第2回物理エンジンサミット

【開催概要】

日程 : 2017年9月25日(月)

時間 : 10:00~17:15(受付 9:30開始)

参加費 : 1人 2000円(領収書が必要な方には、「(株)ブイエムシー」名で発行致します。)

参加締切 : 2017年9月11日(月)→ 9月19日(火)

場所 : キャンパス・イノベーションセンター東京 多目的室2(下の地図を参照ください)

スケジュール

【午前セッション】 講演・ライトニングトーク

9:30 開場・受付開始

10:00~ 開催挨拶・事務連絡


1.10:00~10:45

「物理エンジンの概要:物理エンジンの生い立ち、仕組み、特徴、上手な使い方」

東京工業大学 未来産業技術研究所 長谷川 晶一氏

2.10:45~11:05

「物理エンジン「AGX Dynamics」の新機能(仮題)」

Algoryx Simulation AB Dr. Anders Backman

3.11:05~11:35

【物理エンジン活用の事例紹介】「 物理エンジンのロボットシミュレータでの活用」

産業技術総合研究所 知能システム研究部門 ヒューマノイド研究グループ 中岡 慎一郎氏

4.11:35~12:35

参加者によるライトニングトーク

(*午後セッションに向けて、研究者の方は紹介したい研究内容や、企業の方はお困りごとやシミュレーション・物理エンジンに対するリクエスト、やってみたいことなどをご発表頂きます。3分程度を目途にしていますが、内容によっては10分程度のお時間を使っていただくことも可能です。申込みの要望欄にその旨ご記載ください。)


12:35~13:35 休憩


【午後セッション】アンカンファレンス方式によるディスカッション

13:35~14:20 テーマ策定・グループ分け

14:20~15:35 第1回ディスカッション・発表


15:35~15:50 休憩


15:50~17:05 第2回ディスカッション・発表

17:05~17:15 まとめ

(終了後に、田町周辺にて希望者による懇親会を予定)

【午後セッションでのテーマ候補】(9月22日時点)

現在お申込み頂いている中で、ご要望頂いているテーマをご参考までに列記致します。ご参照頂けましたら幸いです。


・精度の違うシミュレーションを混在させる方法(シミュレーションのLOD)

・(ポリフォニー・デジタルの中川様より。事前に共有しておいた方が良いと思いますので、頂いた内容をそのまま掲載しております。)

CEDEC の発表内容、スライドも含め全てを github に上げましたので様々な方のご感想をお聞きしたいです。 https://github.com/nobuo-nakagawa/

・GJK/EPA法を用いたcontact manifoldの生成と追跡,拘束条件の位置ずれを安定して補正する方法,回転運動する凸形状の連続衝突検出(CCD),剛体物理エンジンに粒子法を用いたシミュレーションを組み込む方法

・物理運動シミュレータと他技術(VR、人工知能、制御など)を連成させることへ需要があるか。活用用途の検討と、実現可能性についてユーザーの方とディスカッションをしてみたいと思います。

・iPhone等の環境におけるノウハウ。

・物理エンジンと動作最適化

・挙動をデザインできる物理エンジン

・物理エンジンのLevel Of Detail

・並列分散物理エンジン