主イエス・キリストを信じる教会です。歓迎致します。

2018年度 年間主題

「主に望みをおく人は新たな力を得る」


   聖句 

 「主に望みをおく人は新たな力を得 

  鷲のように翼を張って上る。

  走っても弱ることなく、歩いても

  疲れない。

        イザヤ書40章31節


クリスマスの予定

・クリスマス礼拝は12月23日(日)午前10時30分からです。
どなたでもおいでください。

・キャンドルライトサーヴィスは12月24日(月・祝)夜7時からです。どなたでもおいでください。

2018年12月16日

主日礼拝
説教題:「世に憎まれるために」
聖 書:ヨハネによる福音書15章18節〜16章4節
説教者:大矢誉生牧師 

教会の歴史

日本バプテスト横浜教会は、1873(明治6)年キリシタン禁制の高札が撤廃された直後の日曜日の32日、山手203番の仮住いの地に米国バプテスト宣教師同盟のネーサン・ブラウン、ジョナサン・ゴーブル両宣教師夫妻によって設立されました。数日後、準備されていた本拠地山手75番に移り、宣教活動が始められた日本で二番目のプロテスタント教会です。この教会から、横浜バプテスト神学校(現:関東学院)が生まれ、ブラウン牧師の建てた聖書の印刷所は、夫人のシャーロットが7名の女子教育を行い、捜真学院のはじまりとなりました。

ネーサン・ブラウン牧師
ジョナサン・ゴーブル宣教師
教会設立の契約書

 山手から町に伝道するために寿町に建てた会堂は、関東大震災と横浜大空襲で二度焼けましたが、コンクリートの外壁が残ったので、1980(昭和55)までの57年間使用した後、取り壊しました。現在の教会堂は、1981年に献堂し、今に至ります。
 戦後、寿町は駐留軍に接収されます。当時の時田信夫牧師は、教会が米国から伝えられたバプテスト教会であることをGHQに伝え、米軍接収地内に教会が存続する許可を得ます。教会は、接収解除まで9年間、カマボコ兵舎に囲まれた状態が続きました。(合わせて歴史写真をご覧下さい。)

     旧教会堂             現在の教会堂



教会へのアクセス





日本バプテスト同盟にリンク
http://www.jbu.or.jp/
ウィキペディアにリンク 
礼拝・集会のご案内

 日曜日の集会

  主日礼拝  毎週日曜日朝10時半から

  子ども礼拝 毎週日曜日朝9時から

  分級幼少科 毎週日曜日朝9時半から

  分級高学年 毎週日曜日朝9時半から

  分級成人科 毎週日曜日朝9時半から

  女性会   第三日曜日礼拝後

 平日の集会

  聖書を読む会  木曜日昼1時から 

    (夏期・冬期の休会期間あります。)

当教会では新共同訳聖書、讃美歌21を使用
しています。
教会にてお貸しすることもできます。

子どもの礼拝は朝9時から行っています。
その後、少しのお楽しみの時間を持ちます。
捜真、関東学院六浦・三春台、横浜英和、
公立小学校等児童が参加しています。
大人向けに成人科も行っていますので、
参加お待ちしています。


    子ども礼拝のようす(収穫感謝礼拝)





クリスマス礼拝のようす
どなたでもおいでください。






横浜外国人墓地のブラウン師の墓石と新約全書





日本バプテスト同盟

 宗教法人 日本バプテスト横浜教会

             231-0026 横浜市中区寿町2-5-8

             電話&FAX 045-681-8926

 教会HP https://sites.google.com/site/yokohama1baptist/

 E-mail   spw87dg9@wish.ocn.ne.jp

 献金先    ゆうちょ銀行 

               口座番号 00260-7- 735     日本バプテスト横浜教会

        牧師 大矢誉生(オオヤタカオ) 

        協力牧師 佐藤洋晴(サトウヒロハル)