櫻木俊輔

専門: 磁気物性工学(スピン分裂した電子状態を用いたデバイスの物理)、散乱回折・分光計測、MBE成長、DFT計算

連絡先

sakuragi -at- issp.u-tokyo.ac.jp ( -at- を@にしてください。)

sh.skrg -at- gmail.com ( -at- を@にしてください。)

最近のできごと・予定

2020年3月25日、日本磁気学会第227回研究会にて講演予定です(依頼講演)。放射光と磁性材料について、磁気ダイナミクス研究への展望を踏まえて講演する予定です。

2020年3月4日、nanospec2020にて講演予定です(招待講演)。バルク物質中での超伝導電流のスピンバルブ効果について話します(arXiv: 2001.07991)。

2020年2月14日、阪大の酒井先生との共著論文がPRB(R)にオンライン公開されました(arXiv:2001.08683)。私はARPESから電子・結晶構造の決定に寄与しました。

2020年2月5日、新しいプレプリントを公開しました: "A higher-order topological insulator built from the van der Waals stacking of bismuth bromide chains", arXiv:2002.01134.

2020年1月31日付けで物性研を辞職しました。皆様お世話になりました。

2020年1月27日、新しいプレプリントを公開しました: "Three-dimensional electronic structure in ferromagnetic Fe3Sn2 with breathing kagome bilayer", arXiv: 2001.08925.

2020年1月23日、新しいプレプリントを公開しました: "Spintronic superconductor in a bulk layered material with natural spin-valve structure", arXiv: 2001.07991.

2020年1月17日、つくば-柏-本郷 超伝導かけはしプロジェクトワークショップにて講演しました(招待講演)。

2020年1 月10日、量子井戸状態における位相シフト項をk空間に依存した関数系へと拡張し、それを用いた磁性制御手法を提案した理論の論文が出版されました(Phys. Rev. B 101, 014410 (2020))。

