Paper Publications

Journal Papers

  1. Kaori Ikematsu, Shota Yamanaka, Kota Tsubouchi and Itiro Siio: Copernican-Touch: Extending Touch-Interaction Technique Using Motion of Touch Surface towards Finger, JSSST Journal (Japan Society for Software Science and Technology, Recommended Paper, In press), XX(X), pp. XX–XX (2019)
  2. Kaori Ikematsu, Masaaki Fukumoto and Itiro Siio: Ohmic-Sticker: Force-to-Motion Type Input Device that Extends Capacitive Touch Surface, JSSST Journal (Japan Society for Software Science and Technology, Recommended Paper, In press), XX(X), pp. XX–XX (2019)
  3. Kaori Ikematsu and Itiro Siio: Ohmic-Touch: Extending Capacitive Touch Input by Indirect Touch through Objects, JSSST Journal (Japan Society for Software Science and Technology, Recommended Paper), 35(3), pp. 19–31 (2018)
  4. Kaori Ikematsu and Itiro Siio: Trackpad-based Mode Switching Technique Using Carbon Copy Metaphor IPSJ Journal, 58(5), pp.1014–1024 (2017)
  5. Kaori Ikematsu and Itiro Siio: Memory Stones: An Intuitive Data Transfer Method for Multi-touch Devices, IPSJ Journal, 55(4), pp.1344-1352 (2014)

Proceedings

  1. Kaori Ikematsu, Masaaki Fukumoto and Itiro Siio. 2019. Ohmic-Sticker: Force-to-Motion Type Input Device that Extends Capacitive Touch Surface. In Proceedings of the 32nd Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST’ 19). ACM, New York, NY, USA, (to appear, Acceptance Rate 24%) [Preprint]
  2. Kaori Ikematsu and Itiro Siio. 2018. Ohmic-Touch: Extending Touch Interaction by Indirect Touch through Resistive Objects. In Proceedings of the 2018 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’18). ACM, New York, NY, USA, pp. 521:1–521:8 (Acceptance Rate 25%) [ACM] [Talk Slide] [Youtube]
  3. Kaori Ikematsu and Siio Itiro. 2017. Carbon copy metaphor: combining absolute and relative coordinates inputs for trackpad. In Proceedings of the 29th Australian Conference on Computer-Human Interaction (OZCHI ’17), ACM, New York, NY, USA, pp. 492-496 [ACM]
  4. Yuko Yanagawa, Kaori Ikematsu, Chihiro Suga, Mana Sasagawa, Yasushi Matoba, and Itiro Siio. 2017. Anamorphicons: an Extended Display Utilizing a Cylindrical Mirror Widget. In Proceedings of the 29th Australian Conference on Computer-Human Interaction (OZCHI ’17), ACM, New York, NY, USA, pp. 457-461 [ACM]
  5. Kaori Ikematsu and Itiro Siio. 2015. Memory Stones: An Intuitive Information Transfer Technique between Multi-touch Computers. In Proceedings of the 16th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (HotMobile ’15). ACM, New York, NY, USA, pp. 3-8 (Acceptance Rate 28%) [ACM]

Posters and Demos

Peer-reviewed

  1. Xiyue Wang, Kaori Ikematsu, Kazuyuki Fujita, Kazuki Takashima, Yoshifumi Kitamura. 2019. An Investigation of Electrode Design for Physical Touch Extensions on a Capacitive Touch Surface. In Proceedings of the 32nd Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '19 Adjunct). ACM, New York, NY, USA, pp. XX-XX (to appear)
  2. Kaori Ikematsu, Masaaki Fukumoto, and Itiro Siio. 2019. Ohmic-Sticker: Force- to-Motion Type Input Device for Capacitive Touch Surface. In the 2019 CHI Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI ’19 EA). ACM, New York, NY, USA, LBW0223, 6 pages
  3. Kaori Ikematsu, Masaaki Fukumoto, and Itiro Siio. 2018. Flip-Flop Sticker: Force-to-Motion Type 3DoF Input Device for Capacitive Touch Surface. Invited Demo at Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '18)
  4. Kaori Ikematsu, Masaaki Fukumoto, and Itiro Siio. 2018. Flip-Flop Sticker: Force-to-Motion Type 3DoF Input Device for Capacitive Touch Surface. In Proceedings of the Symposium on Spatial User Interaction (SUI '18). ACM, New York, NY, USA, pp. 169-169
  5. Kaori Ikematsu and Itiro Siio, Ohmic-Touch: Extending Touch Interaction by Indirect Touch through Resistive Objects, ASIAN CHI SYMPOSIUM. CHI2018 Workshops/Symposia
  6. Kaori Ikematsu and Itiro Siio, Direct Manipulation Technique Using Force Touch and Contact Size for One-Handed Mobile Interaction, ASIAN CHI SYMPOSIUM. CHI2017 Workshops/Symposia
  7. Kaori Ikematsu and Itiro Siio. 2016. An Input Switching Interface Using Carbon Copy Metaphor. In Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '16 Adjunct). ACM, New York, NY, USA, pp. 93-95
  8. Kaori Ikematsu, Mana Sasagawa, and Itiro Siio. 2016. 2.5 Dimensional Panoramic Viewing Technique utilizing a Cylindrical Mirror Widget. In Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '16 Adjunct). ACM, New York, NY, USA, pp. 145-146
  9. Mana Sasagawa, Kaori Ikematsu, and Itiro Siio. 2016. Simply tag and find: finding indoor items by using detection history of RFID tags. In Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct (UbiComp ’16). ACM, New York, NY, USA, pp. 365–368
  10. Kaori Ikematsu and Itiro Siio. 2015. Memory Stones: An Intuitive Information Transfer Technique between Multi-touch Computers. Invited Demo at the 16th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (HotMobile ’15). ACM, New York, NY, USA, pp. 3–8
  11. Kaori Ikematsu and Itiro Siio. 2013. Memory stones: an intuitive copy-and-paste method between multi-touch computers. In the 2013 CHI Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI ’13 EA). ACM, New York, NY, USA, pp. 1287–1292

