ゲーテ自然科学の集いは、1968年に三木成夫、千谷七郎、菊池栄一らによって創立された学際的研究団体です。ドイツの詩人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの自然研究を出発点に「自然」「文明」「人間」といったテーマを包括的に考えようと努めています。日本学術会議にも「協力学術研究団体」として協力しています。

2020年10月15日

各 位

 ゲーテ自然科学の集い・代表

                                粂川麻里生

「ゲーテ自然科学の集い」は日本学術会議協力学術研究団体として、同組織に協力しております。この日本学術会議の会員任命に際しまして、法的正当性がきわめて疑わしい「任命拒否」が菅義偉首相によってなされましたが、その理由は説明されておりません。そればかりか、政権与党の大臣クラスの政治家たちから、「学術会議は中国に情報を漏洩させている」「左翼の巣窟である」「税金から利益を貪っている」といった全く事実と異なる「フェイクニュース」が発信され、多くのメディアがそれを横流しし続けています。この状況に関しまして、前代表で現在会の顧問のおひとりでいらっしゃる高橋義人氏から、本会の役員たちに下のようなメールを頂戴しました。私は、このメールの内容に心から同意いたしますとともに、皆様にもこの文章をお届けしたいと考えました。皆様になんらかの政治的な考えを押し付けるというものではまったくございませんし、この文章が「ゲーテ自然科学の集い」の公式見解ということではありません。ただ、あまりに事実と異なる情報によって、法的根拠も甚だ疑わしい政治決定が横行するようでは、社会に不信と不安が拡がりかねません。研究者の団体である本会といたしましても、「たしかな事実」に基づいた社会運営を求めてまいりたいと考えております。

<高橋義人氏からの寄稿>

みなさま

日本学術会議問題が世間を騒がせています。これまで黙っていましたが、あまりにも政府の仕方、世間の誤解がひどいので、一言します。


私は平成18年から12年間、日本学術会議の連携会員をつとめてきました。連携会員になる前は、人文科学系の会員の選考にも携わってきました。選考では業績、大学名、性別をみます。政治的信条などは一切考慮しませんし、分かろうはずもありません。


日本学術会議が「左」であるということはまったくありません。むろんなかには「左」の方も「右」の方もいるでしょう。日本学術会議が「赤」である、学術会議全体で中国の千人計画に加担している、などといった一部の報道(政府・マスコミ)は大きな間違いです。間違いだと分かったら、政治家やマスコミは発言を訂正し、謝罪すべきです。間違いだったとすでに分かっているはずなのに、一切謝罪していません。子どもたちや孫たちにとても見せられない光景です。


今回、会員候補からはずされた6人は比較的名前の知られた方々です。名前が知られ、安全保障法制に反対したため、「左」と見なされたのでしょう。しかし学問の世界でそのような思想統制をしてはなりません。


今はまるで「政府+自民党」対「学術会議+野党」のような構図になっています。これは決してよいことではありません。日本学術会議は与党にも野党にも与してはなりません。日本学術会議は右でも左でもありませんし、そうなってはなりません。

日本学術会議の主役は学問です。学問的なテーマについて、色々な考えを持つ人々が色々と議論を戦わせるのが日本学術会議です。学者としての良心をかけて私たちは議論します。日本政府の政策についても、学者としての良心をかけて議論します。日本によかれと思って議論します。その結果、時の政府の政策を促進することもあれば批判することもあるでしょうが、それが日本学術会議の役割です。

時の政府が、せっかく進めようとしていた政策を批判され、不愉快な気持ちになることは間々あることでしょう。しかし政策というものは多面的に検討されるべきものです。批判を受け、それを踏まえてよりよく改善されていくべきものです。反対意見を封じてはなりません。ところが今回の政府による6人の会員候補任命拒否は、反対意見を言いそうな人たちの明らかな封じ込めです。

日本学術会議の会員は後に日本学士院会員になれるだとか、毎年250万円の年金をもらえる、高い給与をもらっているなどといった悪質のデマが拡散しています。まったくの嘘です。大嘘です。嘘と分かりながら、誰かが意図的に拡散させているとしか思えません。そう流せば、何も知らない人たちの一部はそれを信じてしまうからです。相当に悪質です。デマを流した人は謝罪しなければなりません。

物事には賛成意見と反対意見の両方が必要です。賛成だけではどんな企画も豊かに実ることができません。政府は、与党ばかりではなく、野党や批判的論壇にも耳を傾けるべきです。批判や反対の声を封殺してはなりません。今回の問題で、戦前の暗黒時代を思わせるという意見が出ています。最初は、それは少々大げさだと思っていましたが、もしかすると、戦前もこのように徐々に発言を封じられはじめ、やがて学問・思想の自由を全的に奪われたのではないかと思うようになりました。私たちは決して戦前のような全体主義国家に戻ってはなりません。