実験よもやま話、随時更新中

発表論文

  1. Ryo Noguchi, Masaru Kobayashi, Zhanzhi Jiang, Kenta Kuroda, Takanari Takahashi, Zifan Xu, Daehun Lee, Motoaki Hirayama, Masayuki Ochi, Tetsuroh Shirasawa, Peng Zhang, Chun Lin, Cédric Bareille, Shunsuke Sakuragi, Hiroaki Tanaka, So Kunisada, Kifu Kurokawa, Koichiro Yaji, Ayumi Harasawa, Viktor Kandyba, Alessio Giampietri, Alexei Barinov, Timur K. Kim, Cephise Cacho, Makoto Hashimoto, Donghui Lu, Shik Shin, Ryotaro Arita, Keji Lai, Takao Sasagawa, and Takeshi Kondo "A higher-order topological insulator built from the van der Waals stacking of bismuth bromide chains" (arXiv:2002.01134).
  2. Hiroaki Tanaka, Yuita Fujisawa, Kenta Kuroda, Ryo Noguchi, Shunsuke Sakuragi, Cédric Bareille, Barnaby Smith, Cephise Cacho, Sungwon Jung, Takayuki Muro, Yoshinori Okada, Takeshi Kondo, "Three-dimensional electronic structure in ferromagnetic Fe3Sn2 with breathing kagome bilayer" (arXiv:2001.08925).
  3. Shunsuke Sakuragi, S. Sasaki, R. Akashi, R. Sakagami, K. Kuroda, C. Bareille, T. Hashimoto, T. Nagashima, Y. Kinoshita, Y. Hirata, M. Shimozawa, S. Asai, T. Yajima, S. Doi, N. Tsujimoto, S. Kunisada, R. Noguchi, K. Kurokawa, N. Azuma, K. Hirata, Y. Yamasaki, H. Nakao, T. K. Kim, C. Cacho, T. Masuda, M. Tokunaga, H. Wadati, K. Okazaki, S. Shin, Y. Kamihara, Minoru Yamashita, Takeshi Kondo, "Spintronic superconductor in a bulk layered material with natural spin-valve structure" (arXiv:2001.07991).
  4. H. Sakai, H. Fujimura, S. Sakuragi, M. Ochi, R. Kurihara, A. Miyake, M. Tokunaga, T. Kojima, D. Hashizume, T. Muro, K. Kuroda, T. Kondo, T. Kida, M. Hagiwara, K. Kuroki, M. Kondo, K. Tsuruda, H. Murakawa, and N. Hanasaki, "Bulk quantum Hall effect of spin valley coupled Dirac fermions in the polar antiferromagnet BaMnSb2" Phys. Rev. B 101, 081104(R) (2020) (arXiv:2001.08683).
  5. Shunsuke Sakuragi, Hiroyuki Kageshima, and Tetsuya Sato, "Switching of magnetism via modifying phase shift of quantum-well states by tailoring the interface electronic structure” Phys. Rev. B 101, 014410 (2020) (arXiv:1903.11404).
  6. Cedric Bareille, Taesik Nam, Toshiro Takabatake, Kenta Kuroda, Takeshi Yajima, Mitsuhiro Nakayama, So Kunisada, Shuntaro Akebi, Masato Sakano, Shunsuke Sakuragi, Ryo Noguchi, Byung Il Min, Shik Shin, and Takeshi Kondo, "Strongly anisotropic high-temperature Fermi surface of the Kondo semimetal CeNiSn revealed by angle-resolved photoemission spectroscopy" Phys. Rev. B 100, 045133 (2019).
  7. Hidetake Tanabe, Shunsuke Sakuragi, and Tetsuya Sato, "Manipulation of magnetization in Pd(100) ultrathin films with quantum well structure using modification of Schottky barrier potentials" Appl. Phys. Lett. 114, 052404 (2019) (arXiv:1901.09481).
  8. Shunsuke Sakuragi, Hiroo Tajiri, Hiroyuki Kageshima, and Tetsuya Sato, "Spontaneous distortion via the appearance of ferromagnetism in Pd ultrathin films: Observation of an inverse mechanism for the Stoner criterion” Phys. Rev. B 97, 214421 (2018) (arXiv:1612.06216). プレスリリース(JASRI/SPring-8).
  9. Yusuke Ban, Katsuyoshi Komatsu, Shunsuke Sakuragi, Tomoyasu Taniyama, Hiroyuki Kageshima, and Tetsuya Sato, "Change in magnetization of ferromagnetic Pd(001) ultrathin films induced by the strain effect of BaTiO3” Appl. Phys. Lett. 112, 142409 (2018).
  10. R. Sato, S. Sakuragi, S. Ishikawa, M. Mizumaki, and T. Sato,"Study of Magnetic Origin in Ferromagnetic Au Nanoparticles without Surface Modification”SPring-8/SACLA Research Report 5, 183 (2017), in Japanese.
  11. Shunsuke Sakuragi, Tomoyuki Ogawa, and Tetsuya Sato,"Effect of the change in the interface structure of Pd(100)/SrTiO3 for quantum-well induced ferromagnetism”J. Magn. Magn. Mater. 423, 453 (2017) (arXiv:1602.00799).
  12. Shunsuke Sakuragi, Hiroo Tajiri, and Tetsuya Sato,"Ferromagnetism in Pd(100) Ultrathin Films Enhanced by Distortion”Physics Procedia 75, 1167 (2015).
  13. S. Sakuragi, T. Sakai, S. Urata, S. Aihara, A. Shinto, H. Kageshima, M. Sawada, H. Namatame, M. Taniguchi, and T. Sato,"Thickness-dependent appearance of ferromagnetism in Pd(100) ultrathin films”Phys. Rev. B 90, 054411 (2014).

招待・依頼講演

  1. 櫻木俊輔「量子井戸状態により発現するPd, Pt超薄膜の強磁性とその制御」日本磁気学会第227回研究会"X線とレーザーの融合による磁性ダイナミクス "(東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター東京), 2020年3月25日(講演予定).
  2. 櫻木俊輔「バルク反強磁性体中のスピンバルブ構造を利用した超伝導電流の制御」nanospec2020 (金沢大学サテライトプラザ), 2020年3月4日(講演予定).
  3. 櫻木俊輔「バルク層状物質における磁気と結合した超伝導特性」つくば-柏-本郷 超伝導かけはしプロジェクト ワークショップ(3)(物質・材料研究機構 千現地区 研究本館 第一会議室), 2020年1月17日.
  4. Shunsuke Sakuragi "Direct observation of two-dimensional electronic states in bulk layered magnet" 6th basic seminar for materials informatics, 30th, Aug. 2019 (Oral, invited).
  5. 櫻木俊輔「量子とじこめ効果により発現する Pd超薄膜の強磁性」埋もれた界面のX線・中性子解析研究会第5回研究会(国立情報学研究所学術総合センター), 2018年12月12日.
  6. 櫻木俊輔「量子とじこめ効果により発現するPd(100)超薄膜の強磁性」NIMSナノシミュレーションワークショップ(一橋大学 一橋講堂 中会議場), 2018年11月19日.
  7. 櫻木俊輔「量子とじこめ効果により発現するPd薄膜の強磁性」SPring-8シンポジウム 2018(姫路市民会館(大ホール)), 2018年8月26日.
  8. 櫻木俊輔「Pd(100)超薄膜中に量子井戸状態に起因して生じた自発歪みと強磁性」第16回SPring-8夏の学校2016年(SPring-8), 2016年7月4日.
  9. T. Sato and S. Sakuragi“Manipulation of magnetism of nano-sized 4d and 5d transition metals”The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 10th, Mar. 2016.
  10. 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「Pd(100)超薄膜の量子井戸状態に起因する強磁性とその応用」平成26年度東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究「微小領域が司る新規なスピン・電子・光機能の探索」(東京工業大学すずかけ台キャンパス), 2015年3月20日.

