井深 陽子
慶應義塾大学経済学部 准教授

連絡先
慶應義塾大学経済学部
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
Email: ibuka [at] econ.keio.ac.jp

 
公刊論文
  • Eric B. French, Jeremy McCauley, Maria Aragon, Pieter Bakx, Martin Chalkley, Stacey H. Chen, Bent J. Christensen, Hongwei Chuang, Aurelie Côté-Sergent, Mariacristina De Nardi, Elliott Fan, Damien Échevin, Pierre-Yves Geoffard, Christelle Gastaldi-Ménager, Mette Gørtz, Yoko Ibuka, John B. Jones, Malene Kallestrup-Lamb, Martin Karlsson, Tobias J. Klein, Grégoire de Lagasnerie, Pierre-Carl Michaud, Owen O'Donnell, Nigel Rice, Jonathan S. Skinner, Eddy van Doorslaer, Nicolas R. Ziebarth and Elaine Kelly,  "End-Of-Life Medical Spending In Last Twelve Months Of Life Is Lower Than Previously Reported." Health Affairs 2017; 36(7):1211-1217. 
  • Yoko Ibuka, Stacey H. Chen, Yui Ohtsu, Nobuyuki Izumida, "Medical Spending in Japan: An Analysis Using Administrative Data from A Citizen's Health Insurance Plan." Fiscal Studies, 2016; 37(3-4): 561-592.
  • Yoko Ibuka, Shun-ichiro Bessho, "Out-of-pocket Payments and Community-wide Health Outcomes: An Examination of Influenza Vaccination Subsidies in Japan." Health Economics, Policy and Law, 2016; 11: 275-302. 
  • Yoko Ibuka, Shun-ichiro Bessho, "Subsidies for Influenza Vaccination, Vaccination rates, and Health Outcomes among The Elderly in Japan. " Japan and the World Economy 2015; 36: 56-66. 
  • Yoko Ibuka, Yasushi Ohkusa, Tamie Sugawara, Gretchen B. Chapman, Dan Yamin, Katherine E. Atkins, Kiyosu Taniguchi, Nobuhiko Okabe, Alison P. Galvani, "Social Contacts, Vaccination Decisions and Influenza in Japan." Journal of Epidemiology and Community Health 2016; 70: 162-167. 
  • Yoko Ibuka, Meng Li, Jeffrey T. Vietri, Gretchen B. Chapman, Alison P. Galvani, "Free-riding Behavior in Vaccination Decisions: An Experimental Study." PLoS One 2014; 9(1) : e87164. 
  • David P. Durham, Eric M. Poolman, Yoko Ibuka, Jeffrey P. Townsend, Alison P. Galvani, "Reevaluation of Epidemiological Data Demonstrates That It Is Consistent with Cross-immunity among Human Papillomavirus Types." The Journal of Infectious Diseases 2012; 206(8): 1291-1298.
  • Yoko Ibuka, A. David Paltiel, Alison P. Galvani, "Impact of Program Scale and Indirect Effects on the Cost-effectiveness of Vaccination Programs." Medical Decision Making 2012; 32(3): 442-446. 
  • Gretchen B. Chapman, Meng Li, Jeffrey T. Vietri, Yoko Ibuka, David Thomas, Haewon Yoon, Alison P. Galvani, "Using Game Theory to Examine Incentives in Influenza Vaccination Behavior." Psychological Science 2012; 23(9): 1008-1015. 
  • Tamie Sugawara, Yasushi Ohkusa, Yoko Ibuka, Hirokazu Kawanohara, Kiyosu Taniguchi, Nobuhiko Okabe, "Real-time Prescription Surveillance and its Application to Monitoring Seasonal Influenza Activity in Japan." Journal of Medical Internet Research 2012; 14(1):e14. 
  • Daniel Jonas, Yoko Ibuka, Louise B. Russell, "How Much Time Do Adults Spend on Health-related Self-care? Results from the American Time Use Survey." Journal of the American Board of Family Medicine 2011; 24(4): 380-390. 
  • Meng Li, Gretchen B. Chapman, Yoko Ibuka, Lauren A. Meyers, Alison P. Galvani, “Who Got Vaccinated against H1N1 Pandemic Influenza? – A Longitudinal Study in Four U.S. Cities.” Psychology and Health 2012; 27(1): 101-115. 
  • Yoko Ibuka, Gretchen B. Chapman, Lauren A. Meyers, Meng Li, Alison P. Galvani, “The Dynamics of Risk Perceptions and Precautionary Behavior in Response to 2009 (H1N1) Pandemic Influenza.” BMC Infectious Diseases 2010; 10:296.  
  • Deborah Carr, Yoko Ibuka, Louise B Russell. "How Much Time Do Americans Spend Seeking Health Care? Racial and Ethnic Differences in Patient Experiences." Research in the Sociology of Health Care 2010, The Impact of Demographics on Health and Health Care: Ethnicity and Other Social Factors; 28:71-98. 
  • Jennifer L. Lund, K. Robin Yabroff, Yoko Ibuka, Louise B. Russell, Paul G. Barnett, Joseph Lipscomb, William Lawrence, Martin L. Brown. "Inventory of Data Sources for Estimating Health Care Costs in the United States." Medical Care, Supplement 1 2009, Health Care Costs: Data, Methods, Future Directions; 47(7):S127-142.
  • Louise B. Russell, Yoko Ibuka, Deborah Carr. "How Much Time Do Patients Spend on Outpatient Visits? The American Time Use Survey." The Patient 2008; 1(3):211-222.
  • Louise B. Russell, Yoko Ibuka, Katharine G. Abraham. "Health-Related Activities in the American Time Use Survey." Medical Care 2007; 45(7):680-685.
  • Naoyuki Yoshino, Sahoko Kaji, Yoko Ibuka. "The Stabilization of an Open Economy with Capital Controls: An Analysis Using Malaysian Data." Asian Economic Papers 2003; 2(3): 63-83.
公刊論文(日本語)

