所属:宮崎大学 教育学部 理科教育・生物講座(動物系) 准教授
Assoc. Prof. at Biology, Science Education, Faculty of Education, Univ. of Miyazaki
E-mail: snishida@cc.miyazaki-u.ac.jp

- 研究テーマ-

● 野生生物を中心とした、分子系統、分子生態、集団・保全遺伝学.

様々な野生生物を対象に、分子系統や系統地理学的研究をおこなっています。種や集団が形成されてきた「歴史」= 進化史とその背景について知り、保全への応用を目指します.

【対象生物は多岐に渡っています:鯨類(イルカ・クジラ)、カブトガニ、カブトガニウズムシ、ニホンアシカ、ラッコ、象鳥(エピオルニス科)、干潟ベントス、ツキノワグマ、カメ類、アフリカゾウ・アジアゾウ、バラタナゴ、クワガタムシ・・・etc.


野生生物の衛星テレメトリー追跡:ネズミイルカ、クロツラヘラサギ、ウミガメ類

・博士論文: Molecular phylogeny and intraspecific variation of the cetacean Y chromosome. 2005.
        (鯨類のY染色体における分子系統と種内変異)

        (於:九州大学大学院比較社会文化学府) 
・修士論文: 鯨類、特にミンククジラ類におけるY染色体多型解析. 2001.
        (於:九州大学大学院比較社会文化研究科)
・卒業論文: ハマダイコンにおける遺伝子流動の解析. 1999. 

        (於:福岡教育大学 教育学部 特別教科教員養成課程(理科)生物専攻) 


研究業績

学術論文・著書(原著) (Current→Past)

  1. Gray, H.W.I., Nishida, S., Welch, A.J., Moura, A.E., Tanabe, S., Kiani, M.S., Culloch, R., Möller, L., Natoli, A., Ponnampalam, L.S., Minton, G., Gore, M., Collins, T., Willson, A., Baldwin, R., Hoelzel, A.R., 2018. Cryptic Lineage Differentiation Among Indo-Pacific Bottlenose Dolphins (Tursiops aduncus) in the Northwest Indian Ocean. Molecular Phylogenetics and Evolution. https://doi.org/10.1016/j.ympev.2017.12.027
    (in press)

  2. 西田伸, 栫ゆり. 2017. 宮崎市松崎地区におけるアカウミガメ産卵集団のミトコンドリアDNA多型解析. 宮崎の自然と環境 2: 36-40.
  3. Chen, I., Nishida, S., Yang, W.-C., Isobe, T., Tajima, Y. and Hoelzel, R. 2017. Genetic diversity of bottlenose dolphin (Tursiops sp.) populations in the western North Pacific and the conservation implications. Marine Biology 164:202.
  4. Yonezawa, T., Segawa, T., Mori, H., Campos, P. F., Hongoh, Y., Endo, H., Akiyoshi, A., Kohno, N., Nishida, S., Wu, J., Jin, H., Kishino, H., Kurokawa, K., Nogi, Y., Tanabe, H., Mukoyama, H., Yoshida, K., Rasoamiaramanana, A., Yamagishi, S., Hayashi, Y., Yoshida, A., Koike, H., Akishinonomiya Fumihito, Willerslev, E. and Hasegawa, M. 2017. Phylogenomics and morphology of extinct paleognaths reveal the origin and evolution of the ratites. Current Biology 27: 1-10.
  5. 西田伸, 郡千裕, 河野円樹. 2016. 宮崎県綾町・綾南川で記録された外来ウズムシ(プラナリア): アメリカツノウズムシ(扁形動物門 ウズムシ綱 三岐腸目). 宮崎の自然と環境 1: 80-84.
  6. Nishida, S., Kuroyanagai, K. and Koike, H. 2015. Genetic features of Tachypleus tridentatus in Japan and an alien (non-native) population founded at Ise-Mikawa Bay, Chubu Region, central Japan. In: Carmichael, R. H., Botton, M. L., Shin, P. K. S., Cheung, S. G. (Eds.) Changing Global Perspectives on Horseshoe Crab, Biology, Conservation and Management. Springer, pp 129-146.
  7. 宮島海, 保田昌宏, 久澄倫之介, 西田伸, 竹田正人, 出口智久, 大池辰也, 黒柳賢治, 亀崎直樹, 岩本俊孝. 2015. ウミガメ雑種における種同定のための遺伝子検査法の確立. 九州両生爬虫類研究会誌 6: 51-53.
  8. Chen, I., Yu, H.-Y., Yang, W.-C., Nishida, S., Isobe, T., Tanabe, S., Watson, A. and Chou, L.-S. 2014. The "Southern form" of short-finned pilot whale (Globicephala macrorhynchus) in Tropical West Pacific Ocean off Taiwan. The Raffles Bulletin of Zoology 62: 188-189.
  9. Kano, Y., Iida, M., Tetsuka, K., Saitoh, T., Kato, F., Sato, T. and Nishida, S. 2014. Effect of waterfalls on fluvial fish distribution and landlocked Rhinogobius brunneus populations on Yakushima Island, Japan. Ichthyological Research. Published Online. (DOI: 10.1007/s10228-014-0400-4)
  10. Wood, C., Tomida, H., Kim, J.-H., Lee, K.-S., Cho, H.-J., Nishida, S., Djamaluddin, I., Hur, W.-H., Kim, H.-J., Kim, S.-H., Koike, H., Fujita, G., Higuchi, H. and Yahara, T. 2013. New perspectives on habitat selection by the Black-faced Spoonbill Platalea minor based upon satellite telemetry. Bird Conservation International. 23(4), 495-501. (DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S0959270913000105)
  11. Okumura T., Takashima C., Shiraishi F., Nishida S. and Kano A. 2013. Processes forming daily lamination in a microbe-rich travertine under low flow condition at the Nagano-yu Hot Spring, Southwestern Japan. Geomicrobiology Journal 30(10): 910-927. (DOI:10.1080/01490451.2013.791355)
  12. Kano, Y., Miyazaki, Y., Tomiyama, Y., Mitsuyuki, C., Nishida, S., Rashid, Z. A. 2013. Linking Mesohabitat Selection and Ecological Traits of a Fish Assemblage in a Small Tropical Stream (Tinggi River, Pahang Basin) of the Malay Peninsula. Zoological Science 30(3): 178-184.
