SystemVerilogの世界へようこそ


暫定公開版です。 このサイトでは、SystemVerilog に関する情報を提供します。

メインの管理人は、Yahooブログ : @Vengineerの戯言 です。



最新トピックス

半導体ネットで連載しました

無償ツールで実践する「ハード・ソフト協調検証」(全8回) (2009.12.6 - 2010.1.29)

ModelSim AE v6.5b Starter Editionを利用して、SystemVerilog DPI-Cにてハード・ソフトの検証環境を構築し、
プログラム(C言語)によるハードウェア検証を行えるようにするものです。
(ModelSim AE v.6.5b Starter Editionは、Altera社のWebサイトにユーザー登録をすることで利用できる無償のSystemVerilogシミュレータです。
なお、機能的には、市販されているModelSimと同じですが、シミュレーション速度やシミュレーションできる規模には制約はあります。)

具体的には、Altera社のSOPC Builderで利用可能なAvalon Verification Modelを使い、
Avalonインターフェースのデザインを検証するというものです。

詳細は、下記の各回の記事を参照してください。

第1回 SystemVerilogのDPI-C機能  (2009.12.6)

第2回 テスト・プログラムはC言語で書く  (2009.12.11)

第3回 Avalonインターフェースと検証用モデル (2009/12/21)

第4回 SystemVerilog側のDPI-Cの記述を作成する (2009/12/28)

第5回 テスト・プログラムの作成とBFMのコードの生成 (2010/01/05)

第6回 協調シミュレーションを実行する  (2010/01/15)

第7回 DMAの割り込み機能を確かめられるようにする (2010/01/20)

第8回 シミュレータやコンパイラの入手方法 (2010/01/29)


SystemVerilog の各構文などについては、下記のサブページのすべて表示をクリックしてください。

また、このサイトのサイトマップは、左の「サイトマップ」をクリックしてみてください。


このサイトでは、Verilog HDL から SystemVerilog に追加された機能について、例題を示し、ModelSimでのシミュレーション結果も掲載しています。
使 用したModelSimは、Windows XP/Vista 32ビット版(
Windows 7でも動作すると思います)で動作するModelSim AE 6.4a Starter Edition です。
最新版である ModelSim AE 6.5b Starter Editionでも基本的には動作するはずです。


自分のPC(Windows)で SystemVerilog を使うには!ModelSim AE & MINGW32/MSYSのコーナーへ



SystemVerilog関連情報

SystemVerilog の規格化

IEEE 1800-2012が最新版です。

    IEEE1800になる前のSystemVerilog の3.1aは、http://www.eda.org/sv/SystemVerilog_3.1a.pdfにあります。

SystemVerilog DPI-C

    SystemVerilogでは、C言語が非常に簡単に利用できます。詳細は、こちら

SystemVerilog の書籍

    SystemVerilogに関連する書籍のほとんどは洋書です。詳細は、こちら

日本語の本としては、SystemVerilog設計スタートアップが一番いいでしょう!

SystemVerilogメソドロジ

    2つのメソドロジ(VMM、OVM)とこの2つを統合しようとしているAccellera VIP(UVM)、詳細は、こちら

SystemVerilog の歴史

SystemVerilog設計スタートアップ「Appendix SystemVerilogクロニクル」に詳しく書いてあります!

SystemVerilog のエディタ(Emacsモード、Eclipseプラグイン)



SystemVerilog 関連サイト  :

Bluespec SystemVerilog は、SystemVerilog ではありませんが、
    2009年の夏の強化月間の成果を、こちら にまとめてあります。


Bluespec

日本代理店:サイバーネット株式会社のページ


サブページ (39): すべて表示
Comments