井深陽子「予防行動におけるリスクの役割-ワクチン接種の事例」『家計経済研究』 2014 Winter, No.101: 32-41.

本の章
「市町村の予防接種助成ー予防か横並びか?」(別所俊一郎との共著)小川光編『グローバル化とショック波及の経済学--地方自治体・企業・個人の対応』第5章 (99-126頁)、有斐閣 2016.
「東日本大震災被災地企業の復興状況ー2015年度震災復興企業実態調査の概要と復興の全体像ー」(西山慎一・増田聡との共著)東北大学大学院経済学研究科地域産業復興調査研究プロジェクト編『東日本大震災復興研究V 震災復興は東北をどう変えたか 震災前の構造的問題、震災から5年目の課題、これからの東北の新たな可能性』第1章(4-21頁)、南北社 2016.
「医療保険の自己負担率と受診行動-疾病ごとの相違」(庄司啓史との共著)吉野直行・亀田啓悟・中東雅樹・中田真佐男編『日本経済の課題と進路 経済政策の理論・実証分析』第7章(130-160頁)、慶應義塾大学出版会 2015. 
「PPP/PFIの成功要因・評価方法の研究動向」(鎌田裕美・濱秋純哉との共著)山内弘隆編『運輸・交通インフラと民間活力』第11章(281-300頁)、慶應義塾大学出版会 2014. 
「世界のPPP/PFIの実施状況」(鎌田裕美・濱秋純哉との共著)山内弘隆編『運輸・交通インフラと民間活力』第10章(269-280頁)、慶應義塾大学出版会 2014. 
「医療・公衆衛生における公的役割・介入のあり方-予防接種政策を事例として」山内弘隆・上山信一編『公共の経済・経営学-市場と組織からのアプローチ』第9章(211-238頁)、慶應義塾大学出版会 2012.
「マレーシアの資本移動規制とオープンマクロ経済の安定化」(吉野直行・嘉治佐保子との共著)吉野直行編『アジア金融危機とマクロ経済政策』第2章(23-49頁)、慶應義塾大学出版会 2004.

書評

Y Ibuka "Health Systems in Low- and Middle- income Countries edited by Richard D. Smith and Kara Hanson, Oxford: Oxford University Press, 2012, xix +288 pp." The Development Economies 2013; 51(4): 411-413. 