  13. Kano, Y., Nishida, S., Nakajima, J. 2012. Waterfalls drive parallel evolution in a freshwater goby. Ecology and Evolution, 2(8): 1805-1817 (DOI: 10.1002/ece3.295).
  14. Nishida, S., West, D., Crockford, S. and Koike, H. 2012. Ancient DNA analysis for the sea otter (Enhydra lutris) from archaeological sites on Adak, Aleutian Islands.In: West, Dixie, Virginia Hatfield, Elizabeth Wilmerding, Christine Lefèvre, Lyn Gualtieri (eds.) The People Before: The Geology, Paleoecology and Archaeology of Adak Island, Alaska. British Archaeological Reports, International Series 2322, Oxford. (ISBN: 978-4073-0905-7)
  15. Garong, A., Takashima, C., Nishida, S., Kano, A. and Koike, H. 2012. Carbon, nitrogen, and oxygen isotopic compositions of bone collagen and tooth enamel carbonate of the sea otter Enhydra lutris from archaeological sites on Adak Island, Aleutian archipelago. In: West, Dixie, Virginia Hatfield, Elizabeth Wilmerding, Christine Lefèvre, Lyn Gualtieri (eds.) The People Before: The Geology, Paleoecology and Archaeology of Adak Island, Alaska. British Archaeological Reports, International Series 2322, Oxford. (ISBN: 978-4073-0905-7)
  16. 鹿野雄一, 中島淳, 水谷宏, 仲里裕子, 仲里長浩, 揖善継, 黄亮亮, 西田伸, 橋口康之. 2012. 西表島におけるドジョウの危機的生息状況と遺伝的特異性. 魚類学雑誌 59: 37-43.
  17. Takashima, C., Okumura, T., Nishida, S., Koike, H. and Kano, A. 2011. Bacterial symbiosis forming laminated iron-rich deposits in Okuoku-hachikurou hot spring, Akita Prefecture, Japan. Island Arc 20: 294-304.
  18. Kano, Y., Watanabe, K., Nishida, S., Kakioka, R., Wood, C., Shimatani, Y. and Kawaguchi, Y. 2011. Population genetic structure, diversity and stocking effect of the oriental weatherloach (Misgurnus anguillicaudatus) in an isolated island, associated with ibis reintroduction. Environmental Biology of Fishes 90: 211-222 (Published Online Dec. 2010.) DOI: 10.1007/s10641-010-9733-7
  19. Okumura, T., Takashima, C., Shiraishi, F., Nishida, S., Yukimura, K., Naganuma, T., Koike, H., Arp, G. and Kano, A. 2011. Microbial processes forming daily lamination in an aragonite travertine, Nagano-yu hot spring, southwest Japan. Geomicrobiology Journal 28(2): 135-148.
  20. Miyoshi, K., Nishida, S., Sone, E., Tajima, Y., Makara, M., Yoshioka, M., Nakamura, M., Yamada, T. K. and Koike, H. 2011. Molecular identification of novel alpha- and gammaherpesviruses from cetaceans stranded on Japanese coasts. Zoological Science 28(2) 126-133. (doi: 10.2108/ZSJ.28.126)
  21. Takashima, C., Okumura, T., Nishida, S., Koike, H. and Kano, A. 2011. Microbial control to lamina formation in a travertine at Crystal Geyser, Utah. In: Reitner, J., Queric, N.-V. and Arp, G. (eds.) Advances in Stromatolite Geobiology. Lecture Notes in Earth Sciences 131: 123-134.
  22. Yamane, A. and Nishida, S. 2010. Fine-scale spatial genetic structure and genetic diversity among clouded salamander (Hynobius nebulosus) populations. Current Herpetology 29(2): 79-90.
  23. Nishida, S. and Koike, H. 2010. Isolation and characterization of compound microsatellite loci in the tri-spine horseshoe crab (Tachypleus tridentatus). Conservation Genetics Resources 2(1): 31-33. (Published Online Dec. 2009.) DOI: 10.1007/s12686-009-9153-1
  24. Cho, H.-J., Eda, M., Nishida, S., Yasukochi, Y. Chong, J.-R. and Koike, H. 2009. Tandem duplication of mitochondrial DNA in the black-faced spoonbill, Platalea minor. Genes and GeneticSystems. 84(4):297-305.
  25. Hamabata, T., Nishida, S., Kamezaki, N. and Koike, H. 2009. Genetic structure of populations of the green turtle (Chelonia mydas) in Japan by mtDNA control region sequences. Bulletin of the Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University. 15: 35-50.
  26. Nishida, S. and Koike, H. 2009. Genetic structure of Japanese populations of Tachypleus tridentatus by mtDNA AT-rich region sequence analysis. In: Tanacredi, J., Botton, M. and Smith, D. (eds) Biology and Conservation of Horseshoe Crabs.Springer, pp 183-196.
  27. Yasukochi, Y., Nishida, S., Han, S.-H., Kurosaki, T., Yoneda, M. and Koike H. 2009. Genetic Structure of the Asiatic Black Bear in Japan Using Mitochondrial DNA Analysis. Journal of Heredity 100(3): 297-308. (Published online on November 4, 2008).
  28. Nishida, S., Goto, M., Pastene, L. A., Kanda, N. and Koike, H. 2007. Phylogenetic relationships among cetaceans revealed by Y-chromosome sequences. Zoological Science. 24(7): 723-732.
