パンダクラブ北海道は、地球規模で自然保護を行う WWF(世界自然保護基金)を支援するためできた団体です

~ 動物と自然が好きなあなたへのメッセージ ~

人から人へ  親から子へ  自然のすばらしさ  大切さを伝えよう 

最新 開催行事のお知らせ 

2024.2.23

〔活動日誌〕

・2月22日(木)天気:雪

冬季の平日は渋滞が酷いので集合時間を1時間遅らせましたが、この日は野幌から東が大雪だったので、南区から来た種市氏はびっくりしていました。数日前に最高気温が12℃以上の日が続いたため、かなり積雪は減ったはずですが、この朝だけで20cm以上降ったので、動物たちの足跡はほとんど確認できません。

ただ、遊歩道に続いていた足跡は横の林に入っていたので、もしかしたらエゾシカのものだったかも…。

小鳥たちの出現も無く、寂しいクロスカントリースキーによるラッセルとなりました。トド山口駐車場に戻ってみると車の屋根には10cm以上の雪が積もっていて、脱出に一手間かかりました。

・1月18日(木)天気:晴れ

数日前から新雪が降り続いたため積雪は約1mになっていました。一転してこの日の気温は高いのでスキーのワックスが効かないため、スキー板に雪がへばりついて雪下駄のようになりました。

小鳥たちの出現は少なかったので、エゾシカやエゾユキウサギなど動物たちの足跡が良く見られた観察会でした。

先月と同じように出口近くの中央線には、小鳥の羽が散らばっているのを発見しました。一部の羽根の先端は紅色をしていて、先ほどからチリチリチリというレンジャクらしい鳴き声が聞こえていましたからヒレンジャクの物でしょう。こちらも我々が通りかかるちょっと前にハイタカにでも襲われたものと見られます。

毎月のように観察会で生き物の壮絶な戦いの跡が見られて、特に食べ物の少ない冬だからこその自然の厳しさを感じることができました。

エゾリス

ヒレンジャクの羽根

ゴジュウカラ

コゲラ

定例観察会集合場所

トド山口駐車場マップ⇒

事務局 

〒069-082        江別市緑ヶ丘31-10

代表:長屋貞夫

e-mail:pchokkaido*yahoo.co.jp

   ↑上記の * には@を入れてね

年会費 

・一般会員¥2,500

・オンライン会員¥1,000