私たちの学問に学者としての良心がこめられているように、政治家は政治家としての良心をもって国を治め、マスコミはマスコミとしての良心をもって報道し、間違ったことがあれば、すぐに謝罪し訂正してもらわなければなりません。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった

  私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった

  私は社会民主主義者ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった

  私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき

  私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった」 (出典:Wikipedia)

これはナチと戦った牧師マルティン・ニーメラーの言葉です。今回の事態はそれと同様です。この問題を他人事として看過してはなりません。自分自身の問題として受け止めなければなりません。と同時に、日本学術会議がこれまでどれほど発信してきたか、ゲーテ自然科学の集いがどれほど発信してきたかも改めて問い直さなければなりません。

日本学術会議は一部の選ばれた人たちだけの会である。そう思っている人は少なくないでしょう。実際には、新聞の政治・経済・社会欄で取り上げられているような問題とたえず格闘しています。そういう努力をもっと一般社会に伝える努力を怠ってはなりません。日本学術会議では『学術の動向』という雑誌を毎月刊行していますが、これが一般社会でもっと身近なものにするよう、さらに工夫しなければなりません。

私たちのゲーテ自然科学の集いは、文学者、哲学者、自然科学者、芸術家からなる世界でも稀な学会、学際的学会です。これらの人々が今でも楽しく集えていられるのは、人生とは何か、自然とは何か、といった人間の本質的な問題に向いあっているからです。人生とは何か、自然とは何か、を説きつづけているかぎり、私たちの会は世間から一定の評価を受けつづけることでしょう。しかし学問が細分化し、業績作りに追われる結果、私たちは文学(哲学)者の人生の断片的探索、テキストの校訂にばかり従事し、人生とは何か、自然とは何か、という本質的な問いを忘れてしまいがちです。日本学術会議の会員候補6名が任命されなかったとしても、自分とは何の関係もない、と知らぬ顔を決め込んでしまいかねません。しかし、それでは学問が終わってしまいます。学問なんて何の意味があるのか、と世間でも言われるようになってしまうでしょう。学問を真に愛し、学問の自由を真に守ろうと思うなら、今このとき、私たち一人ひとりが決して黙していてはなりません。間違っていると思われることについては、「間違っている」とはっきり言わなければなりません。自戒の念もこめて、いま強くそう思っています。

高橋 義人

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   * 




                  2020年10月吉日

第53回ゲーテ自然科学の集い

総会およびシンポジウムのご案内

会員各位

 ようやく秋の気配も感じられる中、ご健勝のこととお慶び申し上げます。本年は新型コロナウィルス危機の中、下記の日時におきましてゲーテ自然科学の集い総会・シンポジウムをオンラインにて開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

                              記

日時 2020年11月7日(土) 13時00分~17時50分

              (オンライン懇親会:18時00分~19時30分)

会場:Zoomミーティング

https://zoom.us/j/96643439548?pwd=KzEzVmZHUWwwaGg4Y2RBTHZVWnFtdz09

ミーティングID: 966 4343 9548

パスコード: 109440

参加資格:総会+オンライン懇親会は会員のみ、シンポジウムは一般参加も可。

参加費 :無料 (総会、シンポジウムとも)

申込み :不要

プログラム

総会

13:00-13:50 

【報告事項】

 ・全体、東京研究会、京都研究会の報告

 ・『モルフォロギア』編集報告

 ・会計報告

 ・その他

【審議事項】

 ・役員の改選

 ・その他

【意見開陳】

 ・会員からの意見開陳

シンポジウム

14:00-17:50(途中休憩あり)

「近代の彼方のエチカ ゲーテ的自然観と現代の倫理」

 近代科学が自然界を精神的な意味や価値(die Sitte)とは切り離された客体の集合として研究したのに対して、ゲーテの自然探究は、世界を物質と精神が協働する場として見つめ、その複合的な自然探究からこそ「倫理」も見出そうとしました。そのような探究は、社会がもはや見通すこともコントロールすることもできない複雑なシステムの重なりあいとなり、コンピューターが人間の知性のある部分を過剰に肩代わりするような現代にあって、ますます重要な意味合いを帯びてきています。超越としての神も、その写像としての人間の自我も、「世界を奥底で統べる原理」と見なすことはできなくなったいわばファウスト的な状況の中、私たちはゲーテ的な世界探究からどのようにしてどのような「倫理」を引き出せばいいのでしょうか。今回は、三人の本会会員に「ご登壇」いただき、倫理学、工学、現代哲学など様々なコンテクストを結びつけながら話し合ってまいりたいと思います。

