 2017.(第一著者が発表,CSS奨励賞
  14. 高安敦,勝又秀一,松田隆宏.復号鍵漏洩耐性を持つ鍵失効機能付きIDベース暗号の一般的な構成.2017年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2017),3E2-1,2017.(CSS奨励賞
  15. 高安敦.CRT秘密鍵の小さなCRT-RSA暗号への攻撃の改良.信学技報, vol. 117, no. 202, ISEC2017-39, pp. 1-2, 2017年9月.(招待講演
  16. 古川悟,高安敦,國廣昇.通常同種写像を用いたDH鍵共有の安全性解析.信学技報, vol. 116, no. 505, ISEC2016-94, pp. 33-40, 2017年3月.(第一著者が発表)
  17. 高安敦,國廣昇.Slide簡約基底に対する最短ベクトル探索の最悪時計算量評価.2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2017),2B4-4,2017.
  18. 高安敦,盧堯,彭力強.CRT-RSAを攻撃する格子の新たな構成法.2016年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS 2016),3C4-1,2016.(CSS学生論文賞
  19. 高安敦,國廣昇.ブロック簡約基底に対する最短ベクトル探索の最悪時計算量評価.信学技報, vol. 116, no. 129, ISEC2016-33, pp. 177-184, 2016年7月.(情報セキュリティ研究奨励賞
  20. 高安敦,高島克幸.Renyiダイバージェンスの次数を最適化した格子暗号のタイトな帰着.2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2016),1D1-2,2016.
  21. 宮崎結香,谷垣友喜,高安敦,國廣昇.使用可能領域を有効活用したSieveアルゴリズムの高速化.2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2016),2D1-2,2016.(第一著者が発表)
  22. 上中谷健,國廣昇,高安敦.最小サンプルでLWE問題を解くためのBKWアルゴリズム.2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2016),2D4-5,2016.(第一著者が発表)
  23. 高安敦,國廣昇.近似GCD問題のパラメータ解析.2015年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS 2015),3C2-3,2015.(CSS優秀論文賞
  24. 上中谷健,國廣昇,高安敦.低ノイズLPN問題におけるBKWアルゴリズムの解析.2015年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS 2015),3C2-4,2015.(第一著者が発表,CSS学生論文賞
  25. 高安敦,高島克幸.改善された安全性証明を持つGGHLiteパラメータ.2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2015),2D4-2,2015.
  26. 町野義貴,青野良範,高安敦,國廣昇.整数計画問題によるbinary-LWE問題の求解アルゴリズム.2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2015),3D1-1,2015.(第一著者が発表)
  27. 高安敦,國廣昇.複数の復号指数を持つRSA暗号の安全性解析.信学技報, vol. 114, no. 115, ISEC2014-19, pp. 93-96, 2014年7月.
  28. 高安敦,國廣昇.RSA暗号の部分鍵導出攻撃の改良.2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2014),1C1-2,2014.(SCIS論文賞
  29. 國廣昇,高安敦.アナログ情報からのRSA秘密鍵復元アルゴリズム(その1).信学技報, vol. 113, no. 135, ISEC2013-46, pp. 339-343, 2013年7月.(第一著者が発表)
  30. 高安敦,國廣昇.多変数法付き線形方程式アルゴリズムの改良.2013年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2013),4A2-1,2013.
  31. 高安敦,國廣昇.近似GCD問題に対する改良アルゴリズム.信学技報, vol. 112, no. 126, ISEC2012-35, pp. 189-194, 2012年7月.

その他講演

  1. 格子理論に基づく法付き方程式解法アルゴリズムの構成.第30回RAMPシンポジウム,暗号理論と数理最適化セッション,2018年10月.
  2. Small CRT-exponent RSA Revisited. 第11回公開鍵暗号の安全な構成とその応用ワークショップ,2018年3月.
  3. Solving RSA and Factoring Problems Using LLL Reduction. 代数的手法による数理暗号解析,2018年2月.
  4. Small CRT-exponent RSA Revisited. NTT-JFLI-U.Tokyo Workshop on Cryptography, January 2018.
  5. Small CRT-exponent RSA Revisited. Tokyo Crypto Day, June 2017.
  6. CRT-RSAを攻撃する格子の新たな構成法.CREST暗号数理ミニワークショップ「計算数論と暗号」.2017年2月.
  7. How to Generalize RSA Cryptanalyses. CREST暗号数理ミニワークショップ「格子・光子と暗号」.2016年9月.
  8. LLL格子簡約を用いて法付き方程式を解く手法とその実装.Sage days 53.5,2013年10月.
  9. 法付き方程式を解く格子の構成とそれを用いたアルゴリズムの改良 (from ACISP 2013).数論暗号勉強会,2013年7月.

学外活動