Profile

山中 祥太,博士(工学)Google Scholar

所属

ヤフー株式会社 サイエンス統括本部 Yahoo! JAPAN研究所 上席研究員

ニュース(最近の話題からピックアップ)

  • PACM IMWUTに投稿した論文が採択されました.UbiComp 2022で登壇発表予定です(主著)

  • HCOMP 2021に投稿した論文が採択されました(主著).

  • PACMHCIに投稿した論文が採択されました.ISS 2021で発表予定です(共著).


研究テーマ

ユーザインタフェース,運動性能のモデル化,ポインティング,ステアリング


研究業績

査読付き学術論文

  1. Shota Yamanaka, Hiroki Usuba. Computing Touch-Point Ambiguity on Mobile Touchscreens for Modeling Target Selection Times. PACM IMWUT, Vo.5, No.4, Article 186, 2021. [PDF] [arXiv]

  2. Hiroki Usuba, Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Modeling Movement Times and Success Rates for Acquisition of One-dimensional Targets with Uncertain Touchable Sizes. PACMHCI, Vo.5, No.ISS, Article 487, 2021. [PDF] [ACM] (Acceptance rate 29.9%)

  3. 礒本俊弥, 山中祥太, 志築文太郎. 凝視後にジェスチャを行うという一連の操作を用いた意図しない操作に堅牢な視線に基づく操作手法, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.23, No.1, pp.5-18, 2021. [Link]

  4. 薄羽大樹, 山中祥太, 宮下芳明. 直角に連結された幅の異なる経路をステアリングする操作のモデル化, 情報処理学会論文誌, Vol.62, No.2, pp.574-584, 2021. [Link]

  5. 薄羽大樹, 山中祥太, 宮下芳明. Motor WidthとVisual Widthの差を考慮したポインティングのモデル化利用統計を, 情報処理学会論文誌, Vol.62, No.2, pp.585-593, 2021. [Link]

  6. Shota Yamanaka, Hiroki Usuba. Rethinking the Dual Gaussian Distribution Model for Predicting Touch Accuracy in On-screen-start Pointing Tasks. PACMHCI, Vol.4, No.ISS, Article 205, 2020. [PDF] [ACM] (Acceptance rate 28.7%)

  7. Shota Yamanaka, Wolfgang Stuerzlinger. Necessary and Unnecessary Distractor Avoidance Movements Affect User Behaviors in Crossing Operations. ACM Transactions on Computer-Human Interaction (TOCHI), Vol27, No.6, Article 44, pp.1-31, 2020. [PDF] [ACM] [5-min presentation at CHI]

  8. Kaori Ikematsu, Shota Yamanaka. ScraTouch: Extending Interaction Technique Using Fingernail on Unmodified Capacitive Touch Surfaces. The Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT), Article No. 81, pp.1-19, 2020. [ACM DL]

  9. 池松香, 山中祥太, 坪内孝太, 椎尾一郎. Copernican-Touch: タッチサーフェスを指へ向けて動かし接触させるタッチ入力拡張技法. コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会論文誌), Vol.36, No.3, pp.20-32, 2019. [J-State]

  10. 薄羽大樹, 山中祥太, 宮下芳明. Motor WidthとVisual Widthが異なる状況下でのポインティング性能, 情報処理学会論文誌, Vol.60, No.4, pp.1184-1199, 2019. [PDF] [Link]

  11. Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Paper-cutting operations using scissors in Drury's law tasks. Applied Ergonomics, Vol.69, pp.32-39, 2018. [DOI] [PDF]

  12. 加藤 邦拓, 山中祥太, 宮下芳明. 2次元のタッチ操作を可能とする3Dオブジェクト, 情報処理学会論文誌, Vol.59, No.2, pp.670-680, 2018. [特選論文] [LINK]

  13. 山中祥太, ヴォルフガング・スターツリンガー, 宮下芳明. 連結した直線経路をステアリングする動作の分析とモデル化, 情報処理学会論文誌, Vol.59, No.2, pp.633-643, 2018.

  14. Shota Yamanaka, Homei Miyashita. A Study of the Steering Time Difference between Narrowing and Widening Circular Tunnels. Computer Software, Vo.33, No.4, pp.116-121, 2016. (Reprint: Information and Media Technologies, Vol.12, pp.40-45, 2017) [PDF] [DOI]

  15. 山中祥太, 宮下芳明. 無限大のサイズをもつターゲットのポインティングに関する調査, 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.4, pp.1319-1329, 2016.