Domestic Proceedings

Peer-reviewed

  1. 池松 香, 山中 祥太, ScraTouch: 静電容量方式タッチサーフェスにおける手指の爪を使用したタッチ入力拡張技法, 第 27 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2019) 論文集, pp. XX–XX (ロングペーパー採択, Acceptance Rate XX%)
  2. 池松 香, 福本 雅朗, 椎尾 一郎, Ohmic-Sticker: 静電容量方式タッチサーフェスへの 貼付により Force-to-Motion を実現する入力機器, 第 26 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2018) 論文集, pp. 61–66 (ロングペーパー採択, Acceptance Rate 55%, 登壇発表賞)
  3. 池松 香, 山中 祥太, 坪内 孝太, 椎尾 一郎, Copernican-Touch: タッチサーフェスを 指へ向けて接触させる動作を用いたタッチ入力拡張手法, 第 26 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2018) 論文集, pp. 67–72 (ロングペーパー採択, Acceptance Rate 55%)
  4. 池松 香, 椎尾 一郎, Ohmic-Touch: 静電容量方式タッチサーフェス上におけるオブジェクトを介したインタラクション手法, 第 25 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2017) 論文集, pp. 71–76 (ロングペーパー採択, Acceptance Rate 36%, 最優秀論文賞, 登壇発表賞)
  5. 池松 香, 笹川 真奈, 椎尾 一郎, Anamorphicons を用いたパノラマビューシステムの提案と実装, 第 24 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2016) 論文集, pp. 165-168 (ショートペーパー採択, Acceptance Rate 59%)
  6. 笹川 真奈, 池松 香, 椎尾 一郎, 貼るだけ探索:RFID タグの検出履歴を利用した物探し支援システムの提案, 第 24 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016) 論文集, pp. 119–124 (ショートペーパー採択, Acceptance Rate 59%)
  7. 池松 香, 椎尾 一郎, カーボンコピーメタファを用いたトラックパッド用対話技法, 情報処理学会インタラクション 2016, pp. 54–61 (ロングペーパー採択, Acceptance Rate 47%, ベストペーパー候補)
  8. 池松 香, 椎尾一郎, 記憶の石: マルチタッチを用いた複数計算機間情報移動, 情報処理学会インタラクション 2013, pp. 80–86 (ロングペーパー採択, Acceptance Rate 41%)

Non peer-reviewed

  1. 笹川 真奈, 池松 香, 椎尾 一郎, 貼るだけ探索:RFIDタグの検出履歴を利用した物探し支援システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, pp. 199-204,
  2. 池松 香, 椎尾 一郎, カーボンコピーメタファを利用したマルチタッチ入力手法, IPSJ SIG Technical Report, Vol.2014-HCI-160 No.23 pp.1–5, 2014/10/15.
  3. 池松 香, 尾崎 保乃花, 椎尾 一郎, Ohmic-Extension: 筐体グランドへの接続を利用した静電容量方式タッチサーフェス拡張ウィジェット, 情報処理学会インタラクション2018, pp. 998–1003, 2018/3/5-7. インタラクティブ発表 (プレミアム発表, Selection Rate 18%).
  4. 池松 香, 椎尾 一郎, タッチサーフェスにおける押下圧と接触面積を組み合わせた直接操作技法, 情報処理学会インタラクション2017, 2017/3/3, インタラクティブ発表 (プレミアム発表, Selection Rate 21%, インタラクティブ発表賞)
  5. 池松 香, 椎尾 一郎, カーボンコピーメタファを用いた入力モード切替インターフェース, 情報処理学会インタラクション2015, pp.907-912, 2015/3/5-7, インタラクティブ発表.
  6. 池松 香, 椎尾 一郎, Multi-Press Interaction: 擬似押下圧力を用いたマルチタッチ技法, 情報処理学会インタラクション 2014 , pp.401-404, 2014/2/28, インタラクティブ発表 (プレミアム発表, Selection Rate 29%)
  7. 池松 香, 椎尾一郎,記憶の石: マルチタッチを用いた複数計算機間情報移動, 情報処理学会インタラクション2013, pp.80–86, 2013/3/1. インタラクティブ発表 (インタラクティブ発表賞)
  8. 池松 香, 椎尾一郎, 記憶の石:マルチタッチを利用した複数計算機環境 Copy-and-Paste, 第20回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2012), No. 71, pp.155-156, 2012/12/6-8. デモ発表