  29. Onbe, K., Nishida, S., Sone, E., Kanda, N., Goto, M., Pastene, L. A., Tanabe, S. and Koike, H. 2007. Sequence variation in the Tbx4 gene in marine mammals. Zoological Science. 24(5): 449-464.
  30. Hayashi, K., Yoshida, H., Nishida, S., Goto, M., Pastene, L. A., Kanda, N., Baba, Y. and Koike, H. 2006. Genetic variation of the MHC DQB locus in the finless porpoise (Neophocaena phocaenoides). Zoological Science. 23(2): 147-153.
  31. Hayashi, K., Nishida, S., Yoshida, H., Goto, M., Pastene, L. A., and Koike, H. 2003. Sequence variation of the DQB allele in the cetacean MHC. Mammal Study. 28: 89-96.
  32. 西田伸, 林耕介, Luis A. Pastene, 後藤睦夫, 上田真久, 小池裕子. 2003. 鯨類のMHC多型解析-ミンククジラ類を例として- 哺乳類科学43巻増刊号. 3: 75-78.
  33. Nishida, S., Pastene, L. A., Goto M. and Koike H. 2003. SRY gene structure and phylogeny in the cetacean species. Mammal Study. 28:57-66.Errata(PDF)
著書 (総説)
  1. 西田伸. 2015.  第2章 渡り鳥のつながり-クロツラヘラサギが結ぶアジア. 宮下直・西廣淳(編), 保全生態学の挑戦 空間と時間のとらえ方, 東京大学出版会, 東京. pp 22-39. (2015年6月刊行)
  2. 西田伸. 2014.  生きている化石!「カブトガニ」. 石瀧豊美(編著). 新人物文庫 博多謎解き散歩.  KADOKAWA, 東京. pp  228-230. (2014年1月刊行)
  3. 西田伸. 2012. 第5章 機能遺伝子にみる鯨類の進化研究. 村山司・森阪匡通(編著), ケトスの知恵-イルカとクジラのサイエンス. 東海大学出版会, 神奈川.pp 90-108. (2012年2月刊行)
総説・その他 (Current→Past)
  1. 西田伸. 2016. DNA診断による鯨類ヘルペスウィルスの検出. 勇魚 64: 31-34.
  2. Aizu, M., Nishida, S., Kusumi, J., Tajima, Y., Yamada, T.K., Amano, M. and Araya, K. 2013. Genetic population structure of finless porpoise in Japanese coastal waters. Paper presented to the Scientific Committee of the International Whaling Commission (IWC) SC/65a/SM/24, 12 pp.
  3. 西田伸. 2013. 宿主カブトガニと寄生者カブトガニウズムシの共進化~カブトガニウズムシ類の分子系統解析~. かぶとがに 33: 14-18.
  4. 西田伸. 2012. インドネシア、フィリピン、マレーシアのカブトガニ類とカブトガニウズムシ類-2011年度東南アジア調査-. かぶとがに 32: 25-30.
  5. 荒谷邦雄,細谷忠嗣,西田伸. 2012. 外国産クワガタムシ類生態リスク評価へのDNAバーコーディングの応用. 昆虫と自然 47: 16-19.
  6. 西田伸. 2011. カブトガニのHot Spot-インドネシアでのカブトガニ調査. かぶとがに 31: 12-23.
  7. 杉山伸樹, 原喜久治, 西田伸, 小池裕子. 2010. 犬角膜の黒色壊死症から遺伝子解析により検出されたネコヘルペスウイルスの症例について. 日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)会議録. p86.
  8. 小池裕子, 西田伸, 曺炯柱. 2009. 生物の多様性と九州. 海路 8: 85-92.
  9. 西田伸, 小池裕子. 2008. マイクロサテライトDNA解析からみたカブトガニ日本集団の遺伝的構造. かぶとがに 28: 40-43.
  10. 西田伸, 小池裕子. 2007. 日本産カブトガニの遺伝的多様性とその地域性. かぶとがに 27: 37-41.
  11. Yamada, T.K., Uni, Y., Amano, M., Brownell, R.L., Jr., Sato, H., Ishikawa, S., Ezaki, I., Sasamori, K., Takahashi, T.,Masuda, Y., Yoshida, T., Tajima, Y., Makara, M., Arai, K., Kakuda, T., Hayano, A., Sone, E., Nishida, S., Koike, H.,Yatabe, A., Kubodera, T., Omata, Y., Umeshita, Y., Watarai, M., Tachibana, M., Sasaki, M., Murata, K., Sakai, Y.,Asakawa, M., Miyoshi, K., Mihara, S., Anan, Y., Ikemoto, T., Kajiwara, N., Kunisue, T., Kamikawa, S., Ochi, Y., Yano, S.and Tanabe, S. 2007. Biological indices obtained from a pod of killer whales entrapped by sea ice. Reports of the International Whaling Commission Scientific Committee, the 59th IWC, (SC/59/SM12), 15pp.
  12. 西田伸. 2006. 鯨類のY染色体を探る ~性決定遺伝子と父系からみた鯨類の系統関係~. 勇魚 45: 1-8.
  13. 西田伸, 小池裕子. 2006. カブトガニのDNA多型解析の試み. かぶとがに 26: 3-7.
  14. 曾根恵海, 西田伸, 小池裕子. 2005. 海の保全遺伝学 ハクジラにおけるMHC遺伝子の多型解析. 海洋と生物 27(4): 323-330.
  15. 西田伸, 林 耕介, 小池裕子. 2003. スナメリのMHC多型解析. 月刊海洋 35(8): 548-558.

報告書等 (Past→Current)
  1. 小池裕子, 西田伸. 2000. ミトコンドリアDNAによるタイマイの系群判別手法の検討及び開発報告書, 平成12年度日本べっ甲協会研究報告書: 61pp.
