研究室の概要

都市環境行動学研究室とは

 都市には様々な人々が生活し,そうした人々の日々の営みが,都市を創り出しています.人々の営みは,周囲を取り巻く物理的,社会的な環境のあり方によって、促進されたり、逆に阻害されたりします.一方,人々の営み自体もまた環境の一要素として,別の人々の営みを促進したり、阻害したりします.つまり,人間と環境との間には,相互に創り,創られる,相互交流的な(Transactionalな)関係があります.こうした関係性を読み解くことは,より快適,安全で,持続可能な都市の創造に向けて重要です.

 本研究室では,様々なスケールにおける環境を対象としながら,そこで展開される人の営みを観察・分析することを通じて,人間の心理や行動と環境との関連を明らかにしたり,より良い環境の創出・運営の方法を明らかにするための研究を行なっています.

 研究のアプローチはさまざまです.質問紙調査や実験・観察などの社会調査によって得られた,個人レベルや集団レベルでの人間の心理や行動に関するデータをもとに,統計解析やモデル分析を行なう研究もあれば,統計データや地理空間情報,ビッグデータなどを用いながら,GISによる人間行動の解析を行なう研究もあります.また,文献調査やインタビュー調査をもとに,質的な分析を行う研究もあります.いずれのスタンスに立つ研究にしても,実証的な研究アプローチで人間の行動と環境との関わりあいを明らかにすること,最終的には都市計画やまちづくりの視点からの問題解決に貢献することに目標を置いています.

 ベースになる学問は,第一には都市計画です.しかし,研究の拠りどころとなる理論や分析枠組み,分析手法,問題解決策の提示などの点においては,地理学,空間情報科学,環境心理学,犯罪学,ランドスケープ,社会心理学,都市社会学などとも関連します.研究室の所属学生には,都市計画に加えて,もうひとつの専門分野の習得が求められます.様々な学問の境界にあるテーマを扱う学際性は,本研究室の特色のひとつです.

研究テーマのページをご覧いただいて,少しでも自分の興味に近そうだと思う方は,ぜひお気軽にご連絡ください.