Awards

  1. 日本ソフトウェア科学会論文誌 推薦論文認定, Ohmic-Sticker: 静電容量方式タッチサーフェスへの貼付により Force-to-Motion を実現する入力機器, 池松 香, 福本 雅朗, 椎尾 一郎 (2019)
  2. 日本ソフトウェア科学会論文誌 推薦論文認定, Copernican-Touch: タッチサーフェスを指へ向けて接触させる動作を用いたタッチ入力拡張手法, 池松 香, 福本 雅朗, 椎尾 一郎 (2019)
  3. Excellence Award at Microsoft Research Asia Internship Program (2018)
  4. 日本ソフトウェア科学会論文誌 推薦論文認定, Ohmic-Touch: 静電容量方式タッチサーフェス におけるオブジェクトを介した入力技法, 池松 香, 椎尾 一郎 (2018)
  5. WISS2018 登壇発表賞, Ohmic-Sticker: 静電容量方式タッチサーフェスへの貼付により Force-to-Motionを実現する入力機器, 池松 香, 福本 雅朗, 椎尾 一郎 (2018)
  6. WISS2017 登壇発表賞, Ohmic-Touch: 静電容量方式タッチサーフェス上におけるオブジェクトを介したインタラクション手法, 池松 香, 椎尾 一郎 (2017)
  7. WISS2017 最優秀論文賞, Ohmic-Touch: 静電容量方式タッチサーフェス上におけるオブジェクトを介したインタラクション手法, 池松 香, 椎尾 一郎 (2017)
  8. ヒューマンインタフェース学会 学術奨励賞, 貼るだけ探索:RFIDタグの検出履歴を利用した物探し支援システムの提案, 笹川 真奈, 池松 香, 椎尾 一郎 (2017)
  9. 情報処理学会インタラクション2017 PC推薦インタラクティブ発表賞, タッチサーフェスにおける押下圧と接触面積を組み合わせた直接操作技法, 池松 香, 椎尾一郎 (2017)
  10. 情報処理学会インタラクション2013 インタラクティブ発表賞, 記憶の石: マルチタッチを用いた複数計算機間情報移動, 池松 香, 椎尾一郎 (2013)

Patents

  1. US Patent 16325270, Information processing apparatus, information processing method, and computer program, Yousuke Kawana, Ryuichi Suzuki, Kentaro Ida, Mana SASAGAWA, Kaori IKEMATSU, Itiro SHIIO
  2. 2017-233082,情報処理システム、情報処理装置、情報処理装置の制御方法及びプログラム, 池松 香, 椎尾一郎
  3. 2016-172495,情報処理システム、情報処理装置、情報処理装置の制御方法及びプログラム, 笹川 真奈, 池松 香, 椎尾一郎
  4. 2013-251552,情報処理システム、情報処理装置、情報処理装置の制御方法及びプログラム, 池松 香, 椎尾一郎

Misc.

Doctoral Dissertation

Extending Interaction using Hand Motor Skills and Physical Objects on Capacitive Touch Surfaces, 静電容量方式タッチサーフェス上の実物体と手指動作を用いたインタラクション拡張, 2019-03-22, お茶の水女子大学 (推薦博士論文, HCI研究会推薦) [Link]

Exhibition

Kaori Ikematsu, Itiro Siio, Innovation Japan2018, Ohmic-Touch: タッチ入力面に物を乗せるインタフェース, Interaction using conductive objects on a touch surface, 2018/8/30-31

Budgets

  1. 日本学術振興会 (JSPS) 特別研究員奨励費 研究課題:17J02834「マルチタッチ入力を用いたユーザインタフェースの研究」交付金総額 1,900 千円(2017–2018年度)代表
  2. 基盤研究(C) 「計算機のマルチタッチ入力面を利用したタッチインタフェース」分担(代表者名:椎尾一郎)交付金総額 4,680千円(2014 –2018年度)
  3. 日本学生支援機構 平成27年度海外留学支援制度(短期派遣, Centria University of Applied Sciences)
  4. お茶の水女子大学 平成25年度海外留学支援事業(Bergische Universität Wuppertal)

Reports

  1. 池松 香, CHI2018参加報告, 日本バーチャルリアリティ学会Vol.23 No.3
  2. 池松 香, UIST2017参加報告, 情報処理学会情報処理第59巻5号, pp. 476-477