イベント

SSTS科研費第5回全体ミーティングおよび鈴木明子様(JAXA広報部)講演会

日時:2020年1月25日(土)13:00-18:00

場所:JAXA御茶ノ水事務所(http://www.jaxa.jp/about/centers/tokyo/index_j.html)地下1階会議室(B101・B102)


(プログラムは現在作成中です)



対論型サイエンスカフェ「宇宙ゴミ問題、どうする?」(受付終了)


壊れた人工衛星やその破片、ロケットの一部などで、そのまま地球を周回する軌道上を回り続けているものを「スペースデブリ」と呼びます。人工衛星や宇宙ステーションに衝突すると大きな被害をもたらします。

スペースデブリの数は年々増加しており、このままでは宇宙空間が使えなくなってしまうのでは?という危機感がもたれています。

この「宇宙のゴミ問題」にどのように取り組んだらよいのか、異なる立場の専門家の意見を聞きつつみんなで議論する、対論型サイエンスカフェを開催します。


日時:2019年8月30日(金)19:00-20:30

会場:京都リサーチパークたまり場

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134KISTIC 2階

https://www.krp.co.jp/tamari-ba/access/


論者:伊勢田哲治(京都大学、宇宙倫理学)、磯部洋明(京都市立芸術大学、宇宙物理学)

ファシリテータ:一方井祐子(東京大学、科学コミュニケーション)


参加費(お茶菓子代):一般500円 学生300円

定員:20名


参加申込みはこちらのサイトから

https://forms.gle/eGFqVsqxsR4W8kxo9

お問い合わせは

ucyu.talk@gmail.com


*20:30以降、同会場にて希望者のみ懇親会も行います(アルコール有、カンパ制)

*お腹が空く時間なので、軽食、お菓子などの差し入れ歓迎です


主催:科研費挑戦的研究(開拓)「宇宙科学技術の社会的インパクトと社会的課題に関する学際的研究」

実行委員:一方井祐子(東京大学)、玉澤春史(京都大学/京都市立芸術大学)、白川晋太郎(京都大学)



SSTS科研費第4回全体ミーティングおよび板倉史明先生講演会

日時:2019年7月6日(土)13:00-18:00

場所:京都大学 吉田キャンパス 本部構内 文学部校舎1階 第2講義室

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ 5番と8番の建物の間)


プログラム:

13:00-13:50 研究報告(担当:一方井)

13:50-14:40 研究報告(担当:磯部)

14:50-16:20 打ち合わせ

16:30-18:00 講演会(板倉史明先生)

タイトル:映画学におけるSF映画研究の動向

要旨:近年の映画学におけるSF映画の研究は、従来の社会反映論的、イデオロギー的、特殊撮影の技術論的な観点から分析するだけでなく、「ランドスケープ」としての宇宙描写の考察、「人新世」的視点による自然環境描写の分析、そして「ポスト・ヒューマン」な物語世界や世界観の分析が進められている。本発表では、それらの研究動向の一端を概観しつつ、宇宙をテーマにしたSF映画の変遷と表現形式の特徴を検討してみたい。



対論型サイエンスカフェ「宇宙資源は誰のもの?」(受付終了)


宇宙にも資源があるって知ってましたか?


小惑星のレアメタルや月の水など、天体には人類にとって利用価値のある資源が存在しています。

近年、世界中の国や企業がこれらの宇宙資源を採掘し、利用する動きを見せています。


でもこれらの資源は、一体誰のものなのでしょうか?


宇宙資源利用を積極的に進めるべきという立場の科学者と、

それに異を唱える哲学者の対論を通して、

宇宙開発のあるべき姿についてみんなで考えるサイエンスカフェです。


日時: 2019 年 3月15 日(金)19:00~20:30

場所: Pico Pico Cafe (〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目11−2 もみじビル8階)

http://www.picopicocafe.com/?id=rental


論者:寺薗淳也(会津大学、惑星科学)、清水雄也(一橋大学、社会科学の哲学)


ファシリテータ:一方井祐子(東京大学、科学コミュニケーション)


参加費:一般500円、学生300円(お茶・お菓子代)

定員:20名(先着順)


※会場は飲食店ではなく飲食可能なレンタルスペースです。

※お腹が空く時間なので、お弁当や差し入れなどの持ち込み歓迎です。

※20:30以降は希望者で懇親会(アルコール可)を開催します。論者も参加します。


主催:科研費挑戦的研究(開拓)「宇宙科学技術の社会的インパクトと社会的課題に関する学際的研究」


実行委員:一方井祐子(東京大学)、玉澤春史(京都大学/京都市立芸術大学)、磯部洋明(京都市立芸術大学)


お問い合わせ:ucyu.talk@gmail.com


参加申込み こちらのサイトから(受付終了しました)

https://goo.gl/forms/4XklnHOS1eLnshBq1



SSTS科研費第3回全体ミーティングおよび佐藤靖先生講演会

日時:2019年3月9日(土)13:00-18:00

場所:キャンパスプラザ京都(アクセス)6階・第8講習室(京都大学サテライト講習室)


プログラム:

13:00-14:30 打ち合わせ

14:40-15:30 研究報告(担当:寺山)

15:30-16:20 研究報告(担当:吉永)

16:30-18:00 講演会(佐藤靖先生)


タイトル:米国の宇宙開発の歴史と米国社会の変容

要旨:米国航空宇宙局(NASA)が発足して60年が経過した。初期にアポロ計画を成功させ世界を驚嘆させたNASAも、その後米国社会が複雑に変化するなかで、厳しい財政的制約との妥協を迫られながら曲折を経て宇宙開発を進めてきた。本講演では、米国の内外の時代環境との関わりに着目しながらNASAの宇宙開発の性格の歴史的変化を追う。


SSTS科研費第2回全体ミーティング

日時: 2018年11月4日(日)13:30-18:00

場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 文学部校舎2階 第7講義室(前回と異なりますのでご注意ください)

※本部構内マップ(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/)の8番建物北側)


プログラム:

13:30-14:45 打ち合わせ(議題:特設審査領域代表者交流会の報告、書籍の構成、プロジェクトウェブサイトの内容、今後のスケジュール)

14:50-15:50 研究報告(担当:呉羽)

15:55-16:55 研究報告(担当:玉澤)

17:00-18:00 研究報告(担当:寺薗)



SSTS科研費第1回全体ミーティング

日時: 2018年9月16日(日) 15:00-18:00

場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 文学部校舎1階 第1講義室

※本部構内マップ(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/)の8番建物南側)


プログラム:

15:00-15:30 メンバー自己紹介

15:30-16:00 プロジェクトの概要の確認(呉羽)

16:00-17:30 プロジェクトの実施体制と実施スケジュール、各研究班の研究実施内容の相談

17:30-18:00 これまでの研究の紹介(呉羽)












フライヤー「宇宙ゴミ問題、どうする?」.pdf


















































フライヤー.pdf