  2. Nishida, S., Pastene, L. A.,Goto, M. and Koike, H. 2001. Genetic structure of the minke whale based on the polymorphic analysis in the SRY and its adjacent region. 平成12年度 日本鯨類研究所共同研究報告書: 15pp.
  3. Nishida, S., Pastene, L. A., Goto, M., Kanda,N. and Koike, H. 2002. Genetic structure of the minke whale based on the polymorphic analysis in the SRY and its adjacent region. 平成13年度 日本鯨類研究所共同研究報告書: 21pp.
  4. 西田伸, 小池裕子. 2002. オオカミ様動物のDNA分析について-動物の愛護及び管理に関する条例違反被疑事件(南生第37号)鑑定報告書: 13pp.
  5. 西田伸, 舘卓司, 馬場芳之, 林 耕介, 川浪紀子, 小池裕子. 2002. ヘアートラップ試料による東北地方ツキノワグマのDNA解析, 平成14年度 (財)自然環境研究センター 分析依頼報告: 16pp.
  6. 西田伸, 梅﨑和宏, 小池裕子. 2003. 島根県産ツキノワグマのミトコンドリアDNA解析, 平成14年度 (財)自然環境研究センター 分析依頼報告: 12pp.
  7. Nishida, S., Pastene, L. A., Goto, M., Kanda,N. and Koike, H. 2003. Y chromosome analysis of cetacean species - a study of genetic structure for the Antarctic Minke whale -. 平成14年度 日本鯨類研究所共同研究報告書: 17pp.
  8. 西田伸, 小池裕子. 2003. 熊本県産バラタナゴRhodeus ocellatusの亜種判別について. 平成15年度 (株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書: 11pp.
  9. Nishida, S., Pastene, L. A., Goto, M., Kanda,N. and Koike, H. 2004. Y chromosome analysis of the cetacean species. 平成15年度 日本鯨類研究所共同研究報告書: 45pp.
  10. 西田伸, 小池裕子. 2005-2006. 有明海粘性浮遊物におけるDNA解析, 平成17年度 (財)九州環境管理協会 分析依頼報告書.
  11. 石橋浩, 西田伸, 小池裕子. 2006. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-大阪税関調査部鑑定委託 (阪調第**8号) 鑑定書 添付資料1.10pp.
  12. 石橋浩, 西田伸, 小池裕子. 2006. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-大阪税関関西空港税関支署鑑定委託 (関空審 第***1号) 鑑定書 添付資料1.
  13. 石橋浩, 西田伸, 小池裕子. 2006. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-大阪税関関西空港税関支署鑑定委託 (関空審 第***2号) 鑑定書 添付資料1.
  14. 西田伸, 曾根恵海, 小池裕子. 2007. 今津干潟における生物種DNAデータベースの構築. 九州大学P&P「生物多様性の保全と進化に関する研究拠点形成」報告書.pp85-93.
  15. 西田伸, 小池 裕子. 2007. カブトガニの集団遺伝学的研究―今津-博多湾集団の遺伝的多様性とその特徴―. 九州大学P&P「生物多様性の保全と進化に関する研究拠点形成」 報告書.pp77-84.
  16. 西田伸, 小池裕子. 2007. 鑑定嘱託検体(象牙様検体)のDNA分析について-群馬県警鑑定委託(富生安第*号および富生安第*号)鑑定書 添付資料1および補遺 (X染色体BGN遺伝子による鑑定).
  17. 西田伸, 小池裕子. 2007. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-埼玉県警鑑定委託 (埼玉狭山・生安第****5号) 鑑定書 添付資料1.
  18. 西田伸, 小池裕子. 2009. ラッコ飼育個体のマイクロサテライトDNA 解析による父子鑑定-(株)海の中道海洋生態科学館分析依頼・鑑定報告. 10pp.
  19. 西田伸, 小池裕子. 2010. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (牛込保第**7号) 鑑定書 添付資料1. 12pp.
  20. 西田伸, 小池裕子. 2010. 鑑定嘱託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (牛込保第**6号) 鑑定書 添付資料1. 14pp.
  21. 西田伸, 荒谷邦雄. 2010. 平成22年度 筑後川下流左岸農地防災事業環境調査計画検討業務にかかる筑後川下流左岸地区におけるバラタナゴRhodeus ocellatusの亜種判別. 平成22年度 (財)九州環境管理協会 分析依頼報告書. 9pp.
