【目標】

全日本少年少女空手道選手権大会

「全国制覇」 


【目標達成】

〇2019年10月23-27日

世界カデット・チリ大会出場決定 -63kg級 

上田 樹生也


〇2019年第19回全日本少年少女空手道選手権大会 
個人組手
2位 松村 幸龍   小学2年男子
3位 田中 陽大   小学4年男子 
5位 尾崎 瑠椛   小学2年女子
5位 野田部 裕貴  小学3年男子


〇2019年度 カデット全空連強化選手-63kg級:合格 
上田 樹生也 


〇2018年第18回全日本少年少女大会 
個人組手
優勝 田中 陽大 小学4年男子 

〇2018年 全中団体組手
5位 角川 滉寿 (福岡市立田隈中学校)

〇2018年 彩の国 個人組手 
3位 岩本 遼  中学3年男子


【スローガン】
世界で一番、子供たちの無限の可能性を引き出す空手道教室になろう!!

【理念】
(1)世界で一番、元気・笑顔・可能性がたくさん溢れる道場にしよう。

(2)私は空手道を通じて、世界貢献に取り組みます。

(3)夢は諦めなければ、必ず実現する。



【指導方針
(1)「心身の教育」
私たちは、「挨拶を自分からすること。返事は大きな声ですること。清掃をしっかり行うこと。履物はきちんと揃えること。行動は速やかにすること。」など、礼儀作法を徹底して指導いたします。もう1つは、体力・精神力の育成です。厳しく辛い練習を経験させることで、体力と共に忍耐力も身につけることができます。

(2)「子供たちが自分から学ぶ教育」
私たちは、「子供たちが自分で考え行動し、自分から学ぶ習慣を身につける教育」を目指します。例えば、ある問題に対して考えれば出てくる答えを、指導者はすぐに教えることはしません。それは、考える習慣をつくるためです。そして、正解へ導けるような教育を行います。

(3)「責任とチームワーク」
上級生に下級生を指導する責任を与えることで、チームとしての一体感や団結力が生まれます。すると上級生は下級生を引っ張っていこうとします。下級生は、迷惑を掛けないように頑張ります。このような環境を作ることで、
上下関係の厳しさや同級生の大切さを学び、個人の責任感が生まれ、強くて優しい素晴らしいチームになります。






News