  16. 山中祥太, 宮下芳明. 幅の変化する経路を逆向きにステアリングする時間の予測方法の提案, 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.794-802, 2016.

  17. 山中祥太, 宮下芳明. 細長いターゲットのドラッグ開始を支援する手法とその評価, コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会論文誌), Vol.33, No.1, pp.111-125, 2016. [PDF]

  18. 山中祥太, 宮下芳明. 重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法とその評価, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.15, No.3, pp.313-326, 2013. [第15回ヒューマンインタフェース学会論文賞] [PDF]

  19. 山中祥太, 栗原一貴, 宮下芳明. 注視していないことを利用したポインティング高速化手法とその評価, コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会論文誌), Vol.30, No.3, pp.53-63, 2013. [推薦論文] [PDF]

査読付き国際会議(登壇)

  1. Shota Yamanaka. Utility of Crowdsourced User Experiments for Measuring the Central Tendency of User Performance to Evaluate Error-Rate Models on GUIs. In Proceedings of HCOMP 2021, pp.155-165. [PDF] [AAAI]

  2. Toshiya Isomoto, Shota Yamanaka, Buntarou Shizuki. Relationship between Dwell-Time and Model Human Processor for Dwell-based Image Selection. In Proceedings of SAP 2021, Paper No.6, pp.1-5. [ACM]

  3. Shota Yamanaka. Comparing Performance Models for Bivariate Pointing through a Crowdsourced Experiment. In Proceedings of INTERACT 2021, pp.76-92. (Acceptance rate 27%) [PDF] [Springer]

  4. Shota Yamanaka, Keisuke Yokota, Takanori Komatsu. Time-Penalty Impact on Effective Index of Difficulty and Throughputs in Pointing Tasks. In Proceedings of INTERACT 2021, pp.100-121. (Acceptance rate 27%) [PDF] [Springer]

  5. Shota Yamanaka, Hiroki Usuba, Haruki Takahashi, Homei Miyashita. Servo-Gaussian Model to Predict Success Rates in Manual Tracking: Path Steering and Pursuit of 1D Moving Target. In Proceedings of UIST 2020, pp.844-857. (Acceptance rate 21.6%) [ACM] [PDF] [5-min presentation] [30-sec video]

  6. Shota Yamanaka. Evaluating Temporal Delays and Spatial Gaps in Overshoot-avoiding Mouse-pointing Operations. In Proceedings of Graphics Interface 2020, pp.440-451. (Acceptance rate 51.7%) [GI Proc]

  7. Shota Yamanaka, Hiroki Usuba, Haruki Takahashi, Homei Miyashita. Peephole Steering: Speed Limitation Models for Steering Performance in Restricted View Sizes. In Proceedings of Graphics Interface 2020, pp.461-469. (Acceptance rate 51.7%) [GI Proc]

  8. Shota Yamanaka, Kunihiro Kato, Tung D. Ta, Kota Tsubouchi, Fuminori Okuya, Kenji Tsushio, Yoshihiro Kawahara. SheetKey: Generating Touch Events by a Pattern Printed with Conductive Ink for User Authentication. In Proceedings of Graphics Interface 2020, pp.452-460. (Acceptance rate 51.7%) [GI Proc]

  9. Toshiya Isomoto, Shota Yamanaka, Buntarou Shizuki. Gaze-based Command Activation Technique Robust Against Unintentional Activation using Dwell-then-Gesture. In Proceedings of Graphics Interface 2020, pp.256-266. (Acceptance rate 51.7%) [GI Proc]

  10. Shota Yamanaka, Hiroaki Shimono, Homei Miyashita. Towards More Practical Spacing for Smartphone Touch GUI Objects Accompanied by Distractors. In Proceedings of ISS 2019, pp.157-169. (Acceptance rate 30.6%) [ACM]

  11. Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Modeling Pen Steering Performance in a Single Constant-width Curved Path. In Proceedings of ISS 2019, pp.65-76. (Acceptance rate 30.6%) [ACM]

