パンダクラブ北海道は、地球規模で自然保護を行っている

WWF(世界自然保護基金)を支援するため設立された団体です

最新 開催行事のお知らせ

~ 動物と自然が好きなあなたへのメッセージ ~

人から人へ 親から子へ 自然のすばらしさ 大切さを伝えよう

更新日:2020.9.17

〔活動日誌〕

・9月12日(土)天気:曇り

先週まで30℃を超える暑い日が続いていたのに、この日は朝から肌寒かったので、長袖ジャンパーを着用したのですが、湿度が高く汗びっしょりになりました。

夏鳥がほとんど帰ってしまったのか、小鳥の姿が見られない静かな森を歩きました。

9月の野幌森林公園の代表的な花であるアケボノシュスランは、いつも見られる場所では見つからず、諦めかけた頃やっと発見できました。

今年は夏の気温が高かったので、季節の進み具合を心配しましたが、マイヅルソウやトチバニンジンなど草木の実は着実に赤く色づいていました。

・8月9日(日)天気:曇りのち晴れ

涼しく感じて、集合時間を早める必要はなかったかなとも思いましたが、途中から蒸し暑くなって北海道にもやっと夏が来たなと感じました。

エゾアジサイの花はもう終わりに近くミズヒキやキンミズヒキなど地味な花ばかりの中、主役はキツリフネやウツボグサに移っていました。

葉が茂りすぎて、野鳥は目の前にアカゲラが出てきても写真に撮れず、その他の出演者は声だけでは種類の同定に自信が持てないという情けない有様でした。

今年始めてトンボを見たりルリボシカミキリの美しさに見とれたりと昆虫観察の1日でした。

アケボノシュスラン
アケボノソウ
キンミズヒキ

定例観察会集合場所

トド山口駐車場マップ⇒

事務局

〒069-082 江別市緑ヶ丘31-10

代表:長屋貞夫

eメール: pchokkaido*yahoo.co.jp

↑上記の * には@を入れてね

年会費

・一般会員¥2,500

・オンライン会員¥1,000