  22. 西田伸, 荒谷邦雄. 2010. 諫早湾調整池背後地におけるバラタナゴRhodeus ocellatusの亜種判別. 平成22年度 (財)九州環境管理協会 分析依頼報告書. 9pp
  23. 西田伸, 小池裕子. 2010. 鑑定委託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (1037-1046) 鑑定書 添付資料1. 15pp
  24. 西田伸, 小池裕子. 2010. 鑑定委託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (1086-1109) 鑑定書 添付資料1. 15pp
  25. 西田伸, 荒谷邦雄. 2010. 平成22 年度クリーク防災機能保全対策事業(安武地区)にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatusの亜種判別. 平成22年度 (株)九州自然環境研究所/株式会社ジオテック技術士事務所 分析依頼報告書. 9pp
  26. 西田伸, 小池裕子. 2010. 鑑定委託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (****) 鑑定書 添付資料1. 12pp
  27. 西田伸, 小池裕子. 2011. 鑑定委託検体 (象牙様検体) のDNA分析について-警視庁鑑定委託 (香北生第***2, ***3) 鑑定書 添付資料1. 14pp
  28. 西田伸, 會津光博、荒谷邦雄. 2011. 平成23年度 クリーク防災機能保全対策事業(大和北部地区)にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatusの亜種判別. 平成23年度 株式会社ジオテック技術士事務所/(株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書. 9pp
  29. 西田伸. 2013. 平成24年度 クリーク防災機能保全対策事業にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatus の亜種判別. 平成24年度 株式会社ジオテック技術士事務所/(株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書. 9pp
  30. 西田伸. 2013. サツマゴキブリの分子系統地理学的研究(身近な生き物の進化史の解明). pp 25-29. 学部重点経費研究報告書. 宮崎大学大学院教育学研究科/教育文化学部. 72pp. (正誤: P25L7, (誤)サツマゴキブリ科→(正)マダラゴキブリ科)
  31. 西田伸. 2013. 平成25年度 クリーク防災機能保全対策事業にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatus の亜種判別. 平成25年度 株式会社ジオテック技術士事務所/(株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書. 9pp
  32. 西田伸. 2014. 古賀市千鳥ヶ池産バラタナゴ類のDNA解析による亜種判別. 古賀市環境市民会議 分析依頼報告書. 4pp
  33. 西田伸, 小池裕子. 2015. 鑑定嘱託検体 (南千・保第***号) のDNA分析について-警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料1. 8pp
  34. 西田伸. 2015. 小-中-大学連携による海洋教育プログラム(宮崎海岸を含み広域移動する海洋生物から知る世界とのつながり).  In: 宮崎県における地域に根ざした海洋教育推進ネットワークの構築 報告書, 宮崎大学教育文化学部 (2015年2月20日発行). pp47-64
  35. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体 (中央保発第***4号) のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 7pp
  36. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体 (中央保発第***5号) のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 8pp
  37. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(玉ッ.保 第**7号)のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書 添付資料2. 8pp
  38. 西田伸. 2016. 平成27年度 クリーク防災機能保全対策事業にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatus の亜種判別. 平成27年度 株式会社ジオテック技術士事務所/(株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書. 9pp
  39. 西田伸. 2016. 宮崎海岸を含み広域移動する海洋生物から知る身近な海と世界とのつながり(理科).  In: 南九州地区における地方創生型実践的海洋教育の授業カリキュラムの開発 報告書, 宮崎大学教育文化学部 (2016年2月発行). pp81-93
  40. 西田伸,齋藤奈央也. 2016. 市内メダカ集団の遺伝的特徴の解明−宮大付属船塚ビオトープへの再導入を目指して-. 平成27年度学部重点経費研究報告書. 宮崎大学大学院教育学研究科/教育文化学部, 宮崎. 6pp.
  41. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(田調 保第**3号)のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 7pp
  42. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(万世 保第**5〜*34号)のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 30編.
  43. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(奈生安 発第***9号)のDNA 分析について. 神奈川県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 12pp
  44. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(佐警第**0号)のDNA 分析について. 広島県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 10pp
  45. 西田伸, 小池裕子. 2016. 鑑定嘱託検体(浜東生第**2号)のDNA 分析について. 静岡県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 12pp
  46. 西田伸. 2016. ニホンジカ・カモシカ識別キット(ニッポンジーン: LAMP 法)によるシカ/カモシカ糞の解析結果 報告書. 宮崎県教育委員会文化財課委託. 4pp
  47. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体(八生刑(鑑)発第**号)のDNA 分析について. 鳥取県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 10pp 
  48. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体((戸塚.生環)第**4号)のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 8 pp 
  49. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体((戸塚.生環)第**5号)のDNA 分析について. 警視庁委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 14 pp
  50. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体(羽生第**2号)のDNA 分析について. 岐阜県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 7 pp
  51. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体(山生安第捜**5号)のDNA 分析について. 京都府警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 9 pp
  52. 西田伸, 小池裕子. 2017. 鑑定嘱託検体(柏生安第**7号)のDNA 分析について. 新潟県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 4 pp
  53. 西田伸. 2017. 平成29年度 クリーク防災機能保全対策事業にかかる筑後川下流域におけるバラタナゴRhodeus ocellatus の亜種判別. 平成29年度 株式会社ジオテック技術士事務所/(株)九州自然環境研究所 分析依頼報告書. 9pp
  54. 西田伸, 小池裕子. 2018. 鑑定嘱託検体(羽生第**4号)のDNA 分析について. 岐阜県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 10 pp
  55. 西田伸, 小池裕子. 2018. 鑑定嘱託検体(羽生第**5号)のDNA 分析について. 岐阜県警委託鑑定書(象牙様検体)  添付資料2. 13 pp
学会・シンポジウム等における発表 (第一筆者および自身が発表したもののみ) (Past→Current)
  1. 西田伸,Pastene, L. A.,後藤睦夫,小池裕子.Y染色体解析の鯨類への応用.第47回日本生態学会.広島.2000年3月.
  2. 西田伸,Pastene, L. A.,後藤睦夫,小池裕子.Y染色体で多型解析は可能か-鯨類での試み-.三学会 (日本動物学会・日本植物学会・日本生態学会)九州支部・地区合同大会.長崎.2000年5月.
  3. 西田伸,Pastene, L. A.,後藤睦夫,蛭田密,小池裕子. TAIL-PCR法による鯨類のSRY領域とその 近傍の多型解析.第48回日本生態学会.熊本.2001年3月.
  4. 西田伸,Pastene, L. A.,後藤睦夫,小池裕子.鯨類におけるY染色体多型解析.日本哺乳類学会2001年度大会.沖縄.2001年10月.
  5. Nishida, S., Pastene, L. A., Goto M. and Koike H. Phylogenetic relationships among Cetacea based on the SRY and its adjacent region. Evolutionary Genomics New Paradigm of Biology in the 21st Century. Atami, Japan. November, 2001.
  6. 林耕介, *西田伸,吉田英可,Luis. A. Pastene,後藤睦夫,小池裕子. スナメリのMHC多型解析. 東京大学海洋研究所共同利用研究集会シンポジウム「沿岸性小型鯨類スナメリの生態と保全」. 2002年11月.
