会社概要‎ > ‎

墨会館(Sumi kaikan)

   墨会館(すみ かいかん)
  竣工:1957(昭和32)年 
  設計:建築家 丹下健三 氏
  2008(平成20)年に登録有形文化財として文化庁から登録認定されました。
  RC造、コンクリート打ち放しの閉鎖的な外観に対して、内部空間は開放的であり、
  伝統を踏まえたコンクリート構造表現を追及した、建築家・丹下健三の代表的建築
  のひとつと言われています。
  艶金興業株式会社 3代目社長 墨敏夫(故)により、当時東京大学工学部建築学科
  助教授であった丹下健三氏へ依頼したものです。
  完成後は当社の本社として、事務所、及びイベントホールとして使用していましたが、
  2010(平成22)年12月に一宮市へ譲渡しました。
  ※2014(平成26)年11月より、尾西生涯学習センター墨会館・小信中島公民館として
   開館されました。(下記の写真は2010(平成22)年のものです)