国際会議発表

  1. S. Kunisada, S. Isono, Y. Kohama, S. Sakai, C. Bareille, S. Adachi, S. Sakuragi, R. Noguchi, K. Kurokawa, R. Sekine, K. Kuroda, T. Kim, C. Cacho, T. Tohyama, S. Shin, K. Tokiwa, and T. Kondo, "Exotic electronic structure of a multilayer cuprate superconductor revealed by a laser-ARPES" SNS 2019, 20th, Jun. 2019 (Poster).
  2. S. Sakuragi, R. Sakagami, K. Kuroda, C. Bareille, N. Azuma, T. Iwatake, S. Sasaki, S. Doi, N. Tsujimoto, R. Akashi, S. Kunisada, R. Noguchi, K. Kurokawa, T. K. Kim, C. Cacho, S. Shin, Y. Kamihara, and T. Kondo, "Observation of magnetically combined two-dimensional electronic states in a layered antiferromagnet EuSn2As2" Topological Phases and Functionality of Correlated Electron Systems 2019, 19th, Feb. 2019 (Poster).
  3. R. Noguchi, T. Takahashi, K. Kuroda, C. Bareille, S. Sakuragi, S. Kunisada, K. Kurokawa, T. Kim, C. Cacho, S. Shin, T. Sasagawa, T. Kondo, "Quasi-1D bismuth halides exhibiting various topological phases investigated by ARPES" Topological Phases and Functionality of Correlated Electron Systems 2019, 19th, Feb. 2019 (Poster).
  4. Kosuke Mochihara, Shota Nakahara, Shunsuke Sakuragi, Masahiro Sawada, and Tetsuya Sato, "Magnetic properties of Fe/Pd(001) bilayer affected by quantum-well states formed in Pd layer"21th International Conference on Magnetism, 20th, Jul. 2018 (Poster).
  5. Yusuke Ban, Katsuyoshi Komatsu, Shunsuke Sakuragi, Tomoyasu Taniyama, Hiroyuki Kageshima, Tetsuya Sato“Magneto-elastic Effect on Ferromagnetism Induced by Quantum-well States in Pd Thin Film”International Conference on Magnetism and Magnetic Materials, 10th, Oct. 2017 (Oral).
  6. Shunsuke Sakuragi, Hiroo Tajiri, Hiroyuki Kageshima, and Tetsuya Sato“Tailoring the ferromagnetism of Pd(100) ultrathin films via quantum-well states”Junjiro Kanamori Memorial International Symposium, 28th, Sep. 2017 (Poster).
  7. Shota Nakahara, Shunsuke Sakuragi, Kousuke Mochihara, Masahiro Sawada, and Tetsuya Sato“Magnetic anisotropy of Fe/Pd(001) bilayer dependent on Pd film thickness”The 21st Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2nd, Mar. 2017 (Poster).
  8. T. Sato and S. Sakuragi“Manipulation of magnetism of nano-sized 4d and 5d transition metals”The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 10th, Mar. 2016 (Oral, invited).
  9. S. Sakuragi, M. Sawada, S. Nakahara and T. Sato“XAS and XMCD study of Pd(100) and Fe/Pd(100) ultrathin films”The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 10th, Mar. 2016 (Poster).
  10. Shunsuke Sakuragi, Hiroo Tajiri, and Tetsuya Sato“Spontaneous distortion and ferromagnetism induced by quantum-well states in Pd(100) ultrathin films”2016 Joint MMM-Intermag Conference, 15th, Jan. 2016 (Oral).
  11. S. Sakuragi, H. Tajiri, and T. Sato“Ferromagnetism in Pd(100) ultrathin films enhanced by distortion”The 20th International Conference on Magnetism, 9th, Jul. 2015 (Poster).
  12. S. Sakuragi, M. Sawada, H. Namatame, M. Taniguchi and T. Sato“Magnetic properties of ferromagnetic Pd(100) thin films dependent on film thickness”The 18th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2014年3月6日.
  13. S. Sakuragi and T. Sato“Thickness Dependent Magnetism of Pd(100) Thin Films”The 12th Asia Pacific Physics Conference, 2013年7月17日.