  12. Hiroki Usuba, Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Comparing Lassoing Criteria and Modeling Straight-line and One-loop Lassoing Motions Considering Criteria. In Proceedings of ISS 2019, pp.181-191. (Acceptance rate 30.6%) [ACM]

  13. Hiroki Usuba, Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Touch Pointing Performance for Uncertain Touchable Sizes of 1D Targets. In Proceedings of MobileHCI 2019, Paper No.20. (Acceptance rate 26.4%) [ACM]

  14. Shota Yamanaka. Steering Performance with Error-accepting Delays. In Proceedings of CHI 2019, Paper No.570. (Acceptance rate 23.8%) [Best paper honorable mention award] [PDF] [ACM]

  15. Shota Yamanaka, Wolfgang Stuerzlinger. Modeling Fully and Partially Constrained Lasso Movements in a Grid of Icons. In Proceedings of CHI 2019, Paper No.120. (Acceptance rate 23.8%) [PDF] [ACM]

  16. Hiroki Usuba, Shota Yamanaka, Homei Miyashita. Pointing to Targets with Difference between Motor and Visual Widths. In Proceedings of OzCHI 2018, pp.374-383. (Acceptance rate 40%) [PDF] [ACM]

  17. Shota Yamanaka. Risk Effects of Surrounding Distractors Imposing Time Penalty in Touch-Pointing Tasks. In Proceedings of ISS 2018, pp.129-135 . (Acceptance rate 26.7%) [ACM DL]

  18. Hiroki Usuba, Shota Yamanaka, Homei Miyashita. User Performance by the Difference between Motor and Visual Widths for Small Target Pointing. In Proceedings of NordiCHI 2018, pp.161-169. (Acceptance rate 24.5%) [PDF] [ACM]

  19. Shota Yamanaka. Effect of Gaps with Penal Distractors Imposing Time Penalty in Touch-Pointing Tasks. In Proceedings of MobileHCI 2018, Article No.21. (Acceptance rate 23.4%) [ACM DL]

  20. Shota Yamanaka. Mouse Cursor Movements towards Targets on the Same Screen Edge. In Proceedings of Graphics Interface 2018, pp.106-113. (Acceptance rate 42.9%) [PDF][DOI]

  21. Shota Yamanaka, Wolfgang Stuerzlinger, and Homei Miyashita. Steering through Successive Objects. In Proceedings of CHI 2018, Paper No.603. (Acceptance rate 25.7%) [ACM DL] [YouTube]

  22. Shota Yamanaka, Wolfgang Stuerzlinger, and Homei Miyashita. Steering Through Sequential Linear Path Segments. In Proceedings of CHI 2017, pp.232-243, 2017. (Acceptance rate 25%) [PDF] [YouTube] [ACM DL] [DOI] [SlideShare]

  23. Shota Yamanaka and Homei Miyashita. Scale Effects in the Steering Time Difference between Narrowing and Widening Linear Tunnels. In Proceedings of NordiCHI 2016, Article No.12. 2016. (Acceptance rate 22.8%). [PDF] [SlideShare] [ACM DL] [DOI]

  24. Shota Yamanaka and Homei Miyashita. Modeling the Steering Time Difference between Narrowing and Widening Tunnels. In Proceedings of CHI 2016, pp.1846-1856. 2016. (Acceptance rate 23.4%). [PDF] [SlideShare] [YouTube] [ACM DL] [DOI]

  25. Shota Yamanaka and Homei Miyashita. Vibkinesis: Notification by Direct Tap and ‘Dying Message’ Using Vibronic Movement Controllable Smartphones. In Proceedings of UIST 2014, pp.535-540. 2014. (Acceptance rate 22.2%) [YouTube] [ACM DL] [DOI]

  26. Shota Yamanaka and Homei Miyashita. Switchback Cursor: Mouse Cursor Operation for Overlapped Windowing. IFIP INTERACT 2013. Lecture Notes in Computer Science Volume 8117, pp.746-753, 2013. (Acceptance rate 45%) [PDF]

査読付き国際会議(デモ・ポスター発表)

  • Kota Yokoyama, Satoshi Nakamura, Shota Yamanaka. Do Animation Direction and Position of Progress Bar Affect Selections? INTERACT 2021 poster, pp.395-399. [PDF] [Springer]