  7. 西田伸, 林耕介, Pastene, L. A., 後藤睦夫, 上田真久, 小池裕子. MHC多型解析-北西太平洋ミンククジラを例として-. 日本哺乳類学会2002年度大会.富山.2002年10月.
  8. 西田伸, 後藤睦夫, Pastene, L. A., 上田真久, 小池裕子. クロミンククジラにおけるY染色体多型解析 第50回日本生態学会. つくば. 2003年3月.
  9. 西田伸, 曾根恵海, 梅﨑和宏, 小池裕子. 遺伝的マーカーとしてのMHC遺伝子=鯨類を例として= 日本進化学会第5回大会. 福岡. 2003年8月.
  10. Nishida, S., Goto, M., Pastene, L. A., Kanda, N. and Koike, H. Phylogeny and diversity of the Y chromosome in Cetacea. The 15th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals. Greensboro, NC., US. December 14 -19, 2003.
  11. 西田伸, 橋本幸彦, 黒崎敏文, 米田政明, 小池裕子. ヘアートラップ試料をもちいた東北地方ツキノワグマのDNA解析. 三学会 (日本動物学会・日本植物学会・日本生態学会)九州支部・地区合同大会.福岡.2004年5月.
  12. 西田伸, 後藤睦夫, Pastene, L. A.,上田真久, 小池裕子. 父系系列からみた鯨類の系統関係 日本哺乳類学会2004年度大会.神奈川.2004年10月.
  13. Nishida, S., Goto, M., Pastene, L. A., Kanda, N. and Koike, H. Estimation of divergence times for cetacean lineages using Y chromosome sequences. IX International Mammalogical Congress (IMC9). Sapporo, Hokkaido, Japan. July 31-August 5, 2005.
  14. 西田伸, 小池裕子. カブトガニのDNA多型解析 -その地域性と保全- 第53回日本生態学会. 新潟. 2006年3月.
  15. Nishida, S. and Koike, H. Population subdivision of the horseshoe crab (Tachypleus tridentatus) in Japanese coast from mtDNA sequences. "Genetics of Speciation" American Genetics Association Annual Symposium. Vancouver, Canada. July 21-24, 2006.
  16. Nishida, S. and Koike, H. Genetic structure of the Tachypleus tridentatus (Japanese horseshoe crab) in Japan by mtDNA sequences. International Symposium on the Science and Conservation of Horseshoe Crabs. Oakdale, NY, USA. 11-14 June, 2007.
  17. 西田伸, 三好歓奈, 曾根恵海, 田島木綿子, 吉岡基, 山田格, 小池裕子. 座礁鯨類におけるDNA診断によるヘルペスウイルスの検出. 第18回日本セトロジー研究会大会. 宮崎. 2007年7月.
  18. 西田伸, 小池裕子. 母系・両系DNA解析からみたカブ トガニ日本集団の遺伝的構造. 第55回日本生態学会. 福岡. 2008年3月.
  19. Onbe, K., *Nishida, S., Sone, E., Kanda, N., Goto, M., Pastene, L. A., Tanabe, S. and Koike, H. Hindlimb formation and Tbx4 gene in Marine Mammal. Fifth Conference on Secondary Adaptation of Tetrapods to Life in Water. Tokyo, Japan. June 9-13, 2008.
  20. 西田伸, 山口良二, 平井卓哉, 新崎裕太, 栗田壽男, 小池裕子. 座礁ハナゴンドウより検出されたヘルペスウィルスの系統解析. 日本動物学会第79回大会. 福岡. 2008年9月.
  21. 西田伸, 曾根恵海, 松石隆, 小池裕子. ネズミイルカ(Phocoena phocoena)の日本近海における衛星追跡 (予報). 第20回日本セトロジー研究会大会. 北九州. 2009年6月.
  22. Nishida, S., Yonezawa, T., Hasegawa, M., Mukoyama, H., Yoshida, K., Nagaoka, S., Rasoamiaramanana, A. H., Koike, H., Yoshida A. and Akishinonomiya Fumihito. Ancient DNA analysis of the extinct elephant birds (Aepyornithidae) at Madagascar. 第11回日本進化学会・International Darwin Bicentennial Symposia Sapporo, Hokkaido, Japan. September 2-4, 2009. (招待講演)
  23. 西田伸, Dixie West, Susan Crockford, 小池裕子. アリューシャン列島・Adak島考古遺跡より出土したラッコ試料のancient DNA解析. 日本哺乳類学会2009年度大会.台北, 台湾.2009年11月.
  24. 安河内彦輝, *西田伸, 黒崎敏文, 米田政明, 小池裕子. ミトコンドリアDNAとMHC遺伝子の解析からみえるニホンツキノワグマの現状. 日本哺乳類学会2009年度大会.台北, 台湾.2009年11月.
  25. Nishida S. and Koike H. Genetic population structure of Tachypleus tridentatus in Japan and attempt to comparative phylogenetic study with parasitic planarian species on Asian horseshoe crabs.International Workshop on the Science and Conservation of Asian Horseshoe Crabs. Hong Kong, China,13-16 June, 2011.
  26. 西田伸. アジア産カブトガニ類に外寄生するカブトガニウズムシ類(Ectoplana spp.)の分子系統. G2-20, 第60回日本生態学会. 静岡. 2013年3月.
  27. 陳瑩, *西田伸, 周蓮香, 山田格, 磯部友彦, Hoelzel, A. Rus. ミトコンドリアDNAおよびマイクロサテライトDNA解析に基づくハナゴンドウ(Grampus griseus) 北太平洋集団の遺伝的構造. 第25回日本セトロジー研究会大会. 愛媛. 2014年5月25日
  28. Nishida, S. and Nogami, R. Genetic Features of the Population of the Horseshoe Crab (Tachypleus tridentatus) at Iki Is., Nagasaki, Japan. P8. The 3rd International Workshop on the Science and Conservation of Horseshoe Crabs. Sasebo, Nagasaki, Japan, 17-18th June, 2015.
