アドバイス‎ > ‎

‪初心者の方に‬

「太極拳を始めた方に」

太極拳は武術として発展して来た運動です。
自然な身体使いから健康法として多くの人々に受け入れられて、日本でも親しまれる運動として認知されて来ました。ゆっくりとした動きの中で内容の有る動作、型を作りながらの運動です。初めて太極拳を体験した時、ゆっくり動くからやさしい運動だと思うと、イメージと実際の違いにとまどうかも知れません。ゆっくり動くと重心の掛かる軸脚の負荷に驚くことだと思います。下半身の運動量は見た目よりはるかに大きいからです。ゆっくり動く運動の感性に合わない人もいます。体験して面白いと感じたら是非続けて下さい。興味がふくらむのも太極拳の運動の特性です。


初めて太極拳を始める方へのアドバイス

①姿勢を正しく保つ(立身中正)
②肩をリラックスさせる(沈肩墜肘)
③動作を出来るだけ正しく覚える
④呼吸は自然にする(動作に関係なく吸ったり、吐いたり無理に規制しない)
⑤重心の移動をはっきりさせる(虚実分明)

以上の様な注意ポイントを大切にしましょう。
必要以上に余分な先入観を持たずに自然体で習いましょう。


「初級クラスのアドバイス」

簡化24式太極拳の套路を覚えて、一人で起勢から収勢までが通して行える様になったら、初級クラスと考えられます。起勢から始まる套路を覚える事が大切なことです。動作に多少の不自然さや、硬さがあっても、套路の順番を覚える事です。この段階では難しい理論等は、あまり必要の無い事だと思ってください。