  • Wataru Oogami, Hidehito Gomi, Shuji Yamaguchi, Shota Yamanaka, Tatsuru Higurashi. Observation Study on Usability Challenges for Fingerprint Authentication Using WebAuthn-enabled Android Smartphones. SOUPS 2020 poster. (Acceptance rate 28.9%)

  • Kaori Ikematsu , Kota Tsubouchi , Shota Yamanaka. PredicTaps: Latency Reduction Technique for Single-taps Based on Recognition for Single-tap or Double-tap. CHI Late-breaking work, CHI 2020. [ACM]

  • Kaori Ikematsu , Shota Yamanaka. ScraTouch: Extending Touch Interaction Technique Using Fingernail on Capacitive Touch Surfaces. CHI Late-breaking work, CHI 2020. [ACM]

  • Shota Yamanaka and Homei Miyashita. The Nudging Technique: Input Method without Fine-Grained Pointing by Pushing a Segment. UIST 2013 Adjunct Publication, pp.3-4. ACM UIST 2013. Demonstration. (Acceptance rate 50%) [YouTube] [ACM DL]

査読付き国内会議(登壇)

  1. 礒本俊弥, 山中祥太, 志築文太郎.時間および範囲をもとに認識する凝視に基づく操作手法.WISS 2020

  2. 池松香,山中祥太,坪内孝太.PredicTaps: シングルタップとダブルタップの識別予測に基づくシングルタップ操作のレイテンシ低減手法.インタラクション2020.

  3. 薄羽大樹,山中祥太,宮下芳明.幅の異なる経路が連結されたコーナリングタスクのモデル化.インタラクション2020.

  4. 池松香, 山中祥太. ScraTouch: 静電容量方式タッチサーフェスにおける爪を使用したタッチ入力拡張技法.WISS 2019.(ロング登壇採択率xx.x%)

  5. 薄羽大樹, 山中祥太, 宮下芳明. Motor WidthとVisual Widthの差を考慮したポインティングのモデル化.インタラクション2019論文集.

  6. 山中祥太.短時間のはみ出しを許容する条件下でのステアリングタスクのパフォーマンス検証とモデル化.インタラクション2019論文集.

  7. 池松香, 山中祥太, 坪内孝太, 椎尾一郎. Copernican-Touch: タッチサーフェスを指へ向けて接触させる動作を用いたタッチ入力拡張手法.WISS 2018.(ロング登壇採択率20.7%)[PDF]

  8. 加藤邦拓, 山中祥太, 宮下芳明.2次元のタッチ操作を可能とする3Dオブジェクトのプロトタイピング手法, インタラクション2017論文集, pp.77-86, 2017. (採択率42.9%)

  9. 山中祥太, Wolfgang Stuerzlinger, 宮下芳明.連結した直線経路をステアリングする動作の分析とモデル化, インタラクション2017論文集, pp.17-26, 2017. (採択率42.9%,ベストペーパー賞)

  10. 山中祥太, 宮下芳明. Cross-drag: 細長いターゲットのドラッグを容易にする操作手法, WISS2014 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, pp.97-102, 2014. (採択率50.0%) [PDF]

  11. 山中祥太, 栗原一貴, 宮下芳明. 注視していないことを利用したマウスカーソル高速化手法, WISS2012, 第20回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, pp.127-132, 2012. (採択率42.1%) [PDF] [Ustream](0:19:00頃から)

  12. 山中祥太, 宮下芳明. スイッチバックカーソル:重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法, WISS2011, 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, pp.66-71, 2011. (採択率47.6%) [PDF] [YouTube]

研究会,全国大会など

  1. 船﨑 友稀奈, 瀬戸 徳, 二宮 洸太, 樋川 一幸, 中村 聡史, 山中 祥太. 運転難易度のモデル化に向けた実験システムの構築とカーブ角度の影響調査, 情報処理学会 研究会報告ヒューマンコンピュータインタラクション (HCI), Vol.2019-HCI-185, Issue.17, pp.1-8, 2019. [Link]

  2. 梶田 美帆,杉本 知佳,阿部 和樹,中村 聡史,山中祥太.スマートフォンのセンサ情報によるUI評価手法の検討.電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,Vol.119,pp.51-56.[Link] [PDF]