国内学会発表

  1. Chun Lin, Ryo Noguchi, Kenta Kuroda, Peng Zhang, Cedric Bareille, Shunsuke Sakuragi, So Kunisada, Yosuke Arai, Jiadi Xu, Koichiro Yaji, Ayumi Harasawa, Shik Shin, Masayuki Ochi, Atsushi Nomura, Masahito Sakoda, Masakatsu Tsubota, Satoshi Tanda, Takeshi Kondo「ARPES study on the topological surface states of the superconductor TaSe3」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月19日(講演予定).
  2. 秋元優紀, 黒田健太, 川口海周, 櫻木俊輔, 新井陽介, 万宇軒, 黒川輝風, 田中宏明, 有田将司, 出田真一郎, 田中清尚, 辛埴, 平井大悟郎, 廣井善二, 山田高広, 近藤猛「角度分解光電子分光で調べる希薄キャリア超伝導体の電子状態」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月19日(講演予定).
  3. 野口亮, 小林賢, 黒田健太, 高橋敬成, Z. Jiang, Z. Xu, D. Lee, 平山元昭, 越智正之, 白澤徹郎, P. Zhang, C. Lin, C. Bareille, 櫻木俊輔, 國定聡, 黒川輝風, 矢治光一郎, 原沢あゆみ, V. Kandyba, A. Giampietri, A. Barinov, T. Kim, C. Cacho, 辛埴, 有田亮太郎, K. Lai, 笹川崇男, 近藤猛「マイクロ波インピーダンス顕微鏡およびARPESで調べる擬一次元Bi4Br4の高次トポロジカルエッジ状態」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月19日(講演予定).
  4. Yuyang Dong, Takayoshi Yamanaka, Kifu Kurokawa, Shunsuke Sakuragi, Yosuke Arai, Kenta Kuroda, Hiroshi Yaguchi, Takeshi Kondo「Mn-substitution effect on the electronic structure of Sr2(Ru,Mn)O4 studied by Laser-ARPES」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月18日(講演予定).
  5. 新井陽介, 黒田健太, 櫻木俊輔, Z.H. Tin, W. Zhang, 岩佐和晃, 芳賀芳範, 鈴木博之, 北澤英明, 辛埴, 宮坂茂樹, 田島節子, 近藤猛「『悪魔の階段』を示す反強磁性体CeSbにおけるvibronicモードの対称性決定:ARPESおよびラマン分光」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月17日(講演予定).
  6. 近藤雅起, 酒井英明, 越智正之, 栗原綾佑, 小島達弘, 櫻木俊輔, 三宅厚志, 徳永将史, 國定聡, 黒田健太, 近藤猛, 黒木和彦, 藤村飛雄吾, 中川賢人, 村川寛, 花咲徳亮「多層ディラック電子系BaMnBi2におけるBi正方格子の極性歪に敏感なスピン・バレー状態」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月16日(講演予定).
  7. 田中宏明, 藤澤唯太, Barnaby Smith, 黒田健太, 野口亮, 櫻木俊輔, Cédric Bareille, Cephise Cacho, Sungwon Jung, 室隆桂之, 岡田佳憲, 近藤猛「カゴメ格子積層結晶Fe3Sn2の3次元電子状態:角度分解光電子分光による直接観測」日本物理学会第75回年次大会(名古屋大学, 名古屋), 2020年3月16日(講演予定).
  8. Chun Lin, Ryo Noguchi, Kenta Kuroda, Peng Zhang, Shunsuke Sakuragi, Jiadi Xu, Koichiro Yaji, Ayumi Harasawa, Shik Shin, Atsushi NomuraA, Masahito Sakoda, Masakatsu Tsubota, Satoshi Tanda, and Takeshi Kondo「Observation of possible topological surface states in a superconductor TaSe3 by laser-ARPES」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月13日.