寄稿など

井深陽子 女性経済学者を訪ねて 第42回 日本評論社『経済セミナー』2017年2・3月号: 5-8. 
井深陽子「「方法」と「対象」のはざまで」慶應義塾『三田評論』  (Researcher's eye) 2017年1月号:27. 
井深陽子「予防接種と医療経済」南山堂『治療』Vol.98(4): 546-550, 2016年. 
井深陽子「費用対効果分析における技術の外部性-感染症疫学モデルの利用」医学書院『病院』Vol.74(6): 424-429, 2015年.
井深陽子「医療保険制度とビッグデータ:市町村国保資格証交付の受診に対する影響」 ほくとう総研『NETT』 Vol. 87. 2015年冬号:18-21. 
井深陽子「医療の経済学-予防接種の意思決定と政策」東北大学広報誌『まなびの杜』 2014年春号.
井深陽子「自己負担率と健康-「くらしと健康の調査」を用いた分析-」一般財団法人 統計研究会 ECO-FORUM 2014年2月号: 34-42. 
井深陽子・庄司啓史「中高年者の受診行動:身体機能との関係から」 日本統計協会 月刊誌『統計』 2013年12月号: 15-22.
馬欣欣・柿原浩明・井深陽子・米田紘康・山口道利「医師の処方行動の経済分析」社会保険研究所『社会保険旬報』 No.2541: 6-12, 2013年8月21日. 
井深陽子「自治体独自の医療費助成があると、健康にプラスなのか?」日経ビジネスオンライン「気鋭の論点」2013年5月16日(リンク).
井深陽子「フェイスブックと肥満・喫煙・インフルエンザの不思議な関係」『新しい経済の教科書 2012』日経BPムック、日経ビジネス. 2012. (オンラインバージョンはこちら 2012年3月6日)

競争的資金、フェローシップ

研究代表者

2016年度 公益財団法人清明会 研究助成
2016年度 一橋大学経済研究所共同利用・共同研究拠点事業プロジェクト研究 一橋大学経済研究所
2016年度 - 2018年度 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 日本学術振興会(#16K03694)
2015年度第1回 研究スキルアップ 東北大学男女共同参画センター
2014年度第2回 研究スキルアップ 東北大学男女共同参画センター
2014年度 - 2015年度 科学研究費補助金 若手研究(B)(#26780168) 日本学術振興会
2013年度 医療経済研究機構研究助成 一般財団法人医療経済研究機構
2013年度後期 海外派遣援助金 一般財団法人東北開発記念財団
2012年度 研究奨励金 公益社団法人日本経済研究センター
2011年度 - 2012年度 科学研究費補助金 研究活動スタート支援(#23830025) 日本学術振興会 
2009年 安倍フェローシップ Social Science Research Foundation及び独立行政法人国際交流基金日米センター
2004年 Peter Asch Memorial Scholarship for outstanding research in applied microeconomics ラトガース大学経済学部 
2002年 - 2005年 海外派遣留学生 財団法人吉田育英会

研究分担者

2017年度 - 2019年度 日本医療研究開発機構 委託金 (「感染症対策に資する数理モデル研究の体制構築と実装」)(研究代表者:西浦博)国立研究開発法人日本医療研究開発機構
2016年度 - 2019年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究代表者:森田果)日本学術振興会 (#16H03564)
2015年度 - 2016年度 日本医療研究開発機構 委託金(「感染症対策における政策判断のための数理モデル研究基盤の構築と発展」)(研究代表者:西浦博)国立研究開発法人日本医療研究開発機構
2014年度 厚生労働科学研究委託費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)(研究代表者:西浦博) 厚生労働省 
2013年度 - 2015年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)(#25285089) (研究代表者:板谷淳一) 日本学術振興会

学会発表、セミナー発表

学会発表

2017年1月 東アジア5大学経済学部合同シンポジウム. 慶應義塾大学. 
2016年10月 Japan-Taiwan-Korea Health Economics Associations joint conference. ソウル大学. 
2016年 9月 医療経済学会. 早稲田大学.
2015年 9月 医療経済学会. 京都大学. 
2015年 7月 International Health Economics Association. ボッコーニ大学. 
2015年 5月 日本経済学会春季大会. 新潟大学.
2015年 3月 Medical Spending across the developed world. Institute for Fiscal Studies. ロンドン. 
2014年 12月 中央研究院経済研究所MMW2014. 台湾中央研究院.
2014年 10月 九州大学IMI研究集会. 九州大学. 
2014年 6月 日本経済学会春季大会. 同志社大学. 
2013年 9月 日本経済学会秋季大会. 神奈川大学.
2013年 7月 International Health Economics Association. シドニー.
2012年 8月 European Economic Association. マラガ.
2012年 6月 Canadian Health Economists' Study Group. アルバータ大学
2012年 6月 日本経済学会春季大会. 北海道大学. 
2012年 4月 日本感染症学会.長崎. 
2011年 10月 日本経済学会秋季大会(特別セッション). 筑波大学. 
2011年 9月 医療経済学会. 法政大学. 
2010年 6月 American Society of Health Economists. コーネル大学. 
2009年 10月 Society for Medical Decision Making. ハリウッド.  
2009年 6月 AcademyHealth. シカゴ.(ポスター発表)
2008年 10月 Society for Medical Decision Making. フィラデルフィア. (ポスター発表)