  3. 阿部 和樹,田村 柾優紀,中村 聡史,山中祥太.スマートフォンのセンサ情報を用いたユーザのストレス検知手法の検討.第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019).[Link] [PDF]

  4. 松井啓司, 中村聡史, 鈴木智絵, 山中祥太. 周辺視野への視覚刺激提示がプログレスバー待機時間に与える影響, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-HCI-176, No.23, pp.1-7, 2018. [学生奨励賞]

  5. 薄羽大樹, 山中祥太, 宮下芳明. 投げなわ選択と途中省略型投げなわ選択の性能評価, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-HCI-172, No.22, pp.1-6, 2017.

  6. 下野弘朗, 山中祥太, 宮下芳明. チルトコントロールを用いたステアリングタスクにおけるユーザパフォーマンスの評価, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-HCI-172, No.7, pp.1-6, 2017. [学生奨励賞]

  7. 永渕玲緒菜, 山中祥太, 宮下芳明, 椎尾一郎. トラックパッド使用時におけるクラッチ動作の分析, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-HCI-172, No.5, pp.1-5, 2017. [学生奨励賞]

  8. 山中祥太, 宮下芳明. コンテンツリストにおけるインタラクション手法の提案, 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-HCI-147 No. 11, 2012. [PDF]

  9. 山中祥太, 宮下芳明. 重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法の提案, 情報処理学会研究報告, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告, Vol.2011, No.13, pp.1-8, 2011. [学生奨励賞] [PDF]

  10. 山中祥太, 宮下芳明. 発言履歴編集機能がチャットに及ぼす影響の考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-HCI-143, No.8, 2011. [PDF]

デモ・ポスター発表

  1. 加藤邦拓, 山中祥太, 宮下芳明.2次元のタッチ操作を可能とする3Dオブジェクトのプロトタイピング手法, インタラクション2017論文集, pp.77-86, 2017. (登壇&デモ発表)

  2. 山中祥太, 宮下芳明. スイッチバックカーソル:重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法, WISS2011, 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, pp. 66-71, 2011. (登壇&デモ発表)[PDF]

  3. 山中祥太, 宮下芳明. Balloon Chat: 発言されないコメントも浮かばれるチャット, WISS2010, 第18回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集, pp.189-191, 2010. [PDF] [YouTube]

受賞

  1. 情報処理学会論文誌 特選論文,2018年2月.(「2次元のタッチ操作を可能とする3Dオブジェクトのプロトタイピング手法」に対して)

  2. 情報処理学会 山下記念研究賞,2017年10月.(インタラクション2017「連結した直線経路をステアリングする動作の分析とモデル化」の発表に対して).

  3. インタラクション2017 ベストペーパー賞,2017年3月.(「連結した直線経路をステアリングする動作の分析とモデル化」に対して)

  4. 第15回ヒューマンインタフェース学会論文賞,2015年3月.(「重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法とその評価」に対して)

  5. 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 研究会貢献賞,2012年3月.(3件の研究会発表に対して)

  6. 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 学生奨励賞,2011年7月.(「重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法の提案」に対して)

講演

  1. HCI分野におけるユーザビリティ調査実験の事例紹介.情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム2021(CSS 2021),ユーザブルセキュリティワークショップ2021(UWS 2021).2021年10月27日.

  2. サーボガウシアンモデル: 経路通過と移動ターゲット追尾タスクの成功率推定.FIT 2021(第20回情報科学技術フォーラム)トップコンファレンスセッション.2021年8月25日.

  3. Human Performance Modeling to Understand the Human’s Capabilities and Improve Interactive Systems.東京大学五十嵐研究室セミナー.2016年11月17日.

  4. 「テストプレイと微調整を繰り返す」の先へ - 科学的な操作性能モデルによるインタフェース設計と難易度設計の支援.CEDEC 2016.パシフィコ横浜.2016年8月25日.

  5. コンテンツの生まれ方と受けとり方.招待講演,東京経済大学,2015年6月4日.

  6. 前に進めることと周りを見渡すこと-現状改善と新たな問題への気づき-.情報処理学会 第161回HCI研究会,箕面観光ホテル.2015年1月15日.

  7. まだまだ面白いGUI研究と,コンピュータの未来.IBM Research Tokyo,2013年10月18日.

