STOP!
「海外で戦争する国」
 憲法九条を守り、自衛隊の
 海外出動を阻止しましょう!


滋賀県大津市

山中比叡平 九条の会  


連絡先: yamahi9j@gmail.com  




      (九条の会ポスターの一部)


■戦争法反対の声を上げ続けましょう。

安倍内閣は、世論調査で国民の過半数が違憲とみなし、6割以上

 成立に反対し、8割以上が政府説明不足と感じていた戦争案を強行

 採決しました。首相は国民の強い批判を知りながら、米政府の実な

 下僕として、奇策を弄した共謀罪法案の強行採決など民主主義破壊

 の暴走続けています。


一旦戦闘に参加してしまうと、憎しみの連鎖が始まり、後戻りが困難に

なります。その先に待っているのは、言論統制と徴兵制です。

日本が憲法違反の軍事優先国家に転落し、戦争犠牲者が出るのを防ぐ

 -ために、私たち1人ひとりが声を上げ、平和国家の再建、戦争法廃止

と海外派兵阻止を求め続けましょう。


  戦争法に賛成の議員は、次の選挙落選させましょう。


例を示します。1つでも2つでも、出来る範囲でご参加ください。


次回行動は

 8月3日(金)13:00~ 全国一斉ポスター掲示です。

  (12:55 団地内コンビニ前集合)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7.29 安倍9条改憲NO!滋賀県民集会

日時: 2018年7月29日()14:00~16:30(開場 13:00)

 集会後デモ

第一部:東京新聞社会部記者 望月衣塑子講演会

  ー 進む政治の私物化 瓦解する官僚たち

第二部:望月衣塑子×河かおる トークセッション

会場: 滋賀県人権センターホール 

主催: 安倍9条改憲NO!市民アクション滋賀

     詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

九の日街頭宣伝・署名活動

----本会独自の取り組みです。2015年1月より原則毎月9日に実施。

 昨年10月9日には衆院選公示を目前に控え15名が参加。憲法九条守れ、

 戦争法廃止、疑惑隠し解散許すな、武力でなく外交交渉を、力一辺

 倒は交渉力欠如をごまかす主張、などとリレートークしました。

 7月9日は13名が3,000万人統一署名に取り組みました。

ーーーーーーーーーーーーーー ーー 九の日行動風景 20180709

---次回は8月9日(木17:30から大津京駅前の予定です

 (17:10 「やまびこ」前集合


毎月19日ほかの統一行動

----毎月19日は全国統一行動日として近隣のグループと共同でとり組ん

います。(本年2月以降は市民アクション・滋賀の統一行動の一環。)

 戦争法強行採決から2年目の昨年9月19日(火)には、25名が参加。疑惑

 隠し、改憲強行を狙う冒頭解散の動きに怒りを込めて宣伝しました。

 この日、国会前でも1万5千人が戦争法の廃止を訴えました。(関連記事

 6月19日(火)は昼間と夕方の2グループに分かれて行動。私たちの参加し

 た夕方組は、朝鮮半島情勢が大きく動いても相変わらず九条を改憲し、

 軍備拡張・自衛隊を海外で戦わせようとする安倍政権の退場を求め、

 3000万人署名と宣伝活に取り組みました。(14名が加) 

 7月19日(木)にも14名が参加しました。

次回は8月19日()17:30~ 大津京駅前の予定です

 (17:10 「やまびこ」前集合

----------------------                       -------               統一行動風景 20180619--