招待報告

2015年1月14-16日 日本学術振興会(JSPS)ボン研究センター「人文社会科学分野における知識移転」. ゲッティンゲン.

セミナー発表

2017年: 滋賀大学, 東北大学, 医療科学研究所, 一橋大学 
2016年: シドニー工科大学, 慶應義塾大学
2015年: 関西労働研究会, 東京労働経済学研究会, 東北大学, 一橋大学
2014年: 国立社会保障・人口問題研究所
2012年: 国立社会保障・人口問題研究所, 東北大学, 関西公共経済学研究会 
2011年: 横浜国立大学, 国立社会保障・人口問題研究所 
2010年: 一橋大学(国際・公共政策大学院), 立命館大学 
2009年: イェール大学 (公衆衛生大学院) 
2008年: 政策研究大学院大学 
2007年: ラトガース大学 

討論者

2017年9月 日本財政学会, 立教大学. 
2017年9月 日本経済学会秋季大会, 青山学院大学. 
2017年9月 医療経済学会, 慶應義塾大学.
2016年11月 応用計量経済学カンファレンス, 大阪大学. 
2016年9月 医療経済学会, 早稲田大学. 
2016年6月 日本経済学会春季大会, 名古屋大学.
2015年9月 日本経済学会秋季大会, 上智大学. 
2015年7月 International Health Economics Association, ボッコーニ大学. 
2014年10月 日本経済学会秋季大会, 西南学院大学. 
2014年 6月 日本経済学会春季大会, 同志社大学. 
2013年 9月 日本経済学会秋季大会, 神奈川大学. 
2011年 10月 日本財政学会, 成城大学. 
2011年 9月 医療経済学会, 法政大学. 
2011年 7月 PECC International Workshop on Social Resilience Project 2011, 国際問題研究所. 

学会活動など
2017年  医療経済学会第12回研究大会 プログラム委員
2016年        医療経済学会第11回研究大会 プログラム委員
2015年        日本経済学会2015年春季大会 プログラム委員

授業担当

医療経済学(慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科)2017
Health Economics (慶應義塾大学 経済学部)2016, 2017
医療経済学(慶應義塾大学大学院 経済学研究科)2016, 2017
医療経済学(慶應義塾大学 経済学部)2016, 2017
中級ミクロ経済学(東北大学大学院 経済学研究科)2015
医療福祉経済(東北大学 経済学部)2014, 2016
Health Policy(国際大学 国際関係学研究科)2013, 2014, 2015
Health Economics (東北大学大学院 経済学研究科 / GPEM) 2013, 2015
ミクロ経済分析(一橋大学 国際・公共政策大学院)2011, 2012
応用計量経済分析(一橋大学 国際・公共政策大学院)2011, 2012
経済統計分析(一橋大学 国際・公共政策大学院)2011, 2012
ミクロ経済学入門(ラトガース大学 経済学部)2007

Summer boot camp of infectious disease modeling 2014, 2015, 2016, 2017  

査読
学術誌
Japanese Economic Review, Health Policy, Japan and the World Economy, Social Science & Medicine Population Health, Hitotsubashi Journal of Economics, Journal of Economic Behavior & Organization, Vaccine, PLoS ONE, Health Care Management Science, BMC Infectious Diseases, Medical Decision Making, Journal of Infectious Diseases, Journal of Economic Education.
季刊社会保障研究, 日本労働研究雑誌. 
競争的資金
U.S. National Science Foundation, Health Services Research Competitive Research Grant (National Medical Research Council, Singapore).  
学会
Reviewer of abstract submissions for the annual meeting of the Society for Medical Decision Making (2010, 2011, 2012, 2013); for the congress of the International Health Economics Association (2014).