  9. 新井陽介, 黒田健太, 櫻木俊輔, 木下雄斗, 芳賀芳範, 北澤英明, 辛埴, 徳永将史, 鈴木博之, 近藤猛「CeSbの「悪魔の階段」における磁気ドメインの直接観測」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月12日.
  10. 酒井英明, 藤村飛雄吾, 櫻木俊輔, 越智正之, 小島達弘, 徳永将史, 室隆桂之, 黒田健太, 近藤猛, 黒木和彦, 橋爪大輔, 木田孝則, 萩原政幸, 近藤雅起, 村川寛, 花咲徳亮「空間反転対称性の破れた反強磁性体BaMnSb2の特異なディラック電子状態」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月12日.
  11. 平田靖透, 櫻木俊輔, 池田啓祐, 中尾裕則, 山崎裕一, 坂上良介, 神原陽一, 近藤猛, 和達大樹「共鳴軟X線散乱によるEu系層状磁性体の磁気構造の解明」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月10日.
  12. 櫻木俊輔, 佐々木秀, 明石遼介, 坂上良介, 黒田健太, C. Bareille, 橋本嵩広, 長島椿, 木下雄斗, 平田靖透, 下澤雅明, 浅井晋一郎, 土居抄太郎, 辻本直人, 國定聡, 野口亮, 黒川輝風, 東伸彦, 平田昂輝, T. K. Kim, C. Cacho, 益田隆嗣, 徳永将史, 和達大樹, 岡﨑浩三, 辛埴, 神原陽一, 山下穣, 近藤猛「バルク層状磁性体に生じる非従来型異方的超伝導」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月10日.
  13. 新井陽介, 黒田健太, 櫻木俊輔, 国定聡, 岩佐和晃, 芳賀芳範, 鄭子豪, 宮坂茂樹, 田島節子, 北澤英明, 辛埴, 鈴木博之, 近藤猛「CeSbのレーザーARPESスペクトルにおけるキンク構造」日本物理学会 2019年秋季大会(岐阜大学, 岐阜), 2019年09月10日.
  14. 野口亮, 高橋敬成, 黒田健太, C. Bareille, 櫻木俊輔, 國定聡, 黒川輝風, T. Kim, C. Cacho, 辛埴, 笹川崇男, 近藤猛「高分解能ARPESで調べる様々なトポロジカル相を示す擬一次元ビスマスハライドの電子構造」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月17日.
  15. 小林隆嗣, 櫻木俊輔, 石原照也, 松原正和「磁気光ガルバノ効果による磁気渦の検出」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月17日.
  16. 櫻木俊輔, 坂上良介, 黒田健太, C. Bareille, 東伸彦, 岩竹翼, 佐々木秀, 土居抄太郎, 辻本直人, 明石遼介, 國定聡, 野口亮, 黒川輝風, T. K. Kim, C. Cacho, 辛埴, 神原陽一, 近藤猛「層状反強磁性体EuSn2As2における磁気に結合した二次元電子状態の観測」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月16日.
  17. 新井陽介, 黒田健太, 岩佐和晃, N. Rezaei, 鈴木博之, 芳賀芳範, 国定聡, 櫻木俊輔, 明比俊太朗, M. Alaei, 北澤英明, 辛埴, 有田亮太郎, 近藤猛「レーザー角度分解光電子分光で観測するCeSbの電子格子結合」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月15日.
  18. 黒田健太, Nafise Rezaei, 鈴木博之, 芳賀芳範, 新井陽介, 国定聡, 櫻木俊輔, Mojtaba Alaei, Cedric Bareille, 野口亮, 明比俊太朗, 北澤英明, 岡崎浩三, 木下雄斗, 徳永将史, 辛埴, 有田亮太郎, 近藤猛「CeSbにおける悪魔の階段的な反強磁性構造転移に伴うバンド構造の変調」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月15日.
  19. 國定聡, 磯野隼佑, 小濱芳允, 酒井志朗, C. Bareille, 足立伸太郎, 櫻木俊輔, 野口亮, 黒川輝風, 関根遼太郎, 黒田健太, T. Kim, C. Cacho, 遠山貴巳, 辛埴, 常盤和靖, 近藤猛「角度分解光電子分光で解明する銅酸化物高温超伝導体のモット絶縁相近傍の超伝導状態」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月15日.
  20. 田辺秀崇, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「ショットキー障壁の変化を利用した量子井戸構造を有するPd(100)薄膜の磁気特性変化II」日本物理学会第74回年次大会(九州大学, 福岡), 2019年3月14日.