  29. Nishida, S., Uchimura, A., Tajima, Y. and Yamada,  K. T. Comparative population genetic structures of Kogia species in western North Pacific. The 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals. San Francisco, CA., US. December 14 -18, 2015.
  30. 西田伸. 日本のカブトガニ集団の遺伝的な地域性と保全管理ユニット案の提案. 日本カブトガニを守る会(笠岡大会)・公開ポスター発表. 岡山県笠岡市, 2017年8月27日.
  31. 西田伸. 鯨類のDNA解析:系統・集団遺伝から機能遺伝子の解析まで. In: 自由集会 (F-02), 遺伝子を調べたら何がわかる?~始めてみよう、DNA ~ (企画者:松本, 大西). 日本哺乳類学会2017年度大会. 富山. 2017年9月8日.
  32. 西田伸, 森脇大翔, 古中隆裕, 保田昌宏, 岩本俊孝. 宮崎市松崎海岸におけるキツネによるアカウミガメ卵の捕食. OB-14. 日本哺乳類学会2017年度大会. 富山. 2017年9月10日.
学会・シンポジウム等における発表(共著・筆頭筆者以外) (Past→Current)
  1. Murayama, K., Nishida, S., Maki, M., Terachi T. and Yahara,T. No compensation of female fitness in cytoplasmic male sterility: a study in a gynodioecious field population of Raphanus sativus. 種生物学会国際シンポジウム. 1999年4月.
  2. 伊東幸子, 西田伸,林耕介,小池裕子. 種子島に集団座礁したカズハゴンドウの遺伝的構造. 日本哺乳類学会2001年度大会.沖縄. 2001年10月.
  3. 林耕介, 西田伸, Luis A. Pastene, 後藤睦夫, 吉田英可, 小池裕子. スナメリのMHC領域における多型解析.  日本哺乳類学会2001年度大会.沖縄. 2001年10月.
  4. Hayashi, K., Nishida, S., Goto M., Pastene, L. A., Yoshida, H. and Koike, H. Are all the Cetacean populations low in MHC diversity? –Polymorphic analysis for the finless porpoise (Neophocaena phocoenoides) -. Evolutionary Genomics New Paradigm of Biology in the 21st Century. Atami, Japan., Nov. 2001.
  5. 谷田部明子, 三原正三, 西田伸, 梅﨑和裕, 小池裕子. オウギハクジラ筋肉のアイソトープ分析. 日本哺乳類学会2003年度大会.岩手. 2003年9月.
  6. 安河内彦輝, 西田伸, 橋本幸彦, 黒崎敏文, 米田政明, 小池裕子. ニホンツキノワグマにおけるミトコンドリアDNAコントロール領域left domainの多型解析. 三学会 (日本動物学会・日本植物学会・日本生態学会)九州支部・地区合同大会.福岡. 2004年5月.
  7. Sone E, Nishida S, Kakuda T, Hayano A, Kanda N, Goto M, Pastene LA, and Koike H. What controls the level of cetacean MHC variation? IX International Mammalogical Congress (IMC9). Sapporo, Hokkaido, Japan., July 31-August 5, 2005.
  8. Yasukochi, Y., Nishida, S., Kurosaki, T., Yoneda, M. and Koike, H. Genetic structure of the Japanese black bear using mitochondrial DNA analysis. IX International Mammalogical Congress (IMC9). Sapporo, Hokkaido, Japan., July 31-August 5, 2005. 
  9. Yasukochi, Y., Nishida, S., Kurosaki, T., Yoneda, M. and Koike, H. Phylogeographic analysis of the Asiatic black bear in Japan using mitochondrial DNA. "Genetics of Speciation" American Genetics Association Annual Symposium. Vancouver, Canada. July 21-24, 2006.
  10. Yasukochi, Y., Nishida, S., Han, SH., Kurosaki, T., Yoneda, M. and Koike, H. Conservation genetics of the Asiatic Black bear in Japan using mitochondrial DNA and MHC gene analyses. 17th International Conference on Bear Research and Management. Nagano, Japan., Oct. 2006.
  11. 安河内彦輝, 西田伸, 韓尚勲, 黒崎敏文, 米田政明, 小池裕子. 日本のツキノワグマにおける母系遺伝のミトコンドリアDNAからみた集団の歴史. 茨城県自然博物館企画展記念イベントワークショップ. 2008年8月.
  12. 奥村知世, 白石史人, 長沼毅, 高島千鶴, 西田伸, 小池裕子, 狩野彰宏. アラゴナイト質トラバーチンのラミナ形成における微生物の働き. 日本地質学会, 秋田, 2008年9月.
  13. Okumura, T., Shiraishi, F., Yukimura, K., Naganuma, T., Takashima, C., Nishida, S., Koike, H. and Kano, A. Microbial contribution to lamina formation in an aragonite travertine. Precambrian World Symposium, Fukuoka, Japan, Mar. 2009.
  14. Takashima, C., Okumura, T., Nishida, S. and Koike, H. A process forming laminated iron-rich deposits in a hotspring in Akita Prefecture, Japan. Precambrian World Symposium, Fukuoka, Japan, Mar. 2009.
  15. 高島千鶴, 奥村知世, 西田伸, 小池裕子, 狩野彰宏. 温泉成鉄質堆積物の縞状組織を作る微生物の共生関係. 地球惑星科学関連合同学会, 幕張メッセ. 2009年5月.
  16. 杉山伸樹, 西田伸, 中橋孝博, 小池裕子. 椎間板ヘルニアを多発するミニチュアダックスフントにおけるCOL11A1 遺伝子の多型解析. 第11回日本進化学会, 札幌. 2009年9月.
