分野を横断した放射線疫学の研究会

  • 近年、低線量の被曝に注目した放射線障害の疫学的研究は着実に進んでおり、次々と新しい知見が報告されています。しかし、これらの研究は大規模集団を対象にした長期の調査に基づいたものであるため、研究に関与できるのは特定の機関に属する専門家に限定されてきました。これによって、研究がICRPやUNSCEARなどの見解に束縛され、自由な議論ができないのではないかという疑念を市民に与えることになっているのかもしれません。
  • 幸い今日、科学データの公開はOECDの共通公約となり、わが国でもすでにさまざまな研究分野で取り組みが進んでいます。とりわけ、政府が資金を提供する研究では、研究成果とあわせて、データを公開することが求められるようになってきています。今後、放射線障害の疫学調査のデータが広く研究者に開放され、多様な視点をもった研究者や市民の参加が可能になれば、自由な議論の場がうまれることも期待されます。わたしたちは、既存の権威に縛られない自由で建設的な議論を通して,この分野の研究の発展に寄与することを願って,この研究会を開催します。

  • 研究会世話人 (氏名、所属、専門領域)
    • 濱岡豊 慶應義塾大学商学部 (マーケティング・サイエンス)
    • 柿原泰 東京海洋大学学術研究院(科学技術史)
    • 永井宏幸 NPO市民科学研究室 (疫学・物理学)
  • 2019年6月1日に研究会を開催予定です。
    • 詳しくは右上「ホーム」から2019Summerをご覧ください。