  21. 櫻木俊輔, 坂上良介, 黒田健太, C. Bareille, 東伸彦, 岩竹翼, 佐々木秀, 明石遼介, 土居抄太郎, 辻本直人, 國定聡, 野口亮, 黒川輝風, T. K. Kim, C. Cacho, 辛埴, 神原陽一, 近藤猛 「バルク層状反強磁性体EuSn2As2における磁気に結合した二次元電子状態の観測 」物性研究所 短期研究会 軟X線放射光科学のアップシフト(東大物性研, 柏), 2018年12月1日.
  22. 新井陽介, 黒田健太, N. Razaei, 鈴木博之, 芳賀芳範, 國定聡, 櫻木俊輔, M. Alaei, C. Bareille, 野口亮, 中山充大, 坂野昌人, 明比俊太郎, 岡﨑浩三, 有田将司, 徳永将史, 北澤英明, 辛埴, 有田亮太郎, 近藤猛 「バルク敏感レーザーARPESで観察する反強磁性体Ceモノプニクタイドの電子構造 」物性研究所 短期研究会 軟X線放射光科学のアップシフト(東大物性研, 柏), 2018年12月1日.
  23. 佐藤佳史, 櫻木俊輔, 石原照也, 松原正和「光第二高調波発生による磁性体ナノ構造中のトロイダルモーメントの検出」日本物理学会 2018年秋季大会(同志社大学, 京田辺), 2018年09月12日.
  24. 櫻木俊輔, 影島博之, 佐藤徹哉「遷移金属の吸着に伴う量子井戸バンドの変調を用いたPd(100)超薄膜の磁性制御」日本物理学会 2018年秋季大会(同志社大学, 京田辺), 2018年09月12日.
  25. 黒田健太, 原沢あゆみ, Zhigang Zhao, 矢治光一郎, 藤澤正美, 櫻木俊輔, 野口亮, 近藤猛, 小森文夫, 小林洋平, 辛埴「高次高調波を用いた時間・スピン・角度分解光電子分光の装置開発」日本物理学会 2018年秋季大会(同志社大学, 京田辺), 2018年09月11日.
  26. 田辺秀崇, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「ショットキー障壁の変化を利用した量子井戸構造を有するPd(100)薄膜の磁気特性変化」日本物理学会 2018年秋季大会(同志社大学, 京田辺), 2018年09月09日.
  27. 餅原耕佑, 櫻木俊輔, 沢田正博, 佐藤徹哉「Fe/Pd(001)2層膜の磁気特性に及ぼすPd量子井戸の影響II」日本物理学会 2018年秋季大会(同志社大学, 京田辺), 2018年09月09日.
  28. 餅原耕佑, 中原翔太, 櫻木俊輔, 沢田正博, 佐藤徹哉「Fe/Pd(001)2層膜の磁気特性に及ぼすPd量子井戸の影響」日本物理学会第73回年次大会(東京理科大学, 野田), 2018年03月22日.
  29. 落合敬祐, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「Pt(100)超薄膜の磁性の検討」日本物理学会第73回年次大会(東京理科大学, 野田), 2018年03月22日.
  30. 田辺秀崇, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「ショットキー障壁を用いた量子井戸変調に伴うPd(100)超薄膜の磁気特性変化II」日本物理学会第73回年次大会(東京理科大学, 野田), 2018年03月22日.
  31. 坂裕介, 小松克伊, 櫻木俊輔, 谷山智康, 影島博之, 佐藤徹哉「BaTiO3を用いた歪み印加によるPd(100)薄膜の強磁性変調」日本物理学会第73回年次大会(東京理科大学, 野田), 2018年03月22日.
  32. 佐藤佳史, 櫻⽊俊輔, 富樫拓也, ⽯原照也, 松原正和「光第⼆⾼調波発⽣による磁性体ナノ構造中のトロイダルモーメントの検出」第65回応用物理学会春季学術講演会(早稲田大学, 新宿), 2018年03月19日.
  33. 櫻木俊輔, 影島博之, 佐藤徹哉「表面の格子歪みを用いた金属の量子井戸状態の変調による磁性スイッチング」日本物理学会2017年秋季大会(岩手大学, 盛岡), 2017年09月21日.
  34. 坂裕介, 小松克伊, 櫻木俊輔, 谷山智康, 影島博之, 佐藤徹哉「BaTiO3が誘導する歪みを利用した電界印加によるPd薄膜の強磁性制御」日本物理学会2017年秋季大会(岩手大学, 盛岡), 2017年09月21日.
  35. 青木舜平, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「SrTiO3基板への紫外線照射に伴う強磁性Pd(100)薄膜の磁性変調」日本物理学会2017年秋季大会(岩手大学, 盛岡), 2017年09月21日.
  36. 田辺秀崇, 櫻木俊輔, 糸谷良, 佐藤徹哉「ショットキー接合を用いた量子井戸状態の変調によるPd(100)薄膜の磁気特性変化」日本物理学会2017年秋季大会(岩手大学, 盛岡), 2017年09月21日.
  37. 坂裕介, 小松克伊, 櫻木俊輔, 谷山智康, 佐藤徹哉「BaTiO3の構造相転移に伴うPd薄膜の磁性変調」日本物理学会第72回年次大会(大阪大学, 豊中), 2017年03月17日.