発表・パネリスト

吉田 量彦 (東京国際大学教授・倫理学)

吉田 善一 (東洋大学教授・工学)

管原 潤  (日本大学教授・哲学)

司会・粂川 麻里生(慶應義塾大学)

*シンポジウムの様子は、会の記録として、録画録音させていただきます。公開はいたしません。

導入:14:00-14:10

発表①:14:10-14:55(質疑応答を含む)

超越者のいない世界の倫理と倫理学


吉田量彦(東京国際大学)

 倫理学という言葉はあまり世間に浸透していない印象を受ける。これは一方では世間のせいである。世間の関心は倫理についての哲学的考察よりも、むしろ特定の倫理を自明視し、これをみんなに「守らせる」ことに集まりがちだからである。しかし、もう一方では倫理学のせいでもある。20世紀の倫理学が「倫理的用語に言語分析を加える」ことに腐心するあまり「私たちが倫理学に漠然と期待するような問題をすべて無視」してきたという清水幾太郎の苦言は、今なおその重みを失っていない。

 相対主義と実証主義の手荒い洗礼をくぐり抜けた21世紀の倫理は、駄々をこねる子供のように超越的な価値にしがみつく倫理ではなく、自らの根拠を絶えず批判的に問い直す、ある種の内在の倫理とならざるをえないだろう。ゲーテも傾倒した17世紀の哲学者スピノザがそうした内在の倫理を構想していたことは、その主著がはっきり『エチカ(倫理学)』と名付けられているにもかかわらず、今日あまり強調されることがない。本報告では、超越的人格神の恩寵も自由意志もない世界で、それでも自由に生きる可能性をしぶとく追及した稀有な試みとして、スピノザの「倫理」とその今日的意義を明らかにしてみたい。

発表②:14:55-15:40(質疑応答を含む)

自然科学と非近代西欧の融合について ―AI, IoTと井上円了の世界観

吉田 善一(東洋大学)

自動運転、物流システム、ロボットなどに、人工知能(AI)を組み込む技術が普及しつつある。しかし、AIは人間を疎外するものではないのだろうか? 単に技術的な問題というよりも、AIを高度に哲学的な問題として捉えつつ、設計思想の根本に人間尊重を位置づける現代的な意義と方法を探りたい。他方、東洋大学の創設者・井上円了は、近代西洋を学んだ啓蒙家としても活動しつつ、非近代西洋的な世界観の価値をも認めようとする思想的挑戦をおこなった。井上的な世界観を通じて、IoT(モノのインターネット)、ロボット、AI、ビッグデータなどの新たな技術に関する倫理的問題における日本、あるいは東洋の思想の有用性の抽出を試みたい。近代西洋と近代自然科学の根本的な批判者であったゲーテの問題意識も参照しつつ、考察する。

休憩:15:40-16:00

発表③:16:00-16:45

近代の超克とポストモダンを超えるもの(質疑応答を含む)

菅原 潤(日本大学)

戦前におこなわれた座談会の「近代の超克」と80年代に流行したポストモダンは、前者が太平洋戦争遂行のためのスローガン、後者が後期資本主義社会の文化的謳歌という風に大きく内容を異にすると思われるが、いずれもニーチェ流のニヒリズムの克服という枠組みを前提とする点で、大した違いはないと思われる。

近年話題になっている新実在論は、後者のポストモダンの延長上で捉えられるきらいがあるが、新実在論の旗手の一人で堅実なシェリング研究者であるイアン・ハミルトン・グラントの提唱する「地質哲学」の見地に立てば、あくまでも人間中心主義の立場から永遠回帰を唱えるニーチェの枠組みを脱して、超越論的火山活動という立場から人類以後の世界を思考する方向性により、新実在論は近代の超克とポストモダンを超える起爆力を有すると考えられる。

ディスカッション:16:45-17:50

オンライン懇親会:18:00-19:30

*ご自身で、お手元にお飲み物、おつまみをご用意ください。

*当然ながら、参加費は無料です。




入会のご案内

ゲーテ自然科学の集いは、人文科学と自然科学の創造的な融合に関心をお持ちの方の入会をお待ちしております。

学会誌『モルフォロギア』(年一度発行)に投稿できる正会員は年会費5000円、学会誌を購入し、情報を共有する賛助会員は年会費2000円です。入会金はありません。

お問い合わせはoffice@goethe-natur.infoまでお願いいたします。

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45慶應義塾大学文学部粂川研究室office@goethe-natur.info© 2015 ゲーテ自然科学の集い