毎月3日のポスター掲示運動

----作家の澤地久枝さんが提唱されている運動です。毎月3日午後1時から

----全国一斉に「アベ政治を許さない」のポスターが掲げられています。

----山中比叡平地区では、有志の皆さんがコンビニ前道路で掲示されます。

---133回目の7月3日(火)には猛暑の中10名の皆さんが参加されました。

 次回は8月3日(金)13:00~13:30の予定です。

                                               「山中比叡平スタンディングの会」の皆さん 20180703


●署名する、署名を集める

安倍政権による憲法九条改悪に反対する全国統一3000万人署名

安倍政権による改憲阻止のため、9月に新たに
スタートした署名です。

 一昨年10月時点で1580万筆を数えた「戦争

の廃止を求める2000万人統一署名」以上の、

全国的な取り組みが開始されました。

日本が米国の戦争に巻き込まれ、自衛隊員の

皆さんが米軍の手足として犠牲にならないよう、ご協力お願します。


 下記は、一昨年秋より街頭でお願いしてきた署名です。

沖縄県民の民意尊重と基地の押しつけ撤回を求める全国統一署名


憲法9条を保持してきた日本国民にノーベル平和賞を授与ください

 の署名も継続されています。

2017年8月5日付「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の見解


●ポスターを掲示する

----九条の会ポスター(本ページ上部のものほか)の掲示にご協力ください。


おしらせ

■ 会報(2018年4月22日)を発行しました。


■「安倍9条改憲NO!市民アクション・滋賀」発足

2018年2月3日、プラザ淡海大会議室で首記市民アクション・滋賀
のキックオフ集会が開催され、会場一杯の300名が参加しました。
 護憲、戦争法廃止、核兵器禁止などの運動をしてきた様々な団体・
 グループ・個人が共同して、安倍九条改憲阻止を目指します。
 今後全国3000万筆目標の統一署名や県内各地での統一行動、主要紙
 への意見広告掲載などが繰り広げられます。(毎日新聞20180204


(以下は2017年分です。)


第13回総会報告

第13回総会を2017年11月23日(木・祝)午後、自治会館やまびこで

 開催ました。(38名参加)

全員合唱に続き、石川賢治弁護士による「九条に自衛隊明記は日本を

へ?」、アムネスティ・インターナショナル日本元理事柴田重徳

 さんによる「憲法が保障する人権があぶない」の二講演があり、安倍

 政権による平和と基本的人権破壊の進行への危機感を共有しました。

その後の総会では、活動報告、会計報告と同監査報告、新年度役員と、

 有権者の過半数を目標とする3000万人統一署名への取り組みなどの

 来期方針が承認されました。


■会報(2017年11月5日)を発行しました。


■九条の会が声明を発表

 2017年10月22日の総選挙結果を受けて、10月27日に九条の会の声明が

 出ました。内容はこちら


■会報(2017年10月3日)を発行しました。


■県内全選挙区に市民と野党の統一候補擁立へ

 2017年9月30日()午後、近江八幡市内で開催された市民の会しが

「野党共闘を実現して総選挙に完全勝利する9.30滋賀県民集会」

 において、全国に先駆け県内全4選挙区で市民と野党の共闘が実現する

 ことが発表されました。

  10月1日()昼には、一区つなぐ会が大津京駅前で宣伝にとりくみ、

 50名が参加しました。工夫を凝らした横断幕やプラカードが立ち並び、

 一区予定統一候補者をはじめ参加者が、民を無視して九条改憲に向

 う勢力に打ち勝とうと、次々と夫々の思いをリレートークしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 一区つなぐ会の宣伝風景 20171001


■市民と政治をつなぐ@大津・高島の会結成

 2017年9月24日()午後、ピアザ淡海ホールにて354名の参加で首記

 会(略称:一区つなぐ会)が結成され、衆院選での野党統一候補勝利に

 向けた市民運動が本格的にスタートしました。集会では4野党の挨拶が

あり、自由党小沢代表のメッセージも紹介されました。(毎日20170925)