  38. 櫻木俊輔, 田辺秀崇, Eike F. Schwier, 島田賢也, 佐藤徹哉「Pd(100)超薄膜のd電子量子井戸状態の観測」日本物理学会第72回年次大会(大阪大学, 豊中), 2017年03月17日.
  39. 櫻木俊輔,影島博之,田尻寛男,糸谷良,佐藤徹哉「遷移金属超薄膜中に量子井戸状態に起因して生じた自発歪みと強磁性II」日本物理学会2016年秋季大会(金沢大学, 金沢), 2016年09月14日.
  40. 佐藤龍,大場洋次郎,櫻木俊輔,石川創一郎,水牧仁一朗,佐藤徹哉「清浄な表面を持つAuナノ粒子の強磁性の検証II」日本物理学会2016年秋季大会(金沢大学, 金沢), 2016年09月13日.
  41. 中原翔太,櫻木俊輔,佐藤徹哉「Pd膜厚に依存したFe/Pd(001) 2層膜の磁気異方性II」日本物理学会2016年秋季大会(金沢大学, 金沢), 2016年09月13日.
  42. 青木舜平,櫻木俊輔,佐藤徹哉「Pd(100)薄膜の磁性に対する電場印加効果」日本物理学会2016年秋季大会(金沢大学, 金沢), 2016年09月13日.
  43. 櫻木俊輔,中原翔太,餅原耕佑,沢田正博,佐藤徹哉「Fe/Pd薄膜の磁気特性にPd層の量子井戸状態が与える影響」第40回日本磁気学会学術講演会(金沢大学, 金沢), 2016年09月05日.
  44. 櫻木俊輔, 田尻寛男, 佐藤龍,青木舜平,糸谷良,浦崎柊,岡田克也,影島博之, 佐藤徹哉「遷移金属超薄膜中に量子井戸状態に起因して生じた自発歪みと強磁性」日本物理学会第71回年次大会(東北学院大学, 仙台), 2016年03月19日.
  45. 糸谷良,櫻木俊輔,浦崎柊,岡田克也,影島博之,佐藤徹哉「ショットキー障壁を用いたPd(100)超薄膜の量子井戸変調」日本物理学会第71回年次大会(東北学院大学, 仙台), 2016年03月19日.
  46. 櫻木俊輔, 田尻寛男, 猪田康夫, 金井友宏, 中原翔太, 佐藤徹哉「強磁性Pd(100)超薄膜に生じた歪みの膜厚依存性」日本物理学会2015年秋季大会(関西大学, 吹田), 2015年09月19日.
  47. 糸谷良, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「NbドープSrTiO3上のPd(100)超薄膜の電圧印加による磁性への効果」第39回日本磁気学会学術講演会(名古屋大学, 名古屋), 2015年09月10日.
  48. 櫻木俊輔, 小川智之, 佐藤徹哉「基板相転移に伴う強磁性Pd(100)超薄膜の磁性の変化II」第39回日本磁気学会学術講演会(名古屋大学, 名古屋), 2015年09月10日.
  49. 櫻木俊輔, 小川智之, 田尻寛男, 佐藤徹哉「SrTiO3上のPd(100)超薄膜の磁気特性と構造相転移の関係」日本物理学会第70回年次大会(早稲田大学, 東京), 2014年03月21日.
  50. 糸谷良, 近藤剛, 櫻木俊輔, 佐藤徹哉「Nb:SrTiO3上に積層したPd(100)超薄膜の電圧印加に対する磁性変化」日本物理学会第70回年次大会(早稲田大学, 東京), 2014年03月21日.
  51. 櫻木俊輔, 田尻寛男, 新井悠平, 石川創一郎, 河野真, 佐藤徹哉「Pd(100)超薄膜に生じる基板に起因した歪みの磁性への影響」日本物理学会2014年秋期大会(中部大学,愛知), 2014年09月08日.
  52. 櫻木俊輔, 田尻寛男, 佐藤徹哉「基板相転移に伴う強磁性Pd(100)超薄膜の磁性の変化」第38回日本磁気学会学術講演会(慶應義塾大学,横浜), 2014年09月04日.
  53. 櫻木俊輔,新戸陽,廣井孝介,藏裕彰,小川智之,佐藤徹哉「表面吸着に伴う強磁性Pd(100)超薄膜の磁性の変化」日本物理学会第69回年次大会(東海大学,平塚), 2014年03月27日.
  54. 大場洋次郎,櫻木俊輔,足立望,戸高義一,佐藤徹哉,杉山正明「巨大ひずみ加工によるPdの磁性の変化」日本物理学会2013年秋期大会(徳島大学,徳島), 2013年09月25日.
  55. 櫻木俊輔, 近藤剛,佐藤徹哉,沢田正博,生天目博文,谷口雅樹「(100)配向したPd薄膜の膜厚に依存した磁性II」日本物理学会2013年秋期大会(徳島大学,徳島), 2013年09月25日.
  56. 櫻木俊輔, 佐藤徹哉,沢田正博,生天目博文,谷口雅樹「強磁性を発現したPd(100)薄膜の膜厚に依存した磁性」第37回日本磁気学会学術講演会(北海道大学,札幌), 2013年09月05日.
  57. 櫻木俊輔, 坂井智洋, 佐藤徹哉「(100)配向したPd薄膜の膜厚に依存した磁性」日本物理学会第68回年次大会(広島大学,東広島), 2013年03月29日.
  58. 坂井智洋, 櫻木俊輔, 影島愽之, 佐藤徹哉「Pd超薄膜の磁性の層数依存性」日本物理学会2012年秋期大会(横浜国立大学,横浜), 2012年09月18日.