  17. Yasukochi, Y., Nishida, S., Han, SH., Kurosaki, T., Yoneda, M. and Koike, H. Conservation genetics of the Asiatic black bear, Ursus thibetanus, using the mitochondrial DNA and the MHC gene analyses. Sokendai International Symposium 2009, Kanagawa, Japan, Dec. 2009.
  18. Cho, H.-J., Eda, M., Nishida, S., Chong, J.-R. and Koike, H. Genetic structure of Black-faced spoonbill by mtDNA analysis. International Symposium on Ecology, Migration and Conservation of the Black-faced Spoonbill. Kyushu University, Fukuoka, Mar. 2010.
  19. 荒谷邦雄, 細谷忠嗣, 西田伸. 外来ペット昆虫の生態リスク評価と管理へのDNAバーコーディングの応用~クワガタムシ科への応用(予報). 第1回 日本甲虫学会大会. 大阪. 2010年11月.
  20. Chen, I., Nishida, S., Tajima, Y., Yamada, T. K., Yang, W. -C., Koike, H. and Chou, L. -S. A preliminary assessment on the population genetics of Risso's dolphins, Grampus griseus, in the northwest Pacific Ocean. The 19th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals. Tampa, Florida., US. 27 Nov. - 2 Dec., 2011.
  21. 荒谷邦雄, 細谷忠嗣, 西田伸. 外来ペット昆虫の生態リスク評価と管理へのDNAバーコーディングの応用〜クワガタムシ科への応用II〜. 平成23年度 日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部合同大会. 鹿児島.2011年12月.
  22. 菅野一輝, 西田伸, 高野俊一郎, 中村達, 望月淳, 高須啓志, 徳田誠.侵入害虫キムネクロナガハムシの琉球列島個体群は複数起源か?-マイクロサテライトDNA解析による起源集団の推定(予報)-.平成23年度 日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部合同大会. 鹿児島.2011年12月.
  23. 會津光博, 西田伸, 楠見淳子, 天野雅男, 荒谷邦雄. 大村湾のスナメリは針尾瀬戸を通過するのか? 遺伝学的アプローチ. 三学会 (日本動物学会・日本植物学会・日本生態学会)九州支部・地区合同大会.佐賀.2012年5月.
  24. Chen, I., H.-Y. Yu, W.-C. Yang, S. Nishida, T. Isobe, S. Tanabe, A. Watson and L.-S. Chou. The “Southern form” of short-finned pilot whale (Globicephala macrorhynchus) in Taiwanese and more southern tropical west Pacific waters. The 26th European Cetacean Society Conference. Galway, Ireland, 26–28 March, 2012.
  25. 會津光博,西田伸,楠見淳子,田島木綿子,山田格,天野雅男,荒谷邦雄. 母系・両系DNA マーカーを用いた日本沿岸に生息するスナメリの遺伝的集団構造の解明. P1-334, 第60回日本生態学会. 静岡. 2013年3月. (保全セクション・ポスター優秀賞)
  26. 荒谷邦雄, 細谷忠嗣, 小田切顕一, 西田伸. 外来ペット昆虫の生態リスク評価と管理へのDNAバーコーディングの応用~クワガタムシ科フタマタクワガタ属における実例の紹介~. D322, 日本昆虫学会第73回大会. 北海道. 2013年9月. 
  27. 鈴木大,會津光博,曺炯柱,菊水研二,西田伸,疋田努. マイクロサテライト解析に基づくニホンイシガメの集団遺伝構造. A-07, 日本爬虫両棲類学会第52回大会. 北海道. 2013年11月.
  28. 内村敦志, 西田伸, 田島木綿子, 山田格. 北西太平洋におけるコマッコウ属近縁2種の集団の遺伝的構造とその比較. 第25回日本セトロジー研究会大会. 愛媛. 2014年5月25日.(口頭発表部門・大会委員会優秀学生発表奨励賞)
  29. 會津光博,西田伸,田島木綿子,磯部友彦,天野雅男,山田格. 鹿児島県笠沙において集団座礁したスジイルカStenella coeruleoalba 集団の遺伝的構造. 第25回日本セトロジー研究会大会. 愛媛. 2014年5月25日
  30. 宮嶋海, 保田昌宏,久澄倫之介,西田伸, 竹田正人, 出口智久,大池辰也,亀崎直樹,岩本俊孝. ウミガメ交雑種における種特定のための遺伝子検査法の確立. 第25回日本ウミガメ会議. 奄美大島, 鹿児島. 2014年11月22-24日.
  31. 會津光博,西田伸,楠見淳子,田島木綿子,天野雅男, 吉岡基, 山田格,荒谷邦雄.  日本沿岸に生息するスナメリNeophocaena asiaeorientalis sunameriMHC遺伝子DRB遺伝子座を中心とした多型解析. PB2-175. 第62回日本生態学会.鹿児島. 2015年3月21日. 
  32. 栗田壽男,西田伸.宮崎県川南町孫谷浜に漂着した16m級マッコウクジラ(Physeter macrocephalus)の堀上について.P11.第26回日本セトロジー研究会大会. 秋田. 2015年7月19日.
  33. Aizu, M., Nishida, S., Kusumi, J., Tajima, Y., Amano, M., Yoshioka, M.,Yamada, K. T. and Araya, K. Genetic variation of MHC genes in the Japanese finless porpoise (Neophocaena asiaeorientalis sunameri). The 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals. San Francisco, CA., US. December 14 -18, 2015.
  34. 栗田壽男,西田伸.宮崎県沿岸における2015年度のストランディングレコード.P-3.第27回日本セトロジー研究会大会. 新潟. 2016年6月25-26日.
  35. 野上凌, 西田伸, Wardianto, Y., Susanto H.A., Masher, A., Yulianto, I., Azhar, I., Yang, M.-C., 満行知花, 陶山佳久,楠見淳子. 東南アジアに生息するカブトガニ科2種の遺伝的集団構造. 1B-08. 日本遺伝学会第89回大会. 岡山. 2017年9月13日.