■「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が発足

2017年9月8日夜、東京中野区の「なかのZEROホール」で、学者・

評論家・作家・医師・ジャーナリストなど19人を発起人とする首記

 市民アクション発足式が開催され、1500人が参加しました。

九条の会も実行委員会に参加しており、改憲反対3000万人統一署名

 など、全国的大運動が開始されます。

 (exciteニュース9月11日)(九条の会事務局のよびかけ


「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会が見解発表

 2017年8月5日発行の同委員会ニュースNo.15において、「野党統一候補で

 与野党逆転をめざす」と「憲法九条を守ってきた日本国民にノーベル平和

 賞を」を一体の国民大運動として取り組む方針が示されました。 


■署名集計報告

2017年6月15日時点で

  [戦争法の廃止を求める2000万人統一署名】      968筆。

 【憲法9条を保持してきた日本国民にノーベル平和賞】873筆+NET分。

-

■共謀罪法案強行採決に対する緊急抗議行動

2017年6月15日(木)、17時30分より大津京駅周辺の住民の会や九条

 の会など計30名弱が参加。国民監視を許さず、安倍政権を退陣させ

 うと、リレートーク、ポスター掲示、ビラ配布、署名にとり組みました。

 この日は草津、膳所、石山など県内各地で抗議行動が実施されました。

大津京駅前 20170615


■「共謀罪の創設に反対する緊急署名」累計144万筆超

6月6日に累計144万3550筆に到達。その後も1万筆以上積み上げ中。


■「日本国憲法施行70周年にあたって

 2017年4月27日に九条の会が首記訴えを発表しました。 


■会報(2017年4月15日)を発行しました。


(以下は2016年分です。)


第12回総会報告

第12回総会を2016年11月13日()午後、山中比叡平市民センターで開催

 しました。(45名参加)

ミニコンサートに続き、自由法曹団滋賀支部の石川賢治弁護士による講演

 があり、天皇、国旗と国歌、基本的人権の限界、表現の自由、憲法尊重擁

 護義務、平和主義、緊急事態宣言などについて、複数の説を対比しなが

 ら、自民党の改憲案の問題点をり下げて解説されました。

その後の総会では、様々な取り組みの担当者からの活動報告、会計報告と

 同監査報告、新年度役員と、市民と野党の共同強化に向け、弁護士会、九

 条の会、市民の会などと連携してゆく来期方針が承認されました。

宣伝行動などを共同で取り組んでいる近隣グループ会員複数の参加もあ

 り、連帯の挨拶をいただきました。


■会報(2016年11月1日)を発行しました。


■参議院選挙の結果について

参議院選挙結果についての、7月11日付け九条の会声明はこちらです。


■会報(2016年6月号)を掲載しました。

 なお、選挙期間中はホームページの更新を休みます。


■2000万人統一署名、6月30日まで継続

4月25日の総がかり行動実行委員会の「お知らせ」はこちら


■民進の林久美子参院議員を野党統一候補に

4月24日に民進、共産、社民の野党3党の県組織が決定。民進公認の

 現職を共産、社民が推薦。(毎日新聞20160425


■5月3日の朝日新聞に「安倍政治にNO!」広告掲載へ

  4月21日の市民意見広告運動事務局から首記発表がありました。 

今回の広告掲載には本会も賛同しています。詳細はこちら


3野党県代表者、候補統一目指し合意文書作成へ。

4月9日()民進、共産、社民の各党県内代表者が栗東市内で協議し、

 今夏の参院選で統一候補を擁立するため、合意文書を作成する方針

 を固めた。(毎日新聞20160410


弁護士有志約1000人が4月下旬にも集団訴訟へ。

3月29日、「安保法制違憲訴訟の会」が記者会見しました。

  (毎日新聞20160329


■会報(2016年3月号)を掲載しました。


■5野党、戦争法廃止法案を国会に提出。

2月19日、5野党党首が会談し、戦争法廃止法案の国会提出と、国政

 選挙における協力で合意しました。20日には、草津市内で

 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが」

 の結成集会が開催され、野党共闘を求めて動き出しました。(記事


■違憲の戦争法合理化のための改憲を許すな!