受賞

  1. 日本磁気学会平成28年度学生講演賞(桜井講演賞), 2016年9月7日.
  2. 第8回SPring-8萌芽的研究アワード, 2015年11月9日.
  3. 日本学生支援機構第一種奨学金返還免除(全額), 2015年3月.
  4. 機能創造賞(慶應義塾大学大学院理工学研究科), 2015年3月.
  5. 主任賞(慶應義塾大学理工学部物理情報工学科), 2013年3月.

獲得資金等

  1. SPring-8萌芽的研究課題採択(ビーム使用料の免除および旅費支給: 2014A, 2015A(重複制限のため辞退),2015B(重複制限のため辞退)
  2. 日本学術振興会特別研究員DC1, PD(資格切替), 特別研究員奨励費: 3,730千円 (直接経費: 3,400千円、間接経費: 330千円)
  3. 日本学術振興会特別研究員PD採用内定(2020年~, 辞退)

略歴

  • 1990年07月 東京に生まれる
  • 2009年03月 慶應義塾高等学校 卒業
  • 2013年03月 慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 卒業 (学科主任賞受賞)
  • 2014年09月 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 修士課程 修了(早期修了, 機能創造賞受賞), 修士(工学)
  • 2017年03月 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 博士課程 修了(早期修了), 博士(工学)
  • 2015年04月~2017年03月 日本学術振興会特別研究員DC1
  • 2017年04月~2018年03月日本学術振興会特別研究員PD
  • 2017年11月~2018年03月 東北大学 大学院 理学研究科 光物性物理研究室(松原正和グループ) 客員研究員
  • 2018年4月~2020年01月 東京大学 物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター(近藤猛グループ) 特任研究員
  • 2020年2月~ MRA, Inc.

所有する技術

  • 角度分解光電子分光(東大物性研レーザーARPES, HiSOR BL-1, PF BL28A, Diamond I05, SP8 BL25SU, UVSOR BL7Uにて実施)
  • 磁気非線形光学測定
  • 磁気特性評価技術……磁化測定, X線磁気円二色性測定(HiSOR BL-14, APS 4ID-D, SPring-8 BL39XUにて実施)
  • X線による単結晶超薄膜の構造解析……X線反射率測定, in-situ微小角入射X線回折およびX線CTR散乱測定(SPring-8 BL13XUにて実施)
  • 表面評価技術……AFM, LEED, RHEED, Auger電子分光
  • 超高真空技術
  • 薄膜試料作製技術……貴金属(特にPd, Pt)単結晶超薄膜およびエピタキシャルWedge膜の作製, EBリソグラフィ)
  • 各種輸送測定(4He装置の立ち上げ。3He冷凍機・希釈冷凍機の使用経験あり)
  • 第一原理計算……擬ポテンシャル法による金属薄膜の磁気状態の評価(東大物性研スパコン利用)
  • マイクロマグネティックシミュレーション
  • 装置自作一般(CADによる設計・製図、旋盤・NCフライス盤による加工、自動計測コードの作成等)