学認について


学認(学術認証フェデレーション)とは、全国の国立大学、私立大学、研究所等で構成された連合体で、学認で定めた規程[1]のもとにWeb上の認証連携を実現しています。(平成25年12月時点の参加機関:IdP[大学等] 90機関、SP[サービス側] 110種類)

認証連携の機能にはShibboleth(シボレス)というSAMLに準拠したWebシングルサインオンシステムを利用しております。
中央大学統合認証アカウントで一度ログインしておくと、ブラウザを閉じるまで認証が継続するので、対応している他のサービスを引き続き利用したい場合に、IDとパスワードを再度入力する必要がありません。

中央大学では2014年度から学認に参加することになりました。
中央大学統合認証アカウントを使用して、本学のサービス[2]はもちろんのこと、学認に参加している他大学や商用機関が提供する様々なサービスが利用できるようになります[3]。



GakuNin(学認)概要



[1]http://id.nii.ac.jp/1149/00000212/

[2] 2015年度現在、以下のサービスを連携しています。

  • 全学LMS/CMS(2014年度新規サービス manaba (ASAHIネット))
  • 全学メール(統合認証連携済み既存サービス Google Apps)
  • Career Center Net(進路・就職支援webサービス)

[3] 連携サービスについては順次検討していきます。