2月8日、九条の会が緊急記者会見。詳細はをご覧ください。


3年連続 ノーベル平和賞候補にノミネート(推薦)

2016年2月4日発表。詳細はここをご覧ください。


■「滋賀・九条の会より」のページを追加

滋賀・九条の会ニュースに掲載された記事を抜粋してお知らせします。 

(以下は2015年分です。)


第11回総会報告 

第11回総会を2015年12月6日(日)午後住民交流センターで開催しました。

第一部のミニコンサートに続き、明日の自由を守る若手弁護士の会よびか

 け人・京都弁護士会憲法問題委員会委員長 諸富健弁護士による講演があ

 り、憲法のそもそも論から、戦争法の中身、廃止に向けた各界の動きと今

 後の運動の進め方まで、紙芝居もまじえわかりやすく解説されました。

その後の総会では、活動報告、統一署名・ノーベル平和賞署名への取り組

 み強化と街頭行動の継続などを含む新年度計画、会計報告と同監査報告、

 ならに新年度運営委員が承認されました。


安保関連法案の採決不存在確認と法案審議の再開申入れ

短期間に3万2千筆以上の署名が集まり、呼び掛け人の醍醐聡(だいごさと

し)東京大名誉教授(会計学)らが、山崎正昭参院議長と鴻池祥肇(よし

ただ)特別委員長に申し入れました。関連記事:東京新聞9月26日


■「九条の日」行動

9月9日(水)夕方、滋賀弁護士会が「九条の日」として県内9箇所で宣伝行

 動取り組まれました。本会は、それとは別に、今年13回目の「九の日行

 動」として、大津京駅前で署名・宣伝活動を行いました。近隣の九条の会

 の皆さんと一緒に、約20名で「憲法違反の戦争法廃案の声を上げよう」と

 訴えました。

9月19日()、29日(火)も実施。10月以降は毎月9日で継続しています。

■国会周辺に12万人・全国1000箇所以上で抗議行動

8月30日(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」

の呼び掛けに答え、全国規模の大々的な抗議行動が取り組まれました。

大津市内でも各地で実施されましたが、本会はJR石山駅前に350人集まっ

 た「しーこぷ。」主催の集会に参加しました。

  関連記事(京都新聞8月30日



違憲の新安保法制を許さない緊急集会&デモ
ー-8月21日(金)18:30からピアザ淡海で開かれた滋賀弁護士会主催の首記
 緊急集会には500名強が参加。集会後パルコ前までデモ行進しました。
 本会からは、ジョー・オダネル写真展見学後のメンバーを含め、約15名
 参加しました。

猛暑の中、緊急学習会

8月2日()午後、自治会館やまびこで緊急学習会が開催されました。

 京都第一法律事務所の奥村一彦弁護士より、新安保法制の動かしがたい

 違憲性と、危険なかつ法律案としてもあいまいな内容がわかりやすく解説

 され、「国民は理解した。だから反対、不支持が増大。街にでよう。」と

 しめくくられました。質疑応答、今後のとりくみ方針と当面の行動提起に

 続き複数の参加者からの戦争体験談や高名な翻訳者の発言などもあり、

 いに盛り上がった集会となりました。


国会周辺で7万人が安倍政治に抗議

 7月24日18時20分より日比谷野外音楽堂で「安倍政権No!」を訴える集会が

 開かれ本会からは4名が参加しました。集会後、国会周辺の抗議行動に移

 り参加者数は7万人(主催者発表)に膨れ上がりました。国会前南庭エリア

 はすし詰め満員電車内なみの混雑で、衆院強行採決後の国民の怒りの高ま

 りをひしひしと感じさせる集会でした。

  関連記事(東京新聞2015年7月24日


「新安保体制を許さない滋賀県民集会」開催

----7月20日(14:00から、膳所公園で滋賀弁護士会主催の集会が開催

  され、1300人超が参加。集会後、パルコまでパレードが行われました。

ーー本会参加者も、「憲法9条守ろう!」ののぼりや横断幕、プラカードな

 どを掲げ抗議の声を上げながら行進しました。

  関連記事(京都新聞2015年7月20日


■7月18日午後1時~ 全国一斉抗議行動
大津京駅前の抗議行動に、「アベ政治を許さない」を掲げて参加しました。
 団地内サークルK前でも、ポスターを掲げました。 


■滋賀・九条の会 戦争展 の案内書を掲示しました。
資料集のページをご覧ください。開催日は8月16・17両日に変わりました

■会報(2015年7月号)を発行しました。
お詫びと訂正:配布した会報に誤りがありました。
         お詫びして訂正します。
           1面 学集会     → 学習会
           2面 7月19日(土) → 7月19日(日)
              8月 2日(土)  → 8月2日(日)
  本HP上の会報は、訂正済みです。