寄稿・報告記事

  1. 山中祥太, UIST2014参加報告, ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.17, No.1, p.61.

新聞,雑誌記事

  1. 2014.10.22 日刊工業新聞電子版2014年10月22日付 「携帯がすり寄ってくる?−明治大、バイブレーション機能利用し持ち主に情報提供(動画あり)」 Vibkinesis (UIST2014 Paper)について.(ログインが必要です)

  2. 2014.10.22 日刊工業新聞ウェブサイト2014年10月22日付 「携帯電話がすり寄ってくる?!-明治大、振動技術『バイブキネシス』を開発」 Vibkinesis (UIST2014 Paper)について.

  3. 2014.10.22 日刊工業新聞2014年10月22日付19面 「携帯がすり寄ってくる? バイブレーション機能利用 持ち主に情報提供」 Vibkinesis (UIST2014 Paper)について.

  4. 2014.10.17 日経産業新聞2014年10月17日付10面 「端末 たたいて操作」 TapLaptop (UIST2014 Demo)について.

所属学会

情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(HCI研究会) 正会員

ACM 正会員

運営,委員

  • 情報処理学会HCI研究会 運営委員(2018年度~現在)

  • インタラクション プログラム委員(2017~現在)

  • CHI勉強会 運営(2012,2016,2017)

査読

  • 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌・論文誌,2018)

  • ACM CHI 2018, 2019, 2020, 2021, 2022 (Paper)

  • ACM UIST 2021 (Paper)

  • ACM MobileHCI 2021 (Paper)

  • ACM ISS 2020, 2021 (Paper)

  • NordiCHI 2020 (Paper)

  • IFIP ICEC 2017(Paper)

  • ヒューマンインタフェース学会論文誌(2017)

  • ACM CHI 2017 (Late-breaking work)

  • インタラクション2017 (登壇・デモ発表論文)

  • ACM TEI 2017 (Work in progress)

  • 情報処理学会論文誌 (2016, 2017, 2018)

  • Journal of Information Processing(2017)

  • ACM SUI 2016 (Paper)

略歴

  • 1988.10 埼玉県坂戸市生まれ

  • 2007.03 東京農業大学第三高等学校 卒業

  • 2007.04 明治大学 理工学部 情報科学科 入学

  • 2011.03 明治大学 理工学部 情報科学科 卒業

  • 2011.04 明治大学大学院 理工学研究科 新領域創造専攻 ディジタルコンテンツ系 博士前期課程 入学

  • 2013.03 明治大学大学院 理工学研究科 新領域創造専攻 ディジタルコンテンツ系 博士前期課程 修了

  • 2013.04 明治大学大学院 理工学研究科 新領域創造専攻 ディジタルコンテンツ系 博士後期課程 入学

  • 2016.03 明治大学大学院 理工学研究科 新領域創造専攻 ディジタルコンテンツ系 博士後期課程 修了

職歴

  • 明治大学 理工学部 助手 2013.04 - 2015.03

  • 日本学術振興会 特別研究員 DC2 2015.04 - 2016.03 研究テーマ「Graphical User Interfaceの操作改善の手法構築および評価」

  • 日本学術振興会 特別研究員 PD 2016.04 - 2017.03 研究テーマ「Graphical User Interfaceの操作改善の手法構築および評価」

  • Yahoo! JAPAN研究所 主任研究員 2017.04 - 2018.09

  • Yahoo! JAPAN研究所 上席研究員 2018.10 - 現在

https://288da376-a-62cb3a1a-s-sites.googlegroups.com/site/stymnk/home/files/bigshota.png?attachauth=ANoY7cp8DIBZjPjp6M1mospXpiY1yL8rI_mRopx4IU2fBejMTFMJGvFvbGjAHBv5zHJiwJLaU9xLQT0dE4KoPVLti5DGO_kTFVyloZ7AsWCD9jE6uqYJA6BELwuxhwXDRzD6r8jx5lJu0k7F8Ev0aiF0oW-RdNlOSrk1NmAVUvibElUpRn4B-ko5VompwOJEJ13lido-9t1_CWCBeYYCMP5agnf3moZBYqvfB0XcMcHSXidKUh5MHVk%3D&attredirects=0