衆院平和安全法制特別委員会委員3氏に要請書
----2015年6月30日、首記特別委々員3氏に要請書をFAXしました。
  「・・・日本語が理解出来る方であれば、日本国憲法のどこにも集団的
  自衛権行使を容認する余地がないことは明らかです。・・・平和憲法を持
  つ国家として、世界を憎しみの連鎖から解き放つ平和外交努力こそが、
  日本に求められています。・・・憲法を無視して『架空の危機事態』へ
  の軍事的備えに熱中するのは政治の堕落であり・・・」
  (全文はこちら

5月16日(土)開催の緊急学集会ビデオ
---2015年5月16日(土)の九条の会事務局緊急学集会
  「日米ガイドラインと戦争法案」のビデオが公開されています。
----2015年5月1日(金)付け、「九条の会事務局からの訴えと提案
----もあわせて、ご覧ください。 

戦争法案廃案請願署名用紙
九条の会の新しい署名用紙です。ダウンロードしてご利用ください。
  従来の「集団的自衛権容認閣議決定の撤回を求める」署名用紙とは
  別のものです。回収は従来同様にさせていただきます。


月例九の日行動
 2015年2月9日(月)17時半より、今年2回目の九の日行動(毎月9日、金
 曜日なら19日)として、JR大津京駅前にて宣伝・署名活動を行いました。
 雪のちらつく中、11名が参加し、集団的自衛権行使阻止を訴えました。
 自転車でかけつけて署名して下さる方もありました。
 第3回以降は3月9日(月)、4月15日(水)、5月9日()、6月9日(火)、
 7月と8月は月3回施しました。


 (以下は2014年分です。)

「海外で戦争する国にするな」 九条の会主催の集会
  &パレード
2014年11月24日(月)午後、東京の日比谷公会堂にて、九条の会主催の
 集会が開催され、全国から2500名が参加しました。本会からも4名が参加、
 集会後は銀座をパレードしました。



九の日街頭署名について

 毎月定例の九の日(9日、もし金曜日なら19日)街頭活動を始めます。
 第一回は2015年1月19日(月)夕方に街頭署名予定しています。
 参加いただける方は、運営委員まで、またはEメールでお知らせ下さい。


第10回総会報告 

 第10回総会を2014年11月16日(日)午後市民センター2階で開催しました。

 第一部のミニコンサートに続き、滋賀弁護士会副会長坂梨勝彦弁護士によ

 る集団的自衛権に関する講演がありました。坂梨弁護士は、この問題につ

 いてわかりやすく解説されるとともに、集団的自衛権行使に賛成している

 方々との対話の重要性を強調されました。


 その後の総会では、活動報告と新年度計画、会計報告と同監査報告、なら

 びに新年度運営委員が承認されました。


憲法九条にノーベル平和賞を! ネット署名
 神奈川県の主婦がはじめたプロジェクトチームの努力により、英国の
 ノーベル賞予想会社が2014年度平和賞の最有力候補と評価するまでに
 なりました。国内外からの賛同署名も、44万筆を超えています。今年度
 は受賞を逃しましたが、日本の平和憲法が世界中で認識される貴重な
 成果を生みました。
 来年度受賞への期待も高まっており、それに向けて署名活動が継続され
 ています。
 詳しくは、リンク先をご覧下さい。
ご記載になるメールアドレスは、念のため、フリ ーメール(Yahoo!メール、
 Gmailなどのものをご使用になるほうがよいでしょう。

「日本国憲法9条保持」が有力候補
   -ノーベル平和賞予想
10月3日(ブルームバーグ)今年のノーベル平和賞では、日本国憲法に
 基づく平和主義の堅持に向けた取り組みや、貧困問題に熱心に取り組ん
 できたフランシスコ・ローマ法王などが受賞者予想の有力候補に挙がって
 いる。